カメラ 機材

(初心者向け)カメラで手ブレ補正って必要なの?→あると便利です

悩んでる人
カメラ買おうと思ってるんだけど手ブレ補正必要なの?

 

初心者にはあると便利だよ
シンゴ

 

今回は初心者がカメラを購入するにあたり手ブレ補正が必要なのかについて書いております。

 

この記事は個人の見解の記載になります

 

この記事の信頼性

・ポートレート撮影歴7年以上

・元カメラメーカー勤務

・今まで使ってきたほとんどが手ブレ補正無し(X-H1をのぞく)

・だからこそ手ブレ補正があると助かるなーと思ったシーンは多い

 

 

シンゴ
ホントは手ブレ補正付きのカメラが欲しいんだよ(笑)

だって手振れ補正があると便利ジャン。

 

 

カメラの手ブレ補正があると便利な理由

 

理由1 当たり前だが手ブレによる失敗写真が減る

失敗写真で1番多いのってなんだか分かりますか?

 

圧倒的に手ブレによる失敗が多いです。

 

構図の失敗はトリミングで、明るさの失敗はRaw現像で後から修正が出来ます。

 

Raw現像で唯一出来ない事。

 

それが手振れの修正です。

 

どんなに良い写真でも手ブレによる失敗でボツ写真になってしまいます。

 

手振れ補正がある事によって手ブレによる失敗写真をかなり減らす事が出来ますよ。

 

理由2 手振れ補正がある事による心理的な安心感

これは心理的なメリットです(笑)

 

手振れ補正がある事によって安心感が生まれます。

 

安心感=良い写真が取りやすくなると考えられるからです。

 

例えば手振れするか不安で撮影するよりも、手振れはある程度補正してくれると思って撮影する方が良い写真が撮れると思いませんか?

 

 

理由3 写真の表現の幅が広がる

手振れ補正があると写真表現の幅が広がります。

 

特に便利なシーンは以下の場合です。

 

・夜間の撮影

・望遠レンズを使った撮影

・室内での撮影

・シャッタースピードを下げないといけない撮影

・スローシャッターを使った撮影(モデルは止まって周りの人だけを動かす など)

 

上記のようなシーンで撮影する機会が多い方は手振れ補正があった方が便利です。

 

 

手ブレを減らすにはどうしたら良いか?

 

基本はしっかりとしたカメラのの構えかたを覚える

カメラの構え方

①右手はカメラのグリップを軽く握る

②左手はレンズの下を抑える

③脇はきちんと閉める

④足は少し中腰気味で自然に開く

⑤ファインダーと目をピタリとカメラにくっつける

 

シンゴ
初心者の方で多いのが脇が開いてしまうんだ。これは意識しないと出来ないよ!

 

 

ファインダーを覗かない時はネックストラップを首に固定してピンと張る

ストラップってカメラを落とさない為だけのモノだと思っていませんか?

 

実は手ブレ対策に使えるんです。

 

ライブビュー撮影の際はネックストラップをピンと張って首に固定しましょう。

 

ストラップで固定されて手ブレがしづらくなりますよ!

 

是非試してください。

 

 

壁や手すりなどを有効活用する

手振れしそうと感じたら壁や手すりを活用しましょう。

 

壁にピッタリくっつく事で三脚と似たような効果が得られて手ブレをしづらくなります。

 

またもしカメラを手すりなど下に置く事が出来たら思い切って置いてしまいましょう。

 

置いてしまえば手振れの心配は無くなりますよ!

 

 

シャッタースピードを下げすぎないようにする

手振れしやすくなる原因はシャッタースピードが遅い事が原因です。

 

シャッタースピードを遅くなると明るく撮れるので便利ですが、その分手振れの危険が増します。

 

手振れしないシャッタースピードは以下が目安です。

 

ココがポイント

レンズの焦点距離以下にはシャッタースピードは設定しない

例えば50mmの焦点距離のレンズだったらシャッタスピードは1/50以下にはしない。

 

シンゴ
望遠レンズほど手振れしやすくなるから注意だよ!

 

 

シャッターを切る時に息を止めない

シャッターを押す瞬間に息を止めると手ブレが防げる!

 

こんな話を聞いた事はありませんか?

 

これ間違いです!

 

息は自然に吐きましょう。

 

息を止めると苦しくて手振れしますよ(笑)

 

 

世間の声

シンゴ
世間の声をアンケートしたけど80%以上の方が手振れ補正は必要と答えていたよ。

 

カメラ選びについて

カメラ選びのコツ

カメラ選びのコツについては別の記事に書きました。

 

要約すると以下になります。

 

・買うべきはミラーレス

・エントリー機種は買うな。フラッグシップ機を買おう。

・買うべきカメラでオススメは富士フイルムX-T4、ソニーa6600。

 

 

迷っているならレンタルもある

もしカメラを買うのを迷っている方がいればレンタルもオススメです。

 

こんな方におすすめ

  • 買う前にお試しでカメラを使ってみたい
  • 旅行など短期間でカメラを使いたい
  • カメラを買うほどでは無いが使いたい

 


           ↑人気カメラをお気軽にレンタル

 

 

まとめ

 

手ブレ補正まとめ

・手振れ補正はあると便利

・Raw現像では明るさなどの修正は出来るが手振れは修正出来ない

・手ブレを抑える基本はまずはカメラの構え方をしっかりする事

・壁やネックストラップなどを利用すれば手振れも防げる

・買うべきカメラはミラーレスカメラのフラッグシップ機種

・買うまでも無い方はレンタルもある

 

シンゴ
最後まで見てくれてありがとう!

 

 

【生涯の趣味作り】初心者こそカメラをはじめると人生が豊かになるよ

続きを見る

 

 

 

<みんな使ってる>Amazonの裏技

Amazonで1円でもお得に買い物するなら

Amazonの通貨でもあるAmazonギフト券の購入チャージをおすすめします。

現金でチャージするたびチャージ額 x 最大2.5%分のポイントがもらえます。

Amazonプライム会員30日間無料登録なら使わないと損しますよ!

                 

 

シンゴ
期間限定で初回チャージ1,000円分のポイントがもらえるキャンペーン中ですよ!

おすすめAmazonタイムセールをチェックする!

Amazonギフト券にチャージする

今すぐ申し込む

初回1000ポイントキャンペーン開催中

 

シンゴ
ランキングボタンも押してくれたらめっちゃ嬉しいでーす

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゴーゴーシンゴ

■カメラ・ガジェットブログ■ Writing Hacks受講生 ▶️ポートレートカメラマン歴7年(キャノンEOSR) ▶️Webライター ▶️スマホマニア ▶️ガジェットブロガー ▶️ビジネス書レビュー ▶️ドルオタ少々 ▶️うつ病 ▶️精神障害者手帳2級 ▶️障害年金2級

-カメラ, 機材
-, , ,

© 2020 ゴーゴーシンゴのブログ Powered by AFFINGER5