【お願い】ゴーゴーシンゴのブログで指名検索してくださいね!

【SONY α7cレビュー】ポートレートカメラマンが買ってはいけない3つの理由

カメラ

【SONY α7cレビュー】ポートレートカメラマンが買ってはいけない3つの理由

SONYのα7cが10/23に発売された。

ほぼリーク通りの内容でサプライズは少なかったが、小型のフルサイズミラーレスを待望していた方にはピッタリなカメラだろう。

スペックを読み解く限りこのカメラはポートレートカメラマンには向いていないカメラな気がしてきた。

その理由を解説したい。

こんな方におすすめ

  • α7cが気になっている方
  • ポートレートカメラマンの方
  • フルサイズミラーレスカメラを検討している方
  • a7cとa7Ⅲどちらを買うか迷っている
  • a7cのライバル機種について知りたい
ゴーゴーシンゴ
こんな方はぜひ最後まで見てくださいね。

 

SONYα7cレビュー スペックを紹介

 

質量:509g

寸法:高さ71.1mm、横幅124.0mm、奥行き59.7mm

イメージセンサー:35mm裏面照射型

有効画素数:2420万画素、ダイナミックレンジ15ストップ

ISO感度:100-51200(拡張50-204800)

ボディ内手ブレ補正:5.0段分

測距点:693点像面位相差AF、カバー率93%

トラッキング:リアルタイムトラッキング

液晶モニター:バリアングル

連写:10コマ/秒

動画記録:最大4K30p / HLG / S-Log3 / S-Log2

外部マイク:ECM-B1M、XLR-K3Mに対応

Wi-Fi:2.4GHz、5GHz

カードスロット:シングルスロット

バッテリー:NP-FZ100、液晶モニターで740枚、ファインダーで680枚

 

こうして見るとスペック上はかなり良いように思えますね。

特にオススメのポイントは以下です。

ココがおすすめ

手ブレ補正も5段、A Fの測距点も693点

連写も秒10コマ

センサーは高感度に強い裏面照射型

重量も509gとAPS-Cと変わらないくらいの大きさと重さ

ここで買いだ!と思ってすぐに飛びついてはいけません。

当然軽量化の為に大幅なスペックダウンした機能もあります。

 

【レビュー】ポートレートカメラマンがソニーα7cを買ってはいけない3つの理由

 

決してディスってる訳ではありませんが、ポートレートカメラマンには3つの気になるポイントがありますのでご注意ください。

 

買ってはいけない理由① シャッタースピードの最大が1/4000が最大

参考

ILCE-7C   1/4000~30秒

ILCE-7M3 1/8000~30秒

シャッターの同調スピードが1段違います。

これ結構大きな違いです。

以下のようなシュチュエーションで困ります。

 

屋外の晴れ

絞り 開放(単焦点レンズを想定)

背景をボカしたい

こんな時にはNDフィルターが必要になる場合がありますが、1/8000までシャッタースピードが上がるとNDフィルター無しで撮影できる事が多いです。

おそらく屋外の撮影だと不満が出ると思います。

 

電子シャッターなら1/8000まで使えますがストロボ使う人はメカシャッター が基本です

 

買ってはいけない理由② ストボロの同調速度が1/160まで

a7cのストロボの同調速度は1/160までです。

非常に遅いので中級機クラスの性能です。

ハイスピードシンクロをしたい人はご注意ください。

上位機種は1/250までのストロボ同調速度まで出ます。

ストロボのシンクロスピードはポートレート撮影では超重要なので抑えておきましょう。

 

ゴーゴーシンゴ
ストロボの同調速度だけで2/3段も差があるのはデカイ

 

買ってはいけない理由③ ファインダー倍率が小さすぎる

a7cはファインダー倍率はめっちゃ小さいです。

参考

ILCE-7C  0.59倍

ILCE-7M3 0.78倍

 

ファインダーはなんと0.59倍。

これめっちゃ小さいです。

おそらくピント合わせが相当困難だと思います。

ニコンのエントリー機のz5でさえファインダー倍率は0.8倍です。

瞳AFをよく使うポートレートには致命的だと思ってます。

ゴーゴーシンゴ
使い勝手に直結する部分なので店頭でよく見て買おうね

 

その他買ってはいけないと感じた微妙な点を3つ紹介

上記3つはポートレート撮影においては致命的な欠点と感じましたが、その他にも微妙な点があります。

  1. カスタムボタンが少なすぎる
  2. シングルスロットである
  3. ファインダーが光軸上からズレている

カスタムボタンが少ない事は使いやすさにモロに影響します。

あまりボタンカスタマイズをしない方でも不便に感じるくらいのボタンの少なさです。

特に前ダイヤルが無いのは致命的ですね。

ボタンの配置数はエントリー機並なので要注意。

この値段のカメラとしては1番少ないです。

 

また、シングルスロットも少し気になります。

データが消えるリスクは少ないですが、RawとJpegデータをスロットごとに分けて保存できると便利なのでダブルスロットが欲しいですね。

データ管理の面で心配です。

 

最後にファインダーはレンズの光軸上にはありません。

いわゆる「レンジファインダー」になっております。

慣れが必要ですが、特に効き目が「左目」の方はかなり使いづらいと思います。

ゴーゴーシンゴ
レンジファインダーは好き嫌い別れるポイントなので要注意だよ

 

ソニーα7cレビュー 良いなと感じた点やメリット

以下が良いなと感じた点です。

  1. 小型ボディなので持ち運びがラク
  2. 小型ボディながらバッテリーは大きい
  3. バリアングル液晶は地味に便利
  4. フリッカーレス撮影に対応

順番に紹介いたしますね。

 

良いと感じた点1 小型ボディなので持ち運びがラク

ボディはコンパクトかつ軽量です。

フルサイズのキットレンズだと重さが676gしかありません。

ラクに持ち運べる=シャッターチャンスが増えるので便利です。

またカメラバッグのスペースも占拠しないのは魅力が大きいです。

フルサイズならデカいカメラバッグが必要ですが、気軽にボディバッグなどで出かける事ができそうです。

ココがポイント

APS-Cのa6600と変わらないくらいの大きさは脅威

 

良いと感じた点2 小型ボディながらバッテリーは地味に大きい

小型軽量ボディながら、大容量NP-FZ100バッテリーを使っております。

このバッテリーですが、1個で実写は1000枚近く撮れるくらいスタミナ(公式では740枚)があります。

小型のカメラはバッテリーまで小型にされてしまう事が多いので魅力的ですね。

例えばCanonのEOS RPは差別化と小型化の為、バッテリーもEOS Rに比べて小型の物に変えられてしまっております。

ゴーゴーシンゴ
バッテリーが大きいのはグッド。ソニーさんナイスですね

 

良いと感じた点3 バリアングル液晶は地味に便利

バリアングル

バリアングル液晶は地味に便利です。

ローアングルやハイアングルなどが自在にできます。

また、自分の方に向ければ自撮りも可能です。

フルサイズミラーレスとしてCanonのEOS Rに継ぐバリアングル液晶なので期待は大きいですね。

ゴーゴーシンゴ
バリアングルは一度使うと辞められなくなるよ

 

良いと感じた点4 フリッカーレス撮影に対応

ソニーa7cが良いと感じた点はフリッカーレス撮影に対応している点です。

フリッカーとは蛍光灯のチラつきなどが写り込んでしまう現象です。

スタジオポートレートなどで発生しやすく、カメラマンを悩ませます。

 

a7cは小型ボディながらフリッカーレス対応に対応しているのは素晴らしいです。

aps-cのa6600はフリッカーレス撮影機能が無いので差別化がスゴイですね。

 

良いと感じた点5 リアルタイムトラッキングAFは素晴らしい

ソニーのリアルタイムトラッキングAFは素晴らしいですね。

特に顔認識のスピードがキャノンやニコンよりも速く、瞳AFの食いつきと粘りはNo.1です。

もしポートレートを撮影する方は今は迷わずソニーを選んで正解ですね。

a9譲りの4Dフォーカス技術が採用されているのでこのコンパクトボディでココまでできるのはスゴイです!

 

ソニーα7cの他の人の評判は?

Twitterでソニーα7cの評判を集めてみました。

良い意見とネガティブな意見がどちらもありました。

 

SONY a7c ポートレート作例

SONY a7cの作例を紹介いたします。(レンタルして試してみました)

レンズはTamronの28-75mm F/2.8 Di III RXDです。(すべて開放で撮影)

ポートレートでの使い心地は良かったです。

出てくる絵も満足度は高い印象です。

ただボディが小さいのでオンストロボだとバランスが取りづらいですね

ゴーゴーシンゴ
オフストロボで使った方がいいカメラだと思います

 

SONY a7cとILCE-7M3の比較

キャンペーン期間中に、対象のカメラ本体・レンズまたはアクセサリーをご購入いただき所定の応募方法でご応募いただいたお客様全員に、最大5万円のキャッシュバック。キャンペーン期間:2021年2月12日(金)~2021年5月9日(日)【WEB申し込み手続き締切】 2021年5月24日(月)午前10時00分00秒 【専用応募封筒締切】 2021年5月24日(月)当日消印有効

大人気のa7Ⅲを買えばいいのか?

今買えばキャッシュバック2万円もあるしお得に買えます。

確かにa7Ⅲはめっちゃ良いカメラだと思いますが、今買うべきではないと思ってます。

ココに注意

a7Ⅲは登場から2年半以上経過している

 

そろそろ新型のa7Ⅳが出てもおかしくはないです。

待てる方は待った方が良いと思いますよ。

でも新型が出ても今すぐにでも欲しい方は買っても後悔はしないはずです。

個人的にはa7cとa7Ⅲどちらを買えばいいか?と聞かれたら迷いなくa7Ⅲを買うと思います。

 

a7Ⅲとa7cどちらを買うべきか?

a7Ⅲとa7cどちらを買うべきかは以下の基準で考えております。

a7Ⅲを買うべき人

  • 万能なカメラが欲しい
  • レンズは大きい物を付ける
  • レンジファインダーより光軸上にファインダーが欲しい
  • カスタムボタンを多く使う
  • 新機種がはやめに出る可能性があっても構わない

上記の方はa7Ⅲ向きかと思っております。

とにかく万能に使えるカメラです。

ただし以下の欠点があります。

ココに注意

背面液晶の画素数が91万画素とかなり低解像度

 

a7Ⅲはエントリー機種の位置付けなのであまり背面液晶が綺麗ではありません。

それ以外はパーファクトなカメラなので万人におすすめできるカメラだと思います。

ゴーゴーシンゴ
そもそもa7Ⅲがフルサイズのカメラでは小さいカメラです

 

SONY a7cのライバル機種はどんなカメラ?

SONY a7cのライバル機種のカメラについて考えてみました。

 

  • SIGMA FP
  • Lumix DC-S5
  • Canon EOS RP
  • Nikon Z5

これらがライバル機種になるかと思います。

どの機種も一長一短があり、用途によっておすすめが変わってくると思います。

特にポートレートで重視するのが、手振れ補正でしょうか?

この中ではLumix DC-S5とNikonZ5が手振れ補正に対応しております。

 

ゴーゴーシンゴ
ライバル機種の中だったらa7cが1番優れているとは思います

 

SONY a7cの他の人の評判など

このページでは僕の意見だけだと偏ると思いますのでTwitter上での評判を集めてみました。

ぜひ参考にしてくださいね。

 

SONYα7cは誰が買うべきカメラなのか?

スペックは文句がありませんが、欠点があるのも事実です。

コンパクトにした分割り切った性能になっている部分があります。

特に操作性が大きく犠牲になっていると感じました。

以下の方にはオススメ出来るカメラなのではないでしょうか?

  • バリアングル液晶を使いたい方
  • 写真よりも動画性能を重視する方
  • コンパクトなフルサイズミラーレスが欲しい方
  • レンズはコンパクトなレンズしか使わない方

録画ボタンが独立していたりと動画向きのカメラとなっております。

写真<動画をメインで撮りたい方は満足出来るのではないでしょうか?

デメリットもある上で軽さを重視したい方にはおすすめできるカメラだと思います。

ゴーゴーシンゴ
APS-C並の小型ボディでフルサイズのカメラは魅力だよね

在庫豊富にあります

カメラのキタムラで見てみる

※分割で購入するならこちら

a7Cで使いたいグッズを集めました。ぜひ参考にしてくださいね。

【おすすめ】SONY α7cで使いたいレンズとカメラ機材10選

続きを見る

 

こちらの記事もおすすめです
Googleフォト無制限アップロード終了対策!コスパの良い写真保存方法はこれだ!

続きを見る

関連記事

お得に買いたい方へ

Amazonで1円でもお得に買い物するなら

Amazonの通貨でもあるAmazonギフト券の購入チャージをおすすめします。

現金でチャージするたびチャージ額 x 最大2.5%分のポイントがもらえます。

Amazonプライム会員30日間無料登録なら使わないと損しますよ!

                 

まとめてチャージがお得

Amazonギフト券にチャージする

今すぐ申し込む

初回1000ポイントキャンペーン開催中

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゴーゴーシンゴ

ゴーゴーシンゴのブログ編集長 ▷カメラとガジェット、スマホ大好きなWebライター ▷ライター専門のオンライン講座「Writing Hacks」卒業生 ▷ブログ実績 Amazon単月売り上げ 91万 WEBの稼ぎ方と本当に使って良かった物だけを紹介するブログ ガジェットのレビュー依頼受付中です

-カメラ
-,