\ ポイント最大46倍! /

ロジクール G Blue Compassマイクスタンド&Blue Radius III マイク ショックマウントレビュー

景品表示法に基づき、当ページのリンクには広告が含まれています。

毎日が在宅ワークブロガーのシンゴです(@go5shingo

Webの打ち合わせも良くするのですが、そんな時に役に立つのが外部マイクの存在。

僕はBlue Yeti Nanoを使ってますが、めんどくさいのが設置すること。

使う時はどけてた場所から引っ張り出して、使い終わったら元の場所に戻したりと手間を感じてました。

そんな手間を解消するためにマイクアームを導入しました。

ロジクール G Blue Compassマイクスタンド

今回購入したのがロジクール G Blue Compassマイクスタンドで定番の商品です。

Blue Radius III マイク ショックマウント

ついでに購入しようか迷ったのですが、Blue Radius III マイク ショックマウントも追加購入しました。

今回はロジクール G Blue Compassマイクスタンド&Blue Radius III マイク ショックマウントのレビューです。

ロジクール G Blue Compassマイクスタンド
総合評価
( 3.5 )
メリット
  • 圧倒的な高級感
  • アームが丈夫
  • 調整が自由自在
  • クランプで固定でき場所を取らない
  • 見た目がカッコよい
  • ケーブルを通す穴がある
デメリット
  • 値段が高い
  • 軽いマイクだとアームが下がりきらない
  • ショックマウントを購入するとさらにお金がかかる
Blue Radius III マイク ショックマウント
総合評価
( 3 )
メリット
  • マイクの雑音をかなり抑える
  • タイピングで振動しても全然へっちゃら
  • インパクトある見た目と高級感
デメリット
  • 値段が高い
  • 大きいので圧迫感を感じる
  • マイクアームに必須では無い
ゴーゴーシンゴ

安いマイクアーム買うくらいならこちらがおすすめです

目次

ロジクール G Blue Compassマイクスタンド実機レビュー

ここからはロジクール G Blue Compassマイクスタンドの紹介です。

ロジクール G Blue Compassマイクスタンド

全体の見た目はこんな感じで、伸ばし切ると長過ぎてカメラの画角に入りませんでした。

付属品はシンプルで本体とクランプ用の器具、説明書と保証書のみです。

マイクアームが曲がる関節は3つありそれぞれを曲げることができ、角度や高さ調整が可能です。

ロジクール G Blue Compassマイクスタンド

下部にはBlueのロゴがおしゃれです。

マットブラックの筐体にホワイトのワンポイントロゴは非常に映えますね。

ロジクール G Blue Compassマイクスタンド

第2関節部分はこんな感じです。

シールの写真のイメージのように「く」の字のようにかなり、曲げることもできます。

高さを出したい時はあまり曲げずに、水平にしたい時はグッと曲げるとマイクアームを低くすることができます。

デスク環境に合わせて高さを柔軟に変更できるのが便利なとこ。

ロジクール G Blue Compassマイクスタンド

こちらがマイクアームの先端部分です。

先端はゴールドのメッキ塗装になっておりデザインのこだわりを感じます。

マイクアームの先端はメス端子でオス端子のあるネジで接続できます。

もしも合わない場合はマイク用のネジが別途必要です。

ゴーゴーシンゴ

僕はマイク付属のネジを捨ててしまったので追加購入しました

ロジクール G Blue Compassマイクスタンド

マイクアームの裏面にはケーブルを通す溝があります。

目立たないように黒色でしかも裏面にあるので、デスクの上をケーブルレスにしているオシャレ系な方にはかなりおすすめです。

注意点はマイクケーブルによっては穴が通らない可能性があるので、太いケーブルなどはご注意ください。

ロジクール G Blue Compassマイクスタンド

手で抑えてますがこんな感じでマイクアームが取り付けられます。

ロジクール G Blue Compassマイクスタンド

取り付け用のクランプです。

かなり調整ができるので普通の机でしたら取り付けは問題ないと思います。

クランプ本体と机の接触部分はゴムになっており、机を傷つけないクッションの役割をします。

ロジクール G Blue Compassマイクスタンド

机にクランプを設置する際はくるくると回すだけです。

ガッチリと固定されるのでマイクアームを付けてもぐらついたりはしません。

ロジクール G Blue Compassマイクスタンド

マイクアームは差し込むだけで大丈夫です。

根本は360度回転するので、机のどこに設置してもある程度マイクの位置を調整が可能です。

ですが存在感が大きいので机の後ろの目立たない場所に設置するのがおすすめです。

ロジクール G Blue Compassマイクスタンド

マイクアームの先端が空いてるのでマイクを取り付けます。

1.08kg以下の重量のマイクなら取り付け可能だそうです。

Blue Yeti Nano

僕が使っているBlue Yeti Nanoはコンパクトなコンデンサーマイクですが、マイクアームに取り付け可能です。

ゴーゴーシンゴ

このあとはショックマウントを取り付けました

Blue Radius III マイク ショックマウント実機レビュー

ここではBlue Radius III マイク ショックマウントの実機を紹介します。

Blue Radius III マイク ショックマウント

ショックマウントの見た目はこんな感じで結構大きくて存在感があります。

素材はプラスチック製ですが、パッと見は金属のようなメタリック感を感じました。

1番右にある穴にマイクアームと接続する為のネジ穴(メス)があります。

ちなみにショックマウントの役割は以下のようです。

  • 振動を軽減
  • ノイズが入りづらくなる
  • 振動に強くなる

正直必要性はよく分かりませんが、見た目がカッコいいので付けておきました。

Blue Radius III マイク ショックマウント

ショックマウントはネジを締めるだけで設置可能です。

ここからマイクを設置しますが、なんかプロミュージシャンみたいでテンションが上りました。

Blue Radius III マイク ショックマウント

マイクを取り付ければ完成です。

今まで上向きに設置してたマイクが下向きになるので、見た目が変わるし、ラジオDJのような気分になるので購入して良かったと感じます。

ロジクール G Blue Compassマイクスタンド&Blue Radius III マイク ショックマウントを使った感想

ロジクール G Blue Compassマイクスタンド&Blue Radius III マイク ショックマウント

ここではロジクール G Blue CompassマイクスタンドBlue Radius III マイク ショックマウントを使った感想を書きます。

  • マイクアームは早く買えば良かった
  • 口元に近づけられる
  • 見た目でテンションがあがる
  • ショックマウントの効果は正直わからない

マイクアームは早く買えば良かった

最初に思ったのがマイクアームは早く買えば良かったです。

テレワークや在宅ワークの時にマイクアームを引き出せばすぐにマイクを使えるのにストレス軽減や時短になりました。

どうせずっとマイクを使うなら、空中がマイクの保管スペースになるので便利でした。

口元に近づけられる

今まで机の上に置いたスタンドタイプなので、マイクと口元が遠いのが悩みでした。

特にキーボードを置いているとマイクを置く場所がなくて、困ってました。

マイクアームを導入してからは口元にマイクを持ってこれるし、キーボードを机の上に置いても邪魔になりません

特に机の狭い方やデスクがごちゃごちゃしてる方におすすめです。

見た目でテンションがあがる

マイクアームやショックマウントは便利ですが、それ以上に見た目が良くなります。

見た目がプロっぽくなるし、デキる感が出てきます。

例えばZOOM会議などで使う時は必ず話題になるし、アイスブレイクにもなって場が和むので性能も大事だけど見た目でも得をしていると言えます。

ショックマウントの効果は正直わからない

ロジクール G Blue Compassマイクスタンド&Blue Radius III マイク ショックマウント

ショックマウントの効果は正直よく分かりません。

ノイズが減ったと言えばそう感じますが、プラシーボ効果かもしれません。

とは言え、タイピングした時も相手からうるさいと言われたことはないので効果はあると思います(キーボードから離れたからかも)

ロジクール G Blue Compassマイクスタンド&Blue Radius III マイク ショックマウント購入がおすすめな人

ロジクール G Blue CompassマイクスタンドBlue Radius III マイク ショックマウント購入がおすすめな人は高品質のマイクアームが欲しい方です。

価格は高いですが、間違いのない製品で使い勝手も良く満足しました。

以前に3,000円くらいの中華製安物マイクアームを使ってましたが、バネがすぐに壊れたので長く使いたい方にもおすすめです。

逆にお試しで使いたい場合には、価格が高いのでショックマウント無しでも良いかもしれません。

ゴーゴーシンゴ

1度買ってしまえば長く使えるのである意味コスパは良いです

(まとめ)ロジクール G Blue Compassマイクスタンド&Blue Radius III マイク ショックマウントレビュー

以上がロジクール G Blue CompassマイクスタンドBlue Radius III マイク ショックマウントのレビュでした。

値段は高かったのですが、マイクを使うのが便利になったし、設置スペースも無くなったのでデスクが快適に使えました。

Web会議程度ではショックマウントの効果は分かりませんが見た目が良いのでお気に入りです。

<マイクアームのメリットデメリット>

メリット
デメリット
  • 圧倒的な高級感
  • アームが丈夫
  • 調整が自由自在
  • クランプで固定でき場所を取らない
  • 見た目がカッコよい
  • ケーブルを通す穴がある
  • 値段が高い
  • 軽いマイクだとアームが下がりきらない
  • ショックマウントを購入するとさらにお金がかかる

<ショックマウントのメリットデメリット>

メリット
デメリット
  • マイクの雑音をかなり抑える
  • タイピングで振動しても全然へっちゃら
  • インパクトある見た目と高級感
  • 値段が高い
  • 大きいので圧迫感を感じる
  • マイクアームに必須では無い
ゴーゴーシンゴ

最終的に行き着く方が多い商品ですよ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ゴーゴーシンゴのアバター ゴーゴーシンゴ ガジェットブロガー

ガジェットブロガーのゴーゴーシンゴです。
Yahoo!ニュースエキスパートのモノ・ガジェット分野のクリエイターでもあります。
企業からのレビュー依頼は250件以上実績あり。
レビュー依頼受付中です!

コメント

コメントする

CAPTCHA



The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

目次