(登録のお願い!)Googleニュースで配信されております

FIFINE オーディオインターフェイス Amplitank SC1レビュー!XLR接続可能でダイナミックマイクにおすすめ

景品表示法に基づき、当ページのリンクには広告が含まれています。
Amplitank SC1
ゴーゴーシンゴおすすめのお得情報

開催中 メルカリ500ポイントプレゼント MWUBDW 入力

新サービス Amazonで漫画が無料で読める

待てば無料で続きも読める

今だけですよ

ダイナミックマイクを毎日使っているシンゴです(@go5shingo

お気に入りのマイクとして、FIFINE K688を使っておりますがUSB接続で音圧と音質に不満がありました。

FIFINE オーディオインターフェイス Amplitank SC1

そんなマイクオーディインターフェース難民の僕にFIFINEさんからAmplitank SC1を提供いただきました。

マイクや楽器、ヘッドホン、スピーカーを接続できるオーディインターフェースでコンパクトな筐体が特徴。

上部には使いやすいゲイン調整ツマミがあり、直感的な操作ができます。

シンプルな製品なので機能が少ないのですが、逆に初心者には使いやすく分かりやすいと感じます。

今回はFIFINE オーディオインターフェイス Amplitank SC1のレビューです。

Amplitank SC1
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 48V ファンタム電源搭載
  • 使いやすい3つのゲイン調整ツマミ
  • コンパクトで置き場所に困らない
  • 電源不要のバスパワー接続
  • 価格が1万円以下でコスパが良い
デメリット
  • 入出力が1系統のみ
ゴーゴーシンゴ

初オーディインターフェースの方はもちろん上級者にもおすすめですよ

メーカーより提供を受けておりますが自由レビューです

目次

FIFINE オーディオインターフェイス Amplitank SC1スペック

最初にAmplitank SC1のスペックを紹介します。

マイク入力/ライン入力ライン出力ヘッドホン出力
周波数応答20Hz-20kHz20Hz-20kHz20Hz-20kHz
ダイナミックレンジ80dB85dB85dB
S/N比75dB80dB80dB
THD+NN0.1%0.01%0.1%
インピーダンス6.8k32Ω-600Ω対応
ゲインレンジ45dB
Amplitank SC1スペック

Amplitank SC1のスペックはこんな感じで入力はマイクとラインが1つずつ、出力はラインとヘッドホンが1つずつになります。

スペックだけを見るとよくわからないと思いますが、日常使いや配信などで使うにはオーバースペックです。

入出力は1系統ずつと楽器を複数使って合わす方にはおすすめできませんが、個人用で使うのであれば必要十分。

その他ファンタム電源で48Vもあるのでマイクへの給電も行えるので重宝します。

FIFINE オーディオインターフェイス Amplitank SC1外観レビュー

ここからはAmplitank SC1の外観レビューです。

FIFINE オーディオインターフェイス Amplitank SC1の付属品

最初に付属品の紹介です。

  • 本体
  • USBケーブル
  • 説明書

付属品は非常にシンプルです。

本機はバスパワー式で駆動するので、電源コンセントは入っておりません。

FIFINE オーディオインターフェイス Amplitank SC1のケーブル

ケーブルは本体側はUSB-C、パソコン側はUSB-Aでの接続になります。

FIFINE オーディオインターフェイス Amplitank SC1の説明書

説明書は1枚に広げるタイプで図説があり、もちろん日本語です。

FIFINE オーディオインターフェイス Amplitank SC1
fifineの書体がおしゃれ

上部には3つのゲイン調整があります。

  • 左:マイク/ライン入力ゲイン調節
  • 中央:電子機器入力ゲイン調節
  • 右:出力

上部にダイヤルがあるので、使っている時も調節しやすいのが嬉しい点です。

またダイヤルの周りにはLEDインジケーターが付いてるので、視覚的にゲインが分かります。

FIFINE オーディオインターフェイス Amplitank SC1

前面には入力類やスイッチが配置されております。

向かって左から以下の配置になってます。

  • マイク/ライン入力
  • 48Vファンタム電源スイッチ
  • 電子機器/マイク切り替えスイッチ
  • 電子機器専用端子
  • ヘッドホン出力端子
  • ライン出力ダイヤル
  • マイクゲイン調節
FIFINE オーディオインターフェイス Amplitank SC1
アイコンがあるので分かりやすい

右端はマイクに使うXLR端子(キャノン端子)になります。

またヘッドホン端子は6.35mm端子なので、いわゆるミニプラグヘッドホンは変換アダプターが必要になるのでご注意下さい。

FIFINE オーディオインターフェイス Amplitank SC1

右部分の拡大はこんな感じです。

48Vファンタム電源はオンオフ可能、電子機器/マイク切り替えスイッチを押すとゲインレベルをそれぞれに適したゲインに自動調整してくれます。

FIFINE オーディオインターフェイス Amplitank SC1

裏側はシンプルな構成です。

  • LRライン出力
  • USB電源
  • セキュリティロック

背面はスピーカー接続用の出力と電源供給用のUSB端子になり、ほとんどイジることはありません。

FIFINE オーディオインターフェイス Amplitank SC1の大きさ
FIFINE オーディオインターフェイス Amplitank SC1の大きさ

本体の大きさは非常にコンパクトです。

僕の実測ですが、横13.72mm×96.5mmでした。

FIFINE オーディオインターフェイス Amplitank SC1の大きさ(スマホと比較)
まさにスマホサイズ

例えばPixel 8と比較しても縦の大きさはほとんど同じくらいです(横幅がスマホより広い程度)

FIFINE オーディオインターフェイス Amplitank SC1の重さ

本体の重さは221gとスマホとほとんど変わりません。

昔はオーディオ=重いほうが音質が良いと言われておりましたので、あまりの軽さに不安になりましたが全く問題はありません。

FIFINE オーディオインターフェイス Amplitank SC1使用レビュー

ここではAmplitank SC1を実際に使った感想をレビューします。

  • マイクの音質は明らかにアップ
  • 48Vファンタム電源搭載
  • ヘッドホンと組み合わせれば音質向上
  • XLR接続可能
  • ヘッドホンで高音質の音楽鑑賞
  • コンパクトで置き場所に困らない

マイクの音質は明らかにアップ

FIFINE オーディオインターフェイス Amplitank SC1とダイナミックFIFINE K688

僕が普段から使っている、FIFINE K688と組み合わせて使いました。

FIFINE K688はダイナミックマイクなので周囲の雑音は拾いづらいのですが、マイク感度が低く音圧が低いのが悩みでした。

実際の音声は以下です。

FIFINE K688のみの音声

FIFINE K688の音声ですが雑音などはほぼ無いのですが、音圧が低く音が弱々しい印象です。

相手の環境によって聞こえづらいと感じる部分もあったので、マイクブースターなどが必要かなと思っておりました。

FIFINE K688+ Amplitank SC1の組み合わせ

マイク単体と比べると明らかに音圧がアップしております。

さすがに美声にはなりませんが(笑)、だいぶ聞きやすくなっております。

音圧が上がったからと言ってもノイズが増えることもなく、綺麗に声だけを拾えるようになってるのが凄いと感じました。

ゴーゴーシンゴ

1万円以下の製品でここまで変わるのはビックリしました

48Vファンタム電源搭載

FIFINE オーディオインターフェイス Amplitank SC1のファンタム電源
緑に光るとファンタム電源がオン

Amplitank SC1は48Vファンタム電源を内蔵しております。

48Vファンタム電源→主にマイクに最適な電源供給のこと

48Vファンタム電源は業界標準の電源のほとんどのコンデンサーマイクやダイナミックマイクで使える仕様になっております。

ファンタム電源をオンにすることで、マイクに給電ができたり、よりマイクに最適(ノイズが少ない等)の電源供給ができます。

XLR接続可能

FIFINE オーディオインターフェイス Amplitank SC1
見た目がプロっぽくなる

僕のように楽器を使わない方でオーディオインタフェイスを購入する目的はXLR接続だと思います。

一般的なUSB接続でマイクを使うのに比べて、音質が良いとされております。

NIMASO XLRケーブル
NIMASO XLRケーブル

ただしXLRケーブルは付属していないので、別途購入が必要です。

ケーブルの値段はメーカーによってかなり違いますが、僕は安価なNIMASO製品にしました。

普通に使えるのでおすすめです(値段1,000円以下)

FIFINE オーディオインターフェイス Amplitank SC1ファンタム電源

XLR接続にして明らかに音質がクリアになりました。

たった1,000円程度のケーブルを導入するだけで、ダイナミックのパフォーマンスを最大限に引き出してくれます。

今までUSB接続でイマイチと思っていた方には、XLRケーブルに変更するのがおすすめです。

ヘッドホンで高音質の音楽鑑賞

FIFINE オーディオインターフェイス Amplitank SC1とFIFINE ヘッドフォン H8を使って音楽鑑賞しております。

僕はヘッドホンはFIFINE ヘッドフォン H8を使って音楽鑑賞しております。

オーディオインタフェイスを使うと、ヘッドホンの駆動力が上がって音の輪郭がより分かりやすくなると感じてます。

FIFINE オーディオインターフェイス Amplitank SC1と6.35mmTRS接続

注意点としてはヘッドホン端子は6.35mmのTRS接続になります。

スマホ用のミニプラグヘッドホン端子は使えないし、またバランス接続にも非対応です。

自宅のリスニングヘッドホンを強化したい方におすすめと感じます。

コンパクトで置き場所に困らない

FIFINE オーディオインターフェイス Amplitank SC1はコンパクト
モニターの下にも余裕で置ける

筐体が非常に小さいのも魅力です。

スマホより少し大きいサイズなのでデスクが狭い方でも置き場所に困りません

また見た目のいかにもオーディオインタフェイスです!って見た目をしていない、シンプルな黒の筐体なので、見た目が合わないとかビジネス用のデスクの上に置いても違和感がありません。

FIFINE オーディオインターフェイス Amplitank SC1購入がおすすめな人

FIFINE オーディオインターフェイス Amplitank SC1
初心者にもおすすめ

Amplitank SC1購入がおすすめな人は以下だと感じました。

  • 配信用のオーディオインタフェイスが欲しい方
  • ダイナミックマイクをXLR接続したい方
  • ギターとマイクで音入れするレコーディングがしたい方
  • コンパクトなオーディオインタフェイスが欲しい方

こんな方にはおすすめできると思います。

何より価格が1万円以下なので購入して失敗したと思うことはまず無いと思います。

(まとめ)FIFINE オーディオインターフェイス Amplitank SC1レビュー

以上がAmplitank SC1のレビューでした。

初めてオーディオインタフェイスを使ったのですが、ここまでマイクの音質が良くなるとは思わなかったのでビビリました。

今までオーディオインタフェイスって敷居が高いと思ってたのですが、使ってみるとUSB-Cケーブル1本で接続できたので全然ハードルは高く無かったです。

コンパクトだし見た目もカッコよいのでテンション上がりました。

メリット
デメリット
  • 48V ファンタム電源搭載
  • 使いやすい3つのゲイン調整ツマミ
  • コンパクトで置き場所に困らない
  • 電源不要のバスパワー接続
  • 価格が1万円以下でコスパが良い
  • 入出力が1系統のみ
ゴーゴーシンゴ

最初から導入しておけば良かったと後悔しました

Amplitank SC1

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ゴーゴーシンゴのアバター ゴーゴーシンゴ ガジェットブロガー

ガジェットブロガーのゴーゴーシンゴです。
Yahoo!ニュースエキスパートのモノ・ガジェット分野のクリエイターでもあります。
企業からのレビュー依頼は250件以上実績あり。
レビュー依頼受付中です!

コメント

コメントする

CAPTCHA



reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

目次