24円レンタルのXperia 5Ⅲレビュー。小さいペリアはAndroidスマホの最高傑作だ

Android

24円レンタルのXperia 5Ⅲレビュー。小さいペリアはAndroidスマホの最高傑作だ

2022年2月17日

Appleも好きですがAndroidも好きなシンゴです。

先日Pixel 6もレビューいたしましたが、勢い余ってXperia 5Ⅲも追加購入してしまいました。

Xperia 5Ⅲの魅力はまずはカメラ性能。

ペリスコープ望遠のカメラやZEISSレンズを搭載し、Photo Proアプリはミレーレス一眼カメラ「a」の操作感を実現。

カメラ好きにはたまらないスマホとなってます。

その他ソニーお得意のハイレゾや21:10のシネマワイドディスプレイなどエンタメ向けの機能が盛りだくさん。

今回は小型ハイエンドスマホの最高峰Xperia 5Ⅲのレビューです

ゴーゴーシンゴ
だから私はXperiaです

ココがおすすめ

  • 21:9の縦長画面が使いやすい
  • 横幅68mmは驚異的に持ちやすい
  • 120Hzで動作ぬるぬる
  • SDカードが使える
  • 電池持ちが良い
  • 物理指紋認証は便利
  • サイドセンスは意外と使いやすい
  • スピーカー音質が良い
  • ハイエンドなのに軽くてコンパクト
  • デザインが神

ココがダメ

  • 音量を上げると共振する
  • アプリアイコンや文字が小さくて見づらい
  • フロントカメラの画質がイマイチ
  • ワイヤレス充電非対応
  • Xperia伝統の文字入力POBox Plusが使えない
  • ワイヤレス充電に非対応

 

Xperia 5Ⅲのスペックレビュー

ディスプレイ 6.1インチ
有機EL
フルHD+
本体サイズ 縦:157 mm
横:68 mm
厚さ:8.2 mm
重さ 168グラム
バッテリー容量 4,500mAh
CPU Snapdragon888
RAM/ROM 8GB/128GB
5G接続 対応
カメラ 【メインカメラ】
1220万画素
+1220万画素
+1220万画素
【サブカメラ】
800万画素
防水・防塵
対応
おサイフケータイ
対応
セキュリティ 指紋認証(本体横)

Xperia 5ⅢはハイエンドCPUSnapdragon888を採用したスマホです。

画面サイズは6.1インチながら横幅が68mmと細長く持ちやすい形状。

168gと軽量なのでコンパクトなスマホが欲しいけど性能に妥協したくない方におすすめの機種になってます。

ゴーゴーシンゴ
200g超えのハイエンドスマホに比べると驚異的に軽いですよ

 

Xperia 5Ⅲ開封レビュー

Xperia 5Ⅲの開封レビューです。

今回レビューする色はフロストシルバーです。

光沢感が無いマット仕上げの加工で指紋が付きにくく高級感を感じるデザイン。

他の色はフロストブラック、フロストシルバー、グリーン、ピンクがあります。

フロスト系のマットデザインがシルバーとブラック。

グリーンとピンクが光沢のあるデザインでどちらも素敵なデザインです。

注意点としてドコモ版はロゴがあります。

特徴的なのが縦に並んだカメラデザイン。

カメラは超広角〜望遠まで揃えて隙のない画角を実現しております。

  • 1220万画素の広角カメラ
  • 1220万画素の超広角カメラ
  • 1220万画素の光学2.9倍と4.4倍

焦点距離ですが16mm〜105mmでカメラ好きなら思わずニンマリしてしまう画角となってます。

デジタルズームでなく光学の2.9倍と4.4倍ズームが使えるので望遠好きに満足できるカメラ構成です。

ZEISS

レンズはZWEISS製のレンズを使ってます。

憧れの高級レンズZWEISSがスマホで使えるのは嬉しいポイントです。

レンズコーティングはT*(ティースターコーティング)を採用。

レンズの反射を抑えてよりクリアで圧倒的な描写が期待できます。

充電方式はUSB-C端子です。

充電器と充電ケーブルは別売なので注意。

充電は30W充電に対応しているので4500mAhの大型バッテリーも急速充電に対応してます。

ちなみにおすすめの30W充電器はAnkerの窒化ガリウムが小さくて便利です。

カメラ部分の出っ張りはSIMカード2枚分くらいです。

最近のAndroid機種に比べて出っ張りは少ないのがメリット。

再度ボタンは上下に音量ボタン、シルバー部分は指紋認証ボタンになっております。

シルバーの指紋認証ボタンの下はGoogleアシスタントボタンとカメラのシャッターボタンになっております。

Googleアシスタントボタンは他の機能に割り当てができません。

カメラのシャッターボタンはスマホを横に構えた時に押しやすいようにできてます。

スマホをきちんと構えて撮影できるのが非常に楽しい機種です。

背面部分ですがFelicaを搭載。

みんな大好きなおサイフケータイが使えます。

普段の通勤や通学でも定期のSuicaが使えるのでメインスマホとして活躍できます。

ディスプレは21:9の縦長ディスプレイです。

有機ELディスプレイでSONY液晶テレビブラビア技術を採用した鮮やかな発色が特徴。

反射が目立ちますが動画視聴や写真鑑賞には抜群に映える画面です。

背面下部にはXperiaロゴがあります。

こちらはソフトバンク版なのでキャリアロゴが無いのがメリットです。

ドコモ版は悲しいことにdocomoロゴありです(ドコモ絵文字もあり・・)

 

Xperia 5Ⅲの写真やカメラ性能レビュー

ここではXperia 5Ⅲのカメラ性能と写真作例を紹介します。

最初に画角の紹介をしましたが、センサーは望遠カメラまで含めてDual PDセンサーを搭載しております。

Dual PD(フォトダイオード)は、光を電気信号に変えるフォトダイオードを1つの画素に2つ備える技術です。

その1つで撮像、もう1つを位相差AF(オートフォーカス)に用いることで、高速なAFを可能になっております。

α譲りのAFを実現

 

Xperia 5Ⅲの写真作例

ここからは写真作例です。

まずは昼間の写真から。

青空の見事なグラデーションとシャドー部分の引き締め方が見事です。

スマホの写りを超えた一眼ライクな写真が簡単に撮れます。

黄色の目立つ看板があったので撮影して見ました。

黄色と青空、そして青い看板の色表現が絶妙ですね。

変にAI補正が入らない自然な色味で撮影できるので楽しいカメラです。

スマホが苦手な夜間の撮影ですがノイズが少ない写真で驚きました。

タクシーの黄色の発色のビル群のライトアップが写実的な写り驚きました。

iPhoneやPixel、Galaxyとは違ってAI補正弱めの一眼カメラのよう描写をします。

最初の位置から場所がズレてしまいすいません。

こちらが0.7倍の超広角カメラの写真です。

超広角ですが歪みもなく、写りの良いですね。

iPhoneは超広角カメラの画質が劣化するのですが、Xperiaは素晴らしい光学性能のようです。

続いては同じ位置からの望遠2.4倍のカメラ映像です。

望遠カメラはF値が2.3の為かノイズが少し目立つ印象。

僕の使い方が悪いのか手振れをしてしまいました。

解像感は広角や超広角に比べると落ちる印象です。

 

ちなみに望遠は光学4.4倍なのですがデジタルズームを使うことができます。

デジタルズームをさらに高画質にするAI超解像ズームが使用可能。

4.4倍以上の遠くの距離を撮影したい場合でも劣化の少ない写真が撮影できるのが便利です。

AI超解像ズームでスカイツリーを撮影しました。

暗所なので多少ノイズが乗りますが、スマホカメラとしては良い画質です。

自動でナイトモードが認識されるので、撮りやすいカメラだと思います。

続いてマクロ撮影です。

近接撮影能力も非常に高く時計の小さな文字盤まで認識が可能。

アクセサリーなどの小さい物撮りもできるレンズです。

紙などのドキュメント撮影も得意です。

カメラ操作時は「ドキュメント」として認識されます。

上の写真は画像を圧縮してるので見づらいですが、スマホ画面ではしっかりと書いてる文字まで読めます。

料理の写真も自然に美味しそうに撮れます。

iPhoneでラーメンを撮影するとスープの色が味噌みたいになってしまいますが、Xperiaなら見た目通りに撮れます。

テーブルフォトやインスタ映え写真も撮りやすいスマホです。

 

Photo Pro撮影はまるで一眼カメラのUI

カメラUIはまるでミラーレスカメラαを操作しているようです。

撮影時は横に構えて、物理シャッターボタンを押します。

こちらはSS(シャッタースピードモード)で、シャッタースピードによって動体の流し撮りが撮影できそうです。

こちらがスローシャッターで流し撮りした写真です。

歩いてる人が残像のようにボケております。

スマホでこんな写真が撮影できるとは思いませんでした。

普通にコンデジを使ってる気分です。

Photo Proでもオート撮影が可能です。

オート撮影中でもカメラの焦点距離の変更ができます。

16mm〜105mmまでの望遠レンズを操作している気分になります。

もちろんフルオートで手軽に撮影したい場合はBASICモードの撮影が便利です。

Photo Pro内のアプリでモード移行がシームレスにできるのでとっさの撮影でもすぐに対応できます。

 

AF性能はミラーレス譲りの性能

AF性能も抜群に良いです。

SONYお得意のリアルタイムトラッキングAFで被写体の食い付きと追随性が凄まじいです。

ポートレート撮影時には瞳AFまで使えるのがびっくりです。

 

ディスプレイはクリエイターモードでBT.2020表示可能

ディスプレイはスタンダードモードの他に高解像のクリエイターモードの表示も可能です。

色域もBT.2020まで表示可能で写真を色鮮やかにグラデーションの階調をより感じられるようになります。

ちょっとしたマスターディスプレイのように正確な色表現ができるのでカメラマンに役に立ちます。

 

Xperia 5Ⅲのデメリット

ここではXperia 5Ⅲを使って感じた微妙だった点やデメリットをお伝えします。

良い部分だけでなく悪いも知っておくと後悔が少ないと思います。

 

音量を上げると共振する

Xperia 5Ⅲの最大の不満点がこれ。共振問題。

YouTubeなどの動画を視聴している時に背面がブルブルと震えます

音量を上げるとさらに激しく揺れるので、手持ちが辛いです。

対応策として動画視聴時はスマホスタンドを使うのが良いです。

 

アプリアイコンや文字が小さくて見づらい

フロントカメラの画質がイマイチ

Xperia共通の弱点としてフロントカメラは800万画素と弱めです。

iPhoneなどは1200万画素ありますが、ノッチが巨大。

パンチホールのフロントカメラでiPhoneよりはマシですが自撮りが多い方には向いておりません。

 

ワイヤレス充電非対応

Xperia 5Ⅲはワイヤレス充電に非対応です。

使う方はとことん使うのでワイヤレス充電が使えないのは致命的かと思います。

ワイヤレス充電が使いたい場合は上位機種のXperia 1Ⅲ購入がおすすめです。

 

Xperia伝統の文字入力POBox Plusが使えない

Xperiaと言えばPOBox Plusって方も多いはず。

久しぶりにペリアを使ってみるとPOBox PlusではなくG boardに文字入力は変更されてました。

個人的に使いやすかったので、残念ポイントでした。

 

Xperia 5Ⅲのメリット

Xperia 5Ⅲを使って良かった点をあげます。

他のAndroidスマホに比べて特徴が尖っているので良い点が多い印象です。

 

21:9の縦長画面が使いやすい

使う前に不安だった縦長ディスプレイですが、全然使いやすいです。

TwitterやWebの情報が一覧で確認できるので便利。

正直他のスマホが使えなくなる中毒性があります。

 

横幅68mmは驚異的に持ちやすい

Xperia 5Ⅲは縦長の代わりに横幅はかなり細いです。

iPhoneよりも3mm細いだけで持ちやすさが格段に向上。

しっかりとホールドできるので落とす心配が無くなりそうです。

 

120Hzで動作ぬるぬる

120Hzのスマホをはじめて使ったんですがヤバいです。

僕はドッカンバトルやウマ娘をやるんですが超ヌルヌルです。

今まではゲームをやるならiPhoneでしたが、今後はXperiaになりそうです。

 

イヤホンジャック搭載で有線イヤホンが使える

最近では絶滅危惧種になっているイヤホンジャックがあります。

手持ちの有線イヤホンが使えるのでポイント高いです。

昨今のハイエンドスマホでイヤホンジャック搭載はXperiaくらいなので、選ぶ価値は充分あります。

 

SDカードが使える

最近のAndroid機種ではSDカードが使えない機種が多いのですがXperia 5ⅢはSDカード対応です。

最大1TBまで拡張できるので容量不足の心配はないです。

 

電池持ちが良い

電池持ちは思ったよりも良いです。

僕は同じSnapdragon 888のGalaxy S21を使ってましたが、1.5倍くらい電池持ちは良かったです。

Xperia 5ⅢはフルHD液晶に抑えているおかげで電池はヘビーに使っても1日は持ちそうです。

 

物理指紋認証は便利

サイドにある物理指紋認証は便利です。

ちょうど握った時に指紋ロック解除ができるので、ラクで良いですね。

ちなみに指紋認証速度は爆速でした。

 

サイドセンスは意外と使いやすい

サイドセンスは設定した左右のフチをダブルタップするとよく使うアプリが呼び出される機能です。

昔使った時は誤爆が多くて使い物にならない印象でしたが、Xperia 5Ⅲになってからは使える機能に進化してました。

意外とアプリの提案が良いので便利な機能です。

 

スピーカー音質が良い

共振問題はありますがさすがはAVメーカーのソニーだけあって音質はかなり良いです。

Dolby AtomosやDSEE UltimateのAIアップコンバート技術によって音質が劇的に向上。

もちろんSONYお得意のLDACやハイレゾに対応しているのでスマホとしては最高の音響だと思います。

 

ハイエンドなのに軽くてコンパクト

重さ168gでケースを付けても200gを切る軽さは魅力。

しかも性能はハイエンドなのでバルミューダフォンのような小型低スペック端末ではありません。

ZenFone 8がさらに小型軽量ですが、電池持ちや不具合の多さからXperia 5Ⅲが断然おすすめです。

 

デザインが神

デザインかっこいいです。

もうデザインに惚れたら買って良いレベル。

所有欲を満たすデザインのスマホはXperiaくらいだと感じます。

 

【レビューまとめ】Xperia 5ⅢはAndroid最強スマホ

以上がXperia 5Ⅲのレビューでした。

数年ぶりにペリアを使ったますが、性能とデザイン含めて最高です。

もし気になってる方がいれば即購入すると幸せになれますよ。

 

最後にメリット・デメリットを再度まとめておきます。

ココがおすすめ

  • 21:9の縦長画面が使いやすい
  • 横幅68mmは驚異的に持ちやすい
  • 120Hzで動作ぬるぬる
  • SDカードが使える
  • 電池持ちが良い
  • 物理指紋認証は便利
  • サイドセンスは意外と使いやすい
  • スピーカー音質が良い
  • ハイエンドなのに軽くてコンパクト
  • デザインが神

ココがダメ

  • 音量を上げると共振する
  • アプリアイコンや文字が小さくて見づらい
  • フロントカメラの画質がイマイチ
  • ワイヤレス充電非対応
  • Xperia伝統の文字入力POBox Plusが使えない
  • ワイヤレス充電に非対応

 

関連記事
Xperia 5Ⅲにおすすめのケースやガラスフィルムなどのアクセサリーを紹介

続きを見る

Pixel6レビュー。iPhone 12 Proからの乗り換えでメイン機にした話し

続きを見る

OPPO Reno5Aレビュー!2021年コスパ最強の5Gスマホの決定版

続きを見る

Galaxy S21simフリーレビュー!Android最強のiPhone対抗スマホ

続きを見る

【レビュー】iphone 12Pro特徴やデメリットまで徹底紹介

続きを見る

こちらの記事もおすすめです

2022年5月20日

yeediモップステーションレビュー!QOL爆上がりのモップ洗浄まで全自動のロボット掃除機

掃除機は昔ながらのキャニスター式を使っているシンゴです。 今までロボット掃除機が気になってましたが、なんか信用できなくて食わず嫌いしてました。 すぐつっかえたり、段差から落ちそうでアホな子のイメージでした。 そんなロボット掃除機未経験の僕ですが、メーカーさんからお声がけ頂きまして試す機会が出来ました。 商品名がyeedi(イーディー)モップステーションです。 商品の特徴がモップ掛けから水洗い、乾燥までをを自動でこなす近未来を感じるロボット掃除機でした。 はじめてロボット掃除機を使いましたが、結論は最高でし ...

ReadMore

2022年5月20日

PITAKA iPad Pro/Air MagEZ Case 2レビュー!Magic Keyboardも使える最強保護ケース

iPad Pro/Airの最強ケースがPITAKAより発売されました。 こんにちはシンゴです。 iPad Pro/Airを使う上で外せないのが、Magic Keyboardの存在。 文字を書くのはもちろん、マウス操作や充電機能など活躍の幅は非常に広いんです。 しかし問題になるのが、Magic Keyboardに対応するケースが少ない問題。 Magic Keyboardを使う時にいちいちケースを取り外したり、付けたりするのは非常に面倒です。 付け外しの手間を減らす画期的なアイテムが「PITAKA MagEZ ...

ReadMore

2022年5月20日

OPPO Reno5Aレビュー!2021年コスパ最強の5Gスマホの決定版

OPPO Reno5A期待して無かったですが、メチャクチャ良いです。 価格も39600円で購入可能。 新規・MNPは21600円引きの18000円とさらに激安。 この金額で5G、おサイフケータイ、指紋認証、顔認証、防水と至れり尽くせりのモデルになってます。 メインでiPhone 12Proを使っているんですが、普通に乗り換えを検討するほど快適でした。 その時のTwitterが以下。 OPPO Reno5A結構いいですね これは全国民におすすめしたいレベル pic.twitter.com/rd5MhRV74 ...

ReadMore

2022年5月20日

【2022年】iPhoneにおすすめのアクセサリー・周辺機器(iPhone13対応)

こんにちは、iPhone12 Proユーザーのゴーゴーシンゴです。 先日iPhone12 Proの徹底レビューをしました。 iPhoneは単独で使うよりも様々な周辺機器やアクセサリーと組み合わせると何倍も便利で快適になります。   そこで今回はiPhoneにおすすめのアクセサリー・周辺機器をお伝えいたします。(iPhone13対応) ゴーゴーシンゴどれもガジェットマニアが厳選しておすすめする商品ばかりです。ぜひ最後まで見てね   ココがポイント Anker PowerPort III ...

ReadMore

2022年5月20日

【レビュー】HyperX Solocast はコスパ最強の単一指向性USBマイク

評価おすすめ HyperX Solocast小さいのに音質めっちゃ良い! HyperXより3/1に発売されたUSBコンデンサーマイクSolocast。 価格は7980円。 このマイクのスゴイ所は低価格、コンパクト、音質良しとコスパ最強のマイクとなっている。 在宅ワークやテレワーク、ゲーム配信などマイクデビューにピッタリな商品と言えるだろう。 こんな方におすすめ コンパクトで音質の良いコンデンサーマイクを探している 在宅ワーク、テレワークで使えるコスパの良いマイクが欲しい ゲーム配信や実況で使えるカッコいい ...

ReadMore

2022年5月20日

【ポートレート】おすすめRFマウントレンズ!ポトレ作例付きで現役カメラマンが解説

困ってる人RFマウントレンズでおすすめのレンズが知りたい   こんな悩みを解決いたします。 作例も豊富に紹介しております。   この記事を読めばポートレートにバッチリなRFレンズが全て分かりますよ。   ゴーゴーシンゴポートレート撮影歴8年の僕が超おすすめレンズを紹介します   【作例付き】ポートレートで使いたい!おすすめRFマウントレンズ ポートレートで使いたい、RFレンズのおすすめランキングを紹介いたします。 どれも素晴らしいレンズばかりですので、ぜひ最後まで見 ...

ReadMore

2022年5月20日

【デスクツアー】ガジェットブロガーおすすめする在宅ワークに便利なアイテム27選

困ってる人在宅ワークしているけど自分に合ったデスク用品がわからないよ   今回は会社員ブロガーの愛用するオススメガジェットをご紹介いたします!ゴーゴーシンゴ   この記事でわかる事 ・在宅ワーク会社員兼ブロガーがオススメするガジェット ・実際に使って肩や目の疲れに効果があった物 ・効率的にリモートワークを進められる安くてコスパの良い物   テレワークリモートワークを快適・便利にするガジェット27選 ここではブロガーが愛用するテレワーク・リモートワークを快適にする便利ガジェット ...

ReadMore

Amazon購入で損したくない方へ

 

Amazonで1円でも損したくないなら

Amazonの通貨でもあるAmazonギフト券の購入チャージをおすすめします。

現金でチャージするたびチャージ額 x 最大2.5%分のポイントがもらえます。

Amazonプライム会員30日間無料登録なら使わないと損しますよ!

まとめてチャージがお得

Amazonギフト券をチェックする

最短1分で完了

期限は10年なので使い切れない心配なし

期間限定開催

Kindle Unlimitedキャンペーン 2ヶ月99円で利用可能!1,861円もお得になります!!

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゴーゴーシンゴ

ガジェットブロガー、評論家 ▷カメラとガジェット、スマホ大好きなガジェッター ▷ガジェットレビューが中心 ▷元カメラメーカー勤務でポートレートカメラマン ガジェットのレビュー依頼受付中です(お問い合わせからお気軽にどうぞ)

-Android
-,