(登録のお願い!)Googleニュースで配信されております

Anker Nano Charging Stationレビュー!旅行、出張におすすめの電源タップ&充電器

景品表示法に基づき、当ページのリンクには広告が含まれています。
Anker Nano Charging Station
ゴーゴーシンゴおすすめのお得情報

開催中 メルカリ500ポイントプレゼント MWUBDW 入力

新サービス Amazonで漫画が無料で読める

待てば無料で続きも読める

今だけですよ

ガジェットブロガーのシンゴです(@go5shingo

ガジェットブロガーの特性上、充電機器が多すぎて毎日充電器不足に悩んでおりました。

たくさんのスマホ
スマホだけで4台ある

こんな充電器や電源タップ不足問題の救世主がAnker Nano Charging Stationです。

Anker Nano Charging Station

最大67W充電に2つのAC電源、4つのUSBポートと充電ステーションにふさわしい製品。

カフェに持っていくのはもちろん、旅行や出張にも大活躍すると思います。

今回はAnker Nano Charging Stationのレビューです。

Anker Nano Charging Station
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • USB-C × 2、USB-A × 2、電源コンセント × 2口とバランスの良い構成
  • 最大6台充電可能
  • コンパクトで持ち運びしやすい
  • 自宅の充電ステーションとしても便利
  • 最大67W充電できるのでラップトップPCのも充電OK
デメリット
  • カフェなどではコンセントが無いと活躍できない
  • 使用ポート数によって充電W数が変わるので注意
ゴーゴーシンゴ

充電器をコンセントをまとめたい願望が叶いますよ

Anker公式サイト
目次

Anker Nano Charging Stationのスペック

Anker Nano Charging Stationのスペック
Anker Nano Charging Station
サイズ10cm × 9.3cm × 1.9cm
ケーブル長さ約1.5m
重量約298g
カラーブラック / ホワイト / グレイッシュブルー
搭載ポートUSB-C × 2
USB-A × 2
電源コンセント × 2
USB-C出力最大67W
USB-A出力最大15W
Anker Nano Charging Stationのスペック

Anker Nano Charging Stationのスペック表はこんな感じ。

搭載ポートは合計6つあり、電源コンセントが2つある電源タップ兼USB充電器なのが特徴の商品です。

USB-CとUSB-Aによって最大充電W数が変わってくるので、より電力が必要な機器はUSB-C接続がおすすめです。

Anker Nano Charging Station(ブラック)
ブラック
Anker Nano Charging Station(ホワイト)
ホワイト
Anker Nano Charging Station(グレイッシュブルー)
グレイッシュブルー

カラーは3種類あり、定番のブラックやホワイトの他にグレイッシュブルーもあり、女性にも人気の出そうな可愛い色です。

その他、保証は24ヶ月ですがAnker公式ショップで購入すると保証が6ヶ月追加(合計30ヶ月)になるので公式ショップでの購入がおすすめです。

Anker公式サイト

Anker Nano Charging Station外観レビュー

ここからはAnker Nano Charging Stationの実機外観レビューです。

今回は爽やかカラーのグレイッシュブルーを選びました。

Anker Nano Charging Station

付属品関係は説明書などの他には特にありません。

Anker Nano Charging Station

本体の見た目はこんな感じで、やや正方形気味の電源タップにコンセントが付いている一体型になってます。

Anker Nano Charging Station

上部には合計1000W出力対応のAC電源が2つ付いております。

タップの間隔も広いので多少大きなコンセントを差し込んでも干渉しない配慮がされております。

下部にはLEDランプとメーカーロゴの記載があり。

Anker Nano Charging Station

正面にはUSB端子を4つ搭載しております。

構成はUSB-C×2(最大67W出力)、USB-A×2(最大15W出力)の構成です。

最近はUSB-C端子が増えておりますが、まだまだUSB-Aケーブルも使いたいって方には便利だと思います。

Anker Nano Charging Station

電源ケーブルは抜き差し不可の固定式になっております。

ケーブルだけ外して持ち歩きとかはできないので残念。

Anker Nano Charging Station

裏面には各種認証規格の記載とゴム足が四隅に配置されております。

ゴムの滑り止めが付いているので、デスクに設置してもズレたりはしません。

デスクに固定設置する活用方法もおすすめです。

Anker Nano Charging Stationの大きさ
Anker Nano Charging Stationの大きさ

大きさの実測は縦が99.9mm×横が81.5mmでした。

Anker Nano Charging Stationをスマホと大きさ比較

大きさもコンパクトでiphone 15と比べてもコンパクトです。

Anker Nano Charging Stationの重さ

重さは約300gでした。

スマホよりも少し重い程度、iPad mini6(293g)と同じ程度なので、毎日持ち歩いても苦にならない軽量さに仕上がってます。

Anker公式サイト

Anker Nano Charging Stationのメリット

ここではAnker Nano Charging Stationを使って感じたメリットを紹介します。

  • 最大67W給電可能でMacBook Proの充電が可能
  • 最大6台同時充電可能
  • 持ち運びにも便利な軽量コンパクト
  • ActiveShield 2.0搭載で安全性が高い

最大67W給電可能でMacBook Proの充電が可能

Anker Nano Charging Stationの電力
57.2Wで充電されていた

魅力はラップトップPCなどの大型機器に最大67W充電が可能な点です。

ただし、USB-Cポート単ポート使用時に限ります(他のポートと併用すると出力が落ちる)

今まで大型充電器を持ち歩いてた方は、高出力の充電器をカバンに入れる必要が無くなります。

以下が主な充電出力が必要な参考値です。

デバイスごとの最大充電速度

  • MacBook Pro(16インチ・カスタマイズ)→140W
  • MacBook Pro(16インチ・標準)→96W
  • MacBook Pro(14インチ・カスタマイズ)→96W
  • MacBook Pro(14インチ・標準)→70W
  • MacBook Pro(13インチ)→61W
  • iPad Pro(12.9インチ)→45W
  • iPad Pro(11インチ)→30W
  • iPhone→20W
  • Androidスマホ(一般的な機種)→30W
  • WindowsラップトップPC→65Wが多い
  • ワイヤレスイヤホン→5W

一部のMacBook ProやゲーミングPCなどを除いて大抵の機種はフルスピード充電ができます。

Anker Nano Charging StationとMacBook Pro

僕はMacBook Pro 14インチを使っておりますが、この充電器1つあればケーブル1本で充電ができます。

あと複数ポート使用時だと最大充電速度は落ちてしまいますが、PC側の負荷が少ないと充電W数もそれほど必要無いのでWeb閲覧程度であればスマホと同時充電して使うこともできます。

最大6台同時充電可能

Anker Nano Charging Stationは最大6台充電可能
カオスな6台充電

最大6台も充電できるのであれば、普通の人ならば家中にある機器を全て充電できると言っても過言ではないはず。

充電器を2つ追加すれば、合計で6台の充電が同時充電可能な充電ステーションが完成します。

AC側に刺す充電器を100Wや140Wなどの大型充電器を使えば、Anker Nano Charging Stationの弱点の67W以上の充電もできるので完全体になれますよ。

持ち運びにも便利な軽量コンパクト

Anker Nano Charging Station

充電器無しであれば、本体は300g程度と毎日持ち運ぶにしても苦にならないくらいの重さです。

電源ケーブルも束ねておくことができるので、意外とコンパクトに収納できます。

Anker Nano Charging Stationの持ち運び

カバンに直接放り込んでも良いし、ガジェットポーチにも入るくらいの大きさです。

出張や旅行などはもちろん、カフェに持ち運んでも大活躍できそうです。

ActiveShield 2.0搭載で安全性が高い

ActiveShield 2.0

安全性についても高い商品です。

PSE認証などの電気製品の安全規格はきちんと取得しているので、怪しい中華ブランドのような低品質の製品ではありません。

さらにAnker独自の安全技術ActiveShield 2.0にも対応しております。

ActiveShield 2.0→Anker独自の温度と接続端末の保護システムで24時間安全に保つシステム

安物製品を使って、火事になったりしたらシャレにならないので安全性の観点からも保護システム内蔵の充電器を選ぶのがおすすめと言えるでしょう。

Anker公式サイト

Anker Nano Charging Stationのデメリット

ここでは逆にAnker Nano Charging Stationのデメリットと言うか注意点も紹介します。

  • カフェなどではコンセントが無いと活躍できない
  • 使用ポート数によって充電W数が変わるので注意

カフェなどではコンセントが無いと活躍できない

モバイルバッテリー機能は無いので、電源コンセントが必須になります。

カフェなどで電源アリの席が取れないと使えなくなる可能性もあります。

ですので心配な方はモバイルバッテリーなども一緒に持ち運ぶことをおすすめいたします。

ゴーゴーシンゴ

自宅専用なら問題は無いので一部の人向けです

使用ポート数によって充電W数が変わるので注意

こちらは万人に対しての注意点です。

ポートは4ポートあるのですが、使うポート数によって充電W数が変わります。

単ポート使用時

Anker Nano Charging Stationのポート数による充電の違い

単ポート使用時が最もUSB-Cの出力が最も高いです。

  • USB-C→最大67W
  • USB-A→最大12W

単ポート使用時はMacBook ProなどのPCを充電したい場合にUSB-C端子を使うのがおすすめです。

逆にUSB-Aは単ポートで使っても12Wしか出せずに全く活かせないのでご注意ください。

2ポート利用時

Anker Nano Charging Stationのポート数による充電の違い

2ポート利用時はUSB-CとUSB-Aの組み合わせによって出力が変わります。

  • USB-C→最大45W
  • USB-A→最大15W(USB-Cを使わない組み合わせの場合)

ややこしいのがUSB-Aの出力です。

基本的には12W出力なのですが、USB-A端子を2つ使う場合のみ15W出力が可能になります。

3ポート利用時

Anker Nano Charging Stationのポート数による充電の違い

3ポート使用時はさらに複雑になります。

    • USB-C→最大45W(USB-Aを2つ使う場合)
    • USB-A→最大15W(USB-Cを1つ使う場合)

    ややこしいのがUSB-Cの出力が左右が違う点です。

    左側は20W右側が30Wと左右での出力が変わってきます

    3ポート使う時はタブレットなどは向かって右のUSB-C、スマホは左のUSB-Cに繋ぐと覚えましょう。

    4ポート利用時

    Anker Nano Charging Stationのポート数による充電の違い

    最後に4ポート使用時です。

    実は組み合わせがないので、4ポート使用時が1番分かりやすいです。

    • USB-C(左)→最大20W
    • USB-C(右)→最大30W
    • USB-A→それぞれ最大15W

    4ポート使用時でもUSB-Aは合計15W出力ができて、単ポート使用時の12Wよりも謎に出力が高いです(*あくまでも合計のW数)

    4ポート使用時がタブレットやスマホ、スマートウォッチやワイヤレスイヤホンなどのさまざまなデバイスをバランス良く充電できると思います。

    Anker公式サイト

    Anker Nano Charging Station購入がおすすめな人

    Anker Nano Charging Station
    ケーブルは縛れるので便利

    Anker Nano Charging Station購入がおすすめな人は以下だと思います。

    こんな方におすすめ

    • デスクの上の充電をまとめたい
    • 持ち運べる電源タップにUSB端子が付いてると嬉しい
    • 出張や旅行に持ち運べる充電器が欲しい

    こんな方が購入するとかなり便利だと思います。

    また電源ケーブルの長さが約1.5mあるのでホテルのコンセントが遠すぎて充電ができない場合の延長コードとしても使えます。

    価格も5,000円ちょっとと比較的買いやすい金額なので、追加で充電器を買う必要もなくコスパが高い商品です。

    Anker公式サイト

    (まとめ)Anker Nano Charging Stationレビュー

    以上がAnker Nano Charging Stationのレビューでした。

    自宅で充電ステーションとして使って、デスクをスッキリとまとめるのも良いし、持ち運び用のコンパクト電源タップ&USB充電器として使うのも便利です。

    1つあると大活躍するのでぜひチェックしてください。

    メリット
    デメリット
    • USB-C × 2、USB-A × 2、電源コンセント × 2口とバランスの良い構成
    • 最大6台充電可能
    • コンパクトで持ち運びしやすい
    • 自宅の充電ステーションとしても便利
    • 最大67W充電できるのでラップトップPCのも充電OK
    • カフェなどではコンセントが無いと活躍できない
    • 使用ポート数によって充電W数が変わるので注意
    ゴーゴーシンゴ

    ハイレベルなバランスの良い商品ですよ

    Anker公式サイト

    <追加購入おすすめ>

    柔らかい絡まないケーブルがあるとストレスフリーです

    Anker Nano Charging Station

    この記事が気に入ったら
    いいね または フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    この記事を書いた人

    ゴーゴーシンゴのアバター ゴーゴーシンゴ ガジェットブロガー

    ガジェットブロガーのゴーゴーシンゴです。
    Yahoo!ニュースエキスパートのモノ・ガジェット分野のクリエイターでもあります。
    企業からのレビュー依頼は250件以上実績あり。
    レビュー依頼受付中です!

    コメント

    コメントする

    CAPTCHA



    reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

    目次