【性能最強のWi-Fi6ルーター】TP-Link Archer AX73レビュー

Wi-Fi

【性能最強のWi-Fi6ルーター】TP-Link Archer AX73レビュー

2021年3月12日

ゴーゴーシンゴ

年間100万以上ガジェットに注ぎ込むガジェットオタク。 スペックよりも感覚で書くレビューブロガー。 趣味はポートレート撮影と秋葉原のお散歩。 Writing Hacks卒業のプロのWebライター。 レビュー依頼はお問い合わせからお気軽にどうぞ

2021年3月10に発売したTP-LINKのArcher AX73はコスパ最強のWi-Fi 6ルーターだ。

価格も14000円前後で従来の2〜3万円クラスのWi-Fiルーターの性能に匹敵するかそれ以上の性能。

さっそくこのArcher AX73をレビューしていきたい。

こんな方におすすめ

  • コスパの良いWi-Fiルーターを探している
  • 性能の良い無線Wi-Fiが欲しい
  • とにかくWi-Fiルーターの購入を失敗したくない
  • IPv6 IPoE対応のルーターが欲しい
  • 在宅ワークやテレワークの回線品質を良くしたい
ゴーゴーシンゴ
2021年コスパ最強の無線Wi-Fiルーターの決定版です。ぜひ最後まで見て下さいね。

 

Archer AX73のレビューとおすすめポイント

TP-LINK製Archer AX73のおすすめポイントはこんな感じ。

ココがおすすめ

  1. IPv6(IPoE) のv6プラス対応
  2. 高速なWi-Fi 6対応
  3. 5GHz 6ストリーム 最大4803Mbpsの高速通信
  4. ハイエンドの性能ながら1万円台の価格
  5. 接続はアプリから簡単接続
  6. メーカ保証は3年と長い[
  7. 楽天ひかりのクロスパスに対応

 

IPv6(IPoE) のv6プラス対応

AX73 IPoE

最初のおすすめはIPv6(IPoE) v6プラス対応してきたところ。

NECやバッファローのルーターでは対応していたが、海外製のルーターは長らく対応してこなかった点です。

 

IPoE(IPv6)とは?

IPoE(IPv6)とは、次世代のインターネット接続方式です。
現在、利用者が多く混雑している「PPPoE(IPv4)」接続とは異なったネットワークを指します。

簡単に言うとネットの接続方式がより速い方式の次世代通信です。

よく例えられるのが、「混んでいる道路」と「高速道路」に例えられます。

 

ココがポイント

  • 混んでいる道路→従来のIPv4
  • 高速道路→IPv6(今回紹介するルーター)

 

ココがポイント

PS4は夜になると接続が極端に遅くなります。従来のPPPoE(IPv4)だと混みすぎて渋滞するからです。

IPoE(IPv6)なら混雑の影響を受けにくいのでかなりおすすめです!

 

ゴーゴーシンゴ
道が空いているからスピードが出やすいと思ってください

 

ただしすべてのルーターがIPoE接続できるわけではなく、プロバイダが対応している必要があります。

IPv6 IPoEを使用するにはIPv6 IPoEに対応した回線の契約や利用手続きを行う必要があります。IPv6 IPoEにはv6プラス・OCNバーチャルコネクト・DS-Lite等、様々な種類があります。予めご契約のプロバイダーが提供しているIPv6 IPoEサービスの種類をご確認ください。 TPリンクホームページより引用

 

高速通信規格Wi-Fi 6に対応

Wi-Fi6は無線Wi-Fiの通信規格になります。

簡単に言えば、2021年で1番速いWi-Fiの通信方式です。

ココがポイント

  • Wi-Fi6→11axと呼ばれる通信規格。従来のWi-Fi5(6900Mbps)からWi-Fi6(9600Mbps)と最高通信速度がアップしている

 

最新のiPhoneやAndroidやWi-Fi6に対応しております。

せっかくのスマホの通信速度を最大限活かせるのが、Wi-Fi6になります。

ゴーゴーシンゴ
新しいiPhone買ったらWi-Fi6対応のルーター買うのがおすすめだよ

 

5GHz 6ストリーム 最大4803Mbpsの高速通信

Archer AX73はAX5400というクラスに属している。

ストリームとは簡単に言うと、子機の接続台数が多くなっても接続スピードが落ちないようになっている。

 

今の時代1人でもスマホやタブレット、任天堂スイッチにスマートスピーカー、スマート電球など意外とWi-Fiに接続する機器は多い。

Wi-Fiに接続する機器が多すぎると、同時接続した時にスピードが落ちてしまう。

このArcher AX73は最大接続台数は80台に対応している。

ストリームが多い方が断然スピードが有利なのでできたらストリーム数が多いルーターを選ぶべきです。

 

ゴーゴーシンゴ
家族で使っても安心の接続台数だよ

 

OneMesh対応中継器iに対応

AX73メッシュ

             TPリンクホームページより引用

AX73ルーターはOneMesh対応中継器メとの連携が可能です。

メッシュとは上記の画像を見ていただけると分かりやすいと思います。

例えば電波が届きにくい2階や家の端の部屋などに、中継機を使うとWi-Fiの電波網を強化する事ができます

中継機の使い方ですが、コンセントにメッシュ対応の中継機を刺すだけで設定が可能です。

2階建てや鉄筋コンクリートなど電波が届きづらい住宅でも電波を届けることができるようになります。

ゴーゴーシンゴ
家族で使う時にも安心ですよ

 

ハイエンドの性能ながら1万円台の低価格

これだけのハイエンドの性能ながら価格は1万円台とかなり安い。

TP-Linkの製品はとにかくコスパが良い製品が多いがこのArcher AX73のコスパは際立っている。

 

例えばライバル機種のバッファローのWSR-5400AX6は価格は17000円程するので、コスパの良さは際立っている。

Archer AX73とWSR-5400AX6はデザインがかなり違うので、比較対象としては微妙かもしれないが。

 

スマートコネクトが便利

ココがポイント

2.4GHz帯と5GHz帯で同じSSIDでパスワードを共有できる機能。

ユーザー側で周波数をいちいち変更する必要がなく、Wi-Fi側が自動で最適な周波数に接続してくれます。

ゴーゴーシンゴ
5GHz帯が混んでいると自動的に2.4GHz帯に接続の切り替え不要で接続してくれるよ

 

メーカー保証は3年と長い

TP-LINK社は保証の手厚いメーカーだと思います。

通常のメーカー保証は1年のところが多いのですが、TP-Linkの商品は3年と長い保証が付いてます。

毎日使う物ながら保証が長い方が安心して使えますね。

 

ルーターの接続はアプリから簡単接続

Archer AX73の初期ネットワーク設定画面

接続はTP-Linkのアプリから簡単にできます。

アプリの順番通りに進んで、「自動検出」を選ぶだけ。

あっという間に接続できたので、機械が苦手な人でも問題ないと思います。

 

ゴーゴーシンゴ
10分くらいで接続できたのでビックリしました

 

楽天ひかりのクロスパスに対応

Archer AX73の接続タイプはかなり豊富です。

  • 動的IP
  • 静的IP
  • PPPoE
  • L2TP
  • PPTP
  • DS-Lite
  • v6プラス(MAP-E)

特に楽天ひかりのクロスパスにも対応しているのがありがたいですね。

楽天ひかりは楽天モバイルを使っていると1年間回線使用量が無料になるのでお得です

楽天ひかり1年間無料。楽天UNLIMIT契約スマホもネットも無料になるよ!

続きを見る

 

Decoシリーズと組み合わせてメッシュWi-Fiを構築可能

Archer AX73はTP-Linkから出ているメッシュWi-FiシリーズDecoと一緒にメッシュWi-Fiに参加が可能です。

僕が使っている、Deco X60はIPoE接続には対応しておりません。

その為Archer AX73をルーターとしてDeco X60をブリッジモードとして使うとメッシュ高速なメッシュWi-Fiが構築できます。

ココがポイント

  • Archer AX73→メインルーター(無線機能はオフにしておく)
  • Deco X60→メッシュWi-Fi(無線通信対応)

お金はかかりますが、おうち全体の通信環境を速くしたい方はブリッジモードを覚えておくと便利ですよ。

TP-Link Deco X60 レビュー!ひとり暮らしでメッシュWi-Fi導入の意味は?

続きを見る

 

Archer AX73のデメリット

Archer AX73の微妙だと思った点は以下の2つです。

ココがダメ

  1. ルーターがバカでかいので置き場所に困る
  2. 有線LANの最大が1Gbpsまでしか対応していない
  3. 発熱は少しある
  4. 縦置きスタンドが別売り
  5. Archer AX4800と購入を迷う
  6. NURO光では二重ルーター問題が発生する

順番に紹介していきますね。

 

1 ルーターがバカでかいので置き場所に困る

Archer AX73の微妙だと思った点は大きさだろう。

まず横幅だけど、雑誌サイズくらいはある。

上の画像はよくあるビジネス本サイズの画像だが、それより大きい感じ。

設置場所が狭い人は要注意。

 

あとは縦に伸びるアンテナもかなりデカいし本数も多い。

剣山みたいなデザインになっているので好みが別れるところだと思う。

僕はなんかアンテナがたくさんある方が電波が飛びそうで好きである。

 

余談だが、ルーター表面はメッシュデザインになっていて放熱性を重視しているそう。

ルーターの上に物を置くことはできないので注意しよう。

 

サイズはこんな感じなので事前に置き場所を確認しておこう。

幅x高さx奥行 272.5x49.2x147.2 m
ゴーゴーシンゴ
意外と場所取るので注意!

 

2 有線LANの最大が1Gbpsまでしか対応していない

Archer AX73の有線LANは1Gbpsまでしか対応してません。

例えば、NURO光やau光などの10Gps対応の超高速回線の力を最大限引き出す事は不可能です。

Wi-Fi6の理論値は最大最大9.6Gbpsまで対応しているので、せめてマルチギガビットの2.5Gbpsまで対応して欲しかったですね。

 

3 発熱は少しある

高性能なルーターだけあって発熱は少しあります。

表面がメッシュ構造になっていて、排熱はされますがそれでも熱いです。

ルーター表面に物を置くと排熱効率が悪くなるので絶対にやめましょう。

 

4 縦置きスタンドが別売り

Archer AX73は普段は横置きですが、別売りの縦置きスタンドを付けると縦に立ちます。

縦置きスタンドの価格ですが800円しました。

コスト削減の為とは分かりますが、縦置きスタンドは付属して欲しかったのが本音です。

 

5 Archer AX4800と購入を迷う

少し性能は落ちますがArcher AX4800が新しく発売されました。

5Hz帯のスピードが若干落ちて、ルーター本体のデザインが違います

価格も2000円程度しか違わずに、セールによっては逆転する価格になっております。

性能はArcher AX73が上ですが、体感できるかは微妙な所です。

TP-Link Archer AX4800 レビュー!AX73との比較やメリットを紹介

続きを見る

 

6 NURO光では二重ルーター問題が発生する

僕はNURO光を契約していないので分かりませんが、価格コムの口コミには以下の記載がありました。

男性

URO光だとONUのルーター機能を停止できないので2重ルーターで運用する必要があります。

二重ルーターにすると通信速度が遅くなる等のデメリットが発生します。

Wi-Fiを使えなくなる訳ではありませんが、注意が必要と言えるでしょう。

 

TP-LINK製Archer AX73のスピードテスト結果

以下がArcher AX73のスピードテストの結果だ。

結果は極めて良好で、めちゃくちゃ速いWi-Fiスピードとなった。

Pingやジッターも非常に好成績なので、オンラインゲームなどでも問題なく使用できそうである。

 

iPhone12 Pro【Wi-Fi6】

下り 673Mbps

上り 628Mbps

最新のiPhoneでスピードテストをするとめちゃくちゃ高速でした。

有線に比べて無線ではスピードは落ちやすいはずですが、有線と変わらないどころかそれ以上のスピードが出ててビビりました。

YouTube再生なども一瞬で再生できるくらい速かったです。

 

iPhone11【Wi-Fi6】

下り 387Mbps

上り 577Mbps

旧機種のiPhone11でも計測しました。

iPhone12 Proと同じWi-Fi6なので速度の差は計測時間などのタイミングによる誤差だと思います。

 

i pad pro10.5【Wi-Fi5】

下り 176Mbps

上り 499Mbps

旧規格の11ac(Wi-Fi5)で計測しました。

さすがにWi-Fi6に比べるとスピードは落ちました。

ただ下りも200Mbps近く出ているので、体感差は無いくらい爆速と感じました。

Wi-Fi5で使っても充分なスピードが出ているのが素晴らしい。

 

MacBookPro16【有線LAN】

下り 532Mbps

上り 596Mbps

パソコンに繋いでの有線LANのスピードテストの結果は上記の通り。

Archer AX73は1Gbpsのギガビットイーサネットに対応している。

普通に爆速なので、4K動画閲覧などの大容量やテレビ会議などのデータ通信でも遅延は全くないはずだ。

Windows製品では試せていないが、Apple製品とルーターの相性はかなり良いと感じた。

 

使用回線はauひかり

auひかりはNTTの回線網ではなく、独自回線を採用している。

NTTの回線よりも混みづらく爆速なので、回線が遅くて悩んでいる方は幸せになれるはずだ。

キャッシュバックも6万円以上あるので、合わせて検討して欲しい。

さらに詳しく

 

Archer AX73のTwitterでの評判

Archer AX73のTwitterでの評判をまとめました。

 

TP-Link Archer AX73のスペックまとめ

TP-LinkのArcher AX73のスペックをまとめると以下になります。

サイズ 273 × 147 × 49 mm
ワイヤレス規格 2.4GHz:IEEE 802.11ax/n/b/g
5.0GHz:IEEE 802.11ax/ac/n/a
周波数 2.4GHz+5.0GHz
最大通信速度(理論値) 2.4GHz:574Mbps
5.0GHz:4,804Mbps
接続端末数 最大80台
ワイヤレスセキュリティ WPA
WPA2
WPA3
WPA/WPA2-Enterprise(802.1x)
CPU 1.5GHz トリプルコアCPU
インターフェース 1Gbps WANポート x 1
1Gbps LANポート x 4
プロトコル IPv4
IPv6

現状IPv6 IPoEに対応していて、ここまで安いWi-Fiルーターは存在しません。

上位機種のArcher AX90はIPv6 IPoEに非対応です

 

まとめ Archer AX73はコスパ最強のIPv6 IPoE Wi-Fi 6ルーター

以上がArcher AX73レビューのまとめである。

結論として、非常に買いだと思って満足している。

 

あらためておすすめポイントをまとめると以下になる。

ココがおすすめ

  1. IPv6(IPoE) のv6プラス対応
  2. 高速なWi-Fi 6対応
  3. 5GHz 6ストリーム 最大4803Mbpsの高速通信
  4. ハイエンドの性能ながら1万円台の価格
  5. 接続はアプリから簡単接続

価格が1万円ちょっとでこの性能の無線Wi-Fiは正直無いだろう。

Wi-Fiルーターをはじめて買う方から、高性能な無線Wi-Fiが欲しい方まで満足できる。

最大接続台数も80台まで対応なので、家族で使うにも安心なはずだ。

 

アップデートが豊富なのも本機の特徴だ。

2022年4月にも以下のアップデートがあり機能追加がされた。

 

またコスト削減として、auひかりの無線LANオプション(月額500円)を解約した。

年間6000円のコスト削減になるので、すぐに元が取れると思う。

Archer AX73を導入して快適なインターネットライフを過ごしてくれたら幸いである。

 

Wi-Fiルーターを縦置きしたい方は別売りのスタンドを購入すると便利です。

 

こちらの記事もおすすめです
TP-Link Archer AX4800 レビュー!AX73との比較やメリットを紹介

続きを見る

TP-Link Deco X60 レビュー!ひとり暮らしでメッシュWi-Fi導入の意味は?

続きを見る

TP-Link Archer AX20レビュー!1万円以下の無線Wi-Fi6ルーター

続きを見る

(tp-link 評判)TP-LinkおすすめWi-Fiルーター12選!(全部実際に使用)

続きを見る

TP-Link Archer A6レビュー!3000円台のベストバイWi-Fiルーター

続きを見る

TP-Link Archer AX10レビュー!Wi-Fiルーターの速度は遅い?

続きを見る

TP-Link「 Archer AX72」レビュー。AX73との違いも解説

続きを見る

TP-Link 「Archer AX55」レビュー。2022年コスパ最強のWi-Fi6ルーター

続きを見る

こちらの記事もおすすめです

2022年6月29日

(デスクツアー)苦節3年をかけて作り上げたガジェットブロガーのデスク環境

在宅ワークがメインのガジェットブロガーのシンゴです(@go5shingo) ここ最近はすっかりと定着したテレワークですが、我々ブロガーは毎日が自宅の作業。 言わば自宅での作業のプロフェッショナル。 さあはじめようか pic.twitter.com/MlEbsxioca — ゴーゴーシンゴ@ガジェットブロガー (@go5shingo) June 3, 2022 こんな僕の3年間にわたり試行錯誤と改良を加えたデスクをデスクツアーという形で紹介したい。 ちなみにおしゃれなデスクというよりは使いやすさと生産性アッ ...

ReadMore

2022年6月29日

yeediモップステーションレビュー!QOL爆上がりのモップ洗浄まで全自動のロボット掃除機

掃除機は昔ながらのキャニスター式を使っているシンゴです。 今までロボット掃除機が気になってましたが、なんか信用できなくて食わず嫌いしてました。 すぐつっかえたり、段差から落ちそうでアホな子のイメージでした。 そんなロボット掃除機未経験の僕ですが、メーカーさんからお声がけ頂きまして試す機会が出来ました。 商品名がyeedi(イーディー)モップステーションです。 商品の特徴がモップ掛けから水洗い、乾燥までをを自動でこなす近未来を感じるロボット掃除機でした。 はじめてロボット掃除機を使いましたが、結論は最高でし ...

ReadMore

2022年6月29日

PITAKA iPad Pro/Air MagEZ Case 2レビュー!Magic Keyboardも使える最強保護ケース

iPad Pro/Airの最強ケースがPITAKAより発売されました。 こんにちはシンゴです。 iPad Pro/Airを使う上で外せないのが、Magic Keyboardの存在。 文字を書くのはもちろん、マウス操作や充電機能など活躍の幅は非常に広いんです。 しかし問題になるのが、Magic Keyboardに対応するケースが少ない問題。 Magic Keyboardを使う時にいちいちケースを取り外したり、付けたりするのは非常に面倒です。 付け外しの手間を減らす画期的なアイテムが「PITAKA MagEZ ...

ReadMore

2022年6月29日

OPPO Reno5Aレビュー!2021年コスパ最強の5Gスマホの決定版

OPPO Reno5A期待して無かったですが、メチャクチャ良いです。 価格も39600円で購入可能。 新規・MNPは21600円引きの18000円とさらに激安。 この金額で5G、おサイフケータイ、指紋認証、顔認証、防水と至れり尽くせりのモデルになってます。 メインでiPhone 12Proを使っているんですが、普通に乗り換えを検討するほど快適でした。 その時のTwitterが以下。 OPPO Reno5A結構いいですね これは全国民におすすめしたいレベル pic.twitter.com/rd5MhRV74 ...

ReadMore

2022年6月29日

【2022年】iPhoneにおすすめのアクセサリー・周辺機器(iPhone13対応)

こんにちは、iPhone12 Proユーザーのゴーゴーシンゴです。 先日iPhone12 Proの徹底レビューをしました。 iPhoneは単独で使うよりも様々な周辺機器やアクセサリーと組み合わせると何倍も便利で快適になります。   そこで今回はiPhoneにおすすめのアクセサリー・周辺機器をお伝えいたします。(iPhone13対応) ゴーゴーシンゴどれもガジェットマニアが厳選しておすすめする商品ばかりです。ぜひ最後まで見てね   ココがポイント Anker PowerPort III ...

ReadMore

2022年6月29日

【レビュー】HyperX Solocast はコスパ最強の単一指向性USBマイク

評価おすすめ HyperX Solocast小さいのに音質めっちゃ良い! HyperXより3/1に発売されたUSBコンデンサーマイクSolocast。 価格は7980円。 このマイクのスゴイ所は低価格、コンパクト、音質良しとコスパ最強のマイクとなっている。 在宅ワークやテレワーク、ゲーム配信などマイクデビューにピッタリな商品と言えるだろう。 こんな方におすすめ コンパクトで音質の良いコンデンサーマイクを探している 在宅ワーク、テレワークで使えるコスパの良いマイクが欲しい ゲーム配信や実況で使えるカッコいい ...

ReadMore

2022年6月29日

【ポートレート】おすすめRFマウントレンズ!ポトレ作例付きで現役カメラマンが解説

困ってる人RFマウントレンズでおすすめのレンズが知りたい   こんな悩みを解決いたします。 作例も豊富に紹介しております。   この記事を読めばポートレートにバッチリなRFレンズが全て分かりますよ。   ゴーゴーシンゴポートレート撮影歴8年の僕が超おすすめレンズを紹介します   【作例付き】ポートレートで使いたい!おすすめRFマウントレンズ ポートレートで使いたい、RFレンズのおすすめランキングを紹介いたします。 どれも素晴らしいレンズばかりですので、ぜひ最後まで見 ...

ReadMore

Amazon購入で損したくない方へ

 

Amazonで1円でも損したくないなら

Amazonの通貨でもあるAmazonギフト券の購入チャージをおすすめします。

現金でチャージするたびチャージ額 x 最大2.5%分のポイントがもらえます。

Amazonプライム会員30日間無料登録なら使わないと損しますよ!

一回でのチャージ金額 プライム会員 通常会員
5,000円~ 1.0% 0.5%
20,000円~ 1.5% 1.0%
40,000円~ 2.0% 1.5%
90,000円 2.5% 2.0%

Amazonギフト券をチェックする

まとめてチャージが断然お得

期限は10年なので使い切れない心配なし

ゴーゴーシンゴ
日用品など細かい物を買ってもチリツモですよ

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゴーゴーシンゴ

年間100万以上ガジェットに注ぎ込むガジェットオタク。 スペックよりも感覚で書くレビューブロガー。 趣味はポートレート撮影と秋葉原のお散歩。 Writing Hacks卒業のプロのWebライター。 レビュー依頼はお問い合わせからお気軽にどうぞ

-Wi-Fi
-