(登録のお願い!)Googleニュースで配信されております

TORRAS COOLiFY Airレビュー!2万円で買える最強のネッククーラー

景品表示法に基づき、当ページのリンクには広告が含まれています。
TORRAS COOLiFY Air
ゴーゴーシンゴおすすめのお得情報

開催中 メルカリ500ポイントプレゼント MWUBDW 入力

新サービス Amazonで漫画が無料で読める

待てば無料で続きも読める

今だけですよ

夏場は熱くて苦手なシンゴです(@go5shingo

以前にTORRAS COOLiFY Cyber ネッククーラーをレビューしましたが、お値段も5万円近くして万人にはおすすめできませんでした(ただし性能は抜群)

そんな価格を抑えつつ、性能に妥協していない商品がTORRAS COOLiFY Airです。

TORRAS COOLiFY Air

軽くて360°送風してくれる冷却プレート内蔵のネッククーラーです。

つけ心地も抜群で自由に角度固定ができるなど、まるでオーダーメイドのように人体にフィットします。

さらに温感モードもあるので、夏場だけでなく冬も使えるなどコスパに優れた商品

今回はTORRAS COOLiFY Airレビューのレビューです。

TORRAS COOLiFY Air
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 軽くて名前の通りAirのような感じ
  • 風量が強く涼しい
  • 伸縮自在なので性別問わずにフィットする
  • 見た目がおしゃれなので外で使ってもかっこ良い
  • 10Wの急速充電対応
  • 5000mAhの大容量バッテリーを搭載
デメリット
  • 持ち運び用のケースは付属していない
  • 調整は3段階のみで細かい調整はできない
ゴーゴーシンゴ

体感温度が-10度になると世界が変わりました

メーカーより提供を受けておりますが自由レビューです

目次

TORRAS COOLiFY Airのスペック

最初にTORRAS COOLiFY Airのスペックを紹介します。

TORRAS COOLiFY Airのスペック

ネッククーラーとはいえ、チップを搭載して温度制御してくれるのが特徴で単調に風を送り続けるだけではありません。

KU2.0温度制御チップにより最適な冷却と送風を実現します。

大型の冷却シートを内蔵しており、体を直接冷やすことにより効率的なクーリングを実現します。

冷却部分には244個の冷却粒子があり、首の後ろをヒンヤリとさせてくれます。

TORRAS COOLiFY Airのスペック

送風も360°全方位、上下同事に風を送ることにより顔だけでなく背中にも風が駆け抜けて体感温度をガッツリと下げます

TORRAS COOLiFY Airのスペック
カラーはホワイトとブラック

モードは3種類あり、送風のみ、冷房、暖房と季節に合わせて選択可能。

さらに3段階に出力調整ができるので、気温や電池残量に応じて自由に使えます。


TORRAS COOLiFY Air

冷却面積
4397mm²

バッテリー
5000mAh

モーター
低消費電力モーター

風量調節
ファン3段階、冷却3段階、加熱3段階 ファンと半導体は独立して動作可能
ケーブルUSB-C – USB-C 編組ケーブル
TORRAS COOLiFY Airのスペック

最後にスペックはこんな感じです。

5000mAhの大型バッテリーを搭載し、送風のみでしたら24h使える電池持ちを誇ります。

TORRAS COOLiFY Air外観レビュー

ここからはTORRAS COOLiFY Airの実機外観を紹介します。

TORRAS COOLiFY Airの付属品

まず同梱物はいたってシンプルです。

本体と説明書類、USB-Cケーブルのみとなります。

残念ながらキャリーケースは付属しておらず、キャリーケースが欲しい場合は上位モデルのTORRAS COOLiFY Cyber ネッククーラー購入がおすすめです。

TORRAS COOLiFY Airの編み込みケーブル

いいなって思ったのが、USB-Cケーブルが柔らかメッシュタイプのL字型になっている点です。

これだけで普通に買っても1,500円くらいしそうです。

TORRAS COOLiFY Air

今回レビューするのはホワイトカラーで爽やかな印象で見た目も涼し気です。

デザインは肩に乗せるネックマウントのような印象で、先端に向けて広がっております。

TORRAS COOLiFY Air

先端部分には大型のファンを搭載。

風量も前作より120%アップとさらに強力になっております。

TORRAS COOLiFY Airの押しボタン

右側面にはLEDインジケーターとボタンがあります。

ボタンは電源オン(送付モード)、冷風モード、温風モードの3つを物理ボタンで切り替えます。

なお上位機種のようにアプリでのBluetooth操作には対応していないので注意。

TORRAS COOLiFY Airの冷却部分

首の部分はプラスチック素材では無く、冷感素材に変更になってました。

ちょうど首裏が冷やされて、ピタッとくっつけるだけで気持ちよくなります。

TORRAS COOLiFY Air

裏面は無数の穴が空いていて、デザインのアクセントにもなってます。

TORRAS COOLiFY Air

上からみると大量に穴が空いていて、首の周りから風が吹き出す構造になってます。

大型ファンを搭載しているので、風量が強くとにかく涼しいです。

TORRAS COOLiFY Air

先端部分もシャワー状に風が吹き出す構造。

TORRAS COOLiFY Air

こちらが裏面になります。

上下に風が出る仕組みなので裏面にも風穴が空いており、背中や首したにも風が降り注ぐ仕組みです。

TORRAS COOLiFY Air

左側の見えない位置には、認証規格の記載もあり安心して使えると思います。

TORRAS COOLiFY Airの充電部分

右裏部分はUSB-C充電端子があり、ここから急速充電が可能です。

TORRAS COOLiFY Air

最後に重さですが385gと非常に軽いです。

首に巻きつけるように付けるので、使用時はほとんど重さを感じません。

TORRAS COOLiFY Air使用レビュー

ここでは実際にTORRAS COOLiFY Airを使用した感想をシェアします。

  • 3つのモードで1年中使える
  • 風量が強くて涼しい
  • 音は最大にすると少しうるさい
  • ネックバンドがガバっと開く
  • 急速充電対応&電池持ちが良い
  • 持ち運びもコンパクト

3つのモードで1年中使える

TORRAS COOLiFY Airの送風モード

モードは3つあり、色で判別可能です。

まず電源ボタンを押すと緑色にランプが付きます。

こちらは送風モードで風のみが出るネックファン機能になります。

風量も大きくてこれだけでも非常に涼しいです。

TORRAS COOLiFY Airの冷却モード

真ん中のボタンを押せば冷感モードになります。

こちらは筐体も冷えて冷風と冷感を同事に行い、他社のネックファンには真似のできない速度で体感温度を下げてくれます。

TORRAS COOLiFY Airの温感モード

端っこの太陽マークは温感モードになります。

温風が出るのでネックウォーマーとしても使えるので冬場はマフラーいらずで活躍できそうです。

風量が強くて涼しい

実際の風量は動画を見ていただければイメージが付きやすいと思います。

風が首の周り全体から出るので首、肩、胸、背中と風が駆け抜けます。

こちらの動画の風量は3段階中2ですが、これでも十分に涼しいので真夏になればさらに最強にすれば涼しくなります。

音は最大にすると少しうるさい

TORRAS COOLiFY Airの騒音

音量はだいたい60db程度と近寄って聞くと少しうるさいと感じるかもです。

だいたい60dbの音量が静かな声で会話する程度の音量らしいので、静かな環境だとファンのノイズがはっきりと聞こえます。

逆に電車内などで使っても電車の雑音などでファンのノイズが消されるので、隣で使っていても音が気になることは少なそうです。

ネックバンドがガバっと開く

TORRAS COOLiFY Air
閉じたとき
TORRAS COOLiFY Air
開いたとき

ネックバンドはガバっと開いて最大で120度開きます

形状記憶のように一度固定すれば形を覚えて首にフィットしてくれます。

首に巻き付けるようにフィットするので男女問わずどんな人にも合うので、今までネックファンの大きさが合わずにストレスを感じてた方におすすめです。

急速充電対応&電池持ちが良い

TORRAS COOLiFY Airの急速充電

充電はUSB-Cの10Wの急速充電に対応しております。

ただ上位機種のTORRAS COOLiFY Cyber は20Wの急速充電(1.2hで80%充電)なのでそれと比べると充電時間が長くかかります(だいたい2hくらい)

ただ寝る前に充電をしっぱなしにするなどすれば、違いはありません。

また電池持ちが良いのも特徴です。

TORRAS COOLiFY Airの稼働時間

電池持ちはモードと強さ(3段階から選べる)によって変わってきます。

  • 送風のみ→24h〜7h
  • 冷感のみ→6h〜4h
  • 暖房のみ→6h〜4h
  • 冷風→4h〜2.5h

1番メインで使うのが冷風モードで最大で4hほどの充電持ちです。

これだけ見ると大したことないと思うかもですが、氷枕のような冷感が4hも続くのでずっと付けていると強烈に寒くなります

真夏でMAXパワーで使っても2.5hは持つので外出時の歩いてる時などに使って、電池が無くなればモバイルバッテリーなどで給電もできるので使い勝手も良いと思います。

持ち運びもコンパクト

TORRAS COOLiFY Airの持ち運び

キャリーケースは付属しておりませんが、ヘッドホンのようにキュッと絞ってコンパクトにできる為、持ち運びもしやすいです。

サッと取り出して、使い終わったらバッグに収納する。

またはDJスタイルで首掛けにしておいても問題ないので、自宅で使うのはもちろん外出時も大活躍しました。

TORRAS COOLiFY AirとTORRAS COOLiFY Cyberどっちがいい?

TORRAS COOLiFY Air
TORRAS COOLiFY Air
TORRAS COOLiFY Cyber
TORRAS COOLiFY Cyber

ここではTORRAS COOLiFY Airと上位機種のTORRAS COOLiFY Cyberどちらがおすすめかについて書きます。

TORRAS COOLiFY AirTORRAS COOLiFY Cyber
冷却素子数244個732個、366ペア
冷却プレート背面背面と側面
風量調整3段階100段階
送風口位置側面上下側面上下、首元上下
キャリーケース無し付属
アプリ対応無し対応
重さ385g495g
稼働時間(冷却モード)4h2.8h
Amazon実売価格(割引前価格)21,800円49,800円
TORRAS COOLiFY AirとTORRAS COOLiFY Cyberのスペックの違い

それぞれのスペックを比較すると、上位機種のTORRAS COOLiFY Cyberのほうが性能が高いです。

涼しさで言えば正直どちらも涼しいのですが、TORRAS COOLiFY Cyberのほうは超涼しいって感じです。

ただ全てにおいて上位機種が良いわけではなく、Airの方は軽さにアドバンテージがあり100g以上も軽いのでつけ心地がより気軽で持ち運びにも適してたりします

さらに価格も倍以上違うので、コスパを考えるとAirもおすすめだったります。

もしも僕が選ぶならこんな感じ。

こんな選び方はどう?

こんな感じで選べば大丈夫です。

あとはデザインとか、年齢(若い方はAir、お金出せる人はCyber)とかになると思いました。

ゴーゴーシンゴ

どっち買っても後悔はしないと思います。

(まとめ)TORRAS COOLiFY Airレビュー

以上がTORRAS COOLiFY Airのレビューでした。

上位機種のCyberと比べても圧倒的に劣るわけではなく、むしろ必要機能がまとまって軽くなりコスパが良いように感じます。

非常に涼しいネックファンなので夏場がめちゃくちゃ快適になります。

最後にメリット、デメリットをまとめて終わります。

メリット
デメリット
  • 軽くて名前の通りAirのような感じ
  • 風量が強く涼しい
  • 伸縮自在なので性別問わずにフィットする
  • 見た目がおしゃれなので外で使ってもかっこ良い
  • 10Wの急速充電対応
  • 5000mAhの大容量バッテリーを搭載
  • 持ち運び用のケースは付属していない
  • 調整は3段階のみで細かい調整はできない
ゴーゴーシンゴ

1つあれば暑さも寒さも困りませんよ

TORRAS COOLiFY Air

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ゴーゴーシンゴのアバター ゴーゴーシンゴ ガジェットブロガー

ガジェットブロガーのゴーゴーシンゴです。
Yahoo!ニュースエキスパートのモノ・ガジェット分野のクリエイターでもあります。
企業からのレビュー依頼は250件以上実績あり。
レビュー依頼受付中です!

コメント

コメントする

CAPTCHA



reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

目次