\ ポイント最大46倍! /

Anker Nano 65w PD 充電器レビュー!Anker Nano30W、45Wとも比較してみた

景品表示法に基づき、当ページのリンクには広告が含まれています。

どうも充電器を10種類以上所持しているシンゴです(@go5shingo

最近MacBook Pro14が気になっていて、67Wクラスの充電器が欲しいと思ってます。

Apple純正の充電器は家で使う時は良いですが、巨大で重いカフェなどでの持ち運びに向きません。

悩みがちな充電器選びですが、Ankerから発売されているNano 65w PDがベストバイだと感じました。

本製品はAnkerが2年の歳月を掛けて作った窒化ガリウム技術を採用した充電器です。

従来の65W充電器と比べて65%も小型・軽量になっており持ち運びに適したコンパクトな製品です。

筐体もブラックとシルバーを基調としたマットなデザインでApple純正のホワイト充電器としっかりと差別化がされております。

価格は4,490円と充電器にしては少し高いですが、一度買ってしまえばMacBook Proを快適に持ち運べるので投資する価値はあると思います。

今回はAnker Nano 65w PD 充電器レビューです。

Anker Nano 65w PD
総合評価
( 4 )
メリット
  • 小型軽量で持ち運びに最適
  • プラグが折り畳めるので便利
  • ブラックを基調とした筐体でおしゃれ
  • 信頼のAnker製品
デメリット
  • PPS充電非対応
  • ポートがUSB-C、1ポートのみ
ゴーゴーシンゴ

65Wクラスの急速充電器では圧倒的におすすめです

目次

Anker Nano 65w PD のスペック

Anker Nano 65w
出力ポート数1(USB Type-C x 1)
最大出力65W
サイズ約44 × 42 × 36 mm
重さ約117g
カラーブラック・ホワイト
USB-C 出力5V 3A / 9V 3.0A / 15V 3.0A / 20V 3.25A(最大65W)
Anker Nano 65w PD のスペック

Anker Nano 65w PD は65W採用のコンパクトな窒化ガリウム充電器です。

Ankerが2年の歳月をかけて開発した「Nano Ⅱ」シリーズの充電器で他には30W45Wタイプがあります。

本機はNano Ⅱシリーズの中では最大充電量を誇る3兄弟の長男的なポジションです。

スマホなら30W、タブレットなら45W、ラップトップPCなら65Wと充電する機器に合わせて選べるのがメリット。

白もおしゃれ

カラバリですが発売当初はブラックのみの展開ですたが、ホワイトモデルも追加されており男女問わずどちらにも人気出そうな色合いになっております。

Anker Nano 65w PD 外観レビュー

指紋はやや目立つ

ここからはAnker Nano 65wの外観レビューです。

今回選んだのはブラックモデルで、表面にはNano Ⅱ 65Wの文字が白字でうっすらと記載されてます。

さわり心地はプラスチックだと思いますが、サラサラした手触りで優しさと高級感を感じる不思議な感覚です。

表面はシルバーのメタリックデザインで近未来感を感じます。

ポートはUSB-Cポートの1ポートのみで65W充電が確実にできるのが嬉しいポイント。

ただしSamsung Galaxyの一部端末が対応している、高速に充電できる規格「PPS」には非対応なのが残念。

プラグは折りたたみに対応。

45Wもプラグ折りたたみに対応しているので、大容量タイプは折り畳めるのがうれしいです(30Wはプラグ折りたたみ不可)

大きさは長方形サイズで大体5センチ四方よりも少し大きいイメージです。

イメージ的には卵と同じくらいか少し小さいくらいなので、持ち運びには苦労しません。

重さは実測値で115gでした。

重くはありませんが、意外とズッシリと感じます。

コンパクトな筐体のわりには中身が詰まっているイメージでしょうか。

Anker Nano 30w 、45W、65Wでの大きさ比較

ここでは同じAnker Nanoシリーズ3兄弟の大きさを比べます。

上から65W、45W、30Wと並べてました。

見事にひと回り大きさが違う構造になってます。

ちなみに30W充電器は唯一プラグが折りたたません

実際に横に並べると階段状になっていて、大きさが分かりやすいはず。

プラグが折り畳めるのタイプで迷うのが65Wと45Wタイプでしょうか?

45Wタイプは実はPPS充電に対応しているので、Galaxy端末などを持っている方におすすめです。

65Wと45W

3兄弟のスペックをまとめると以下です。

Anker Nano 30w Anker Nano45w Anker Nano 65w
大きさ3.8 × 3.2 × 3.0 cm(プラグ部をふくまない)‎3.5 x 3.8 x 4.1cm4.4 × 4.2 × 3.6 cm
重さ47g69g117g
プラグ折りたたみ不可可能可能
PPS充電不可可能不可

3兄弟のスペックを比べると上記の表の通りになります。

30W充電器と45W充電器の重さは約22gの違いですが、45W充電器と65W充電器の重さは58gの違いがあり体感でも重さが違います。

またPPS充電可能なのが45W充電器だけなので、バランス重視なら45Wがベターかと思います。

Anker Nano 65w PD 充電使用レビュー

ここからは Anker Nano 65wを実際に充電した結果をシェアします。

65W充電器なのでスマホ充電もできますが、ここではタブレットのiPad Pro11とMacBook Pro16で充電を試しました。

iPad Pro11での充電結果

iPad Pro11は最大30Wで充電出来るっぽいです(Appleが公表してない為、経験値です)

気になる充電ですが15.1v×1.97A=29.747Wで充電されておりました。

ほぼiPad Pro11の最大充電容量でコントロールして充電できていたので、iPad用の充電器としてもかなり優秀だと思います。

ギリギリで30W充電器を使うよりも、多少W数の大きい充電器を使ったほうが充電効率が良いようです。

MacBook Pro16での充電結果

続いてはMacBook Pro16で充電を試しました。

僕の持っているMacBook Pro16はインテル版で最大充電W数は96W必要なので、65W充電器では最速で充電できません。

充電速度ですが19.6v×3.25=63.7Wと上限いっぱいギリギリの数値で充電されておりました。

かなり限界を攻めた作りになっており信頼度は高いですが、長時間使っていると発熱が気になりました。

電気用品安全法(PSE)や国際的な安全規格であるIEC 62368-1の基準にも準拠しており安全な商品です

発熱が多い=危険では無く、適度に放熱されているので自然な現象です。

レビューの中には熱いので危険とある場合がありますが、筐体が小さい分発熱が多いと感じることはあります。

ただ安全性には充分に配慮されているので、不良品を除いて火災や事故が起こる心配はほとんど無いと思います。

Anker Nano 65w PD購入がおすすめな人

Anker Nano 65w 購入がおすすめな人はMacBook ProやラップトップPC用の持ち運び用コンパクト充電器が欲しい方です。

65W充電器は結構貴重な存在で純正の充電器を使っている方も多いと思います。

例えばMacBook Pro用の純正充電器と比べると体積や重さも60%ほどに小さくなるので非常にコンパクトになります。

ただスマホ充電には過剰な充電器だと思うので、スマホやタブレットを充電するなら同社の30Wや45Wシリーズをチョイスするのがおすすめです。

(まとめ)Anker Nano 65w PDレビュー

以上がAnker Nano 65wのレビューでした。

65W充電器が100gちょっとで持ち運べるのが驚異的に感じました。

性能も非常に高くて上限値近くのスピードで充電できるので、性能と安定性が非常に高いのが特徴。

価格が4,490と少し高いのがデメリットですが、スマホからタブレット、ラップトップPCまで充電できるので守備範囲が凄まじいです。

迷ったら購入してはいかがでしょうか。

メリット
デメリット
  • 小型軽量で持ち運びに最適
  • プラグが折り畳めるので便利
  • ブラックを基調とした筐体でおしゃれ
  • 信頼のAnker製品
  • PPS充電非対応
  • ポートがUSB-C、1ポートのみ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ゴーゴーシンゴのアバター ゴーゴーシンゴ ガジェットブロガー

ガジェットブロガーのゴーゴーシンゴです。
Yahoo!ニュースエキスパートのモノ・ガジェット分野のクリエイターでもあります。
企業からのレビュー依頼は250件以上実績あり。
レビュー依頼受付中です!

コメント

コメントする

CAPTCHA



The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

目次