【お願い】ゴーゴーシンゴのブログで指名検索してくださいね!

【1週間使用レビュー】povoを使って感じたメリットやデメリット

スマホ スマホ料金

【1週間使用レビュー】povoを使って感じたメリットやデメリット

auのネット申し込み専用プラン「povo」を使って1週間が経ちました。

povoを使って感じたちょっとこれは合う人・合わない人がいると感じる事がありました。

今回はauの新料金プラン「povo」を使って感じたメリットやデメリットを記事にいたします。

 

こんな方におすすめ

  • auの新料金プランpovoが気になっている
  • povoの使用クチコミレビューが知りたい
  • ぶっちゃけpovoに変えて後悔してないか気になっている
ゴーゴーシンゴ
新しい料金プランぶっちゃけ微妙だと思ってます。気になる方はぜひ続きをご覧くださいね

 

auの新料金プランpovoについておさらい

auのネット申し込み専用プラン「povo」の概要はこんな感じです。

povoのおさらい

  • 20GBで月額2780円
  • オプションはトッピングで対応
  • 5分以内かけ放題 月額550円
  • 通話かけ放題 月額1650円
  • データ追加1GB 550円
  • データ使い放題24時間 220円

 

povoの特徴は上記の通り。

docomoのahamoやソフトバンクのLINMOと同じく20GBで月額が3000円を切る料金プランになります。

ネット専用プランなので、ショップでの対応は一切してくれません(他社も同じ)

またキャリアメールも当然無し。

 

povo最大の特徴がトッピングと呼ばれるオプションの追加。

特にデータ使い放題24時間は他社には無い1番の特徴です。

 

1週間使ってわかったpovoの3つのメリット

auのpovoを1週間使って感じた3つのメリットは以下です。

ココがおすすめ

  1. auからの乗り換えが簡単
  2. データ残容量はすぐに反映されるので分かりやすい
  3. データ使い放題24時間はいざという時に安心

順番に紹介しますね。

 

1 auからの乗り換えが簡単

povoはauからの乗り換えは簡単です。

基本的にプラン変更扱いになるので、povoのサイトにログインして既存のauIDで申し込みするだけです。

 

またSIMの交換やapn設定も必要なく、iPhoneならすぐに使う事が可能。

その日にプラン変更扱いになるので、すぐに使いたい場合でも便利です。

ゴーゴーシンゴ
ahamoはSIMが届かないと使えないから不便だよ

 

2 データ残容量はすぐに反映されるので分かりやすい

povoにはpovoトッピングアプリが専用で用意されております。

povoトッピングアプリでは残りのデータ残量がほぼリアルタイムで反映されます。

 

すぐに今月どのくらいデータが使えるかわかるので非常に便利だと思いました。

 

データ使い放題24時間はいざという時に安心

データ使い放題24時間はpovoだけのオプションで非常に便利です。

例えば以下のような場合に便利。

  • 旅行
  • 出張
  • テザリングしまくる予定の日
  • カフェで作業を1日中したい日など

 

便利なのがテザリングも含めて24時間使い放題になる点です。

データの使い放題も申し込んだ時間から24時間なので、「これからデータを使うぞ」って時に申し込めるのが地味にありがたいですね。

 

1週間使ってわかったpovoのデメリット

povoを使ってわかったデメリットは以下です。

ココがダメ

  1. 5Gが使えないのは不便
  2. 電波は本家auと同じはずだが少し弱い
  3. アプリから1日事のデータ使用量がわからず不便
  4. 20GBのデータ容量はなんか中途半端

 

こちらも順番に紹介しますね。

 

1 5Gが使えないのは不便

povoは現時点(4月)では5Gに未対応です。

povoの5G対応は夏予定となっております。

 

5Gなんて使わないと思っているかもしれませんが、都内ではちょくちょく5Gの電波が飛んでいて使うと快適です。

しかもpovoだけ5Gが使えません!

ココがポイント

ahamoやLINMOはすでに5Gが使える

 

せっかくiPhone12 Proを買ったのに5Gが使えないのは不便だし、auはやる気がないと感じました。

 

2 電波は本家auと同じはずだが少し弱い

povoの電波はau本家と同じと言われておりますが、間違いなくau本家よりも電波は弱いです。

理由はauが4Gの電波帯(700MHz帯と1.7GHz帯)を5Gに転用している為と思われます。

 

上記でも書きましたが、現状povoでは5Gが使えません。

その為4Gのみの運用となり、転用されている5Gの電波帯を使えずに電波が弱いです。

 

僕はau本家を使っている時はアンテナピクトは常に4本でしたが、povoに変えてからは1〜2本しかアンテナが立たない日がほとんどでした。

ゴーゴーシンゴ
特に屋内はめちゃくちゃ電波弱いです

 

3 アプリから1日ごとのデータ使用量がわからず不便

povoのアプリってシンプルだけどできる事ってめっちゃ少ないです。

特に不便なのが、1日ごとのデータ使用量が振り返れないところ。

基本的にデータの残容量しかわからないので、格安SIMよりもアプリの使い勝手は悪いです。

ゴーゴーシンゴ
トッピングアプリは手抜きしすぎだと思うw

 

20GBのデータ容量はなんか中途半端

データ容量20GBってなんか中途半端なんですよね。

  • 多く使う人→足りない
  • あまり使わない人→余りまくる

 

結局多く使う人はauの本家プランを使った方がお得だし、あまり使わない人には多すぎてデータ容量が余る。

データ繰り越しがあれば便利ですが、povoはデータの繰り越しができません!

ゴーゴーシンゴ
個人的にはUQモバイルのくりこしプランがお得だと思ってます

 

個人的にはpovoよりもUQモバイルのくりこしプランがおすすめ

povoは20GBきっかりしか毎月使えないので、毎月の使用ギガが変わらない方におすすめです。

大半の人が毎月のスマホのギガ使用量が変動するはず。

多くの方におすすめなのがpovoよりもUQモバイルのくりこしプランです。

 

ココがおすすめ

  • くりこしプランS→3GBまで月額1628円
  • くりこしプランM→15GBまで月額2728円
  • くりこしプランL→25GBまで月額3828円

 

特におすすめなのが、くりこしプランM→15GBまで月額2728円です。

例えば今月5GBしかデータを使わなければ来月に10GB繰り越されて、トータルで25GB使えます

 

余ったデータ残量が繰り越されるので、povoよりもお得に使う事ができます。

 

ココがおすすめ

全国のau・UQショップでサポート付き

 

povoは何か問題があった場合には自力で解決しなければなりませんが、UQモバイルなら全国のau・UQショップがサポートしてくれます。

もしスマホを無くしたりした時に問い合わせができるので安心ですね。

 

ゴーゴーシンゴ
僕はpovoからUQモバイルに変更予定です。5Gにも夏から対応予定ですので楽しみです

リンク:UQ mobile

povo1週間使用レビューまとめ UQモバイルの方がおすすめと感じた

以上がaupovoのレビューまとめになります。

 

メリットは以下と感じました。

ココがおすすめ

  1. auからの乗り換えが簡単
  2. データ残容量はすぐに反映されるので分かりやすい
  3. データ使い放題24時間はいざという時に安心

ぶっちゃけあまり多くはないですね(笑)

 

続いてデメリットはこんな感じ。

ココがダメ

  1. 5Gが使えないのは不便
  2. 電波は本家auと同じはずだが少し弱い
  3. アプリから1日事のデータ使用量がわからず不便
  4. 20GBのデータ容量はなんか中途半端

 

デメリットの方が多いですね。

もしも大手3社の新料金プラン順位を付けるとしたらこんな感じかと。

  • ahamo(無料通話あり&5Gあり)→LINMO(5Gあり)→povo

トッピングしないとpovoの良さが出ないのでご注意ください。(5Gすら使えないし)

 

20GBプランってぶっちゃけ中途半端なデータ容量なので使いづらいです。

個人的にはpovoよりもUQモバイルの方がデータ繰り越しがあり魅力に感じました。

 

以上、レビュー終わりますね。

リンク:UQ mobile

 

関連記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゴーゴーシンゴ

ゴーゴーシンゴのブログ編集長 ▷カメラとガジェット、スマホ大好きなWebライター ▷ライター専門のオンライン講座「Writing Hacks」卒業生 ▷ブログ実績 Amazon単月売り上げ 91万 WEBの稼ぎ方と本当に使って良かった物だけを紹介するブログ ガジェットのレビュー依頼受付中です

-スマホ, スマホ料金
-