うつ病 雑記

精神障害者福祉手帳取得のポイント!メリット・デメリットと東京都の審査期間

シンゴ
精神障害者福祉手帳の3級を取得いたしました。

取得した時のポイントやメリット・デメリットと東京都の審査期間についてお伝えできればと思います。

以前に書いた記事をご覧になっていない方はこちらからご覧下さい。

 

【体験談】うつ病での精神障害者福祉手帳を申請した話と注意点

続きを見る

 

精神障害者福祉手帳取得のポイント

精神障害者福祉手帳の審査期間について(東京都の場合)

・2020/2/10申請

・2020/4/24審査承認

 約2ヶ月半でした!

ちょうどコロナ真っ只中でしたが、標準くらいの審査期間だったんでは無いでしょうか?

でも差し戻しがあって追加の質問をされた

但し前回の記事にも書きましたが東京都から追加の質問があり、病院の先生に回答書を作成してもらいました。

具体的に聞かれたのは以下です。

・一人暮らしをしているがどうやって生活しているのか?

・支援は受けているのか?

・具体的な支援の内容は?(生活、買い物、外出など)

 

ひとり暮らしをしていると審査が通りづらいようです。

 

ひとり暮らしをしている方はどんなサポートを受けているか答えられないとダメ

ひとりで生活出来ている=手帳の申請は非承認になる可能性が高いです。

その為、以下のように回答しました。

ココがポイント

・食事は出前や通販の食事を主に利用

・病院の通院日を親に報告し行き忘れを防ぎ、通院にはタクシーを使う事が多い

・薬の服薬などは定期的に親に報告して飲み忘れを防いでいる

・部屋の片付けなどは親に来てもらったり、ヘルパーの助けを借りている

自立した生活をひとりでどの程度出来ているのかが審査のポイントです。

ひとりで出来ない場合にはどんな助けを受けているのかが見られています。

また、ウソは絶対にNGなのでご注意ください。

特に医師に迷惑がかかりますのでやめましょう。

 

【参考】等級の判断基準は?

1級・日常生活において、他人の援助を受けなければ生活が不可能なレベル
・病院に行くのにも付き添いが必要
・家でも誰かの補助を受けないと生活出来ない
2級・日常生活において、多くの制約を受けるが他人の援助を受けなくても生活できるレベル
・習慣化された外出は可能だが、突発的なトラブルへの対処能力が低い
3級・日常生活に制限を受けるが、自活して生活できるレベル
・就労支援や小規模作業所に参加するなど、仕事はある程度できる

ざっくり言うと、

1級は何も出来ないレベル

2級は働いたり突然のトラブルなどには対応が難しいレベル

3級は日常生活に支障はあるがなんとかやって行けるレベル

こんな感じかと思います。

(個人的な感想)うつ病ではギリギリ3級が受かるくらいでは落ちると思う

私の状況を書かれた医師の診断書を見た時に「びっくりするくらいヤバイ状態」で書かれていました。

正直2級くらいは承認されると思っておりましたが、結果は3級でした。

審査は年々厳しくなっており、2級に余裕で受かるくらいの方でも3級になるくらいの審査だと思った方が良いです。

 


 

メリットについて

都営交通が無料で乗車出来るのが便利!

1番のメリットが都営交通が無料で使える「都営交通乗車証」が発行出来ます。

これは3級でも変わりません。

上のPASMOを改札でタッチすると定期みたいな感じで無料で乗車出来ます。

ちなみに都営交通とは以下を言います。

都営交通

・都電

・都営バス

・都営地下鉄(浅草線・三田線・新宿線・大江戸線)

・日暮里舎人ライナー

ちなみに似ている地下鉄として、「東京メトロ」がありますがそちらは無料で乗車できません。

また、JRについても無料で乗車出来ません。

このあたりが乗れればかなり便利なのですが仕方ありませんね。

 

都営バス以外のバスが半額で乗車可能

これもメリットが大きいです。

都内を走るほとんどのバスが半額で乗車が可能です。

バスに乗る際に障害者手帳を見せると運賃を半額にしてくれます。

運転手さんも慣れているのかスムーズな感じです。

 

企業の障害者枠での応募が可能になる(但しこの辺は個人の自由)

企業の採用枠の中には「障害者枠」があります。

正式に障害者と認められるので障害者枠での応募が可能になります。

但し、障害者と必ず公表する必要は無いのでそのまま一般枠で普通に就職活動をする方には意味はありませんね。

使いたい方は使った方がいいかもと言う感じです。

 

障害者控除で税金が安くなる

3級ですと障害者控除が27万円受けられます。

あくまで控除なので27万円分税金が安くなる訳では無いです!

(自分は無職なので恩恵ありませんが・・・)

 

スマホの毎月の料金が安くなる

NTTドコモ、au、ソフトバンクにはそれぞれ障害者の為の割引サービスがあります。

申請すると毎月のスマホ料金が少しだけ安くなります。

こちらも助かるサービスです。

 

デメリットは?

デメリットはあまり無いと思います。

あえて言えば、申請しても落ちたらショック。

申請するのに診断書作成費用などがかかる事でしょうか?

もし申請出来るならした方がいいと思います。

また、障害者手帳を取得しても誰にも報告義務はありません。

もし障害者とバレたく無ければ言わなければ問題無いです。

 

障害者手帳を取得しないで普通に働きたい方は

障害者手帳取得には心理的な抵抗がある方もいるかと思います。

メリットは多そうだけど普通に働きたい。

そんな方は障害者のオープンポジション求人がおすすめです。

障害者手帳を持っていれば、一般採用枠以外にもオープンポジションでの応募ができます。

dodaチャレンジなら実績も豊富で親切でしたよ。

就職を目指す障害者の方へ

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゴーゴーシンゴ

■カメラ・ガジェットブログ■ Writing Hacks受講生 ▶️ポートレートカメラマン歴7年(キャノンEOSR) ▶️Webライター ▶️スマホマニア ▶️ガジェットブロガー ▶️ビジネス書レビュー ▶️ドルオタ少々 ▶️うつ病 ▶️精神障害者手帳2級 ▶️障害年金2級

-うつ病, 雑記
-, ,

© 2020 ゴーゴーシンゴのブログ Powered by AFFINGER5