\ ポイント最大46倍! /

Fitbit Sense 2レビュー!1ヶ月使って感じたメリットとデメリット

景品表示法に基づき、当ページのリンクには広告が含まれています。

Apple Watchを毎日付けているシンゴです(@go5shingo

Apple Watchを毎日使うに必須なのがiPhoneの存在。

ここ数年同じようなモデルが続きすっかりと飽きてしまいました。

どうせならAndroidを使って気分転換したいと思い、前に購入して放置していたXperia 5Ⅳをメイン端末に復活させてました。

Xperia 5Ⅳ

そんなXperia 5Ⅳを駆り出した訳ですが、こまったのがApple Watchが使えない問題

以前使ってたPixelWatchはすでに手放してしまったので、新しいスマートウォッチを探しておりました。

そんな僕の目に止まったのが、Fitbit Sense 2です。

Google傘下のFitbit製のスマートウォッチで健康管理に重点を置いた製品です。

Suica対応など利便性も高く、Android、iPhone両方に使えるのが特徴。

今回はFitbit Sense 2のレビューです。

Fitbit Sense 2
総合評価
( 3 )
メリット
  • 5日以上持つ優秀な電池持ち
  • ストレスマネジメントなど珍しい機能
  • Fitbit Pay (Suica対応)​
  • 豊富なエクササイズ計測
  • 軽くて薄い
デメリット
  • 常時表示だとバッテリー持ちが3日が限度
  • 機能性が少なくて使い道が無い
  • Fitbit Premium課金をしなければフル機能が使えない
  • 左サイドボタンが押しづらい
ゴーゴーシンゴ

やっぱApple Watchが無難だと感じてしまいました

目次

Fitbit Sense 2の特徴

Fitbit Sense 2の特徴はこちらの画像が全てを表しております。

ここは段落ブロックです。文章をここに入力してください。

  • ストレスマネジメントツール
  • 睡眠ツール
  • 高低心拍数の通知
  • 6日以上持続するバッテリー
  • Suica対応
  • Fitbit Premium 6ヶ月無料

こんな感じで、健康管理機能に全振りしたスペックとなっております。

Fitbit Sense 2のcEDAセンサー

最大の売りがcEDAセンサーを使ったストレスマネジメント機能です。

cEDA(継続的皮膚電気活動)センサー→電気信号を皮膚に流しストレスを計測する

このセンサーによって、ストレスの総合指数を独自に採点し現在のストレスの状態を知れるのがメリットと言えます。

Fitbit Sense 2のスペックをまとめますと以下のようになります。

仕様Fitbit Sense 2
サイズ縦・横・厚(mm)40.5×40.5×12.3
OSFitbit OS
バッテリー6日以上
画面有機EL
GPS搭載
耐水水深50m
発売日2022年9月
カラー3色
参考価格(税込)32.800円
Fitbit Sense 2のスペック

スマートウォッチながら耐水性が50mあるなど、Apple WatchULTRAなみの性能を誇り、水泳などのウォータースポーツもへっちゃらです。

バッテリーも常時表示オフ時は6日以上持つなど、実は優秀な時計です。

ゴーゴーシンゴ

PixelWatch発売と同時で話題が少なかった印象です

Fitbit Sense 2外観レビュー

Fitbit Sense 2外観

ここからはFitbit Sense 2の外観をレビューします。

今回紹介するのはブラック系のシャドーグレーで他にはルナホワイト、ブルーミストの3色展開です。

Fitbit Sense 2外観
時計に装着してるのが長い方

シリコンバンドは2種類の長さが付属されております。

LサイズとSサイズの2種類で、Lサイズは超長くてSサイズは超短いと言う、使いづらい組み合わせです。

アメリカン仕様の長さで日本人には、ちょうどこの中間くらいの長さのバンドにして欲しいです。

Fitbit Sense 2外観

付ける時は爪を引っ掛けるタイプで装着に時間は掛かりません。

Fitbit Sense 2外観
常時表示だけど外すと暗めに点灯する

ウォッチフェイスは四角でPixel Watchの丸形とは差別化されております。

表示は有機ELディスプレイで表示自体はキレイでガラスの強度も高そうな印象。

傷がつきづらいのも嬉しいポイントだと思います。

Fitbit Sense 2外観

結構薄い時計なので厚みは気にならないと思います。

ベゼルも薄いので中華製スマートウォッチのような安っぽさはありません。

Fitbit Sense 2外観

裏面は健康を重視しているFitbitだけあってセンサー類が充実しております。

皮膚温や呼吸、心拍数、血中酸素などさまざまな健康指標を測定できるのが強みです。

Fitbit Sense 2の重さ

重さはバンド込みで40gと非常に軽いです。

睡眠計測もできるので、睡眠トラッカーとして使うのも便利です。

Fitbit Sense 2の充電ケーブル

充電関係は少し残念で専用充電器&USB-Aの最悪仕様です。

自宅の他に職場や外出先で充電したい方は別売りで購入が必要になります。

Fitbit Sense 2の充電

充電器の磁力は強力でちょっとやそっとで外れないので、充電はしやすいです。

高速充電にも対応しており、フル充電にかかる時間は120分で完結します。

Fitbit Sense 2を使って感じたこと

ここではFitbit Sense 2を使って感じた良かった点や微妙な点を正直に書きます。

  • 全てはFitbit Premiumの課金に掛かっている
  • 充実の健康管理機能
  • 豊富なエクササイズ測定機能
  • スマートウォッチとしての機能は少ない

全てはFitbit Premiumの課金に掛かっている

Fitbit
Fitbit
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ

Fitbit Sense 2を有効活用出来るか否かはFitbit Premiumの課金をできるかに掛かってます。

Fitbit Premiumの月額は640円、年額支払いだと2ヶ月分安くなって6400円と課金するには迷うくらいの高さ。

ただし課金しないとFitbit Sense 2の優秀なトラッキング機能を活かせません。

スクロールできます
無課金Premium
今日のエナジースコア
ストレスマネジメントスコアの内訳 
健康管理データ 
過去90日間の健康指標の傾向
基礎的な分析
ウェルネスレポート 
推定睡眠時皮膚温の高度な分析(Senseのみ) 
ワークアウト 
マインドフルネス
睡眠スコア内訳 

血糖値の傾向
Fitbit Premium

上記の表を見ると分かりますが、Fibitアプリは無料で使えますが、課金しないとまともな機能が使えません。

特に大事なワークアウト、エナジースコア、睡眠分析が無課金だと使用できないのが致命的です。

Fitbit Sense 2を使うなら、月額640円が余計に掛かるのを覚悟したほうがよいです。

Fitbit Premiumは6ヶ月無料体験があります

まずはFitbit Sense 2を購入してお試しで6ヶ月無料で使うのがおすすめです。

充実の健康管理機能

課金すれば健康管理機能は充実しております。

Fitbit Premium

Fitbit Premiumに情報が同期されてさまざまな指標が一覧できます。

一般的な歩数や距離、消費カロリーなどを視認できるのは普通のトラッカーと同じ。

ある程度の健康管理の指標が一覧で確認できます。

Fitbit Premiumの今日のエナジースコア
筋トレした翌日はエナジーが1

今日のエナジースコアも数字で客観的に示してくれるので分かりやすいです。

運動時間や休息時間、ストレスなどから体のエネルギーを数値化してくれる機能でなんとなく調子が悪い時に数値を確認すると、めちゃくちゃ悪かったりするので信ぴょう性もあります。

特に筋トレした翌日にトレーニングをするかどうかを、数値によって判断できるのでオーバートレーニングを避けることができました。

Fitbit Premiumのストレスマネジメント

ストレスマネジメントの100点満点で総合的に数値化してくれます。

「反応性」、「活動のバランス」、「睡眠パターン」の合計値で算出しており、目に見えないストレス数値を客観的な数値で示してくれるのは非常に良い機能だと思います。

ただしあくまでも目安なので、過度に心配したりすると逆にストレスに感じる人もいるかもしれません。

fitibitストレスマネジメント機能

ただストレスマネジメント機能でウザいのが、「さっきイライラしてた?」と時計が聞いてくることです。

15分くらい経ってから◯時◯分の気分はいかがでしたか?と聞いてきます。

普通に考えて15分前の瞬間的な感情も覚えて無いし、電車内、会議中、トイレの中等いろんなタイミングで聞いてくるので、少し苦手です。

こまめに感情を記録したい趣味の方には合ってますが、一日に5〜6回は聞いてくるので少しウザいと感じました。

豊富なエクササイズ測定機能

Fitbit Sense 2のエクササイズ

エクササイズ機能は充実しており、筋トレやウォーク、ランニング、スイミングなどよくやりそうな種目はほぼ網羅されております。

Fitbit Sense 2のエクササイズ

アクティビティについてもスマホを開かなくても、時計上から確認ができます。

Fitbit Sense 2の心拍数

心拍数についてもリアルタイムで測定が可能。

安静時心拍と最大心拍の把握が分かりやすいので、健康管理にも役立ちます。

Fitbit Sense 2の心拍数

運動中に便利なのがゾーンタイムが測定できる点です。

ゾーンタイム→その人が脂肪燃焼しやすい心拍数をお知らせする機能

筋トレなどの無酸素運動よりもランニングなどの有酸素運動する際のダイエットをサポートしてくれます。

スマートウォッチとしての機能は少ない

Fitbit Sense 2のタイマー

スマートウォッチとしての機能は少ないですが、唯一の差別化ポイントとしてはSuica対応の点が評価できます。

国内スマホでFeliCaが使えないスマホは少ないですが、海外スマホを使いたい方などには重宝しそうです。

その他に目立った機能は少なく、タイマーと天気くらいしか無いので出来ることは少ないです。

Fitbit Sense 2購入の疑問や質問に答える

ここではFitbit Sense 2購入にあたり疑問や質問に答えます。

Fitbit Sense 2はFitbit Premiumの課金は必須?

課金しないと本領を発揮しないので、課金はほぼ必須と考えたほうが良いです。

Fitbit Sense 2とPixel Watchはどちらがおすすめ?

万能型ならPixel Watchがおすすめ。

ストレスマネジメントやエクササイズを重視するならFitbit Sense 2がおすすめです。

Fitbit Sense 2で使えるIDやQUICPayは使える?

電子マネーはSuicaのみ対応です。

IDやQUICPayが使いたいならPixel Watchがおすすめ。

Fitbit Sense 2の通知はすぐ来る?

AndroidスマホなのでApple Watchのように通知はすぐに来ません。

LINE通知なども結構遅れて来ます。

Fitbit Sense 2をiPhoneで使った場合のデメリットは?

Google Mapsの道案内時に地図が表示されないなど、iPhoneには最適化されておりません。

iPhoneでしたらApple Watchを使うのが最適解です。

Fitbit Sense 2で音楽再生操作はできる?

Fitbit Premiumの課金をすることでSpotifyの音楽操作が可能です。

Fitbit Sense 2で通話もできる?

スマートウォッチで通話も可能です。

Fitbit Sense 2の充電時間はどれくらい?

充電0からフル充電までは約2時間程度です。

急速充電にも対応し12分の充電で約1日バッテリーが持ちます(常時表示オフ時)

Fitbit Sense 2の電池持ちは?

常時表示オンでだいたい3日程度、常時表示オフだと6日くらいが体感です。

Fitbit Sense 2購入がおすすめな人

Fitbit Sense 2

Fitbit Sense 2購入がおすすめな人はFitbit Premiumを課金して健康管理機能をフルで使いたい方です。

特にFitbitの睡眠計測やストレスマネジメント、エナジースコアはApple Watchを含めて他社よりも優れているので、これらの機能を使いたい方はおすすめ。

逆に課金が厳しい方には全く向いておらず、万能性を求めるならPixelWatchがおすすめです。

またiPhoneでも使えますがiPhoneで使ってもApple Watchには全く勝ち目がないので、現状はAndroidスマホで使うのがベターです。

(まとめ)Fitbit Sense 2レビュー

以上がFitbit Sense 2のレビューでした。

強力なエクササイズや睡眠計測などが魅力ではありますが、全てはFitbit Premiumに集約されております。

ハード面でSuica対応などの魅力もありますが、汎用性を考えると今ひとつです。

ハマる人にはハマり、合わない人には合わないスマートウォッチと言えるでしょう。

ゴーゴーシンゴ

課金が気にならなければ☆4.5の評価ですね

メリット
デメリット
  • 5日以上持つ優秀な電池持ち
  • ストレスマネジメントなど珍しい機能
  • Fitbit Pay (Suica対応)​
  • 豊富なエクササイズ計測
  • 軽くて薄い
  • 常時表示だとバッテリー持ちが3日が限度
  • 機能性が少なくて使い道が無い
  • Fitbit Premium課金をしなければフル機能が使えない
  • 左サイドボタンが押しづらい

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ゴーゴーシンゴのアバター ゴーゴーシンゴ ガジェットブロガー

ガジェットブロガーのゴーゴーシンゴです。
Yahoo!ニュースエキスパートのモノ・ガジェット分野のクリエイターでもあります。
企業からのレビュー依頼は250件以上実績あり。
レビュー依頼受付中です!

コメント

コメントする

CAPTCHA



The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

目次