人気商品が日替わりで登場!Amazonタイムセール

EarFun Air Pro3レビュー!当ブログ初の5点満点Bluetooth 5.3 LE Audio対応のワイヤレスイヤホン

  • URLをコピーしました!

最初に結論、2023年の始まりからとんでもない最高傑作のワイヤレスイヤホンに出会いました。

どうもワイヤレスイヤホンを10台以上使っているシンゴです(@go5shingo

アンダー1万円、コスパ重視のワイヤレスイヤホンは完璧な商品は正直な所ありませんでした。

EarFun Air Pro3
VGP2023受賞

そんな悩みを吹き飛ばす商品がEarFun Air Pro3です。

ANC対応、ハイレゾ相当(24bit/96kHz)の高音質コーデックaptX Adaptiveの音質、業界最新のBluetooth 5.3に対応し将来的にLE Audioをサポート予定(アップデートによる)

さらにワイヤレス充電にマルチポイントと使い勝手も完璧。

音質はややドンシャリ傾向で好みが分かれますが11mm径の大型ダイナミックドライバーとノイキャンの組み合わせは完璧なサウンドを奏でます。

ここまで完璧な商品でありながら発売価格:8990円と高級イヤホンも真っ青な製品です。

EarFun Air Pro3
総合評価
( 5 )
メリット
  • Bluetooth5.3対応
  • LE Audio対応予定
  • 強力なANC
  • ハイレゾ音源再生可能なaptX Adaptiveに対応
  • マルチポイント対応
  • ワイヤレス充電可能
  • 最大45時間連続再生(イヤホン9h+ケース36h)
デメリット
  • 音質はややドンシャリで好みが分かれる(イコライザーで調整可能)
ゴーゴーシンゴ

当ブログ初の5点満点のワイヤレスイヤホンです!

500円分の割引クーポンコード:AIRPRO3BB

使用期間:1/10-1/31

商品の提供を受けておりますが自由レビューです

目次

EarFun Air Pro3のスペック

EarFun Air Pro3のスペックはハイエンドクラスの性能です。

機能
コーデックBluetooth5.3(LE Audio対応予定)
BluetoothaptX Adaptive / AAC / SBC
再生時間最大45時間連続再生(イヤホン9h+ケース36h)
ノイズキャンセリング業界トップクラスのANC‐43dBのノイズを低減
マルチポイント対応
ワイヤレス充電対応
ゲームモード切り替え可能
通話cVc 8.0 ノイズキャンセリング技術対応の通話が可能
EarFun Air Pro3のスペック

特におすすめの機能を以下で紹介します。

Bluetooth5.3対応

まず再注目なのが次世代のBluetooth5.3、LE Audio対応予定な点です。

「低遅延」「LC3」「左右独立」「複数人でシェア」ができるLE Audio

詳しい説明はここでは省きますが従来のコーデックよりも遅延が少なく便利なコーデックです。

ビットレートの改善も図られるので高音質にも期待できます。

ハイレゾ音源を聞いた際の音飛び対策にも良さそうです。

aptX Adaptive対応でハイレゾ音源再生可能

EarFun Air Pro3はaptX Adaptive対応です。

aptX Adaptiveは24bit/96kHz(ハイレゾ)の曲を低遅延で再生可能。

良く比較されるLDACとの違いは以下です。(24bit/96kHz再生は共通)

高音質コーデックの違い

  • aptX Adaptive→最大転送レート420kbs、遅延が少なく音切れに強い
  • LDAC→最大転送レート990kbs、高音質だが音切れが気になる

どちらもハイレゾ再生できる点は変わりませんが最大伝送速度が違います。

個人的にはaptX Adaptiveの方が外でも接続が安定して使いやすいと感じてます。

業界トップクラスのANC‐43dBのノイズを低減

EarFun Air Pro3のノイズキャンセリング
電車内の騒音も大幅カット

ノイキャン性能はかなり高いです。

-43dBなので大抵の雑音をカット可能。

人の話し声がだいたい40dBくらいなので隣で話されても聞こえないくらいの遮音性を誇ります。

ゴーゴーシンゴ

この後は実際の商品を紹介していきます

EarFun Air Pro3外観レビュー

ここからはEarFun Air Pro3の外観を紹介。

EarFun Air Pro3の付属品

EarFun Air Pro3の付属品は以下の通り。

  • 本体
  • イヤーピース(S,M,L)Mはさらに本体に付属
  • USB-AtoCケーブル
  • 説明書

イヤーピースは合計4つありサービス満点です。

EarFun Air Pro3のケーブル

ケーブルは短いタイプが付属。

ちなみにワイヤレス充電にも対応してるのでケーブルを無くしても安心。

EarFun Air Pro3

イヤーピースはシリコン素材です。

耐久性は無理に引っ張ると破れやすいので交換しても良いと感じます。

EarFun Air Pro3

ケース本体は楕円形です。

横置きタイプで机の上に置いても倒れないので使いやすい。

EarFun Air Pro3

イヤホン本体のフタは上にカパッと開けるタイプ。

取り出しやすい溝が付いてるので使いやすいです。

その下は充電残量を示すインジケーターが3つあります。

EarFun Air Pro3

裏面にはUSB-C端子を搭載。

EarFun Air Pro3

イヤホン本体はシルバーグレーでものすごく高級感を感じます。

軸は長いタイプで耳にフィットしやすい形状。

親切にケースにL,R表記が付いてます。

EarFun Air Pro3

ドライバーは11mm径の大型ダイナミックドライバーを採用。

左右各3基の高性能マイクが内蔵され通話やテレワークも可能です。

EarFun Air Pro3

上部の丸い部分はタッチセンサーになってます。

タッチ操作に対応し巻き戻しなどの操作がスマホ無しで可能。

EarFun Air Pro3の重さ
EarFun Air Pro3の重さ

EarFun Air Pro3の重さはケース込みで52g、イヤホン本体で10gと標準的な重さです。

EarFun Air Pro3使用レビュー

ここからはEarFun Air Pro3を使って感じた感想です。

音質は低音強めのハッキリサウンド

EarFun Air Pro3のapt X Adaptive

Xperia 5Ⅳのapt X Adaptiveで視聴しました。

音質の第一印象は低音強めのドンシャリ傾向。

バランス型と言うよりは主張のハッキリとしたサウンドで、今風のサウンドに仕上がってます。

ウォーム寄りのサウンドと言うより、ソリッドな印象。

楽器やボーカルの粒感が分かりやすく分かりやすい音です。

中音や高音の味付けはそこまで強くなく、低音に比べれと控えめ。

ただし音の伸びは非常に良くボーカルと楽器がキレイに響くので高音質に感じます。

EarFun Air Pro3の96KHzサンプルレート再生

特に96KHzサンプルレート再生ではクリアな音質が際立ちます。

音の解像感が非常に高くパワフルなドライバーと相まって立体感を非常に感じる。

カナル型ですが音が籠もることもなく、左右の耳で音を奏でると言う表現が正しいと感じました。

音質傾向

音の傾向
低音
高音
クール
ウォーム
繊細
迫力
楽器寄り
ボーカル寄り
女性向き
男性向き

個人的な音の傾向はこんな感じ。

低音重視で迫力あるサウンドを鳴らす味付けです。

楽器よりはベースがしっかりと聞こえてボーカルがより際立ちます。

女性、男性シンガーをかなり聞き込みましたがどちらにも向いてると感じました。

向いてる楽曲ジャンル

  • ポップス
  • ロック
  • ジャズ

ただかなりの音の質量を感じるのでアップテンポの曲だと疾走感に欠ける印象があり。

どちらかと言うとバラードなどの聴かせる曲が得意だと感じます。

ハイレゾで高級ワイヤレスイヤホンの音質超え

EarFun Air Pro3のハイレゾ再生

本機が力を発揮するのがハイレゾ再生です。

Amazon music UnlimitedでULTRA HD(ハイレゾ音源)を聞きました。

ラルクアンシエルなどのロックサウンドではギターやベースの低音の迫力とボーカルの音が合わさって聞き応えを感じます。

ただ人によっては疲れると感じるかもなので、夜寝る前などには向いていません。

EarFun Air Pro3のハイレゾ再生

宇多田ヒカルのような聴かせる系女性ボーカルとも相性抜群です。

楽器隊とボーカルの音響バランスが良く伸びのあるサウンドで聞けます。

音質は完全に価格オーバーだと感じます。

EarFun Air Pro3のドルビーアトモス再生

ちなみにドルビーアトモス音源を聞いたけど、こちらについては通常のHD音源と差を感じません。

ドルビーアトモスについてはスピーカー向けのサラウンドであり、ワイヤレスイヤホンでの聞き分けは難しいと感じます。

まとめるとハイレゾ音源でしっかりと鳴らせるスペックを持ったイヤホンです。

シンプルながら使いやすいアプリ

EarFun Audio
EarFun Audio
開発元:Earfun Technology (HK) Limited
無料
posted withアプリーチ

EarFun Air Pro3はiOS、Androidともにアプリに対応。

アプリでできることは以下の通りです。

EarFun Air Pro3のアプリ
  • モード切り替え(ノイズキャンセリング、外音取込、ノーマル)
  • ゲームモード
  • イコライザー
  • 製品チュートリアル
  • ファームアップデート
  • タッチ操作カスタマイズ

アプリのUIは良く使う機能が使いやすい位置に揃ってます。

外音取込性能はカナル型としては非常に良く、インイヤー型のように外の音を聞きながら使えます。

ノーマルモードにすると個性が無くなるので、普段からオフにしてました。

ゲームモードについては遅延が少なくなるので音ズレ解消には良さそうです。

変化を感じるイコライザー

EarFun Air Pro3のイコライザー
EarFun Air Pro3のイコライザー
EarFun Air Pro3のイコライザー
EarFun Air Pro3のイコライザー

イコライザーは+−でそれぞれ10段階に設定可能。

かなり幅の広い調整範囲で結構変わります。

イコライザープリセットは4種類用意されてます。

  • 低音ブースト
  • 高音ブースト
  • 低音を弱める
  • 高音を弱める

ブースト系を使うと効果がありすぎて音のバランスが崩壊するので個人的にはおすすめしてません。

曲によってむしろ低音を弱めるくらいにするとフラットな音質で聞きやすくなると感じました。

価格帯を超えたノイズキャンセリング性能

ノイキャン性能は抜群に高いです。

今までアンダー1万円クラスのワイヤレスイヤホンを使ってきましたが最強クラス

EarFun Air Pro3のノイズキャンセリング
カフェでも無音レベル
  • ノイキャンをオンにした瞬間に周囲が無音になる
  • 電車内では騒音が気にならないレベルになる
  • 騒がしいカフェでも集中して作業が可能

Air Pods Pro(初代)を持ってますが同等かそれ以上だと感じてます。

ノイズキャンセリング性能は3万円クラスの性能(個人的評価)

マイク性能は標準レベル

EarFun Air Pro3のマイク性能

マイクは左右に3基と1万円以下のワイヤレスイヤホンとしては性能は高めです。

cVc 8.0 ノイズキャンセリング技術によって通話時に周囲の雑音を打ち消してくれます。

1、2度通話で使いましたが特に音質が良いとも悪いとのことでした。

つまり普通に使えるけど音質がめちゃくちゃ良い訳ではなさそうです。

使いやすいタッチ操作カスタマイズ

EarFun Air Pro3のタッチ操作カスタマイズ
EarFun Air Pro3のタッチ操作カスタマイズ

EarFun Air Pro3のタッチ操作カスタマイズは豊富です。

左右それぞれに動作の割り当てが可能。

特に音量の上げ下げが可能なので、いちいちスマホを取り出さなくても早送りも含めて操作可能です。

タッチ感度も良く誤作動も少ないです

ワイヤレス充電対応

EarFun Air Pro3のワイヤレス充電

EarFun Air Pro3はワイヤレス充電に対応してます。

ワイヤレス充電って高級イヤホンでも対応してない機種もあるので、この価格で対応してるのはかなり珍しいです。

形状も横置きなので乗せるだけで充電が可能で使いやすい。

マルチポイント対応

EarFun Air Pro3のマルチポイント
スマホ2台持ちの方にも便利

マルチポイント→一つのワイヤレスイヤホンでパソコンやスマートフォンなどのデバイスを同時に複数台Bluetooth接続できる機能

そしてダメ押しでマルチポイント機能にも対応しております。

マルチポイント機能は高級ワイヤレスイヤホンを含めても対応している機種が少ないほど貴重な機能です。

使い方としては、AndroidとiPhoneで同時接続したあり、iPadやパソコンとも共有が可能。

PCで音楽を聞きながらスマホで電話が掛かってきたらイヤホンをいちいち切り替える必要が無く電話に出れたりと超便利です。

マルチポイントがある無しで使い勝手が格段に変わるので対応しているのは超絶メリットです。

ケース込みで最大45時間連続再生

EarFun Air Pro3

EarFun Air Pro3はイヤホン単体で9時間、ケースでさらに36時間と合計45時間の長時間再生が可能。

実際の駆動時間はノイズキャンセリングを使うと短くなると思いますが、電池持ちが良く1週間くらいは充電しなくても使える印象でした。

毎日の通勤、通学が長い方や充電が面倒くさい方におすすめです。

EarFun Air Pro3のデメリットは?

EarFun Air Pro3
圧倒的すぎた性能

EarFun Air Pro3デメリットを考えましたが特にありませんでした。

正直この価格でこの性能のイヤホンが買えるのが驚異的すぎます。

あえてデメリットを挙げればハイレゾが不要な方がいるかもしれません(iPhoneユーザーなど)

ハイレゾ不要の方には同社のEarFun Air Sがマルチポイント対応で価格も安くおすすめです

(まとめ)EarFun Air Pro3レビュー

以上がEarFun Air Pro3でした。

Bluetooth5.3対応、aptX Adaptiveコーデックによるハイレゾ音源再生可能、ノイズキャンセリング機能と性能も随一。

さらにマルチポイント機能やワイヤレス充電など使い勝手も文句なしの性能。

価格も8,990円(値引きあり)とコスパも化け物。

とりあえず「全員買っておくべし」と胸を張っておすすめできる商品です。

さらにアップデートでLE audioに対応するなど長期で使える、将来性も有望なイヤホンでした。

メリット
デメリット
  • Bluetooth5.3対応
  • LE Audio対応予定
  • 強力なANC
  • ハイレゾ音源再生可能なaptX Adaptiveに対応
  • マルチポイント対応
  • ワイヤレス充電可能
  • 最大45時間連続再生(イヤホン9h+ケース36h)
  • 音質はややドンシャリで好みが分かれる(イコライザーで調整可能)
ゴーゴーシンゴ

ここまで良すぎるとレビュアー泣かせの商品です(笑)

500円分の割引クーポンコード:AIRPRO3BB

使用期間:1/10-1/31

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よろしければシェアをお願いいたします
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント残してくれるとうれしいです

コメントする

目次