\ ポイント最大46倍! /

(動画付き)Insta360 Ace Proレビュー!Leica監修高画質、高感度に強いアクションカム

景品表示法に基づき、当ページのリンクには広告が含まれています。
Insta360 Ace Pro

最近アクションにハマっているシンゴです(@go5shingo

今まではInsta360 GO 3Insta360 X3を使っていて満足しておりました。

そんあInsta 360からLeica監修のフラッグシップモデルのアクションカムが登場しておりました。

Insta360 Ace Pro
Insta360 Ace Pro

こだわりのLeicaの画作りと大型性能による暗所性能など、画質と高感度にこだわった商品です。

今回はカメラマンが泣いて喜ぶLeica監修アクションカムInsta360 Ace Proレビューです。

Insta360 Ace Pro
総合評価
( 5 )
メリット
  • Leica譲りのこってり高画質
  • 暗所に強い高感度性能
  • 歩いてもブレない強力な手ぶれ補正
  • フリップさせれば簡単に自撮り可能
  • AIによる顔認識AFの速さ
  • 自撮り時でも前ディスプレイで設定の確認が可能
  • 急速充電ですぐに充電が可能
デメリット
  • 自撮り棒は別売り
  • 粘着マウントはネジを回して付けるので少し面倒(クイックリリースマウントで解消できる)

(オトク)公式サイトで購入するとスクリーンプロテクターがプレゼントされます

Insta360 Ace Pro公式サイト購入特典
ゴーゴーシンゴ

あまりの画質の良さにカメラマンの僕もビックリしました

メーカーより提供を受けておりますが自由レビューです

目次

Insta360 Ace Proのスペックや魅力的な機能

Insta360 Ace Proのスペック
Insta360 Ace Proのスペック

最初にInsta360 Ace Proのスペックや概要について紹介します。

  • Insta360 Ace Proの立ち位置
  • 1/1.3インチセンサーの大型センサー
  • Leica監修の明るいF2.6レンズ
  • 暗所に強いPureVideoモード
  • アクティブHDRモード
  • Insta360 Ace Proのスペック表

Insta360 Ace Proの立ち位置

Insta360 Ace Proの概要

最初にInsta360 Ace Proの立ち位置について紹介します。

Insta360は主に3種類のアクションカムを販売しております。

  • Insta360 X3→360度カメラシリーズ
  • Insta360 GO 3→世界最小のアクションカムシリーズ
  • Insta360 Ace Pro→画質にこだわったフラッグシップモデル

今回紹介するInsta360 Ace ProはAceシリーズの最上級モデルになります。

Aceシリーズはノーマルモデルとして、Insta360 Aceもラインナップされております。

Insta360 Aceはセンサーサイズが少し小型だったり、Leica監修でないなどProに比べると少しだけスペックダウンして、価格を下げたモデルになります。

1/1.3インチセンサーの大型センサー

Insta360 Ace ProはAceは1/1.3インチセンサーの大型センサー

Insta360 Ace Proはアクションカムとしては最大クラスの1/1.3インチセンサーを搭載しております。

普通は1/1.55インチセンサーや大きくても1/2センサーが多いのですが、本機は1/1.3インチセンサーの大型センサーです。

センサーが大きくなることによって、暗所性能が上がったり、画質が向上したりと恩恵が大きいです。

さらに5nm製のAIチップを組み合わせることで、ノイズの低減や画質の向上をさらに担保しております。

Leica監修の明るいF2.6レンズ

Insta360 Ace Pro Leica監修の明るいF2.6レンズ

レンズはLeica監修の明るいF2.6レンズを採用しております。

F値は小さいほど明るく、F2.6はカメラで言う大三元(F2.8)よりも明るいレンズです。

さらにLeicaのレンズは普通に買うと100万くらいはするので、この価格帯で買えるのははっきり言ってバーゲンプライスだと思います。

暗所に強いPureVideoモード

Insta360 Ace Proの低照度モード

暗所性能が高いのも特徴です。

普通に撮ってもそこそこキレイに撮影ですきますが、専用のPureVideoモードを使うと暗い環境でもノイズを減らして撮影が可能です。

今まで夜のVlogを諦めていた方にはぜひおすすめしたい機能だと感じます。

アクティブHDRモード

Insta360 Ace ProのアクティブHDRモード

明暗差の激しい環境だと空が白飛びしたり、暗い部分が黒つぶれして見づらい映像になりがちですが、アクティブHDRモードを使えばディテールのはっきりした鮮やかな映像が撮影できます。

他社のカメラでは写真ではHDRが使える製品も多いのですが、動画でHDR動画が撮れる機材は貴重なので差別化としても嬉しい点です。

Insta360 Ace Proのスペック表

スペックInsta360 Ace Pro
発売日2023年11月21日
価格67,800円
カラーブラック
サイズ(幅 x 高さ x 奥行)71.9 x 52.15 x 38.5mm
重量179.8g
背面モニター2.4インチ(フリップ式)
防水性能専用ケース無し:10mまで
専用ケース有り:60mまで
動作温度-20℃〜40℃
マウントシステム磁気マウント
対応メモリーカードMicro SDカード
バッテリー1650mAh
充電時間46分(30W急速充電アダプター使用時)
その他ライカ共同開発のレンズ
Insta360 Ace Proのスペック

最後にスペック表は上記の通りです。

カラーはブラック限定で、マウントは磁気マウントを採用。

30Wの急速充電に対応するなど、使い勝手も良く仕上がっております。

Insta360 Ace Pro外観レビュー

ここからはInsta360 Ace Proの実機を紹介します。

今回紹介するのは通常版になります。

Insta360 Ace Proの付属品

付属品は以下の通りでした。

  • 本体(バッテリー込み)
  • USB-Cケーブル
  • マグネットマウント
  • フレキシブル粘着マウント
  • 説明書類
  • ステッカー

シンプルな構成で自撮り棒は付属しません

自撮り棒が欲しい場合にはクリエイターキットを購入する必要があります(Micro SDカードも同梱される)

Insta360 Ace Proの保護プロテクター
ディスプレイが保護されるので必須

公式サイトで購入すると別売りのスクリーンプロテクターもプレゼントされるのでオトクです。

Insta360 Ace Pro

本体はブラックに赤の2色カラーの組み合わせで高級感が漂います。

個人的には赤のライン=CANONのLレンズのような気がしてカメラ好きとしては嬉しいデザインでした。

Insta360 Ace Pro
小さいけどマイクが前面にあり

レンズはF2.6,16mmの超広角単焦点レンズです。

広角でありながらも歪みの少ないキレイな映像が撮影できる優秀なレンズを搭載。

Insta360 Ace Pro
丸の部分はマイク

上部は赤丸の録画ボタン。

カメラで言うシャッターボタンのようなものです。

Insta360 Ace Pro

左側には電源ボタンとフリップボタンがあります。

Insta360 Ace Pro

下部にはUSB-C端子とMicro SDスロットがあります。

充電はUSB-Cケーブルの急速充電に対応。

Micro SDカードは別売りなので別途購入する必要があります。

4K動画など消費が激しいのでできれば128GB以上を購入するのが賢い選択。

特にSUNEAST ULTIMATE PRO GOLD micro SDはコスパと性能のバランスがよくおすすめです。

Insta360 Ace Pro

右側はバッテリー収納スペースです。

Insta360 Ace Pro

1650mAhのバッテリーが最初から本体に挿入されておりました。

電池消費は結構激しいので余裕があれば、予備バッテリーがあると安心です。

Insta360 Ace Pro

裏面はタッチパネル対応の大型ディスプレイを搭載。

明るくて見やすい液晶に仕上がっております。

Insta360 Ace Pro

ディスプレイは180度回転するので自撮りもしやすいです。

YouTuberが使っても非常に便利だと思います。

Insta360 Ace Proのマウント

こちらがマグネットマウントになります。

Insta360 Ace Proのマグネットマウント

本体下部にはマグネットで簡単に脱着可能です。

Insta360 Ace Proの吸着マウント

使い方は吸着マウントとコンビで使います。

Insta360 Ace Pro

基本はミニ三脚として使えて、あとは手持ちでも持ちやすくなる便利なコンビネーションです。

Insta360 Ace Proの重さ

重さはフィルムやSDカード込みで183gでした。

普通にスマホと変わらないくらい軽いので、ポケットに入れても持ち運び可能なくらい軽いです。

Insta360 Ace Proのメリット

ここからはInsta360 Ace Proを実際に使ってみた感想で良かった点を紹介します。

  • 使いやすい操作方法
  • 歪みのバランスから選べる4種類のモード
  • 発色の良い高画質の超広角動画
  • 歪みの少ない動画も撮れる
  • 優秀なスマホアプリ
  • センス不要の自動編集
  • PC向けのソフトもある
  • 自撮りもラクラク
  • 暗所にめちゃくちゃ強い
  • みんな大好きタイムラプス
  • 写真も撮れる
  • ファームウェアアップデートで機能追加

使いやすい操作方法

操作方法が簡単なのが嬉しいポイントです。

基本は録画ボタンを押して、撮り終わったら録画ボタンを押せば終了。

さらに各種設定の変更もスワイプするだけです。

Insta360 Ace Pro

例えば上からスワイプすると設定画面がアイコン式で選べます。

Insta360 Ace Pro

右から左にスワイプすると撮影の詳細設定が可能。

基本はAUTOで問題ありませんが、こだわりたい方向けにマニュアル撮影もできます。

Insta360 Ace Pro

下から上にスワイプすると動画の解像度やフレームレート、手ぶれ補正の強弱などが選べます。

普段はここを使うことが多く、撮影においてはこれだけで完結します。

タッチパネル対応なのでスマホ感覚で操作が可能

カメラは難しいと思っている方にも安心して使えます。

歪みのバランスから選べる4種類のモード

Insta360 Ace Pro

アクションカムと言えば超広角レンズの特性上歪みが気になる方も多いと思いますが、歪みと画角の調整を4段階から選べます

選べる4段階の歪みと画角

  • アクション広角FOV:最も画角が広いモード、歪みは非常に大きい
  • 超広角FOV:超広角モード、歪みは大きめ
  • デワープFOV:Vlogに向いてる歪みの少ないモード
  • 水平維持:左右パンしてもブレづらい特殊モード

撮影したい被写体によって、画角が変えられるのが強みです。

広大な風景や広い海などをワイドに写したい場合は、アクション広角FOV超広角FOVがおすすめです。

スマホでは撮影できないような迫力あるワイド動画が撮影できます。

逆に歪みが気になる方や自然な動画が撮影したい方はデワープFOVがおすすめです。

ゴーゴーシンゴ

個人的にデワープFOVは使いやすいと感じました

発色の良い高画質の超広角動画

ワイドな画角で撮影可能

こちらが上野公園の桜まつりで撮影してきた動画です。

驚いたのが発色の良さです。

緑や桜の花びらの色が濃い目に出るので、いわゆる動画映えするような映像に仕上がります。

さらにスマホでは体験できないような広い画角で動画が撮れるので楽しいです。

歩きながら撮影しておりますが、上下のブレなどもほとんど感じられないので手ぶれ補正も超優秀だと感じました(左右のブレは僕がキョロキョロしてるだけ)

正直ここまで画質がよいアクションカムは初めてなのでビックリしました。

歪みの少ない動画も撮れる

デワープFOVの動画

歪みの少ない高画質の動画が撮れるのもメリットです。

こちらはデワープFOVで撮影した動画になります。

歩きながら撮影しておりますが、広角特有の歪みもほとんど無く自然な見た目の動画が撮れました。

さらに広角レンズ特有の手ぶれ補正時の「こんにゃく現象」も見られない為、非常に優秀な見やすい動画が簡単に撮影できました・

優秀なアプリ

スマホアプリが優秀なのも魅力な点です。

Insta360
Insta360
開発元:Shenzhen Arashi Vision Co., Ltd.
無料
posted withアプリーチ

主にできることは以下の通り。

  • アルバム閲覧
  • 編集(自動編集、手動編集)
  • 設定やアップデート 等
Insta360 Ace Proのアプリ

カメラに接続するとスマホから撮影した動画や写真が閲覧可能になります。

スマホの大画面で動画が確認できるので、そこからダウンロードしたりSNSなどに簡単にシェアが可能になります。

Insta360 Ace Proのアプリ

編集に関しては自動編集と自分で編集する2パターンから選べます

面白いのが「編集ラボ」。

普通に撮影したらなかなか撮れないようなユニークな動画が簡単に撮影できます。

ただし、撮影条件や撮影方法にしたがって動画を撮影する必要があるため難易度は少し高い印象でした。

Insta360 Ace Proのアプリ

その他最新ファームウェアの更新もアプリから行われます。

UIも見やすいので初見でも迷わずに使いやすいので、個人的に評価は高いアプリです。

センス不要の自動編集

アプリでの自動編集も便利でした。

こちらはシーンとテンポをAIで分析してくれて、イケてる映像のカットと音楽をチョイスしてくれます。

僕のようにセンスが壊滅的に悪い人でも、ウケる動画が簡単に作成できるので編集に自信が無い方にも大変おすすめです。

PC向けのソフトもある

Insta360 Ace ProのPCソフト

PC向けの本格編集ソフトInsta 360 Studioもリリースされました。

こちらはWindows、Macに対応。

編集もカットや字幕、音楽の追加などが直感的に操作できます。

さらにおもしろいのが「Lut」を追加できる点。

映像の色味を調整できるので、こだわりの動画を作りたい人におすすめです。

自撮りもラクラク

AFが優秀で顔認識してくれる

ディスプレイが反転するので自撮り動画もラクラクに撮影できます。

実際に歩いたり左右にカメラを振ったりしてもブレませんでした。

露出も安定していて、突然明るくなったり暗くなったりもしないので優秀な画像処理センサーだと思います。

Insta360 Ace Proのサブディスプレイ
このサブディスプレイは便利すぎる

さらに自撮り撮影中に便利だったのが、前面にあるサブディスプレイの存在。

設定や電池残量、撮影可能時間がリアルタイムに分かるので一人運用でも全然問題ありません。

暗所にめちゃくちゃ強い

めちゃくちゃ明るい

暗所撮影能力にはビビりました。

僕は普段はフルサイズカメラを使っているのですが、動画でもフルサイズと同等かそれ以上に明るくノイズが少ない動画が撮影できました。

こちらは洞窟の真っ暗な映像なのですが、まるで部屋のように明るく撮影ができました(実際は真っ暗です!)

暗所性能はマジでアクションカムNo.1の性能なので夜間や暗い環境で撮影が多い人は助かると思います。

みんな大好きタイムラプス

足が映り込んでしまった

タイムラプスモードもあるので、簡単にタイムラプスも撮影可能です。

雲や動きモノがある動画なんかには、放置しているだけで簡単に撮影ができました。

Insta360 Ace Pro

こんな感じで三脚兼用のスタンドもあるので、地面やちょっとした場所に固定しておけるのもスマホでタイムラプスを撮る時よりも便利だと思います。

写真も撮れる

Insta360 Ace Proの写真

アクションカムですが、写真(静止画)も撮影可能です。

結構写真の性能も良くて最大4800万画素の高精細な写真が撮れます。

ぶっちゃけスマホで撮影すれば、コトは足りるのですがカメラ好きにたまらないのがLeicaのウォーターマークが付きます!

ISOやシャッタースピードなどもおしゃれに表示されるので、個人的にカメラとしても気に入っております。

ファームウェアアップデートで機能追加

Insta360 Ace Pro ファームウェアアップデート (V1.0.51) のお知らせ

  • ちらつき防止機能の強化 (低照度撮影性能)
  • カメラ内水平維持
  • より多くのBluetoothオーディオ機器に対応
  • 水中撮影の改善
  • 新開発 風切り音低減アルゴリズム

ファームウェアアップデートで機能追加や強化されるのも魅力です。

安価な中華製品などはアップデートが皆無の商品も多いのですが、Insta360はソフトウェアの開発にも力を入れております。

発売時よりも大幅に機能追加や強化されていくのもフラッグシップモデルならではの魅力です。

Insta360 Ace Proのデメリット

ここでは逆にInsta360 Ace Proを使って感じた注意点やデメリットを紹介します。

  • 自撮り棒は別売り
  • 粘着マウントはネジを回して付けるので少し面倒
  • バッテリー持ちはやや不安
  • POV用のネックマウントがあると便利

自撮り棒は別売り

Insta360 Ace Proクリエイターキット

通常版を購入すると自撮り棒が付いておりません

あると無いとでは撮れる映像のバリエーションが変わってくるので、必ずクリエイターキットを購入しましょう。

別売りで後で購入も可能ですが、割高になりますしほぼ必須かと思います。

ゴーゴーシンゴ

僕は後日購入予定です

粘着マウントはネジを回して付けるので少し面倒

Insta360 Ace Pro

通常版に付属している粘着マウントですが、ネジを回して付けるので少し面倒だと思いました。

クイックシューのような感じで瞬時に付けば便利なのですが、クイックリリースマウントは別売りでした。

1度付ければ外すことはほぼ無いので問題はありませんが、持ち運び時にコンパクトに分離したい場合などは少し外すのが面倒だと感じました。

(追記)

クイックリリースマウントを入手しました。

付属品はこんな感じでクイックリリースマウントの他に振動をさらに抑えるシリコンパッドも同梱されておりました。

シリコンパッドを付けるかどうかはより激しい環境で撮影するなど、好みで選択できます。

装着するとこんな感じで、筐体からはみ出ずにコンパクトなマウントです。

着脱も名前通り、左右のボタンを押し込むだけで簡単にできるようになりました。

マウント中央下部には三脚用のネジ穴があります。

こんな感じで自由雲台付きのミニ三脚も取り付け可能になるので、ぜひ購入して欲しい商品です。

バッテリー持ちはやや不安

Insta360 Ace Proのバッテリー容量は1,650mAhです。

例えば4K30fpsの動画モードで撮影した場合、最大で100分程度のバッテリー持ち(公式サイトより)

僕が実際に使った限りだと、撮影した動画の確認やちょこちょこいじったりするので、だいたい90分くらいでバッテリー残量は0になりました。

バッテリー持ちはやや不安なので、予備バッテリーがあると安心できるかと思います。

POV用のネックマウントがあると便利

もしもPOV視点での動画を撮影したい場合はネックマウントを追加購入すると便利です。

僕はウランジのネックホルダーマウントを購入しました。

マウントはGo Proマウントになっており、首から下げて使うタイプになります。

取り付けも簡単で首輪のように首に付けるだけです。

ただし輪っかを頭がくぐれないので、取り外してから付ける必要がある慣れが必要なのがデメリット。

実際にInsta360 Ace Proを付けるとこんなイメージになります。

首に掛けてるイメージ

結構キュッとしまるので揺れもほとんどおきません。

ハンズフリーで撮影できるので、VLOG用途で使いたい方におすすめです。

Insta360 Ace Proの疑問や質問に答える

ここではInsta360 Ace Proの購入にあたり、疑問や質問にあらかじめ答えます。

Insta360 Ace Proの画質は良い?

画質については非常に良いです。

スマホで撮影できる画質よりもさらに綺麗に手ブレの少ない映像が撮れます。

特に暗い場面では圧倒的にノイズの少ない美しい映像が撮影できます。

Insta360 Ace Proは熱暴走しない?

春(気温20℃)くらいで連続使用しても熱暴走はしませんでした。

ただし4Kで長時間撮影すると熱暴走する可能性があります。

真夏などはどんな機種でも熱暴走する可能性が高いので、長時間の撮影は避けたり、休ませながら使うのが賢い使い方です。

Insta360 Ace Proはどんなシーンで使うのがおすすめ?

日常の撮影から旅行、Vlog、POV撮影、星空撮影などあらゆるシーンで活躍できるコンパクトなカメラです。

Insta360 Ace Proの競合カメラは?

 GoPro HERO12 だと思います。

どちらも素晴らしいカメラなので家電量販店などで比較するのがおすすめです。

Insta360 Ace Proの編集は難しい?

スマホアプリからの編集であれば、誰でもワンタッチでイケてる映像が簡単に作れます。

Insta360 Ace Proの風切音はどう?

風きり音低減モードがあるので風きり音はほとんど入らない印象です。

不安ならば防風カバー スポンジカバーを試してみると良いかもしれません。

Insta360 Ace Proの他の人の評判

僕の意見だけでは偏ると思うので、Insta360 Ace Proの他の人の使用体験や評判をX(旧:Twitter)で拾ってみました。

ぜひ参考にしてください。

https://twitter.com/aussiejboy/status/1785139076330582430

Insta360 Ace Pro購入がおすすめな人

Insta360 Ace Pro購入がおすすめな人は以下だと思いました。

  • とにかく画質の良いアクションカムが欲しい人
  • 暗所撮影が多い人
  • 手ぶれ補正が強力なカメラが欲しい人
  • 自撮りを多用するYouTuber
  • Leicaと聞いて反応する人

こんな方は購入すると間違いなく満足します。

僕は以前にGo Proも使っておりましたが映像品質は断然Insta360 Ace Proが上です。

また電池持ちが悪いとの口コミもありますが、急速充電対応で46分でフル充電できるので、そこまで不便とは思いませんでした。

(まとめ)Insta360 Ace Proレビュー

以上がInsta360 Ace Proのレビューでした。

もうね、めちゃくちゃ気に入りました。

こんな綺麗な映像がコンパクトなカメラで撮影できるなんてビックリしました。

しかもLeica監修とかカメラ好きにはたまりません。

もうアクションカム買うならInsta360 Ace Proで決まりです。

メリット
デメリット
  • Leica譲りのこってり高画質
  • 暗所に強い高感度性能
  • 歩いてもブレない強力な手ぶれ補正
  • フリップさせれば簡単に自撮り可能
  • AIによる顔認識AFの速さ
  • 自撮り時でも前ディスプレイで設定の確認が可能
  • 急速充電ですぐに充電が可能
  • 自撮り棒は別売り
  • 粘着マウントはネジを回して付けるので少し面倒(クイックリリースマウントで解消できる)
ゴーゴーシンゴ

アクションカム性能No.1の商品でした(コスパも含めて)

(オトク)公式サイトで購入するとスクリーンプロテクターがプレゼントされます

Insta360 Ace Pro公式サイト購入特典

<自撮り棒付き>

Insta360 Ace Pro

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ゴーゴーシンゴのアバター ゴーゴーシンゴ ガジェットブロガー

ガジェットブロガーのゴーゴーシンゴです。
Yahoo!ニュースエキスパートのモノ・ガジェット分野のクリエイターでもあります。
企業からのレビュー依頼は250件以上実績あり。
レビュー依頼受付中です!

コメント

コメントする

CAPTCHA



The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

目次