雑記

【体験談】現役うつ病通院患者が語る初期症状から初診までの流れ

現役うつ病患者のshin5です。

うつ病歴は1年と10ヶ月で現在も月2回精神科に通院して毎日3種類の薬と飲んでます。

 

今回はうつ病の発症から初診までの体験談についての記事です。もしかしたら「うつ病かも」と思ったら下記が当てはまるかもしれません。

 

 

うつ病の初期症状は

これは人それぞれの個人差があります。

 

私の場合は以下でした。

・朝起きられなくなる(気分が悪すぎて)

・夜中に目が覚めて寝れなくなる

・会社に行く時の電車に乗れなくなる

・考えがまとまらずまるでIQ10くらいに落ちた感じになる

・集中出来ず仕事でミスが目立つようになる

・自分は価値が無い人間と思うようになる

・消えてしまいたい感情が湧いてくる

・趣味のカメラなど何をしても楽しいと感じなくなる

・朝起きた時に猛烈な不安感に襲われて何も出来なくなる

・イライラ感が凄く他人と関わりたくなくなる

・会話がまとまらず他人との交流が難しくなる

 

 

精神科の初診へ

当時すでに会社を休みがちになっておりました。

 

周りからも明らかに様子がおかしいと思われていたと思います。

 

上司の勧めで精神科を受診いたしました。

 

この時私の顔を見た医者の表情は一瞬で変わりました。

 

「診断書を出しますのですぐに休職して下さい。」

 

当時の私は顔面蒼白で今にも飛び降りそうな状態に見えたとの事でした。

 

医者の診察ではうつ病との単語は出ませんでしたが、出てきた診断書には

 

「診断名:うつ病 休職3ヶ月」と記載されており初めて事の重大さを知りました。

 

こうして会社を休職する事になり、大量の薬も処方されました。

 

 

うつ病かなと思ったら

早めに病院に行く事をオススメいたします。

 

また、こんな症状でお医者にかかるなんて・・・とためらってしまわない事です。

 

うつ病は特別な病気では無く、誰でもかかる病気だからです。

 

実際に自分自身もうつ病になるなんて全く思いもしませんでした。

 

 

最後にアドバイス

・診断書は保険適用外の為お金が非常にかかります。大体¥5,000〜10,000前後です。

 

・病院や先生は合う・合わないがあります。合わないと思ったらすぐに病院を変えましょう。

 

・他人の頑張ってとの善意の気持ちが辛く感じます。適度に距離をおきましょう。

 

・精神論でアドバイスしてくる方がいますが、うつ病は脳のセロトニン不足の異常の病気で医学の領域です。

 

アドバイスは全て無視しても大丈夫です。

 

最後まで読んで下さった方ありがとうございました。

 

是非悩んでいる方の参考になれば幸いです。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゴーゴーシンゴ

■カメラ・ガジェットブログ■ Writing Hacks受講生 ▶️ポートレートカメラマン歴7年(キャノンEOSR) ▶️Webライター ▶️スマホマニア ▶️ガジェットブロガー ▶️ビジネス書レビュー ▶️ドルオタ少々 ▶️うつ病 ▶️精神障害者手帳2級 ▶️障害年金2級

-雑記
-, ,

© 2020 ゴーゴーシンゴのブログ Powered by AFFINGER5