雑記

【体験談】うつ病で傷病手当て金をもらう方法と注意点のまとめ

シンゴ
今回はうつ病で傷病手当金をもらっていた話です。

今働いている健康な方でもいつ・何があるかわかりません。

このような制度がある事を知っておくだけでも備えとなります。

是非ご覧下さい。

 

傷病手当金とは?

病気やケガなどによって働けなくなった際に健康保険組合から支給されるお見舞い金のようなものです。

うつ病も病気なので当然支給の対象になります。

 

 

支給条件は?

①業務上で発生した病気じゃないといけません。うつ病についてはこの辺は問題無いです。

②仕事が出来ない状態である事が証明されなければいけません。仕事が出来ない状態の証明は「医師の診断書」が必要になります。

③4日以上仕事に付けなかった場合の条件があります。うつ病の場合は長期に休職するので条件は満たせるかと思います。

④その期間給与をもらってはいない事が必要です。つまり重複して給与と一緒には受け取れません。

 

 

支給期間は?

注意

支給期間は傷病手当金の支給開始から1年6ヶ月と決められております。

 

 

いくらもらえるのか?

標準報酬額の2/3と決めれております。

 

標準報酬額は難しい計算が必要のようですが、給与の2/3と考えて頂ければと思います。

 

 

うつ病での傷病手当金の申請の方法は?

①医師の診断書をもらい職務不能な旨を証明してもらいます。

②休職をしてある程度(1ヶ月程度)休んだら会社に傷病手当金を申請したいと伝えます。

③会社から傷病手当申請書をもらいます。この時必要事項は自分で埋めます。

④医師に傷病手当申請書に記載をしてもらいます。

⑤医師から戻ってきた傷病手当申請書を会社に提出します。これは郵送で問題無いかと思います。

⑥会社から健康保険組合に傷病手当申請書を申請してもらいます。

⑦しばらくすると傷病手当金が指定した口座に振り込まれます。

 

 

ココがポイント

うつ病で傷病手当て金をもらう時の3つの注意点

 

 

傷病手当申請書を医師に書いてもらうにはお金も時間もかかる

お金については病院にもよりますが、大体¥5,000前後かかります。

 

私は毎月申請していたのでこの出費は痛かったです。

 

また、医師に提出しても記載が終わるまでに1週間以上かかります。

 

医師は忙しい診察の後に書いて頂いているので理解しましょう。

 

 

会社から健康保険組合に書類を提出するので会社とは仲良くしましょう!

医師から戻って来た、傷病手当申請書は会社の押印が必要です。

 

その為休職中でもたまに状況の報告などをしておいて良い関係を維持しておきましょう。

 

知り合いで会社の人事部と揉めて傷病手当申請の処理をしてくれなかった人もいるようです(笑)

 

 

傷病手当て金が振り込まれるのは非常に時間がかかる

傷病手当金が振り込まれるのは非常に時間がかかります。

 

なぜなら会社から傷病手当申請書を受け取った健康保険組合の方で事務処理があるからです。

 

おおむね、1ヶ月〜2ヶ月くらいはかかります。

 

また振込日は毎日ある訳ではなく、月末など決まった日に振込まれます。

 

その為処理のタイミングによって平気で1ヶ月遅くなったりします。

 

 

まとめ

シンゴ

傷病手当金はあくまでも働けなくなった際のセーフティーネットです。

もしうつ病で休職した際は迷わず使って下さい。

最後までご覧になって頂きありがとうございました。

この記事があなたのお役に立てましたら幸いです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゴーゴーシンゴ

■カメラ・ガジェットブログ■ Writing Hacks受講生 ▶️ポートレートカメラマン歴7年(キャノンEOSR) ▶️Webライター ▶️スマホマニア ▶️ガジェットブロガー ▶️ビジネス書レビュー ▶️ドルオタ少々 ▶️うつ病 ▶️精神障害者手帳2級 ▶️障害年金2級

-雑記
-,

© 2020 ゴーゴーシンゴのブログ Powered by AFFINGER5