カメラ 機材

フルサイズ症候群発病!APS-Cカメラ使用者の悩みが奥深い!

こんにちはシンゴです。

 

皆さんはカメラは何を使っておりますか?

 

僕はAPS-Cの富士フイルムのX-T3を使っております。

 

写りや色合いもよく満足しているのですが、最近悩みがあります。

 

「フルサイズのカメラが欲しい!」

 

巷ではフルサイズ症候群というカメラ好きがかかる病気らしい・・・。

 

今回は富士フイルムのAPS-C使用者がどうしてフルサイズ症候群になったかお伝えします。

 

こんな方におすすめ

  • フルサイズのカメラが気になっている
  • 今APS-Cのカメラを使っている
  • フルサイズ移行のメリット・デメリットを知りたい

 

どうしてフルサイズ症候群が発病したか?

きっかけは高感度の弱さを感じたから

先日記事にいたしましたが日本橋アクアリウムの金魚の美術館に行って参りました。

【17枚の写真あり】日本橋アートアクアリウムで金魚を撮影してきた!

続きを見る

 

そこはとても暗い環境でシャッタースピードを落とす事も限界でISO感度を上げまくるしか方法がありませんでした。

 

仕方なくISO5000まで上げたのですがかなりノイジーな写真になってしまいました。

 

レンズは富士フイルムは誇る神レンズのXF35f1.4と明るいレンズを使っていました。

 

シンゴ
この時APS-Cでは限界かもしれないと感じました。

 

 

X-T3には手振れ補正がついてなかった

X-T3とXF35f1.4の組み合わせはカメラもレンズも手ブレ補正が付いていません。

 

その為、シャッタースピードの落とす事ができません。

 

手振れ補正がついていたらシャッタースピードをもっと落とせたのに・・・。

 

ちょっと考えてしまいました。

 

 

使っているストロボが壊れました

さらに先日の撮影会でストロボを使っていたのですが、35度以上の猛暑の中撮影していたらストロボが完全に壊れました。

 

【写真】真夏のお台場で色白アイドルを撮影したら最高の思い出が出来た

続きを見る

 

1年以上使ってたから寿命かもしれませんが、またストロボを買い直すならカメラの見直しをしても良いのでは?と思いまして・・。

 

シンゴ
フルサイズを考えるきっかけが加速したんだよね。

 

 

フルサイズで欲しいカメラの条件を考えてみた

 

条件1 ボディ内手ブレ補正が搭載されている事

富士フィルムのカメラは基本的にボディ内手振れ補正が内臓されておりません。

 

おっと、最新機種のX-T4は内臓されております。

 

僕の使っているX-T3はボディ内手振れ補正が無くて困っていたのでこれは必須だと思いました。

 

条件2 SDカードが使える

SDカードは速い書き込みのUHS-Ⅱのカードを購入したばかりなのでSDカードが使える機種を選びたいと思っております。

 

XQDカードなどはまだまだ高価なので手が出せないと思いました。

 

 

条件3 ミラーレスカメラである

  • ライブビューで撮影する事が多い
  • ストロボを使うので撮影結果をすぐ見たい
  • コンパクトな機種が良い

 

上記が満たすには一眼レフよりもミラーレスが良いと考えてました。

 

そもそもずっとミラーレスを使っていたので当然ではありますが。

 

 

実際にフルサイズミレーレスで欲しいカメラ

キャノン EOS R

最初に欲しいと思ったのがキャノンのEOS Rでした。

 

ココがおすすめ

・ポートレートにはやはりキャノン

・メニューがとにかく使いやすい

・シャッター幕が閉じるのが地味に便利

 

キャノンに決めようと思ってたのですが、やはり問題がありました。

 

ココがダメ

・ボディ内手ブレ補正がない

・RFレンズがバカ高い

・EFマウントアダプターが品切れで手に入らない

 

EOS Rはかなり気になる機種だったんですが、購入に踏み切れませんでした。

 

 

ニコンZ5

次に候補に上がったのがニコンz5でした。

 

ココがおすすめ

・信頼のダブルスロット

・ボディ内手ブレ補正内臓

・ファインダーが上位機と同じでクリアで見やすい

スペック的には良かったのでかなり迷いましたが、少し不安もありました。

 

ココがダメ

・ニコンでポートレートって向いてないイメージ

・エントリー機種なので後から不満が出てきそう

・ニコンを使った事がないので操作方法が不安

 

ニコン=風景に強い

 

そんなイメージがどうしても抜けなくて、ポートレートメインの僕には合わないのだろうと思って決め手にかけてしまいました。

 

 

ソニー a7Ⅲ

最後はやっぱりソニーを検討しました。

 

ココがおすすめ

・ボディ内手振れ補正内臓

・AF爆速

・タムロンやシグマなどのサードパーティ製のレンズも豊富

・キャッシュバックキャンペーンも開始

 

やっぱりフルサイズミラーレスで独走しているソニーが一番いいかなーと思ってましたがどうしても合わない点がありました。

 

ココがダメ

・発売から2年以上経っていてそろそろ新機種の噂がある

・みんな使っていてカブるのがイヤだ

・ソニーのメニュー構造がどうしても理解できない

 

今a7Ⅲを買うとすぐに新型が発売されそうな感じがしました。

 

あとはどうしてもソニーの使い勝手が良くなさそう。

 

家電量販店で触ってみましたが「これは無理」ってなってしまいました。

 

 

フルサイズミラーレスに移行するメリット・デメリット

APSーCからフルサイズに移行するメリット・デメリットについて考えてみました。

 

フルサイズメリット

・フルサイズ症候群から開放される

・高感度撮影に強くなる

・画質の向上が見込める

・ダイナミックレンジが広くなる

・レタッチの幅が広がる

 

これだけ見るとかなりメリットがありそうでした。

 

ただし、とてつもないデメリットもあります。

 

フルサイズデメリット

・とにかくお金がかかる(最安で20〜30万くらい見込み)

・機材が重くなる

・レンズが高くて買えないストレスがある

・新たなる沼への入り口

 

フルサイズはとにかく高いです。

 

まともに単焦点レンズを揃えると100万コースは確実。

 

そこまでお金をかける気になれませんでした。

 

だったらズームレンズでも良いかも?って思いましたが、富士の単焦点に慣れてしまったのでズームレンズは無理でした。

 

これってフルサイズに移行して後悔するパターンですよね?

 

 

富士フイルムのX-T4を買えばいいじゃんとも思ってる

ココがおすすめ

・慣れている富士の画質

・ボディ内手ブレ補正追加される

・クラシックネガ、エテルナブリーチバイパスのフィルムシュミレーションが追加される

 

やっぱり好きな富士の画質。

 

レンズもそのまま生かせるし手振れ補正まで付くから結構良いかもと思ってしまいました。

 

でも、やはり微妙ですよね・・?

 

ココがダメ

・そもそもフルサイズじゃないのでフルサイズ症候群は解消されない

・X-T3とセンサーが同じなのであまり変わらない

・販売価格が20万円以上なのでフルサイズミラーレスが買えるくらい高い

 

X-T4とても良いカメラですが、とにかくお値段が高いんです。

 

あとX-T3からの買い替えも変化が無さそうで後悔しそうな予感です。

X-T4への買い替え検討!X-T3ユーザーがガチ比較してみた。

続きを見る

↑以前にこんな記事も買いてました

 

 

まとめ フルサイズ症候群を治すにはどうしたら良いか?

 

選択肢1 思い切ってフルサイズに移行する

これが普通の選択肢だと思う。

 

でもコストと重量のバランスがどうしても・・・。

 

あとはベストと思う機種がまだ無いのが本音です。

 

 

選択肢2 X-T4に乗り換える

ボディ内手振れ補正と新しいフィルムシュミレーションが特に魅力ですね。

 

クラシックネガは使ってみたい。

 

でもこれだと変化無さすぎだからイマイチだよね。

 

 

選択肢3 X-T3をそのまま使う

結局振り出しに戻る(笑)

 

このカメラめっちゃ良いカメラなんです。

 

ただボディ内手ブレ補正が無いのが大きな弱点!

 

それさえあれば完璧でした。

 

シンゴ
こんな感じで頭の中がグルグルしてます。皆さんはどう思いますか?

今回は以上となります。

 

 

カメラのキタムラ ネットショップ

<みんな使ってる>Amazonの裏技

Amazonで1円でもお得に買い物するなら

Amazonの通貨でもあるAmazonギフト券の購入チャージをおすすめします。

現金でチャージするたびチャージ額 x 最大2.5%分のポイントがもらえます。

Amazonプライム会員30日間無料登録なら使わないと損しますよ!

                 

 

シンゴ
期間限定で初回チャージ1,000円分のポイントがもらえるキャンペーン中ですよ!

おすすめAmazonタイムセールをチェックする!

Amazonギフト券にチャージする

今すぐ申し込む

初回1000ポイントキャンペーン開催中

 

シンゴ
ランキングボタンも押してくれたらめっちゃ嬉しいでーす

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゴーゴーシンゴ

■カメラ・ガジェットブログ■ Writing Hacks受講生 ▶️ポートレートカメラマン歴7年(キャノンEOSR) ▶️Webライター ▶️スマホマニア ▶️ガジェットブロガー ▶️ビジネス書レビュー ▶️ドルオタ少々 ▶️うつ病 ▶️精神障害者手帳2級 ▶️障害年金2級

-カメラ, 機材

© 2020 ゴーゴーシンゴのブログ Powered by AFFINGER5