【保存版】ブログリライトのコツを4つ紹介(SEO上位表示に効果抜群)

ブログ

【保存版】ブログリライトのコツを4つ紹介(SEO上位表示に効果抜群)

困ってる人
ブログのリライトの仕方がわからない。対象記事の見つけ方やリライトのコツを知りたい

 

こんな悩みを解決いたします。

この記事の内容

  • リライトの基本について
  • ブログリライトを優先すべき記事について
  • ブログリライトの方法

ブログのリライトはSEO対策として非常に重要です。

上位表示させるには記事の改善は避けて通れません。

 

本記事ではブログリライトの基本とコツをブログ初心者に分かりやすく解説いたします。

当ブログもリライトを施して、SEOで検索順位1位を獲得しているキーワードが複数あります

シンゴ
今まで適当にリライトをしてた方はぜひ参考にしてくださいね

 

(基礎編)ブログリライトについて解説

最初にブログのリライトの前提知識について解説いたします。

リライトはすでに出来上がっている記事の内容を書き換える事です。

但し誤字や表現を微修正するのではなく、見出しをまるごと足していくようなイメージです。

 

ブログリライトの目的は検索順位を上げること

リライトの目的は記事の検索順位を上げることです。

今ある記事を改善して検索エンジンからの評価を上げるのがリライトです

 

記事を公開してしばらくすると検索エンジンから評価を受けることになります。

検索エンジンからの評価が思ったよりも低かった場合にはリライトが必要になります

 

ブログリライトに求められること

ブログリライトに求められることは以下です。

ココがポイント

検索順位を上げるような記事に仕上げること

 

リライトは記事の順位を上げることが目的です。

  • 上位の記事より情報が薄い
  • 情報が古くて信頼性が低い
  • 一次情報が足りない

上記のような記事はリライトをするチャンスです。

ぜひ記事をガッツリと補強して上位表示を狙える記事に強化しましょう。

 

ブログのリライトをする時期について

ブログリライトは記事を書いてすぐにする必要はありません。

ブログのリライトする時期は、公開から3ヶ月程度経った頃がおすすめです。

 

記事の公開直後は順位が上下に変動します。だいたい3ヶ月経つ頃に順位が安定してきます

記事の順位が安定してくると、リライトする箇所も明確になってきます。

シンゴ
記事の順位変動は毎日チェックするのがおすすめだよ
記事チェックにおすすめツール
【初心者ブロガー必須】Rank TrackerでSEO検索順位測定

続きを見る

 

ブログのリライトを優先すべき記事

ブログのリライト記事の洗い出し方について解説いたします。

先ほど、リライトは公開から3ヶ月以上経っている記事におこないましょうと解説しました。

しかし全ての記事のリライトを行っても時間も労力も足りません。

以下がリライトにおすすめの記事になります。

リライト記事のおすすめ

  1. 検索順位が2ページ目以降の記事
  2. ライバル記事よりも内容の薄い記事
  3. マネタイズしたい記事

順番に紹介いたしますね。

 

1 検索順位が2ページ目以降の記事

リライト最優先するべき記事の1つ目は検索順位が2ページ目以降の記事です。

検索順位が圏外(50位)以降の記事よりも、すでに順位が付いている記事の方が検索で上がる見込みが高いです。

特に検索2〜3ページ目の記事は少し記事を更新するだけで上位表示になる可能性のある記事です

まずは最優先でこれらの記事のリライトを行いましょう!

 

検索圏外の記事のリライトはそもそも記事設計の全面的な見直しや競合が強すぎる可能性があります。

労力のワリに効果が少ない事が多いです。

 

どうせリライトやるなら効果のある記事をした方がいいですよね。

もちろん余力があれば、全記事をリライトするのもアリです

低品質な記事が減ればサイト全体の評価がアップします

シンゴ
まずは検索2ページ目以降の順位が付いた記事が最優先

 

2 ライバル記事よりも内容の薄い記事

ライバル記事よりも内容の薄い記事もリライトの対象です。

例えば以下の例。

【ライバル記事】

H2 初心者ライターがライターを始めるまでのステップ

H2 初心者ライターの仕事の探し方

H2 初心者ライターが稼ぐ4つのコツ

H2 初心者ライターが仕事を取るときの注意点

【自分の記事】

H2 初心者ライターを始める前にすべきこと

H2 初心者ライターの仕事のとり方4選

H2 初心者ライターが仕事を取るときの3つの注意点

例えば上記の場合。

ライバル記事は「稼ぐ為のコツ」を書いてますが、自分の記事はマルっと抜けております。

ライバル記事が触れている内容に付いて追記しとくのがおすすめです

 

ただし注意点があります。

ココに注意

  1. 記事の方向性と関係無い見出しは追加しない
  2. 競合の見出しを丸パクリしない

競合の記事がすべて正しいとは限りません。

自分の記事に不要だと思う箇所は無理に追記しなくてOKです。

逆に競合が触れているのに自分の記事だけ書いて無いなら必ず追記しとくべきです

シンゴ
上位3サイトくらいは必ずチェックしときましょう

3 マネタイズしたい記事

マネタイズしたい記事もリライトの対象です。

例えば、まとめ記事などが対象。

 

ライバル記事がおすすめの〇〇10選で自分の記事が5選までの紹介の場合→自分の記事を15選にするなど

マネタイズしたい記事は競合も強い場合が多いです。

ある程度消耗戦になりますが、記事の増強は必要です。

シンゴ
どうしても記事の内容で勝負できない場合は、ドメインパワー勝負になります

 

ドメインパワーアップの方法
ドメインパワーアップに効果的!ブログ被リンクを自力で増やせる方法6選

続きを見る

 

ブログのリライトのコツ4つ

実際にWEBライター兼ブロガーとして感じた有効なブログリライトのコツを紹介いたします。

リライトのポイント

  1. 最新情報に書き換える
  2. 関連する記事の内部リンクを増やす
  3. 記事タイトル・見出しを見直す
  4. 構成の順番を見直す

順番に解説しますね。

 

コツ1 最新情報に書き換える

情報が古くなった記事は最新情報に書き換えましょう。

情報が古い記事は更新されていないと見なされて、離脱率やブログの信頼性が下がってしまいます。

 

特に以下の項目は最新情報になっているか確認しましょう。

  • 商品名
  • 商品のスペック
  • 商品の値段
  • サービスの内容

また、商品やサービスが終了している可能性があります。

その際は記事の旬が過ぎているかもしれません。

新商品や代替えサービスを紹介できないかを検討しましょう。

 

コツ2 関連する記事の内部リンクを増やす

記事のリライトのコツですが、文章を追加するだけではありません。

後から書いた記事が前の記事と関連している場合には積極的に内部リンクを増やしましょう。

内部リンクで関連する記事同士を連携するとサイト全体の評価が上がります

例えばランキング記事を書いた時に、詳しい商品の解説はコチラなどと内部リンクを貼るのが効果的です。

シンゴ
記事の横展開を意識して内部リンクを張り巡らせると効果的だよ

 

3 記事タイトル・見出しを見直す

実際にリライトで効果があるのは、記事タイトルの見直しと見出しの変更です。

もしも見出しにキーワードが入っていない場合には、積極的にキーワードを入れていきましょう。

 

ココに注意

記事タイトルを変更すると順位が大きく変動する可能性があります

 

見出しと同様に記事タイトルにキーワードが入っていない場合には、記事タイトルにもキーワードを入れましょう。

記事タイトルの付け方にはコツがあります。

以下の記事で解説しておりますので、ぜひ参考にして下さい。

【WEBライター伝授】ブログタイトルの付け方10選(クリック率大幅UP)

続きを見る

 

4 構成の順番を見直す

構成の順番を見直すだけでも順位が上がる事があります。

大切な情報が記事の1番下に埋もれている場合などは、順番を上に変えるのも効果的です

読者は目的の内容が書かれていないと即離脱してしまう可能性があります。

検索意図に沿った重要な内容ほど、記事の構成の上部に持っていくのが大事です。

シンゴ
読者ファーストの記事の構成にできないか考えるのが大事

 

ブログリライトの注意点と気をつけるべきこと

最後にブログリライトする際の注意点をまとめます。

ココに注意

  1. リライトしても記事が上がるとは限らない
  2. リライト後1ヶ月程度は放置する
  3. どこをリライトしたかメモを残しておく
  4. 時には不要な情報は削除する勇気を持つ

順番に見ていきますね。

リライトしても記事が上がるとは限らない

リライト後は記事の順位が乱高下します。

特にリライト後は記事の順位が大幅に落ちます。適切なリライトをすればその後じわじわと上がっていきます

但し適当にリライトした場合は順位が落ちますし、ライバル記事もリライトをしております。

リライト=必ず順位が上がる訳ではないので、ドライに考える癖を付けましょう。

 

リライト後は1ヶ月程度は放置する

リライト後は1ヶ月程度は放置しましょう。

リライト後は順位が不安定になって乱高下します。

この時にあれこれと修正をするとどの修正で順位が変わったのかがわからなくなってしまいます

順位が下がったりして不安な気持ちも分かりますが、グッと我慢しましょう。

 

どこをリライトしたかメモを残しておく

リライトした箇所は必ずメモを残しましょう。

メモをする理由は、○○をしたから検索順位が上がった(下がった)と客観的な資料になるからです。

メモをする内容は以下です。

メモのポイント

  • リライト日
  • タイトルの変更(前と後)
  • キーワード変更(前と後)
  • h2の見出しの変更箇所
  • リード文の変更
  • アフリエイトリンクの場所の変更
  • 内部リンクの追加結果 など

ザッとこんな感じがおすすめです。

Macならメモ帳でも構いませんが、キーワードごとにメモの取れる

「Rank Tracker」

が使いやすくておすすめです。

【初心者ブロガー必須】Rank TrackerでSEO検索順位測定

続きを見る

 

時には不要な情報は削除する勇気を持つ

リライトは記事を追記するだけではありません。

不要な箇所は削除する勇気も必要です。

例えば検索意図から外れて冗長表現になりがちな文章はスッキリと削除した方が良いです

リライト=文章の追記だと思ってしまいがちですが、読んで引っかかる内容などは思い切って削除しましょう。

シンゴ
削除することによって離脱率が下がる場合もあるよ

 

ブログリライトのやり方とコツまとめ

以上がブログリライトのやり方とコツのまとめでした。

最後におさらいです。

リライト記事のおすすめ

  1. 検索順位が2ページ目以降の記事
  2. ライバル記事よりも内容の薄い記事
  3. マネタイズしたい記事

リライトのポイント

  1. 最新情報に書き換える
  2. 関連する記事の内部リンクを増やす
  3. 記事タイトル・見出しを見直す
  4. 構成の順番を見直す

ブログのリライトはSEOの検索順位を上げる為に重要です。

記事を公開して放置していても、低評価の記事が積み上がるだけです。

定期的にリライトをして、サイト全体の評価を上げましょう。

シンゴ
最後まで読んでいただいてありがとうございました
おすすめ記事
【完全版】月3万を余裕で稼ぐブログのロードマップ【27記事で解説】

続きを見る

おすすめ記事
【2021最新AFFINGER5徹底レビュー】1年間使った感想とデメリットも紹介

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゴーゴーシンゴ

ゴーゴーシンゴのブログ編集長 ▷カメラとガジェット大好きなWebライター ▷ライター専門のオンライン講座「Writing Hacks」卒業生 ▷ブログ実績 Amazon単月売り上げ 91万 本当に使って良かった物だけを厳選してレビューしてます。 ガジェットのレビュー依頼受付中です。

-ブログ