究極の8K 360度アクションカメラ Insta360 X4新発売

OSCAL PAD60レビュー!1万円以下のエントリータブレットは動画視聴におすすめ

景品表示法に基づき、当ページのリンクには広告が含まれています。
この記事を書いた人「ゴーゴーシンゴ」
こんにちは

今回はOSCAL PAD60のレビューです。

クーポンコードを使用すれば1万円以下で購入可能なエントリースペックの格安タブレットです。

OSCAL PAD60
総合評価
( 3 )
メリット
  • Androidタブレットとして最安クラス
  • フルHDの動画鑑賞なら快適
  • デュアルスピーカーで音も悪くない
  • 使いやすい10.型タブレット
  • 電池持ちが非常に良い
  • GMS搭載
デメリット
  • 動作はかなりもっさり
  • 極太ベゼル
  • 付属アダプターが中華製仕様
  • 指紋認証や顔認証なし
ゴーゴーシンゴ

動画鑑賞機など割り切った使い方がおすすめです

メーカーより提供を受けておりますが自由レビューです

目次

OSCAL PAD60のスペック

OSCAL PAD60のスペック
ブランド‎OSCAL
メーカー‎OSCAL
シリーズ‎OSCAL PAD60
梱包サイズ‎28.3 x 27.3 x 6.4 cm; 920 g
電池‎1 リチウムイオン 電池(付属)
商品モデル番号‎OSCAL PAD60
カラー‎gray
スタンディングスクリーンディスプレイサイズ‎10.1 インチ
解像度‎1280*720ピクセル
解像度‎1280*800 Pixels
CPUブランド‎RK3326S
RAM容量‎3 GB
最大メモリ容量‎5 GB
通信形式‎Wi-Fi
前方カメラ解像度‎2 MP
ハードウェアプラットフォーム‎Android
OS‎Android 12
OSCAL PAD60のスペック

OSCAL PAD60のスペックはこんな感じで、ひとことで言うとエントリークラスのタブレットです。

大きさは10.1インチの標準的なタブレットでiPadと同じ大きさです。

Androidは12対応で、最新のAndroid13ではありませんがそこまで古くはありません。

RAMは64GBですが、SDカードで1TBまで拡張できるのもメリットです。

特徴的なのがメモリを仮想メモリとして最大5GBまで拡張できる機能があります。

OSCAL PAD60のスペック

チップセットはRockchip RK3326Sをしております。

お世辞にもスペックは高いとは言えませんが、クアッドコアなど必要最低限のスペックを備えております。

OSCAL PAD60のスペック

中華製のタブレットでありながらもGoogleに対応しております。

You TubeやTwitter、Amazonなど主要アプリは全てダウンロードできるのでAndroidタブレットとして普通に使えます。

ただし前述した通り、スペックが低いのでゲームには全く向いておりません(タブレットでゲームする人は少ないと思います)

OSCAL PAD60のスペック

スピーカーはデュアルスピーカーに対応しており、そこそこの音質です。

動画視聴などに便利なので、スマホよりも快適だと感じました。

OSCAL PAD60外観レビュー

ここからはOSCAL PAD60の外観レビューです。

OSCAL PAD60

ブランドはOSCALでBlackviewのサブブランドです。

カラーはミスティーブルーとメテオライトグレーの2色展開になります。

OSCAL PAD60

裏面には各種認証情報があります。

OSCAL PAD60

箱はまるでiPadのような見た目をしていて、高級感を感じます。

OSCAL PAD60

箱を開けるとタブレットが出てきました。

第一印象はベゼルが極太です。

まるで飲食店にあるような注文用のタブレットのようなイメージで一昔前の製品のようなイメージでした。

OSCAL PAD60の付属品

付属品は以下の通りでした。

  • タブレット本体
  • USB CtoAケーブル
  • 説明書
  • 電源コンセント(中華仕様)

残念ながら電源コンセントが日本仕様ではありません

OSCAL PAD60

背面はプラスチック素材ですが、チープ感は感じられずにむしろ高級感さえ漂います。

とても1万円以下のタブレットとは思えない、クオリティーです。

OSCAL PAD60

リアカメラは5MPとかなりの低画質です。

ただiPadのカメラも画質はiPhoneに遠く及ばないので、タブレットでカメラ性能を求める人は少ないと思うので、必要最低限のスペックで十分と言えるでしょう。

OSCAL PAD60

側面には電源ボタンと音量ボタン(+、−)

OSCAL PAD60

充電はUSB-C端子で、Micro USBじゃないのが嬉しいポイントです。

OSCAL PAD60

スピーカーは下部にデュアルスピーカーを搭載。

横向きにすると左右どっちかからしか音が聞こえないので、注意が必要です。

OSCAL PAD60の重さ

重さは529gでした。

タブレットとしては標準的な重さで、特に重くも軽くもないイメージです。

OSCAL PAD60使用レビュー

ここからはOSCAL PAD60の使用レビューです。

  • 動画鑑賞用タブレットとして快適
  • Web閲覧機としては不満なし
  • 嬉しい日本語対応
  • ベゼルは極太
  • データ移行は簡単

動画鑑賞用タブレットとして快適

OSCAL PAD60

最初にレスポンスは悪いと書きましたが、フルHDの動画鑑賞機としては以外と快適です。

液晶は光沢液晶で発色も悪く無く、音質も筐体が大きいのでスマホよりも良いです。

You Tubeの動画鑑賞くらいなら全然問題無く使えるので、動画鑑賞機専用として購入するのもありだと思います。

Web閲覧機としては不満なし

OSCAL PAD60

Web閲覧機としても良いタブレットです。

Google Chromeが使えるので、パソコンやスマホのブックマークを同期可能。

タップしてからページの切り替わりにワンテンポ遅れる印象ですが、価格を考えると許容範囲です。

嬉しい日本語対応

OSCAL PAD60

当たり前だと感じるいかもしれませんが、日本語対応は嬉しいポイントです。

多くの中華製タブレットは日本語に非対応なので、日本語対応はそれだけで価値があります。

OSCAL PAD60

最初のシステム設定で日本語が選べるので、日本製のタブレットと遜色なく使用が可能です。

ベゼルは極太

OSCAL PAD60

ベゼルははっきりと確認できるほど太いです。

野暮ったい見た目なので、昨今のスタイリッシュなタブレットと比べるとガッカリすると思います。

OSCAL PAD60

厚みもiPadProと比べると厚いです。

ただ価格差が10万円以上ありますし、持ち運びしない自宅使いであれば、そこまで気にはなりません。

データ移行は簡単

OSCAL PAD60

データ移行は有線でも可能ですが、Googleにログインするだけで後はWi-Fi経由で可能です。

移行ツールなどが不要なので、データ移行に不安を感じている方でも安心して導入できます。

OSCAL PAD60購入がおすすめな人

OSCAL PAD60

OSCAL PAD60購入がおすすめな人は安価なAndroidタブレットが欲しい人です。

ゲームには全く向きませんが、動画やWeb閲覧には最適な機種です。

タブレット=iPadとなっておりますが、昨今の値上げによって気軽に買える値段では無くなっております。

1万円以下で購入できるタブレットは貴重で、サブ機やお子様向けのタブレットには最適と言えるでしょう

(まとめ)OSCAL PAD60レビュー

以上がOSCAL PAD60のレビューでした。

割り切った性能ですが、尖っているからこそ需要もあると感じます。

最後にメリット、デメリットをまとめて終わりにします。

メリット
デメリット
  • Androidタブレットとして最安クラス
  • フルHDの動画鑑賞なら快適
  • デュアルスピーカーで音も悪くない
  • 使いやすい10.型タブレット
  • 電池持ちが非常に良い
  • GMS搭載
  • 動作はかなりもっさり
  • 極太ベゼル
  • 付属アダプターが中華製仕様
  • 指紋認証や顔認証なし

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA



The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

目次