うつ病 雑記

うつ病で精神障害者福祉手帳3級でも障害年金2級をもらう事になった話。

うつ病で障害厚生年金2級をもらう事になりました。

実際に受給するに当たっての情報が少なかったので参考になればと思い記事にさせていただきます。

悩んでる方の参考になれば幸いです。

 

うつ病で障害年金をもらうまで

精神障害者福祉手帳の等級は3級だった

別で記事を書きましたが精神障害者福祉手帳は3級の判定でした。

その時に感じた内容ですが、「この内容だったら2級だろう」と思ってました。

正直3級と言う判定に少し戸惑いました。

おそらくひとり暮らしををしている=自立した生活と判定されて手帳は3級となったのだと思います。

 

精神障害者福祉手帳取得のポイント!メリット・デメリットと東京都の審査期間

続きを見る

↑精神障害者福祉手帳を取得した時の記事です。

 

障害年金と障害者手帳の審査機関は違う

障害年金と障害者手帳の審査機関は違います。

その為、等級の違いなどは良くある事だと思います。

私の場合は、手帳は3級で年金は2級でした。

一般的には年金の方が厳しい為、珍しいケースかもしれません。

このようなケースもある為、手帳が3級でも諦めずに申請した方が良い場合もあります。(逆のケースもありますが)

 

申請から決定の場合までの期間はどれくらいだったか

・申請2020年3月11日

・認可日2020年6月11日

 

まさに標準の審査期間の3ヶ月ちょうどでした。

ただ、実際に手元に通知が来たのは6月19日でしたので発送までは少し時間が空くようです。

 

3ヶ月を過ぎてから審査に時間が掛かっておりますとの通知が来た

3ヶ月を過ぎたある日、日本年金機構から1通の手紙が来ておりました。

内容は「障害の認定に時間が掛かっております」と記載がありました。

ルールとして3ヶ月を過ぎた申請に対して、お知らせを出しているようでした。

この通知を見た時に「ダメだったんだな」と思っておりました。

 

通知書の記載のあった番号に問い合わせをしてみた

通知書には電話番号の記載がありました。

審査状況が確認出来るらしい旨の記載がありましたので電話をしてみました。

そこで電話をした際に、「審査はほぼ終わっております。来週くらいにはご案内出来そうです」と言われました。

ただし、電話では結果は教えられないルールだそうです。

その5日後くらいに正式に結果が通知されました。

正直、役所のやる仕事だから遅くなると思ってたので通知が来たときはビックリしました。

 

モヤモヤしている方は電話問い合わせをした方が良いですよ。

 

障害年金申請にあたってのポイントなど

障害年金受給は医師の診断書がすべて

障害年金の審査では医師の診断書がすべてになります。

ここで普段の病状より良く書かれたりすると間違いなく審査は落ちると思います。

また、医師の中には障害年金には良い意見を持っていない方もいると聞きます。

そのような医師の協力では申請自体が難しくなってしまうでしょう。

別の病院に通うなどした方が良いかもしれません。

 

【どこにも無い情報】これが実際の医師の診断書です

実際に医師に書いて頂いた診断書の一部を公開します。

先生はとても良く思ってくださり、出来る限り申請が通りやすいように配慮して書いていただきました。

もちろん嘘などの記載はありません。

 

 

申請のポイント 実は障害年金コンサルタントに依頼をした

障害年金の申請をする時に「自分では無理だ」と思いました。

その頃はとにかく余裕が無かったです。

ネットで調べて行くうちに多くのコンサルタントがある事に気付き依頼する事にしました。

多くのホームページでは審査合格者などの声の情報がありましたので、参考になりました。

 

障害年金コンサルタントでしてもらった事

以下が障害年金コンサルタントでしてもらった事です。

・書類の代行作成

・書類の申請作業

・問い合わせがあった際の問い合わせ代行

・病歴・申立書の作成代行

 

面談は1回のみでした。

時間は2時間くらいで今までの病歴や仕事の状況や病院の通院頻度などを話し合いました。

病歴・申立書についてはメールで質問に答える形で回答して、コンサルタントの方で時系列にまとめて文章にしてもらいました。

 

病歴・申立書とは何か?

申立書とは申請に使う補助資料の事です。

医師の診断書で8割くらいが決まりますがそこでフォロー出来ない内容を箇条書きで提出しました。

例えば、今ひとり暮らしで困っている事や○○が出来ないのでフォローしてもらっているなどです。

日常のありとあらゆる細かい事を書きました。

ポイントはいかに困っている事を分かりやすく多く伝える事だと思います。

病歴については、発症時から現在までの病状の変化を書く書類になります。

 

障害年金コンサルタントに相談する事はオススメか?→オススメは出来ません

審査が通って言うのもあれですが、コンサルタントに相談する事はオススメは出来ません。

理由は、料金がとても高いからです。

まず、相談料で22000円程かかります。

これは審査が落ちてもかかる最初の手数料です。

その後の成功報酬がめちゃくちゃ高い。

私の場合は、成功報酬は約50万程請求されます。

商売だから仕方ありませんが、高い勉強代になりますね。

 

自力で障害年金の申請は可能か?

自力での申請は充分に可能かと思います。

まず、医師の診断書については医師が書く為問題はありません。

 

また、申立書のアドバイスも年金事務所でしてくれるそうなので問題は少ないと聞きました。

1番大変なのは何度も申請の為に年金事務所に通ったり、書類作成で悩む事ではないでしょうか。

うつ病でそこまで一人でやるのは大変だと思います。

コンサルタント料金は高いので頑張りどこだと思いますので良く検討してみてください。

 

まとめ

・手帳と年金の審査機関は違う

・手帳3級でも年金2級は受かる

・審査期間は3ヶ月ちょっと

・医師の診断書でほぼ決まる

・年金コンサルタントの成功報酬は高いのでオススメ出来ない

・申立書は自分でも作れる(箇条書きでOK)

・気力があれば自分で申請するのがオススメ

 

以上となります。

 


↑うつ病で就職に悩んでいるならリワークからはじめるのが楽ですよ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゴーゴーシンゴ

■カメラ・ガジェットブログ■ Writing Hacks受講生 ▶️ポートレートカメラマン歴7年(キャノンEOSR) ▶️Webライター ▶️スマホマニア ▶️ガジェットブロガー ▶️ビジネス書レビュー ▶️ドルオタ少々 ▶️うつ病 ▶️精神障害者手帳2級 ▶️障害年金2級

-うつ病, 雑記
-, , ,

© 2020 ゴーゴーシンゴのブログ Powered by AFFINGER5