究極の8K 360度アクションカメラ Insta360 X4新発売

EarFun Free Pro3レビュー!U1万円ワイヤレスイヤホン最高峰の音質

景品表示法に基づき、当ページのリンクには広告が含まれています。
EarFun Free Pro3
この記事を書いた人「ゴーゴーシンゴ」
こんにちは

ワイヤレスイヤホン評論家のシンゴです(@go5shingo

EarFunがまた物凄いワイヤレスイヤホンを発売しました。

EarFunと言えば、僕のブログで史上初の星5評価を獲得したEarFun Air Pro3が記憶に新しいですが、さらにそれを超えるイヤホンが出ました。

EarFun Free Pro3
ハイレゾ認証あり

商品名がEarFun Free Pro3aptX Adaptive、マルチポイント、ノイズキャンセリング、ワイヤレス充電と不足している機能はありません

気になる音質もAir Pro3を上回っているとすら感じます。

今回はEarFun Free Pro3のレビューです。

EarFun Free Pro3
総合評価
( 5 )
メリット
  • 圧倒的高音質
  • 強力なノイズキャンセリング
  • aptX Adaptive対応、LE Audioにも対応予定
  • マルチポイント対応
  • ワイヤレス充電可能
  • プリセットの音質が良い
  • 装着感が非常に良い
  • コンパクトで軽量
デメリット
  • 自動装着検出なし
ゴーゴーシンゴ

1万円以下のワイヤレスイヤホンの中では最強だと思います

メーカーより提供を頂いておりますが自由レビューです

目次

EarFun Free Pro3のスペック

EarFun Free Pro3のスペック
製品名EarFun Free Pro3
対応コーデックSBC, AAC, aptX Adaptive、LC3(アプデで対応予定)
再生可能時間(イヤホン単体,ケース込み)本体6時間/ケース27時間
Bluetoothバージョン5.3
再生周波数帯最大24ビット96kHz
防水等級IPX5
自動装着なし
マルチポイント搭載
充電方式USB Type-C、ワイヤレス充電
アクティビノイズキャンセリング-43dB
低遅延モード搭載
カラーブラック、ホワイト、ネイビー
価格9,480円(クーポンでさらに割引)
EarFun Free Pro3のスペック

EarFun Free Pro3のこんな感じで自動装着検知機能が無い以外は不足している機能が無いフルスペックです。

チップにはQCC3072を搭載し、最新のSnapdragon Soundに対応。

最大伝送幅が2倍に向上、遅延も約45%低減するなど音質と性能がパワーアップしている超高性能の製品に仕上がっております。

EarFun Free Pro3外観レビュー

ここではEarFun Free Pro3の実機外観を紹介します。

EarFun Free Pro3の付属品

付属品は非常に充実しております。

  • USB C to Aケーブル
  • シリコンイヤーピース4ペア
  • フォームイヤーピース1ペア
  • イヤーフック3ペア
  • マニュアル類

本体にはイヤーピースは付いておりますが、別途4ペアついておりスペアの意味でも困らないと思います。

EarFun Free Pro3

充電ケースは細長スティク形状タイプでコンパクトです。

個人的に丸みのある形よりも持ちやすいので好み。

EarFun Free Pro3

正面にはLEDインジケーターを搭載。

充電時にランプが点灯するので、充電状態の把握に役立ちます。

EarFun Free Pro3
ワイヤレス充電にも対応

底面には各種認証規格が書いてありました。

ここに書いてあるパターンは珍しい気がします。

EarFun Free Pro3

背面にはUSB-C端子を搭載。

本体の質感を言い忘れましたが、プラスチック素材でチープと言えばチープですがマット感があり高級感があると思います。

EarFun Free Pro3
L,R表記もある

イヤホンはパカッと上に開くタイプで固定されるので開けやすいです。

イヤホン本体も厚みが取られている手に引っかかりやすく、取り出しやすいと感じました。

EarFun Free Pro3

イヤホンを入れる向きもメーカーロゴを見れば分かりやすいので迷いません。

EarFun Free Pro3
メタリック素材がクール

こちらのイヤホンはカナル型ですが、うどんタイプでは無く、イヤーフック付きになります。

耳穴全体にしっかりとフィットするのに優しい付け心地です。

メタリック部分はタッチセンサーを搭載しております。

EarFun Free Pro3

イヤホン本体にもL,R表記があり迷いません。

EarFun Free Pro3

ノズルはメタリック製の正円形でした。

ノズルが非常に短いので、イヤーピースの換装には浅いタイプをチョイスするのが良さそうです。

EarFun Free Pro3の大きさ
EarFun Free Pro3の大きさ

大きさは65.5mm×25.9mmとイヤホンとしても非常に小さいです。

EarFun Free Pro3

イメージ的にはリップクリームサイズなのでポケットに入れても余裕。

EarFun Free Pro3の重さ

ケースとイヤホンの重さは41gと軽めです。

だいたい平均50gと考えると軽量な製品になります。

EarFun Free Pro3の重さ

イヤホンの重さは合計10gでした。

こちらは普通くらいの重さになります。

EarFun Free Pro3使用レビュー(メリット)

ここではEarFun Free Pro3を実際に使って感じた良かった点やメリットを紹介します。

  • 装着性は非常に良好
  • 音質はクリアでクラス最高峰
  • aptX adaptive対応
  • 強力なノイズキャンセリング
  • マイク性能も良好
  • イコライザーが面白い
  • タッチセンサー搭載
  • 使いやすいアプリ
  • マルチポイント対応
  • ワイヤレス充電可能

装着性は非常に良好

EarFun Free Pro3

使ってて思ったのが装着性が非常に良い点です。

なんと言うかホールド力が高いながら、耳にスッと入っていくので付けていても圧迫感を感じずに落ちません。

ただイヤーピース選びは注意が必要です。

EarFun Free Pro3のイヤーピース

デフォルトのイヤーピースだと耳の穴が余ってスカスカする感じでしたが、1サイズアップしたらジャストフィットしました。

意外と耳の穴合わせはうどん型に比べるとシビアな印象。

軸が短いので、サイズの合ったイヤーピースを付けないと快適どころか逆に不快になるのでご注意ください。

音質はクリアでクラス最高峰

EarFun Free Pro3はクリアで高解像の音質に仕上がってます。

1万円以下のイヤホンとしては最高クラスなのは間違いない。

EarFunって低音が非常に強い印象があったのですが、本作は低音が少し大人しくなってバランスが取れている印象です。

音質傾向は以下の通り。

音の傾向
低音
高音
硬め
柔らかめ
繊細
迫力
楽器向き
ボーカル向き

低音はやや強めの弱ドンシャリ傾向には代わりありませんが、それでも聞きやすいです。

音場もそこそこ広く迫力ある音を楽しめます。

音質評価 EarFun Free Pro3

得意音楽ジャンル:ロックやPOPSなど

特に楽器系の音楽と相性が良い印象で、いわゆるイマドキサウンドを存分に楽しめます。

ただ高音の伸びはそこまで良くないので、イコライザーである程度補正するほうがより楽しめる印象。

ただEarFunとしてはバランスの良い音質にまとまっていて非常に良いと感じました。

aptX adaptive対応

EarFun Free Pro 3aptX adaptive対応

EarFun Free Pro3はハイレゾ相当コーデックのaptX adaptiveに対応しております。

AAC接続と比べると音の輪郭がハッキリとする印象がありますが、そこまで変化を感じませんでした。

普通に音質が良いので接続できる環境があるならaptX adaptive接続を使えばいいし、AAC接続でも十分な気がしてます。

強力なノイズキャンセリング

EarFun Free Pro3

43dbのディープアクティブノイズキャンセリング機能を搭載しております。

ノイキャンはかなり強力でこの値段クラスなら最強クラス。

実際に電車内で使うと周囲の音がほぼ消えて、降りるべき駅を危うく通りすぎるくらいになりました。

カフェなどで使うとほぼ無音に近い環境が作れるので作業時の集中用イヤホンとしても最適。

軽い付け心地と相まってノイキャンの数値以上に快適に感じました。

マイク性能も良好

マイク性能もクリアで良好です。

マイクは6つのマイクとCVCノイズキャンセリングアルゴリズムによってノイズを低減して声をよりクリアに届けているとのことです。

実際にエアコンやPCのホワイトノイズが多い環境でもクリアに通話できました。

相手方にも特に聞き返されることも無かったので、通話で使う分には全く問題ございません。

イコライザーが面白い

EarFun Free Pro3のイコライザー
見慣れない人のイコライザーがあるのが特徴

EarFun Free Pro 3は他の製品に比べてイコライザーに力を入れているのが特徴。

ちなみにイコライザーを使うと音質がさらに良くなるので設定がおすすめ

イコライザーはデフォルトでは4種類から選べます。

  • デフォルトサウンド
  • プレセットサウンド
  • カスタムイコライザ
  • Oluv氏のサイン
EarFun Free Pro3のプレセットイコライザー

さらにプレセットの中ではロックやポップなど好きな音楽ジャンルに合わせてプリセットが良いされております。

  • ロック
  • ポップ
  • カントリー
  • R&B
  • クラシカル
  • Jazz
  • 低音ブースト
  • 高音ブースト
  • 低音を弱める
  • 高音を弱める
EarFun Free Pro3Oluv氏の作ったイコライザー
バランス
EarFun Free Pro3Oluv氏の作ったイコライザー
低音ブースト

面白いのがOluv氏の作ったイコライザー。

有名な音楽愛好家の方らしく、この方のイコライザーがおすすめ。

一見ぶっ飛んだ設定に思いきや、EarFun Free Pro 3の低音部分を引き締めて、中音やボーカル域をしっかりと出力するメリハリチューニングで聞きやすいです。

これ他のEarFun製品では使えなかったので、EarFun Free Pro 3専用になります。

タッチセンサー搭載

EarFun Free Pro3タッチ操作
EarFun Free Pro3タッチ操作

EarFun Free Pro 3はタッチ操作にも対応しております。

 L側R側
1クリック音量DOWN音量UP
2クリック再生/停止再生/停止
3クリック曲戻し曲送り
長押しモード切替
・ANC
・外音取込
・ノーマル
音声アシスタント
EarFun Free Pro 3のタッチ操作一覧

シンプルで分かりやすい操作になっており、もちろん操作カスタマイズも可能。

僕はデフォルトで使用しており、タッチ感度も良好で悪くありません。

使いやすいアプリ

アプリは使いやすくシンプルなUIにまとまっております。

EarFun Free Pro3アプリ

モードは「ノーマルモード」、「外音取込モード」、「ノイキャンモード」の3種類。

それに加えて「ゲームモード」のオンオフが可能。

ゲームモードでは最低55msの低遅延となり、シビアな音ゲーはやらないので分かりませんが大抵のゲームなら問題無くプレイできると感じました。

EarFun Free Pro3アプリ

ノイキャンモードでは「耳適応」でさらにシビアに耳に合わせてノイキャンが選べます。

ネーミングセンスが「みみ1.みみ2,みみ3」とヘンテコですが機能はしっかりとしてます。

その他「風ノイズキャンセリングモード」も選択可能。

外出時に風の「ゴォオオオ」と言う音が気になる時に使うと良さそうです。

EarFun Free Pro3アプリ

イヤホンを探す機能もあります。

こちらは行方不明になったイヤホンから音を出して探す機能なので近場にある時に有効な機能です。

逆にどっかに落とした時には見つからないので、家の中での捜索用ですかね?

EarFun Free Pro3アプリ

音質優先(aptXやapt X Adaptibe)もアプリから選択が可能(デフォルトは音質優先)

iPhoneの場合はAAC接続しかできないので関係ありませんが、電車の混雑時でBluetoothが途切れる場合は変更するのがおすすめです。

EarFun Free Pro3アプリ

もちろんファームウェアアップデートも配信されるのでアプリをダウンロードしておくのがおすすめです。

マルチポイント対応

EarFun Free Pro3マルチポイント

1万円以下でありながらマルチポイントにも対応しております。

マルチポイントの動作も全く問題無く、Apple製品並みに切り替えが早いです。

僕のようにスマホ2台使いの方やスマホとタブレットやPCと接続したい方におすすめです。

ワイヤレス充電可能

EarFun Free Pro3ワイヤレス充電

使い勝手を左右するワイヤレス充電にも対応。

平型なので安定して充電できるので、ワイヤレス充電とも相性抜群で使いやすかったです。

EarFun Free Pro3使用レビュー(デメリット)

ここではEarFun Free Pro3を使って感じたデメリットや注意点んを挙げます。

色々考えたのですが、欠点らしい欠点も無かったのが本音です。

自動装着検出なし

EarFun Free Pro3

残念ながら自動装着検出機能はありません。

なのでイヤホンを付けても自動で音は流れないし、イヤホンを外しても音楽は流れっぱなしになります。

まあストップボタンを押せば良いだけなので、困りはしませんが、自動装着検出機能に慣れすぎると違和感を感じました。

ゴーゴーシンゴ

欠点はこれだけでした

EarFun Free Pro3とEarFun Air Pro3の比較など

EarFun Air Pro3
EarFun Air Pro3

EarFun Free Pro3購入がおすすめな人は低価格ながら音質、ノイキャン、装着感、外音取り込み、マルチポイント、ワイヤレスイヤホンと全ての機能を求める方です。

よく迷う機種として同社のEarFun Air Pro3がありますが、EarFun Air Pro 3よりも音質は上だと感じました。

それぞれの音質傾向

  • EarFun Air Pro 3→ドンシャリ、迫力、重低音強めなので音楽ジャンルの選ぶ
  • EarFun Free Pro3→弱ドンシャリ、高解像、バランスが取れているのでオールジャンル

EarFun Air Pro3の音質も悪くないのですが、デフォルトだと低音が強すぎるのでイコライザーで調整する必要がありますが、EarFun Free Pro3はバランス型でメリハリを感じる良音質です。

ノイキャン性能はほぼ互角で大差は無いように感じますが、どっちかを選べと言われたらEarFun Free Pro3を選ぶと思います。

ゴーゴーシンゴ

どっちも良すぎて迷うパターン

(まとめ)EarFun Free Pro3レビュー

以上がEarFun Free Pro3のレビューでした。

ぶっちゃけ良すぎますね、これ。

ここ最近のEarFunのイヤホンって外れないです。

もはや3万も4万もだしてイヤホン買う必要って無いのでは?と思ってしまいました。

メリット
デメリット
  • 圧倒的高音質
  • 強力なノイズキャンセリング
  • aptX Adaptive対応、LE Audioにも対応予定
  • マルチポイント対応
  • ワイヤレス充電可能
  • プリセットの音質が良い
  • 装着感が非常に良い
  • コンパクトで軽量
  • 自動装着検出なし
ゴーゴーシンゴ

ぜったいに後悔しない仕上がりですよ

EarFun Free Pro3

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA



The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

目次