【キャノンEOS R徹底レビュー】 X-T3と比べて良かった事

カメラ

【キャノンEOS R徹底レビュー】 X-T3と比べて良かった事

2020年10月6日

富士フィルムのX-T3からキャノンのEOSRに乗り換えました。

 

主な使用用途はポートレートです。

XーT3とEOS Rを両方使った感想ですがEOS Rの方が良かったです!

 

あまりの良さに以下のようなツイートをしてしまいました。

 

 

ただ全てにおいてEOS Rが良かったわけではない。

 

今回は4年半富士フイルムユーザーがEOS Rに乗り換えて良かった所、X-T3のほうが良かった点をレビューいたします。

 

こんな方におすすめ

  • X-T3かEOSRどちらを買うか迷ってる方
  • EOSRのレビューが見たい方
  • APS-Cからフルサイズの移行を考えている方
  • 富士フイルムとキャノンどちらを買おうか悩んでる方

 

ゴーゴーシンゴ
ぜひ最後までご覧くださいね!

 

 

X-T3と比べてEOS Rの良かった所

AFは断然EOSRが速い

AFのスピードですが体感ではこれ位違います。

 

ポイント

EOS R>>>>>>>>>>X-T3>>>>>X-T2

 

X-T3は富士フイルムの中ではAFは速い機種です。

 

しかしキャノンを使ってあまりのAFの速さにビックリしました。

 

もうカメラ任せでAFがスパスパ決まっていく・・・。

 

富士フイルムとキャノンはAFスピードの次元そのものが違いました。

 

瞳AFの速さと正確さも断然EOSR

X-T3と比べ物にならないくらい瞳AFは正確で速いです。

 

例えば以下のように違います。

 

ポイント

X-T3 顔認識すらしないシチュエーション

EOS R 瞳AFが普通に作動する

 

しかも瞳AFは速いのに、食らいついたら瞳をずっと追いかけてくれます。

 

X-T3だと3テンポくらい遅れて瞳AFが抜けていくイメージです。

 

これだけでもポートレート用途で購入した甲斐がありました。

 

 

高感度性能はF4レンズでISO8000くらいまでは許容範囲

こちらの写真ISOいくつだと思いますか?

 

なんとISO10000です!レンズはF4です。

 

ブログ用に圧縮してるので画質劣化はしておりますが、全然イケると思ってます。

 

もし同じF4レンズで暗い室内を撮影したらAPS-Cだとこんなに綺麗には撮影できません。

 

もしF4レンズで暗い室内を撮影したら以下くらいの差がでます。

ポイント

APS-C           ISO3200が許容範囲

フルサイズ ISO10000が許容範囲

 

このくらいフルサイズセンサーは余裕があると感じました。

 

暗い室内を撮影するなら断然フルサイズですね。

 

 

ポートレートで写真確認に便利。背面液晶は綺麗

EOSR X-T3
液晶モニター 3.15型約210万ドット 3型約104万ドット

背面液晶の解像度は2倍違います。

 

再生した写真を見ると綺麗さが段違いでした。

 

特にポートレート撮影ではモデルさんに液晶で確認してもらうので、綺麗に再生されるかどうかが超重要なんです。

 

撮影した写真だとモデルさんのテンションも上がるので液晶モニターは綺麗な事は重要です。

 

 

ファインダー情報が整理されていて見やすい

EVFは同じ369万ドットです。

 

X-T3と同じなのですが、キャノンのファインダー情報が整理されていて見やすいです。

 

特に白トビ警告表示がリアルタイムで確認出来るのが便利だと感じました。(T3は出来るか不明)

 

 

白が白として綺麗に映るカメラ

何言ってるの?って思うかもしれませんが、カメラで白を白として写すのって難しいです。

 

大抵は灰色っぽい色に変換されて写ります。

 

白背景やカーテンの色がくすんで写るイメージ。

 

EOS Rは白は白として表現してくれるのでとても満足してます。

 

白ホリの撮影スタジオでも綺麗なポートレートが撮影出来ると思う。

 

オートホワイトバランスはかなり優秀ですね。

 

 

グリップは深くて握りやすい

EOS Rのグリップ深くて持ちやすいです。形状も指に周りこむように作られてる。

 

自然と握った時のグリップの形状を研究してるんだと思います。

 

大抵の人は縦グリ無しで問題ないはず。

 

また、X-T3のグリップよりも深いと感じました。

 

好みの問題はありますが断然EOS Rのグリップが良いです。

 

 

FVモードが凄く便利

FVモードとはEOS Rから搭載された新しいモードです。

 

従来の応用撮影モード「P(プログラムオート)/A(絞り優先)/T(シャッタースピード優先)/M(マニュアル or ISO オート)」の全て一括して操作できるキヤノン撮影モードの新機軸

キヤノンの新しい撮影モード「Fv」の使い方とコツ【EOS Rレビュー】

 

簡潔に言うと、プログラムオートの状態から各種設定値を自由に変更可能なモードです。

 

例えば、ISOだとオートにしてシャッタースピードと絞りはマニュアルにするなどの色んな組み合わせで撮影が可能です。

 

オートとマニュアルの良いとこどりなので、EOS RにしてからはFVモードしか使わなくなりました。

 

 

メニュー構成が分かりやすい

キャノンのメニューって分かりやすく整理されてます。

 

さすがNO1メーカーだけあってどこに何があるかが分かりやすい。

 

あと嬉しいのがメニューはタッチ操作に対応している点。

 

ワンタッチで設定を変更出来るので、グリグリとダイヤルを回して設定変更しないので楽です。

 

 

シャッターが軽く押しやすい

シャッターはX-T3と比べて全然違う。

 

X-T3 ・・・ガシッと押し込まないとシャッター切れない。長時間は疲れる。

EOS R・・・軽く指を触れる感じでシャッターが切れる。指が疲れない。

 

指にストレスを感じないシャッターフィーリングって非常に大事です。

 

 

シャッター音がめっちゃ好み

完全に好みの問題だが、EOS Rのシャッター音はとても心地よい。

 

X-T3のシャッター音は大きくて気持ちの良いものだったが、少し振動が大きかった。

 

 

電源OFF時にシャッター幕が保護が超助かる

EOS R系から初登場した、シャッター幕が閉まるシステム。

 

これセンサーにホコリが入らなくて便利です。

 

とにかくレンズ交換が安心して出来る。

 

他社にも採用して欲しいシステムですね。

 

 

サードパーティーレンズが豊富で魅力

富士フイルムってタムロンやシグマの高性能レンズが無いんです。

 

マウントアダプター 経由では一部のレンズは付けられますが、専用設計で無いので動作が怪しいレンズが多い。

 

その点Canonはサードパーティーのレンズが豊富で嬉しいですね。

 

富士フイルムの時にうらやましかった点です。

 

今はタムロンの35-150F2.8-4.0の大きなズームレンズを付けています。

【レビュー】ポートレート用ズームレンズ「TAMRON 35-150mm F/2.8-4 Di VC OSD」

続きを見る

 

EOS Rボディ

値段を見てみる

※カメラのキタムラ

 

 

X-T3と比べてEOS Rが微妙と思った点

私がフジフィルムX-T3を選んだ理由!フルサイズにも負けないAPS-C最強のカメラ | 東京 CAMERA BLOG

画質は富士フイルムの方がネガライクで好みかもしれない

やはり富士フイルムの画質って良いですね。

 

ちょっとフィルム風のネガライクな写真が撮れます。

 

違いはこんな感じです。

 

富士フイルム・・・・ちょっとフィルム風の懐かしさを感じる写真

Canon・・・デジカメらしいコッテリとした写真

 

好みの問題もありますが、富士フイルムの画質はポートレートにも相性が良かったんだなと思いました。

 

 

フィルムシュミレーションはやっぱり楽しい

富士フイルムの1番の売りのフィルムシュミレーションは凄かったです。

 

プロビア、ベルビア、プロネガ、クラシッククローム等まるでフィルムを入れ替えて撮影する気分が味わえました。

 

Canonは標準、ポートレート、風景など普通の名称なので楽しさは特に無いですね。

 

ここは富士フイルムの大きなアドバンテージに感じます。

 

 

モノクロはACROSがある富士フイルムの方が断然良い

モノクロ写真は断然富士フイルムが良いです。

 

特にACROSが素晴らしすぎる・・・!

 

誰でも簡単にカッコイイ写真が撮れます。

 

富士のACROSを使っていたら、Canonのモノクロは使う気になれませんでした。

 

【写真作例】富士フイルムのACROSの紹介。ポートレートはモノクロでカッコよく。

続きを見る

↑富士フイルムのACROSで撮影したポートレート作例です

 

 

RFレンズ高すぎる問題

はじめから分かっておりましたが、RFレンズが高すぎますね。

 

今の所1本も持っておりません!

 

近々発売が噂されているRF50f1.8が10万円以内で発売されたら魅力なのですが、アマチュアには買えるレンズが少ないですね。

 

その点富士フイルムの単焦点は性能や価格も素晴らしかったです。

 

 

大きさはやっぱり軽い方が良い

APS-Cとフルサイズでは大きさその物がやはり違いますね。

 

出かける時にカメラを気軽に持っていけるX-T3はやっぱり良かったです。

 

あとポートレートを撮影した後の疲労感が全然違います。

 

フルサイズは重いのでやはり疲れます。

 

 

オートプレビュー はX-T3の方が速い

最後にEOS R最大の欠点をあげます。

 

ココがダメ

写真再生のオートプレビュー が遅すぎる

 

YouTuberで光の魔術師のイルコさんも言ってますが、写真のオートプレビュー がめちゃくちゃ遅いです。

 

普通に使い物になりません。

 

僕は仕方ないのでオフにして使ってます。

 

 

EOS RはX-T3どちらを買うべきか?

 

EOS Rを買うべき人

当ブログの結論は、基本的にX-T3よりEOS Rの方がオススメです。

 

特に以下の方には満足出来ると思います。

 

・ポートレート撮影をしている

・AFは速い方が良い

・瞳AFの性能を重視する

・ホワイトバランスはカメラ任せでサクサク撮りたい

・純正のレンズにこだわらない

・夜間撮影や高感度撮影が多い

・フルサイズに魅力を感じる

 

EOS RはさすがNO.1メーカーのCanonが作っただけあって凄かったです。

 

ポートレートでも凄まじい性能でした。

 

X-T3を買うべき人

X-T3も決して悪いカメラではないです。

 

4年半富士フイルムを使ってきて、特に以下に魅力を感じる方にはオススメです。

 

・フィルムシュミレーションに魅力を感じる

・フィルム風の写真が好み

・純正の単焦点レンズを使ってみたい

・モノクロ写真を撮りたい

 

X-T3については以下の記事で詳しくレビューしておりますのでぜひご覧ください。

富士フイルムX-T3長期使用ガチレビュー!29個の良い点・悪い点で紹介

続きを見る

 

ゴーゴーシンゴ
最後まで見て頂いてありがとうございました!EOS Rサイコーです。

新品・中古あり

カメラのキタムラを見る

※分割でも購入可能

EOS Rのレビューはコチラ
【レビュー】EOS Rを今更買う4つの理由!2022年コスパ最強のミラーレスカメラ

続きを見る

RFマウントのおすすめレンズのレビューはコチラ
【ポートレート】おすすめRFマウントレンズ!ポトレ作例付きで現役カメラマンが解説

続きを見る

こちらの記事もおすすめです

2022年5月20日

yeediモップステーションレビュー!QOL爆上がりのモップ洗浄まで全自動のロボット掃除機

掃除機は昔ながらのキャニスター式を使っているシンゴです。 今までロボット掃除機が気になってましたが、なんか信用できなくて食わず嫌いしてました。 すぐつっかえたり、段差から落ちそうでアホな子のイメージでした。 そんなロボット掃除機未経験の僕ですが、メーカーさんからお声がけ頂きまして試す機会が出来ました。 商品名がyeedi(イーディー)モップステーションです。 商品の特徴がモップ掛けから水洗い、乾燥までをを自動でこなす近未来を感じるロボット掃除機でした。 はじめてロボット掃除機を使いましたが、結論は最高でし ...

ReadMore

2022年5月20日

PITAKA iPad Pro/Air MagEZ Case 2レビュー!Magic Keyboardも使える最強保護ケース

iPad Pro/Airの最強ケースがPITAKAより発売されました。 こんにちはシンゴです。 iPad Pro/Airを使う上で外せないのが、Magic Keyboardの存在。 文字を書くのはもちろん、マウス操作や充電機能など活躍の幅は非常に広いんです。 しかし問題になるのが、Magic Keyboardに対応するケースが少ない問題。 Magic Keyboardを使う時にいちいちケースを取り外したり、付けたりするのは非常に面倒です。 付け外しの手間を減らす画期的なアイテムが「PITAKA MagEZ ...

ReadMore

2022年5月20日

OPPO Reno5Aレビュー!2021年コスパ最強の5Gスマホの決定版

OPPO Reno5A期待して無かったですが、メチャクチャ良いです。 価格も39600円で購入可能。 新規・MNPは21600円引きの18000円とさらに激安。 この金額で5G、おサイフケータイ、指紋認証、顔認証、防水と至れり尽くせりのモデルになってます。 メインでiPhone 12Proを使っているんですが、普通に乗り換えを検討するほど快適でした。 その時のTwitterが以下。 OPPO Reno5A結構いいですね これは全国民におすすめしたいレベル pic.twitter.com/rd5MhRV74 ...

ReadMore

2022年5月20日

【2022年】iPhoneにおすすめのアクセサリー・周辺機器(iPhone13対応)

こんにちは、iPhone12 Proユーザーのゴーゴーシンゴです。 先日iPhone12 Proの徹底レビューをしました。 iPhoneは単独で使うよりも様々な周辺機器やアクセサリーと組み合わせると何倍も便利で快適になります。   そこで今回はiPhoneにおすすめのアクセサリー・周辺機器をお伝えいたします。(iPhone13対応) ゴーゴーシンゴどれもガジェットマニアが厳選しておすすめする商品ばかりです。ぜひ最後まで見てね   ココがポイント Anker PowerPort III ...

ReadMore

2022年5月20日

【レビュー】HyperX Solocast はコスパ最強の単一指向性USBマイク

評価おすすめ HyperX Solocast小さいのに音質めっちゃ良い! HyperXより3/1に発売されたUSBコンデンサーマイクSolocast。 価格は7980円。 このマイクのスゴイ所は低価格、コンパクト、音質良しとコスパ最強のマイクとなっている。 在宅ワークやテレワーク、ゲーム配信などマイクデビューにピッタリな商品と言えるだろう。 こんな方におすすめ コンパクトで音質の良いコンデンサーマイクを探している 在宅ワーク、テレワークで使えるコスパの良いマイクが欲しい ゲーム配信や実況で使えるカッコいい ...

ReadMore

2022年5月20日

【ポートレート】おすすめRFマウントレンズ!ポトレ作例付きで現役カメラマンが解説

困ってる人RFマウントレンズでおすすめのレンズが知りたい   こんな悩みを解決いたします。 作例も豊富に紹介しております。   この記事を読めばポートレートにバッチリなRFレンズが全て分かりますよ。   ゴーゴーシンゴポートレート撮影歴8年の僕が超おすすめレンズを紹介します   【作例付き】ポートレートで使いたい!おすすめRFマウントレンズ ポートレートで使いたい、RFレンズのおすすめランキングを紹介いたします。 どれも素晴らしいレンズばかりですので、ぜひ最後まで見 ...

ReadMore

2022年5月20日

【デスクツアー】ガジェットブロガーおすすめする在宅ワークに便利なアイテム27選

困ってる人在宅ワークしているけど自分に合ったデスク用品がわからないよ   今回は会社員ブロガーの愛用するオススメガジェットをご紹介いたします!ゴーゴーシンゴ   この記事でわかる事 ・在宅ワーク会社員兼ブロガーがオススメするガジェット ・実際に使って肩や目の疲れに効果があった物 ・効率的にリモートワークを進められる安くてコスパの良い物   テレワークリモートワークを快適・便利にするガジェット27選 ここではブロガーが愛用するテレワーク・リモートワークを快適にする便利ガジェット ...

ReadMore

Amazon購入で損したくない方へ

 

Amazonで1円でも損したくないなら

Amazonの通貨でもあるAmazonギフト券の購入チャージをおすすめします。

現金でチャージするたびチャージ額 x 最大2.5%分のポイントがもらえます。

Amazonプライム会員30日間無料登録なら使わないと損しますよ!

まとめてチャージがお得

Amazonギフト券をチェックする

最短1分で完了

期限は10年なので使い切れない心配なし

期間限定開催

Kindle Unlimitedキャンペーン 2ヶ月99円で利用可能!1,861円もお得になります!!

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゴーゴーシンゴ

ガジェットブロガー、評論家 ▷カメラとガジェット、スマホ大好きなガジェッター ▷ガジェットレビューが中心 ▷元カメラメーカー勤務でポートレートカメラマン ガジェットのレビュー依頼受付中です(お問い合わせからお気軽にどうぞ)

-カメラ
-,