M1MacBook Airレビュー。4つの不満がメリットを上回る機種

MacBook

M1MacBook Airレビュー。4つの不満がメリットを上回る機種

2021年11月13日

M1MacBook Airの最安構成を購入しました。

現在の使用環境としては MacBook Pro16(インテル版)のほぼフルスペックがメイン機種、サブがM1MacBook Airです。

2021年の今さらM1MacBook AirをMacBook Pro16のサブ機として購入!

続きを見る

 

M1チップがYouTubeやブログで絶賛されていたので、気になりポチってしまいました。

最初に結論ですが、M1チップはスゴイ、けど不満点も多い。メイン機にはなれない

これが僕の結論です。

今回はM1MacBook Airの最安構成のレビューです。

 

Apple公式よりお得な購入方法

 

M1MacBook Airのスペックについておさらいしよう

M1チップはAppleが独自開発(Appleシリコン)超高性能のCPUです。

高性能、高効率、低電力、低発熱を実現しWindowsユーザーが度肝を抜かれたチップです。

160億個という驚異的な数のトランジスタを搭載。

CPU、GPU、Neural Engineが全て1つのチップに内臓されており、外部GPUを搭載しておりません。

 

僕が購入した最安構成のM1MacBook Airのスペックは以下です。

  • 8コアCPU
  • 7コアGPU
  • 256GB
  • 価格は115,280円(税込)

Windows PCと比べても安く、10万円ちょっとで購入できる価格破壊のPCです。

チップ性能も従来のインテルチップに比べて、CPUで最大3.5倍速、GPUで最大5倍速を実現。

機械学習(AI)の進化は凄まじく9倍の速度向上となっております。

まさに2倍どころじゃない、革命的なチップ性能となっている訳です。

ゴーゴーシンゴ
完全にインテルのチップが過去の物となりました

 

M1MacBook Airの最安構成4つの不満

M1チップの性能を褒め称えたところで、これからは不満点を挙げていきたいと思う。

最安構成で購入してここまで言うのは酷だと思うが、購入する方も多いモデルなのでブログには書かせていただく。

特にメモリのカスタマイズは必須だと感じている。

MacBook Pro13(M1)とどちらを購入するか悩んでいる方も参考にして欲しい。

 

1 メモリ8GBは不足

最大の不満点が最安構成のメモリ8GBは不足します。

上記の画像は何もしていないアイドル状態で8GB中、4.45GB使われております。

何もしてないのに常に半分のメモリが使われている状態。

 

Google ChromeやLightroomなどを立ち上げると一気にメモリ不足になって動作がカクカクになります。

Photoshopでレイヤーを重ねて使うと、悲惨な結果にw

M1チップはキャッシュメモリやスワップメモリを上手に使いますが、それでも8GBはあまりに少ない。

もしもM1MacBookを購入する場合は、メモリ16GBのカスタマイズは必須です。

 

2 外部ディスプレイに接続すると激アツ

M1MacBook Airの画面サイズは13.3インチで少し小さいです。

家で使う際は外部ディスプレイ無しでは厳しい画面サイズだと思います。

僕はEIZOのフルHDモニターを使っておりますが、発熱がヤバいです。

EIZO FlexScan EV2480レビュー。疲れ目にマジで効果絶大だったモニター

続きを見る

 

4Kディスプレイでは無いフルHDモニターにも関わらず、GPU使用率は30%近く使われてしまいます。

Appleストアなどでは確認できないので、外部ディスプレイの使用を検討している方は注意。

M1チップは外部ディスプレイ1台しか接続できませんし、拡張性は皆無です。

 

3 長時間の作業は厳しい(ファン非搭載)

M1MacBook Airは長時間の作業は厳しいです。

1〜2時間作業しているとサーマルスロットリングが発動してパフォーマンスがどんどん落ちてきます。

ファンレスなのでPC本体に熱が溜まりやすく、冬場でも発熱が追いつかないようです。

 

写真編集や夏場の使用はかなり厳しいです

もしもM1MacBookを購入するなら、ファン搭載のM1MacBook Proを購入した方が良いです。

あくまでもサブ機や発熱を抑えるノートパソコンクーラーを置いて作業するのをおすすめします。

MacBook Pro16の熱を冷ませ!CoolerMaster ノートパソコン用クーラーレビュー

続きを見る

 

4 メイン機ならMacBook Pro14、16が必要

M1 ProとM1 MAXチップの性能はやはり素晴らしいです(レビュー読んだだけだけど)

M1チップの性能も良いんですが、ソコソコの性能と言った感じ。

MacBook Pro16(インテル版)よりもちょっと下くらいのベンチマーク性能

 

新しいMacBook pro14、16は価格が2倍、3倍もしますがメイン機として使える性能です。

価格差はありますがApple製品は無理してでも最高性能を購入するのが無難です。

Apple公式よりお得な購入方法

 

M1MacBook Airを購入すべき5つの方

少し酷評しましたが、ここからはM1MacBook Airをすべき4つの方を紹介いたします。

使い方によって「合う、合わない」が多いM1チップですが、以下の方にはかなりおすすめです。

 

1 持ち運びを重視する方

M1MacBook Airの最大のメリットが「軽さ」です。

重量は1.29kgと現行のMacBookシリーズでは最軽量です。

昔はMacBook12と言うモバイルに最適な機種がありましたが、今はMacBook Airが1番軽い機種です。

カフェや仕事場に毎日MacBookを持ち歩く方にはおすすめの機種と言えます。

 

2 電池持ちを最重要と考える方

  • M1MacBook Air→電池持ちを重視したチップ(最大18時間稼働)
  • M1 Pro MacBook Pro→パワー重視のチップ(最大11時間稼働)

パワーに振り切ったM1Proチップに比べて、ノーマルのM1チップはスタミナとパワーのバランスが良いです。

例えるなら、長距離型のチップで電池持ちはかなり良いです。

ファンレスでパフォーマンスの低下問題がありますが、電池持ちだけなら圧倒的におすすめのラップトップPCです。

 

3 ブラウジングや軽い作業しかしない方

M1チップは高性能ですが、動画編集や写真編集には少し心配な性能だと感じました。

もちろん不可能ではないです。ただ快適に作業はできない。

僕の持っている機種がメモリ8GBだから仕方ありませんが、重い作業には全く向いておりません。

ブログ執筆や持ち出し用のサブ機として使うくらいしか無いのが悲しいです。

 

4 ゴールド色が欲しい方

現行のMacBookでゴールドがあるのはMacBook Airだけです。

MacBook Proはシルバーとスペースグレーの2色だけです。

ゴールドは女性向けのピンクゴールドの色味に近いですが男性でもオシャレだと思います。

デザインや色はスペック以上に所有欲を満たしますので、見た目で気に入った方にはMacBook Airはおすすめです。

 

5 キーボードの打ち心地にこだわる方

完全に主観ですが、MacBook ProよりもMacBook Airの方がキーボードの打ち心地が良いと感じます。

どちらもシザー式のキーボードでストロークはしっかりしております。

MacBook Airの方が筐体が薄いのでペチペチと鳴るようなバタフライ式のキーボードに似てるイメージ。

軽い打ち心地が好きな方にはMacBook Airのキーボードがおすすめだと思います。

 

【まとめ】M1MacBook Airレビュー

以上がM1MacBook Airのレビューでした。

絶賛されているM1MacBookですが、使ってみると「普通」な印象でした。

辛口で書きましたがアルミボディの質感や高級感は素晴らしい機種です。

もしも2021年現在でMacBook購入を検討している方は以下がおすすめです。

当ブログの結論

 

MacBook Airの電池持ちは素晴らしかったのですが、ファンレスでの長時間作業が難しい点が気になりました。

これから購入するなら、ファン付きで安定しているM1MacBook Proが良いです。

もしお金があれば、最新のM1 ProかM1 MAXチップ入りのMacBook Proを購入しましょう!

最初から高いスペックの商品を購入すれば後悔しないですよ。

ゴーゴーシンゴ
以上参考になれば幸いです

Apple公式よりお得な購入方法

 

関連記事
2021年の今さらM1MacBook AirをMacBook Pro16のサブ機として購入!

続きを見る

【2021年】MacBookPro16で購入したい周辺機器・アクセサリー16選

続きを見る

【2021年】MacBookPro16レビュー!在宅ワークならM1よりおすすめ

続きを見る

M1 Mac BOOK Air i Pad Proどちらの購入がおすすめか?

続きを見る

M1 MacBook Air Proにキーボードカバーは必要?moshiをレビュー

続きを見る

2022年M1 MacBook Airで使いたいおすすめのアクセサリー・周辺機器

続きを見る

こちらの記事もおすすめです

2022年5月20日

yeediモップステーションレビュー!QOL爆上がりのモップ洗浄まで全自動のロボット掃除機

掃除機は昔ながらのキャニスター式を使っているシンゴです。 今までロボット掃除機が気になってましたが、なんか信用できなくて食わず嫌いしてました。 すぐつっかえたり、段差から落ちそうでアホな子のイメージでした。 そんなロボット掃除機未経験の僕ですが、メーカーさんからお声がけ頂きまして試す機会が出来ました。 商品名がyeedi(イーディー)モップステーションです。 商品の特徴がモップ掛けから水洗い、乾燥までをを自動でこなす近未来を感じるロボット掃除機でした。 はじめてロボット掃除機を使いましたが、結論は最高でし ...

ReadMore

2022年5月20日

PITAKA iPad Pro/Air MagEZ Case 2レビュー!Magic Keyboardも使える最強保護ケース

iPad Pro/Airの最強ケースがPITAKAより発売されました。 こんにちはシンゴです。 iPad Pro/Airを使う上で外せないのが、Magic Keyboardの存在。 文字を書くのはもちろん、マウス操作や充電機能など活躍の幅は非常に広いんです。 しかし問題になるのが、Magic Keyboardに対応するケースが少ない問題。 Magic Keyboardを使う時にいちいちケースを取り外したり、付けたりするのは非常に面倒です。 付け外しの手間を減らす画期的なアイテムが「PITAKA MagEZ ...

ReadMore

2022年5月20日

OPPO Reno5Aレビュー!2021年コスパ最強の5Gスマホの決定版

OPPO Reno5A期待して無かったですが、メチャクチャ良いです。 価格も39600円で購入可能。 新規・MNPは21600円引きの18000円とさらに激安。 この金額で5G、おサイフケータイ、指紋認証、顔認証、防水と至れり尽くせりのモデルになってます。 メインでiPhone 12Proを使っているんですが、普通に乗り換えを検討するほど快適でした。 その時のTwitterが以下。 OPPO Reno5A結構いいですね これは全国民におすすめしたいレベル pic.twitter.com/rd5MhRV74 ...

ReadMore

2022年5月20日

【2022年】iPhoneにおすすめのアクセサリー・周辺機器(iPhone13対応)

こんにちは、iPhone12 Proユーザーのゴーゴーシンゴです。 先日iPhone12 Proの徹底レビューをしました。 iPhoneは単独で使うよりも様々な周辺機器やアクセサリーと組み合わせると何倍も便利で快適になります。   そこで今回はiPhoneにおすすめのアクセサリー・周辺機器をお伝えいたします。(iPhone13対応) ゴーゴーシンゴどれもガジェットマニアが厳選しておすすめする商品ばかりです。ぜひ最後まで見てね   ココがポイント Anker PowerPort III ...

ReadMore

2022年5月20日

【レビュー】HyperX Solocast はコスパ最強の単一指向性USBマイク

評価おすすめ HyperX Solocast小さいのに音質めっちゃ良い! HyperXより3/1に発売されたUSBコンデンサーマイクSolocast。 価格は7980円。 このマイクのスゴイ所は低価格、コンパクト、音質良しとコスパ最強のマイクとなっている。 在宅ワークやテレワーク、ゲーム配信などマイクデビューにピッタリな商品と言えるだろう。 こんな方におすすめ コンパクトで音質の良いコンデンサーマイクを探している 在宅ワーク、テレワークで使えるコスパの良いマイクが欲しい ゲーム配信や実況で使えるカッコいい ...

ReadMore

2022年5月20日

【ポートレート】おすすめRFマウントレンズ!ポトレ作例付きで現役カメラマンが解説

困ってる人RFマウントレンズでおすすめのレンズが知りたい   こんな悩みを解決いたします。 作例も豊富に紹介しております。   この記事を読めばポートレートにバッチリなRFレンズが全て分かりますよ。   ゴーゴーシンゴポートレート撮影歴8年の僕が超おすすめレンズを紹介します   【作例付き】ポートレートで使いたい!おすすめRFマウントレンズ ポートレートで使いたい、RFレンズのおすすめランキングを紹介いたします。 どれも素晴らしいレンズばかりですので、ぜひ最後まで見 ...

ReadMore

2022年5月20日

【デスクツアー】ガジェットブロガーおすすめする在宅ワークに便利なアイテム27選

困ってる人在宅ワークしているけど自分に合ったデスク用品がわからないよ   今回は会社員ブロガーの愛用するオススメガジェットをご紹介いたします!ゴーゴーシンゴ   この記事でわかる事 ・在宅ワーク会社員兼ブロガーがオススメするガジェット ・実際に使って肩や目の疲れに効果があった物 ・効率的にリモートワークを進められる安くてコスパの良い物   テレワークリモートワークを快適・便利にするガジェット27選 ここではブロガーが愛用するテレワーク・リモートワークを快適にする便利ガジェット ...

ReadMore

Amazon購入で損したくない方へ

 

Amazonで1円でも損したくないなら

Amazonの通貨でもあるAmazonギフト券の購入チャージをおすすめします。

現金でチャージするたびチャージ額 x 最大2.5%分のポイントがもらえます。

Amazonプライム会員30日間無料登録なら使わないと損しますよ!

まとめてチャージがお得

Amazonギフト券をチェックする

最短1分で完了

期限は10年なので使い切れない心配なし

期間限定開催

Kindle Unlimitedキャンペーン 2ヶ月99円で利用可能!1,861円もお得になります!!

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゴーゴーシンゴ

ガジェットブロガー、評論家 ▷カメラとガジェット、スマホ大好きなガジェッター ▷ガジェットレビューが中心 ▷元カメラメーカー勤務でポートレートカメラマン ガジェットのレビュー依頼受付中です(お問い合わせからお気軽にどうぞ)

-MacBook
-