究極の8K 360度アクションカメラ Insta360 X4新発売

FIFINE K688レビュー!USB・XLR使用可能なダイナミックマイク

景品表示法に基づき、当ページのリンクには広告が含まれています。
FIFINE K688
この記事を書いた人「ゴーゴーシンゴ」
こんにちは

マイク難民のシンゴです(@go5shingo

今まではBlue Yeti Nanoを使ってましたが、コンデンサーマイクゆえの高感度なので周囲の雑音が入り気になってました。

ダイナミックマイクで有名なSHUREの製品は価格が高いのがデメリット。

FIFINE K688

そんなダイナミックマイクが欲しいけど、高くて踏み出せない方におすすめなのがFIFINE K688です。

USB・XLR使用可能なダイナミックマイクでマイク初心者から上級者まで使用可能

スタイリッシュなデザインで、デスクの上をカッコよく彩ります。

マイクスタンドが付いてないデメリットがありますが、価格が1万円以下と圧倒的なメリットがあります。

今回はFIFINE K688のレビューです。

FIFINE K688
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • USB・XLR使用可能
  • 周囲の雑音が入りづらい単一指向性ダイナミックマイク
  • ミュートボタンがあり便利
  • ヘッドホン端子があるのでヘッドホン視聴が可能
  • スタイリッシュデザインで格好良い
  • 性能が高いながら圧倒的なコスパ
デメリット
  • マイクスタンドが付属してない
  • USB接続だと音圧が少し低い
ゴーゴーシンゴ

これからダイナミックマイクが欲しいならこれ一択だと感じました

メーカーより提供を受けておりますが自由レビューです

目次

FIFINE K688のスペック

FIFINE K688のスペックは以下の通りです。

製品名AmpliTank K688
ブランドFIFINE(ファイファイン)
型式ダイナミック型
指向特性単一指向性(カーディオイド)
周波数特性70~15,000Hz
調整可能なゲイン範囲0~+12dB
感度-58±3dB
最大音圧レベル130dB
出力端子・USB Type-C 
・XLR
・3.5mm(ヘッドホン)
品質保証12ヶ月
FIFINE K688のスペック

マイクの特性

特徴が単一指向性のダイナミックマイクになります。

マイクには大きく分けて2種類あり、特徴が異なります。

マイクの種類

  • ダイナミックマイク→音圧が高い、ノイズに強い、主にカラオケマイクなどに使われる
  • コンデンサーマイク→感度が高く繊細な音が拾える、その分周囲の環境音を拾いがち

それぞれ特徴が違うので、使われる用途が異なります。

特に違うのがノイズ耐性で、ダイナミックマイクの方がノイズ耐性が高いですがゲインを上げないと音が小さくなりがちのデメリットがあります。

USB端子とXLR端子

接続端子がUSB端子とXLR端子使えるのもメリットです。

大抵のダイナミックマイクはXLR端子だけの場合が多いので、気軽に接続できるUSB端子が使えるのは使い勝手が良いです。

端子の違い

  • USB端子→お手軽、音質そこそこ、PCやゲーム機に直接接続可能
  • XLR端子→音質が良い、オーディインターフェースが必要(値段はピンキリ)

それぞれの端子の違いはこんな感じで、お手軽用途のUSB接続とオーディオにこだわる方やプロにも使われるのがXLR接続です。

XLR接続にはこんな感じのXLRケーブルの購入が必須になります。

FIFINE K688には同梱されておりませんので、ご注意ください。

FIFINE K688外観レビュー

ここからはFIFINE K688の実機をレビューします。

FIFINE K688

筐体はブラックで有名なSHURE製品のような見た目をしております。

形状は細身のまさにダイナミックマイクの見た目でスタイリッシュでカッコ良いです。

FIFINE K688の付属品

付属品は以下の通りでした。

  • 本体
  • USB-C ケーブル
  • 5/8″ 3/8″ネジ変換アダプタ
  • 取り扱い説明書

注意点としてマイクスタンドやXLRケーブルは付属しておりません

僕はロジクール G Blue Compassマイクスタンドを持っているので、そちらを使いました。

FIFINE K688のケーブル

USB-CケーブルはPCの接続先はUSB-A端子になっております。

MacBookで接続する場合はハブやドッキングステーションが必要になります。

ケーブルの長さは2.5mあるのでマイクアームを使っても、全然問題ありません。

FIFINE K688

まるでSHURE SM7Bのような見た目をしてるので、高級感がハンパないです。

風防がグレーのようにみえますが、実際は黒になっております。

FIFINE K688のショックマウント

本機はショックマウントまで内蔵されております。

僕はBlue Radius III マイク ショックマウントを8,800円で購入したので、FIFINE K688のコスパの良さに驚きます。

FIFINE K688のマイク

マイクアームの取り付けはキュッとネジを回すだけで可能です。

FIFINE K688の5/8″ 3/8″ネジ変換アダプタ

もしも手持ちのマイクアームと合わなければ5/8″ 3/8″ネジ変換アダプタを使えば大丈夫なはずです。

FIFINE K688の裏面

ショックマウントの背面を見るとこんな感じです。

取り付け部分のネジはゴールドになっておりました。

FIFINE K688のマイク底面

マイク底面には以下のようになってます。

  • XLR端子
  • USB-C端子
  • ヘッドホン端子
  • ヘッドホンゲイン調整
  • マイクゲイン調整

マイク接続はどちらか一方の端子で接続すれば大丈夫です。

また3.5mmヘッドホン端子もあるので、手持ちのヘッドホンを接続しても使えます。

FIFINE K688のミュートボタン

マイク上面の押しやすい位置にタッチ式ミュートボタンがあります。

マイクアームに設置してもサッとタッチするだけで、ミュートできるのでもしもの事故も防げます。

FIFINE K688の重さ

マイクの重さは317gとスマホよりも100gくらい重いイメージで非常に軽いです。

軽いのは持ち運び安いメリットもありますが、マイクアームに付けると軽すぎてアームが上がってしまうデメリットもあります。

FIFINE K688の音質レビュー

ここでは気になるであろうFIFINE K688の実際の音質を紹介します。

今回比べるのはMacBook Pro の内蔵スピーカーになります。

録音はAppleのボイスメモアプリを使って、FIFINE K688はUSB接続になります。

FIFINE K688音質

FIFINE K688の外観
FIFINE K688の録音

最初にFIFINE K688の音質ですがいかがでしょうか?

録音して思ったのが、周囲のノイズや雑音が非常に少なくクリアに録音されております。

声も芯が通ったような声で、適当に話してもイケボ?効果がありそうです(笑)

僕の部屋はエアコンなどの空調音が普通に聞こえるはずですが、全く聞こえないくらいでした。

たまにZoomやTeemsでオンライン会議をするのですが、通話品質であれば必要十分すぎるレベルかと思います。

MacBookProの内蔵スピーカー

MacBookProの内蔵スピーカー
MacBook Proの音声

続いてM2 MacBook Pro14の音声録音です。

正直めちゃくちゃしょぼく、音声も遠いし、音もクリアではなく、声も弱々しい感じです(結構声張りましたけど)

これM2 MacBook Pro14で2023年の最新機種でスタジオ品質の3マイクアレイ搭載とのことですが、本職の1万円のマイクには遠く及ばない印象です。

ゴーゴーシンゴ

ここまで差があるとは思いませんでした

FIFINE K688のメリット

ここではを使って感じた良かった点やメリットを紹介します。

  • 見た目がかっこよい
  • 安価ながら音質の良いダイナミックマイク
  • 単一指向性で余計な音を拾わない
  • 便利なミュートボタン
  • ショックマウント付き
  • ヘッドホン端子あり

見た目がかっこよい

FIFINE K688の見た目はかっこよい

デスク上で毎日目に入るので見た目のかっこ良さは重要です。

FIFINE K688は細身のブラックデザインでとにかくかっこよい。

使わない時でもデスク上にあるだけで、デスク環境がなんかプロっぽい見た目になります。

とにかく見た目で選ぶ派の方でも満足できるデザインだと思います。

安価ながら音質の良いダイナミックマイク

FIFINE K688のダイナミックマイク
メカメカしくてかっこよい

コンデンサーではなく、ダイナミックマイクなのも魅力です。

ダイナミックマイクは感度は低いのがデメリットで口元(5cm〜15cm)に近づけなければならないのですが、肉厚な芯のある声を届けられます。

内蔵スピーカーだと弱々しい声で頼りない印象を持たれがちですが、マイクひとつで安心感ある声を届けられますよ。

単一指向性で余計な音を拾わない

FIFINE K688の単一指向性
周囲の雑音も拾わないのもメリット

単一指向性なのも個人的には魅力です。

単一指向性→ひとつの方向からの音しか拾わない

単一指向性なので対談などの2人で話す時にマイクを共有するのは向きませんが、対談でマイクを使う人は少数だと思います。

だとしたら一人使いに特化した単一指向性のマイクの方が、オンライン会議やオンライン授業、オンラインゲームなどでは活躍できると感じます

便利なミュートボタン

FIFINE K688のミュートボタン
緑はミュートオフ
FIFINE K688のミュートボタン
赤はミュートオン

タッチ式の物理ミュートボタンが付いてるのも魅力です。

ミュート状態も緑と赤で分かりやすく、ミュートしたい時はPCの音量ボタンを押さなくてもマイク側で瞬時にミュートできて便利です。

オンライン会議中で発言しない時はミュートにする場合が多いので、万一の音が出ちゃった事故を防げるので非常に便利でした。

ショックマウント付き

FIFINE K688のショックマウント

ショックマウントって別売りで購入すると地味に高いし、マイクによっては合わないこともあるので選ぶのが大変です。

最初に紹介したBlueのショックマウントは8,800円もしたので、FIFINEはマイク込みで10,000円程度で買えるのでコスパの良さがハンパないです。

ヘッドホン端子あり

FIFINE K688はヘッドホン端子あり
FIFINEのヘッドホン

ヘッドホン端子があるので、自分の声や相手の声もマイクにヘッドホンを差して確認ができます。

ヘッドホン端子があるので、ゲーム用途でも活躍できそうです。

特に夜間にゲームをする時や相手の声が聞き取りづらい時はお気に入りのヘッドホンを使えるのも便利だと感じました。

FIFINE K688のデメリット

ここでは逆にFIFINE K688を使って感じた注意点やデメリットを紹介します。

  • マイクスタンドが付いてない
  • USB接続だと音圧が少し低い

マイクスタンドが付いてない

FIFINE K688のマイクスタンドが付いてない

FIFINE K688はマイクスタンドが付属してないので、マイクスタンドかマイクアームを用意する必要があります。

僕はロジクール G Blue Compassマイクスタンドを使ってますが、15,000円以上するので高すぎておすすめできません。

同じFIFINEのマイクアームなら比較的安価だし、同じメーカー同士で相性が良いと思います。

USB接続だと音圧が少し低い

ダイナミックマイク全般に言えることですが、USB接続だと音圧が少し低いように感じます。

ダイナミックマイク特性上、口元で話さないといけない為、よく動いてしまう方には向いておりません。

今後音を良くしたい方はXLR接続にステップアップできるので、こだわりたい方はまだまだ改善が可能です。

ゴーゴーシンゴ

ほとんどの方はUSB接続で満足できると思います

FIFINE K688購入がおすすめな人

FIFINE K688

FIFINE K688購入がおすすめな人はおしゃれで安価、高性能なダイナミックマイクが欲しい方です。

ダイナミックマイクで有名なSHUREのMV7Xなら2.5万円以上、SM7Bなら5万円近くするのでFIFINE なら半額〜1/5の値段で購入可能です。

定番のSHURE製品が高いけどダイナミックマイクが欲しいなんて方に最適な商品だと思います。

(まとめ)FIFINE K688レビュー

以上がFIFINE K688のレビューでした。

ずっと欲しかったダイナミックマイクが手に入って大満足でした。

マイクスタンドが付属してないデメリットがありますが、自由にマイクスタンドやマイクアームを選べるのが逆に楽しいかと思います。

コンデンサーマイクが高感度すぎて雑音を拾いすぎて悩んでいる方やダイナミックマイクが欲しい方は購入すると満足すると思います

メリット
デメリット
  • USB・XLR使用可能
  • 周囲の雑音が入りづらい単一指向性ダイナミックマイク
  • ミュートボタンがあり便利
  • ヘッドホン端子があるのでヘッドホン視聴が可能
  • スタイリッシュデザインで格好良い
  • 性能が高いながら圧倒的なコスパ
  • マイクスタンドが付属してない
  • USB接続だと音圧が少し低い
ゴーゴーシンゴ

FIFINEのダイナミックマイクの性能は凄まじかったです

【他のブロガーさんの記事】

【関連記事】

FIFINE K688

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA



The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

目次