\ 年に1度のブラックフライデーセール! /

Anker Nano II 30Wレビュー。窒化ガリウム採用の世界最小の急速充電器

  • URLをコピーしました!
ゴーゴーシンゴおすすめのお得情報

対象者限定Amazon music Unlimitedが3ヶ月無料(1億曲以上聞き放題)

12/26までAmazonの聞く読書が2ヶ月無料+100ポイント

Kindle Unlimited 2ヶ月99円|本や雑誌が読み放題

チェック

毎日MacBook Airを持ち歩いてる、ゴーゴーシンゴです。

PCの進化はすごいですが純正充電器は従来から変わらず大きて重いまま。

もっと軽い充電器が欲しいと思っていたところ、Ankerより新世代の窒化ガリウム充電器が発売されておりました。

Anker Nano II 30W

従来の窒化ガリウム技術をさらに発展させたGaN + を使った充電器で、「Anker Nano IIシリーズ」として発売されております。

今回はスマホやタブレット、MacBook Airを最高速で充電できるAnker Nano II 30Wレビューです。

USB PD 3.0のオプションであるProgrammable Power Supply(PPS)規格にも対応。

欠点としてプラグが折り畳めない点もあるけど、小型・軽量もメリットが大きい充電器でした。

Anker Nano II 30W
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 軽く小さい
  • 他のプラグに干渉しない
  • 黒色がおしゃれでカッコいい
  • 充電性能がスペック通り
デメリット
  • プラグが折りたたみできない
  • 発熱が少しある
  • 値段が少し高い
ゴーゴーシンゴ
これ1台でスマホ、タブレット、パソコンを1台で充電できますよ
目次

Anker Nano II (30W)開封レビュー

表面パッケージは最初に載せたので、裏面を紹介。

Anker Nano II 30Wの特徴として、窒化ガリウムの特徴や30W充電でタブレットやMacBook Airの充電も可能と書かれている。

スペックをまとめるとこんな感じとなっている。

製品名Anker Nano II 30W
サイズ約38 × 32 × 30 mm(プラグ部をふくまない)
重さ約47g
出力ポート数1(USB Type-C x 1)
USB-C 出力5V 3A / 9V 3.0A / 15V 2.0A / 20V 1.5A(最大30W)
最大出力30W
Anker Nano II 30W

開封するとパッケージは豪華で高級感を感じた。

初めて見た第一印象は「めちゃくちゃ小さい」

従来の30Wの充電器よりも59%小型化しているらしい。半分以下とはびっくりである。

Anker Nano II 30W

見た目はブラックとシルバーのツートンカラーで非常にかっこいいデザインとなっている。

充電器は大抵白が多いので、黒好きな人にはたまらないと思う。

Anker Nano II 30W

端子部分はシルバーとなっていて、メーカーロゴを記載。

端子はUSB-C端子1ポートのみとシンプルになっている。

Anker Nano II 30W

驚くべきは大きさである。SDカードを重ねても少し大きい程度。

サイズは約38 × 32 × 30 mmと4センチ未満の四方に収まっている。

Anker Nano II 30WとMacBook Air純正の充電器(30W)

同じMacBook Air純正の充電器(30W)と比べると大きさの違いが分かるだろう。

大きさは約2倍程度差がある。

ただしAnker Nano II 30Wはプラグが折り畳めないデメリットがある。

純正の充電器はプラグが折り畳めるので、重視する人にとっては純正充電器もアドバンテージがあると思います。

Anker Nano II 30Wの重さ

重さについては47gでした。(見えなくてすまん)

イメージ的にはAir Pods Proの重さに近い感じで、ポケットに入れても重くない重量です。

純正の充電器は106gでした。2倍の大きさと重さですね。

106gもスマホの半分位の重さなので重くはありませんが、荷物が軽くなるのは嬉しいですよね。

Anker Nano II 30W

GaN搭載第一世代のAnker PowerPort Atom PD 1から比べても大幅な軽量化をしているのがわかります。

重さも54gと47gとさらにコンパクト。

しかも充電速度は20Wから30Wに進化しております。

Anker Nano II(30W)の充電速度検証

ここではAnker Nano IIの充電速度を計測しました。

充電器きはMacBook Air(M1)、iPhone 12Pro、iPad Pro11(M1)です。

どの機種の上限スピードの30W近くで充電ができておりました。

MacBook Air(M1)の充電速度

Anker Nano II 30Wの充電性能

19.7v×0.96A=19.038W

低負荷の画面を閉じた状態だったので30Wでは充電されませんでしたが、20W近く給電されておりました。

無駄に負荷をかけてバッテリーを酷使するよりも適切な電流で充電されているので、良いと感じました。

もちろん負荷をかけると30W近くで急速充電されました。

iPhone 12Proの充電速度

Anker Nano II 30Wの充電速度

9.01v×2.06A=18.623W

続いてiPhone 12Proの充電速度です。

iPhone 12Proは最大20Wの急速充電が可能。

結果は18W後半とほぼほぼフルスピードで充電ができておりました。

これなら30分で50%以上iphoneを充電できるスピードです。

iPad Pro11(M1)の充電スピード

Anker Nano II 30Wの充電速度

最後はiPad Pro11(M1)の充電スピード。

14.8v×1.25A=18.596W

iPad Pro11(M1)は最大30Wで充電ができます。

今回はアイドル状態だったので受電スピードは18W程度でした。

まあ充電速度が出ていれば普通に問題はありません。

以上のようにこれだけ小型の筐体ながらきちんと充電できますので、怪しい中華製品のようなスペック詐欺ではないようです。

Ankerの絡まないケーブル

ちなみにLightningケーブルは付属していないので、Ankerの絡まないケーブルを同時購入するのがおすすめです。

Anker Nano II 30Wのメリット

以下がAnker Nano II 30Wメリットやおすすめできる人です。

ココがおすすめ

  1. 純正充電器から持ち歩き用の充電器が欲しい方
  2. プラグに干渉しないコンパクトな形状
  3. 黒でガジェットを統一したい方

1 純正充電器から持ち歩き用の充電器が欲しい方

持ち運び用の急速充電器としては最軽量&コンパクトです。

特にMacBook Air純正の充電器からは大きさも重さも半分程度です。

スマホやタブレットもこれ1台で充電できるのでガジェットポーチに入れておけば、軽くて便利な汎用充電器となります。

2 プラグに干渉しないコンパクトな形状

横幅4センチ四方のコンパクトな充電器なので隣のプラグに干渉しません。

電源タップからはみ出てコンセントが使えなくなる心配もないので、メリットと言えるでしょう。

またカフェなどでも他の方の充電器に気を使わなくて良いので、精神的に良いですね。

3 黒でガジェットを統一したい方

デザインは機能に優るって方には特に大事ですね。

意外と黒のガジェットって少ないので充電器が黒だとカッコいいですね。

モノトーンなデザインはシックでカッコいいですし、男の方はもちろん女性が持っていても似合うと思います。

Anker Nano II 30Wのデメリット

ここではAnker Nano II 30Wのデメリットを書いていきます。

正直デメリットってほどではないですが、気になる点って感じですね。

ココがダメ

  1. プラグが折りたたみできない
  2. 発熱は少し気になる
  3. 値段が少し高い

1 プラグが折りたたみできない

Anker Nano II 30Wはプラグが折りたたみできません。

同シリーズの45W、65Wタイプは折りたたみ可能。

もしも折り畳みしたければ、45Wタイプを購入するのがおすすめです。

もしくはACキャップと呼ばれるプラグカバーで保護するのが便利です。

Anker Nano II 30W
\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazonへ行く

2 発熱は少し気になる

小型で体積も小さいので発熱はやはり気になります。

MacBook Air純正の充電器だとあまり発熱しないので、小型のデメリットとして放熱性が低いような気がしてます。

もちろん安全性は保証されているので問題ないで安心して使えます。

3 値段が少し高い

最新技術で開発費も掛かっていると思うので値段は2,990円と少し高いです。

もしも30Wもいらなくて20Wでスマホやタブレットを充電するので充分って方は以下がおすすめです。

値段も1780円と1000円以上安いのでお得だと思います。

Anker Nano II 30Wレビューまとめ

以上がAnker Nano II 30Wのレビューでした。

超小型で30Wで充電可能と見所の多い充電器です。

重さも47gとほとんど持っている感覚もないので、持ち運び用の充電器として最適です

ゴーゴーシンゴ
衝撃的な小ささと性能でビックリしました
関連記事
あわせて読みたい
Baseus GaN II Pro Chargerレビュー!4ポート合計100W対応の急速充電器 Amazonでガジェット高性能のガジェットを発売しているBaseus社からPD 充電器 100W usb充電器 4ポートが新しく発売された。 以前にレビューした、世界初QC 5.0を搭載する...
あわせて読みたい
【PD高速充電対応】OPPO Reno5A、OPPO Reno7Aにおすすめのコスパ最強の急速充電器 OPPO Reno5Aを購入してレビューしました。 OPPO Reno5Aはコスパの良いスマホですが、充電器とUSB-Cケーブルが付属しておりません。 *後日OPPO Reno 7Aも購入しました。...
あわせて読みたい
2021年買って良かったハイテクガジェットトップ15。ベストバイとワーストバイ ガジェットブロガーのゴーゴーシンゴです。 2021年もさまざまな商品が発売されて多くの散財をしました。 ここで自戒の意味も込めまして、【ベストバイ】2021年買って良...
あわせて読みたい
Anker 622 Magnetic Battery(MagGo) レビュー!モバイルバッテリーで最上級のおすすめ iPhone 12シリーズからはじまったMagSafe機能。 レザーウォレットや充電器など多くの機能に応用されて、日々のスマホライフが便利になってます。 いよいよワイヤレス充...
あわせて読みたい
【充電器+コンセント】Anker PowerPort Strip PD 2 miniレビュー コンセントが充電器で占領されてる。どうしたらいい? こんな悩みを解決します。 スマホやタブレット、モバイルバッテリーなど最近の機器は充電でコンセントを占領しが...
あわせて読みたい
Baseus PD 充電器 30W USB充電器 2ポートレビュー!PD3.0・QC3.0・PPS 対応 の急速充電器 ガジェットブロガーとして充電器は10台以上レビューしているシンゴです(@go5shingo) スマホの充電で欠かせないのが充電器ですが1ポートだとポート数が不足しがち。 ス...
あわせて読みたい
M1MacBook Airレビュー。買うのをおすすめしないデメリットが多い機種 M1MacBook Airの最安構成を購入しました。 現在の使用環境としては MacBook Pro16(インテル版)のほぼフルスペックがメイン機種、サブがM1MacBook Airです。 M1チップ...
あわせて読みたい
Bluelounge キックフリップレビュー。MacBook Airにおすすめスタンド MacBook Airを使う時に傾斜がなくて手が疲れがち。 もっと快適にパソコンを使うために、角度は重要です。 自宅ではPCスタンドが使えますが、持ち運びには重くてかさばる...
あわせて読みたい
2022年M1 MacBook Airで使いたいおすすめのアクセサリー・周辺機器 M1 MacBook Airを使っている、シンゴです。 高性能なM1Macですが、単体では真のパフォーマンスは発揮できません。 Macの性能を最大限引き出すには周辺機器やアクセサリ...

Amazonでは、プライム会員向けに「プライム会員ならクレジットカードでチャージする0.5%ポイントが貯まる」キャンペーンを実施中。

5,000円以上チャージすると、チャージした金額に応じて0.5%相当のAmazonポイントが付与される。

クーポンコード:F4CP4Y5GRTY7

要エントリー。2022年12月31日までのチャージが対象となる。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よろしければシェアをお願いいたします
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント残してくれるとうれしいです

コメントする

目次