【特徴あり】Webライターに向いている人・向いていない人を現役ライターが紹介

Webライター

【特徴あり】Webライターに向いている人・向いていない人を現役ライターが紹介

困ってる人
Webライターになりたいけど私は向いているのかな?
困ってる人
どんな人がWebライターに向いているのか知りたい

こんな悩みや疑問を持っている方は多いのではないでしょうか?

僕は未経験からWebライターになって「これは向いている人と向いていない人が別れるなぁ」と感じました。

この記事では実際のWebライターが感じたWebライターに向いている人と向いてない人の特徴をご紹介いたします。

こんな方におすすめ

  • これからWebライターに挑戦したい
  • Webライターを副業でやってみたい
  • どんな人がWebライターに向いているのか知りたい
シンゴ
実際のWebライターが解説しますのでぜひ最後まで見てくださいね。

 

Webライターに向いている人の7つの特徴

いきなりですがWebライターに向いている人の特徴を7つあげます。

下記に当てはまる物が多い人ほどWebライターに向いていると思います。

ポイント

  1. 文章を書くのが苦じゃない人
  2. 調べるのが得意な人
  3. クラウドソーシングサイトで営業ができる人
  4. 修正依頼が来ても感情的にならない人
  5. 発信活動が好きな人
  6. コツコツやる事が苦じゃない人
  7. 興味・好奇心が多い人

向いている人1 文章を書くのが苦じゃない人

文章を書くのが苦じゃないあなた!

もしかしたらWebライターに向いているかもしれません。

Webライターで重要なのが文章を書くのが得意と思われがちですが、重要なのが「苦じゃない」がポイントです。

意外かもしれませんがWebライター全員が文章を書くのが得意ではありません。

会社員だって全員がスーパーエリート社員じゃないのと同じです。

文章は何度も書いては修正して記事を書くので、文章を書くのが苦と感じる人は物凄いエネルギーを消耗します。

文章を書くことが苦じゃ無いのは、それだけで才能です。

ちなみに文章力は執筆を繰り返す中でどんどん上がっていくので、最初からとてつもない文章力は必要ありません。

 

向いている人2 調べるのが得意な人

Webライターになって意外と思ったこと。

文章力<検索力が大事。

Webライターって自分の知っている事が書ける訳ではありません。

 

知らないことを書くにあたって一次情報を調べたり、書いてる情報が正しいかを自力で調べられる知識が必要。

Google検索を使いこなせないとWebライターですぐに行き詰まってしまいます。

効率的に調べられないと執筆作業が進みませんよ。

 

向いている人3 クラウドソーシングサイトで営業ができる人

Webライターの求人はクラウドソーシングサイトで探します。

その時重要なのが営業力です。

とにかくクラウドソーシングサイトで採用されやすいように、自己PRや実績をアピールできるスキルが重要。

文字だけの営業なのでいかに分かりやすく、相手に伝わるかが分かる文章が書けないと採用がされません。

ちなみに初心者におすすめのクラウドソーシングサイトは以下の2つです。

 

向いてる人4 修正依頼が来ても感情的にならない人

Webライターって納品しても修正依頼が普通に来ます。

下手したらほぼ最初からやり直しとかもあります。

そんな時「ふざけるなよ」と心の中で思っても、素直に受け入れられるスキルが求められます。

たまに修正依頼が来ると否定された気持ちになってクライアントに文句を言う人がおりますが、絶対にNGです。

もし修正依頼が来ても感情的にならずに淡々と応じましょう。

 

向いてる人5 発信活動が好きな人

発信活動が好きな人はWebライターに向いてます。

特に自分の経験や意見を世の中に発信したい熱い気持ちがある方は向いております。

大切なのは伝えたい気持ち。

もし世の中に自分の書いた記事が公開される事に喜びを感じる方にはうってつけの職業です。

また、特に得意なジャンルがある方はクライアントからも大切にされます。

熱い気持ちを冷静な文章で発信できる方はぜひWebライターに挑戦してください。

 

向いている人6 コツコツやる事が苦じゃない人

Webライターの仕事って細かい作業が多いです。

特に文章を書くだけだと思っている方は要注意。

例えば以下がWebライターの作業です。

  • 書くキーワードについて調べる
  • 競合記事の分析
  • 競合記事の強み・弱みの書き出し
  • 構成案の提出
  • ライティング
  • 一次納品後、修正依頼対応
  • 最終納品
  • 記事の公開作業など

意外と細かい作業が多いとおもいませんか?

リサーチなどは特に骨が折れる細かい作業です。

こんな細かい作業も苦じゃない方は間違いなくWebライターに向いてますよ。

 

向いてる人7 興味・関心が多い人

興味・関心が多い人はWebライターに向いてます。

Webライターで活動する人は大きく分けて以下に分類されます。

  • 旅行や英会話など特定のジャンルだけを書く人
  • ジャンルは特に決めずに何でも書く人

自分の得意ジャンルを書ける人って運のいい人かめっちゃ実力のある人です。

大抵は縁もゆかりもないキーワードで記事を書く事が多いです。

その時には普段から興味・関心のアンテナを張っていると記事も取り組みやすいです。

普段から世の中のトレンドやこれから流行る事や話題になっている事に敏感に反応できる人がWebライターに向いております。

 

Webライターに向いてない人の5つの特徴

Webライターに向いてない人は以下の5つがあると思います。

ポイント

  1. 文章を書くのが苦と感じる人
  2. 調べる事が面倒臭い人
  3. 細かい作業が苦手な人
  4. 納期を守れない人
  5. 一人で作業をするのが苦手な人

向いてない人1 文章を書くのが苦と感じる人

文章を書くのが苦と感じる人はWebライターに向いておりません。

特にメール返信やLINE返信も苦手な方は注意が必要です。

おそらく文章を書くのが苦痛なはず。

得意不得意ではなく、苦痛と感じる作業はできたとしても継続が難しいはず。

まずは短い文章を書いた時に自分が文章を書くのが嫌と感じるのか見極めてみましょう。

 

向いてない人2 調べるのが面倒臭い人

調べるのが面倒臭い人もWebライターに向いていません。

Webライターって知らない事を分かりやすく書く職業なんです。

その為、日々の検索は必須。

特に注意が必要なのが、わからない事があるとすぐに他の人に聞いてしまう人。

自分で調べるクセがついていない人は大変な職業なので注意が必要です。

 

向いていない人3 細かい作業が苦手な人

Webライターは細かい作業がたくさんあります。

例えば細かいルールは以下です。

  • 語尾は「です」「ます」で統一
  • 連続して同じ語尾を2回連続で使わない
  • 出典は必ずHPを記載
  • どこからその情報を持ってきたかを段落ごとに記載
  • 数字は半角で必ず記載

こんな細かいルールがクライアントさん事にあります。

そしてAのクライアントでOKなルールでもBのクライアントでNGのケースもザラにあります。

細かいルールをきちんと管理して、仕事に向き合える能力が必要です。

 

向いてない人4 納期を守れない人

納期を守れない人はWebライターに向きません。

特に自己管理のスケジュールが甘い方は注意が必要。

「昨日ちょっと出かけてましてできませんでした・・・」などは通用しません。

また体調が悪かった時なども、会社員ならカバーしてくれるかもしれませんがWebライターではいっさいそんな事はありません。

自分のスケジューリングや自己管理ができないと苦痛に感じると思います。

 

向いてない人5 一人で作業をするのが苦手な人

Webライターって孤独です。

作業は全て一人でやる事になります。

大人数でワイワイ仕事をやる事が好きな方はやりづらいかもしれません。

大体の作業の90%は一人でやる作業です(残り10%は編集さんとのやり取りなど)

孤独に作業ができる人じゃないとメンタルがやられるかもしれません。

 

未経験からWebライターになる方法

未経験からWebライターになる方法は大きく分けて2ステップです。

ポイント

  1. Webライターのスキルを身につける為に勉強する
  2. クラウドソーシングサイトで営業する

1 Webライターのスキルを身につける為に勉強する

まずはWebライターになる為には勉強が必要です。

僕は以下の方法で勉強をしました。

  1. 書籍を読んで学習
  2. YouTubeでWebライターの動画を見る
  3. オンラインのWebライター講座「Writing Hacks」を受講する

詳しい勉強方法については別の記事にまとめております。

ぜひご覧ください。

【体験談】未経験から単価1.0円のWebライターになれた5つの勉強方法

続きを見る

 

2 クラウドソーシングサイトで営業する

ある程度勉強して自信が付いたらクラウドソーシングサイトで営業しましょう。

コツはどんな記事の依頼がどのくらいの文章量であるかを把握していきます。

例えば、「転職」「30代」のキーワードで4000文字程度の依頼などまずは肌感覚を掴む事が大事です。

また、単価を気にする人がいますが最初は単価は気にしなくて大丈夫です。

なぜならずっとそのクライアントと仕事をする訳ではないからです。

大事なのは最初の実績を作る事!

実績ありと実績なしでは採用率がグンと代わってきます。

 

ちなみに魅力的な提案文の書き方はWriting Hacksで学びました。

クラウドソーシングサイトの営業が通らない方は参考にすると目から鱗が落ちます。

 

Webライターになるとどんな未来が待っているか?

Webライターになるとこんな未来が待っています。

ポイント

  1. 自給制労働からの開放
  2. 通勤・通学の無い生活
  3. ノマドワーカーでどこでも仕事が可能

1 自給制労働からの開放

Webライターは自給制労働ではありません。

文字数は記事によって単価が決まっております。

その為、記事を速く書けば自給換算の給与が上がっていく仕組みになります。

自給制労働はいくら働いても給与は変わりませんが、Webライターならスキル次第で給与はある程度上げる事ができます。

もちろん働かないと給与は0なのでデメリットもあります。

 

2 通勤・通学の無い生活

Webライターになると通勤・通学のない生活が待っています。

これ一度はじめると辞められないくらいのメリットです。

通勤に毎日2時間(片道1時間)掛かっていた方は、その2時間がまるまる自分の時間になります。

特に便利なのが起きた瞬間から仕事がすぐに開始できる事。

ぶっちゃけ面倒な身支度なども無いので、会社員に比べて時間はさらに短縮されております。

時間って誰でも平等に24時間なので貴重ですよ。

 

3 ノマドワーカーでどこでも仕事が可能

Webライターはどこでも仕事ができます。

カフェや外出先のちょっとした時間、寝る前のベッドの上など。

PCとネット環境さえあれば後は自由に仕事が可能。

その分仕事に縛られると思われるかもしれませんが、自由に好きな場所と時間に仕事ができるのはメリットを感じる方も多いはず。

会社に縛られる働き方より自由なノマドワーカーになりたい方には特におすすめです。

 

まとめ あなたもWebライターに挑戦しよう

Webライターに向いている人と向いてない人を再度まとめます。

Webライターに向いている人

  1. 文章を書くのが苦じゃない人
  2. 調べるのが得意な人
  3. クラウドワークスで営業ができる人
  4. 修正依頼が来ても感情的にならない人
  5. 発信活動が好きな人
  6. コツコツやる事が苦じゃない人
  7. 興味・好奇心が多い人

Webライターに向いてない人

  1. 文章を書くのが世界で一番嫌いな人
  2. 調べる事が面倒臭い人
  3. 細かい作業が苦手な人
  4. 納期を守れない人
  5. 家一人でやる作業が嫌な人

もし向いてる人に当てはまらなくて諦める必要はありません。

あくまで僕が思っただけなので、全員が同じ風に考える訳ではないです。

大切なのは挑戦する事です。

適性なんてやってみないとわからない。

ぜひWebライターとして頑張っていきましょう。

【最悪?】Writing Hacks評判をWebライターがレビュー

続きを見る

期間限定情報

当リンクからWriting Hacksをお申し込みの場合に、Amazonギフト券5000円をプレゼントいたします!(お問い合わせより申し込みした旨をお知らせください)

当月お申し込みの場合は確認後、次月に送付となります。

Writing Hacks公式HP

これからWEBライターをはじめるなら

※稼げるWEBライターのノウハウ満載

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゴーゴーシンゴ

ゴーゴーシンゴのブログ編集長 ▷カメラとガジェット大好きなWebライター ▷ライター専門のオンライン講座「Writing Hacks」卒業生 ▷ブログ実績 Amazon単月売り上げ 91万 本当に使って良かった物だけを厳選してレビューしてます。 ガジェットのレビュー依頼受付中です。

-Webライター