Amazonタイムセール

サンワサプライサウンドバー400-SP110レビュー!合計70WBluetooth対応サウンドバー

景品表示法に基づき、当ページのリンクには広告が含まれています。
サンワサプライサウンドバー400-SP110
この記事を書いた人「ゴーゴーシンゴ」
  • ガジェットブロガー
  • モバレコライター
  • Webライター養成講座「WritingHacks」卒業
  • プロフィールはこちら/問い合わせはこちら
こんにちは

サンバサダーのシンゴです(@go5shingo

今回はサンワサプライから発売されたサウンドバー400-SP110のレビューです。

HDMIケーブル1本でテレビやディスプレイと接続可能な70Wタイプのサウンドバーです。

Bluetoothにも対応しスマホやタブレットから音楽を鳴らせます。

大きさはやや大きいですが、価格も約1.2万円とリーズナブルなので非常にコスパが高いです。

それではレビューをスタートします。

サンワサプライサウンドバー400-SP110
総合評価
( 4 )
メリット
  • 70W6つのドライバーを搭載し臨場感満点
  • ARC機能に対応しHDMIケーブル1本で接続可能
  • Bluetooth対応でスマホやタブレット、PCからケーブルレス接続可能
  • イコライザーで音響変化が楽しめる
  • 見やすいLED表示で状態が分かりやすい
  • 壁掛け可能なので壁に設置が可能
デメリット
  • 長さは94cmと設置場所に注意
  • HDMIケーブルは別売り
ゴーゴーシンゴ

この価格でこの性能のサウンドバーが買えるなら相当やべぇです

サンバサダー企画の提供を受けておりますが記事執筆内容は個人の自由になります

*我が家にはテレビが無いので検証できませんがテレビ用のサウンドバーとして最適解になります

目次

サンワサプライサウンドバー400-SP110のスペック

公式YouTubeより
サイズ約W94×D10×H7.5cm
重量約2.7kg
実用最大出力70W(15W×4、5W×2)
周波数特性70~20000Hz
スピーカー形式外磁型スピーカーユニット
スピーカーサイズ中低音ユニット(直径58mm)、高音ユニット(直径52mm)
ロードインピーダンス中低音ユニット/6Ω 高音ユニット/4Ω
入力端子HDMI(ARC) × 1
デジタル入力/光デジタル(角型)×1、同軸デジタル(COXIAL) × 1
アナログ入力/RCA ×1
適合規格Bluetooth Ver 5.0
対応プロファイルA2DP、AVRCP
オーディオコーデックSBC
通信距離最大約10m(使用環境によって異なります。)
送信出力Class 2
サンワサプライサウンドバー400-SP110のスペック

スペックはこんな感じです。

難しいことが書いてあるかもですが、中低音と高音ユニットのスピーカーが6つ付いたサウンドバーです。

基本的にテレビ用と書いてありますが、PCやPS5で使えます(PS5ではワイヤレス接続は不可)

またBluetoothでワイヤレス視聴もできるので、スマホ用のスピーカーとも使えるので汎用性は非常に高いです。

サンワサプライサウンドバー400-SP110外観レビュー

サンワサプライサウンドバー400-SP110

ここからはサンワサプライサウンドバー400-SP110の実機紹介です。

箱はこんな感じで機能が分かりやすく書いてあります。

サンワサプライサウンドバー400-SP110の付属品

開梱すると付属品は以下の通りでした。

  • 本体
  • リモコン(単4電池込み)
  • 壁掛け用設置セット(壁掛け用ネジ×2、コンクリート用アンカー×2)
  • RCA-3.5mm変換ケーブル
  • 光デジタルケーブル
  • ACアダプタ

ケーブル類は光デジタルケーブルは同梱されておりますが、HDMIケーブルは付属してないので注意が必要。

家の中に余っているケーブルを使うか別途購入しておくのがおすすめです。

サンワサプライサウンドバー400-SP110

サウンドバー全体の見た目です。

あまりに長い為、かなり引いて撮影しました。

僕のように机の上で使う方は狭い机だと載らない可能性があります。

サンワサプライサウンドバー400-SP110の大きさは95cm

横の長さは約95cmほどあります。

ほぼ1mの横のバーなのである程度置き場所を選びます。

サンワサプライサウンドバー400-SP110

上部には物理ボタンもあるのでリモコン無しでも操作可能です。

左から、モード切替、再生/停止、電源オンオフ、ボリュームのアップダウンになります。

サンワサプライサウンドバー400-SP110

裏面には端子類があります。

左からHDMI端子、光デジタルケーブル端子、RCA端子になります。

右端はAC電源端子になり、常に接続が必要です。

サンワサプライサウンドバー400-SP110

さらに両端には壁掛け用穴を搭載。

サンワサプライサウンドバー400-SP110

付属のネジとアンカーを使えば壁掛けも可能。

重さは2.5kgとそこそこありますが、両端で支えるので問題はなさそうです(賃貸だと厳しい)

サンワサプライサウンドバー400-SP110
写真だと分かりづらいがスピーカーが透けて見える

中央部分の4つは中低音ユニットのスピーカーが搭載されております。

15W×4の構成でサウンドバーとしてはエントリーモデルの構成になりますが、音はしっかりと鳴らせます。

両サイドには高音ユニットのスピーカー(5W×2)が搭載されております。

音のバランスが非常に良くなり、豊かな階調の音を自然に鳴らせるサイズのスピーカーです。

サンワサプライサウンドバー400-SP110
どこかで見たことあるような形

機能がシンプルな分、リモコンも分かりやすいです。

ほぼ説明書を見なくても、理解できるくらいになってます。

サンワサプライサウンドバー400-SP110

コンセントは少し大きめでですが、隣のタップにもギリギリ干渉しないくらいのサイズです。

サンワサプライサウンドバー400-SP110使用レビュー

ここではサンワサプライサウンドバー400-SP110を使って感じた感想をシェアいたします。

  • PCの音響を高品質化
  • 会話は少し聞き取りやすくなる
  • スマホやタブレットがBluetooth接続可能
  • 見やすいLED表示
  • イコライザー搭載
  • 便利なリモコン
  • ズンドコ来ないので賃貸でも安心

PCの音響を高品質化

まず音質ですがお手軽高音質で非常に良いです。

こちらの動画がMacBookProの内蔵スピーカーとサウンドバーの音質サンプルです。

マイク越しだし、そもそもMacBookProのスピーカーも音質は非常に良いのでそこまで違いが分からないかもしれませんが、全体的に音圧が上がって低音がくっきりと聞こえるようになりました。

ただウーハーを搭載しているわけではないので、低音ズドンズドン系では無くほどよく低音が強調される印象。

僕のように東京の賃貸住宅に住んでいる者としてはちょうど良いのでむしろありがたいと感じます。

会話は少し聞き取りやすくなる

マイク越しなので分かりづらいのですが、会話部分の音声を録音しました。

実際の音質は多少は会話が聞きやすくなります(そもそもMacBookProのスピーカーが超高性能)

YouTubeなどの音声主体のコンテンツを見る方やそもそもディスプレイ内蔵スピーカーで聞いてる方には非常におすすめだと言えます。

スマホやタブレットがBluetooth接続可能

サンワサプライサウンドバー400-SP110

やっぱりスマホやタブレット、PCなどをBluetooth接続してスピーカーとして使うのも便利です。

当然ながらスマホやタブレットと比べると段違いで音質や臨場感がアップします。

さすがに音楽専用のスピーカーと比べるとステレオ感や音質は劣りますが、PCやテレビ用のサウンドバーだけでなくBluetoothスピーカーと使えるのは汎用性が高いと感じました。

見やすいLED表示

サンワサプライサウンドバー400-SP110
サンワサプライサウンドバー400-SP110
サンワサプライサウンドバー400-SP110

LED表示が見やすいのも便利なポイントでした。

例えば接続状態や音量の状態をLEDで簡単に確認できます。

サンワサプライサウンドバー400-SP110
  • HI→電源オン
  • OF→電源オフ
  • bt→Bluetoothモード
  • hd→HDMI(ARCモード)
  • AU→AUXモード
  • OP→光デジタル(OPTICALモード)
  • CO→同軸デジタル(COAXLIALモード)
  • 00〜32→音量/33段階(消音0,最大32)

良く使うのはHDMIとBluetoothですかね。

接続も簡単に変更できるし、暗い室内でもLEDが点灯するので視認性も高く分かりやすかったです。

イコライザー搭載

サンワサプライサウンドバー400-SP110
ミュージック(デフォルト)
サンワサプライサウンドバー400-SP110
BASS
サンワサプライサウンドバー400-SP110
3Dシアター

イコライザーも搭載し、視聴する媒体によって音質を変化させることができます。

イコライザーは全部で3種類あります。

  • デフォルト(点灯無し)→MUSIC(音楽鑑賞におすすめ)
  • 右上点灯→BASS(低音強調)
  • 左上点灯→3Dシアター(映画鑑賞におすすめ)

個人的に気に入ってるのが3Dシアターのイコライザーで、映画を見ているとアクションシーンや銃声の音が四方から迫力ある音で聞こえたので、臨場感を高めたい時に非常に便利でした。

便利なリモコン

サンワサプライサウンドバー400-SP110

リモコン搭載なのも地味に便利です。

最初からBluetoothにペアリングさえしておけば、音楽が聴きたくなったらスマホから音楽視聴に切り替えが可能。

リモコンでは再生や一時停止、早送りもできるのでスマホを操作しなくてもある程度選曲できるのも便利でした。

ズンドコ来ないので賃貸でも安心

サンワサプライサウンドバー400-SP110
最大音量でも振動は皆無

音楽用のスピーカーと違ってズンドコと爆音や振動にならないので僕のような賃貸住まいの方にもおすすめです。

最大音量にしても、ほどよい音量なので夜間や夜中などの視聴にも安心できます。

もちろんお子さんや赤ちゃんが居る方や家族に迷惑を掛けたく無い方にも配慮できる音量で安心できると思います。

サンワサプライサウンドバー400-SP110購入がおすすめな人

サンワサプライサウンドバー400-SP110

サンワサプライサウンドバー400-SP110購入がおすすめな人な人は以下が考えられます。

こんな方におすすめ

  • テレビの音質を良くしたい(ARC機能でテレビの電源オンオフと連動)
  • PCはモニターから音を鳴らしている
  • スマホやタブレット用のBluetoothスピーカーが欲しい

こんな方には非常におすすめの商品と言えます。

価格も1万円ちょっとと安く、下手な中華製の格安製品を購入するよりも品質も含めて圧倒的におすすめです。

入門用のサンドバーが欲しい方の最適解になりそうです。

(まとめ)サンワサプライサウンドバー400-SP110レビュー

以上がサンワサプライサウンドバー400-SP110のレビューでした。

正直この価格で70Wのサウンドバーが買えるようになってるのにビックリしました。

動画はマイク越しなので、音質がいまいちと感じるかもだけど生で聞くとめちゃくちゃ高音質です。

導入すれば動画や映画、ゲームなど高音質で楽しめるのでおすすめです。

メリット
デメリット
  • 70W6つのドライバーを搭載し臨場感満点
  • ARC機能に対応しHDMIケーブル1本で接続可能
  • Bluetooth対応でスマホやタブレット、PCからケーブルレス接続可能
  • イコライザーで音響変化が楽しめる
  • 見やすいLED表示で状態が分かりやすい
  • 壁掛け可能なので壁に設置が可能
  • 長さは94cmと設置場所に注意
  • HDMIケーブルは別売り
ゴーゴーシンゴ

サウンドバーって久しぶりに使いましたが音質がめっちゃ良かったです

<追加購入おすすめ>

ゴーゴーシンゴおすすめのお得情報
サンワサプライサウンドバー400-SP110

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次