【お願い】ゴーゴーシンゴのブログで指名検索してくださいね!

OPPO Reno5Aレビュー!2021年コスパ最強の5Gスマホの決定版

Android おすすめ記事 スマホ

OPPO Reno5Aレビュー!2021年コスパ最強の5Gスマホの決定版

OPPO Reno5A期待して無かったですが、メチャクチャ良いです。

価格も39600円で購入可能。

新規・MNPは21600円引きの18000円とさらに激安。

この金額で5G、おサイフケータイ、指紋認証、顔認証、防水と至れり尽くせりのモデルになってます。

メインでiPhone 12Proを使っているんですが、普通に乗り換えを検討するほど快適でした。

その時のTwitterが以下。

 

こんな方におすすめ

  • そろそろ5Gスマホが欲しい
  • おサイフケータイ、指紋認証、防水は絶対にゆずれない
  • コスパが良くサクサク動くスマホが欲しい

こんな方にはOPPo Reno5Aはメチャクチャおすすめです。

ゴーゴーシンゴ
18000円で買える性能ではありません。全員買った方がいいレベルでおすすめですよ

PayPayボーナス3000円付き

OCNモバイルのDSDVSIMフリー版はこちら:OCN モバイル ONE

 

OPPo Reno5Aのスペック紹介

性能OPPO Reno5 A
CPUCPUオクタコア2.4GHzx1+2.2GHzx1+1.8GHzx6 Snapdragon 765G
RAM6GB LPDDR4x
ROM128GB
ディスプレイ6.5インチ / リフレッシュレート90Hz
解像度2400×1080 Full HD+、画面比率20:9
背面カメラメイン6400万画素(F値1.7、6枚レンズ)
超広角800万画素(F値2.2、5枚レンズ)
マクロ200万画素(F値2.4、3枚レンズ)
モノクロ200万画素(F値2.4、3枚レンズ)
前面カメラ1600万画素(F値2.0、5枚レンズ)
電池容量4000mAh
サイズ162 × 74.6 × 8.2mm
重さ182グラム
連続待受350時間
充電時間130分。(18Wの急速充電対応 / Quick Charge 2.0 / USB Power Delivery 2.0 / 充電器は同梱されてません)
本体カラーアイスブルー、シルバーブラック
発売日2021年6月3日

OPPO Reno5AはSnapdragon 765Gを搭載したミドルスペックスマホです。

6.5インチの液晶ディスプレイを搭載。

リフレッシュレートは90HzとiPhoneよりも残像感が少ない性能です。

電池残量は4000mAhと大容量を搭載。

急速充電に対応しているので、大容量バッテリーでも待ち時間少なく充電が可能です。

おサイフケータイ、防水、指紋認証、顔認証と便利な性能を取り揃えております。

 

OPPo Reno5Aの外観レビュー

OPPo Reno5Aのパッケージは可愛いチョコミント色です。

数字で「5」と書かれていて、オシャレに感じました。

ちなみに今回レビューする機種は「アイスブルー」です。

 

箱を開けるとこんな感じです。

黒い箱に「OPPO」と書いてあります。

今までは安いイメージがありましたが、高級感を感じるパッケージになっておりました。

付属品はとってもシンプルです。

  • 本体
  • 説明書
  • クリアケース

注意点として充電器やUSB-Cケーブルは同梱されておりません。

別途購入する必要がありますので、持ってない方は最初に購入しておきましょう。

写真が暗くなってしまってすいません。

背面はこんな感じです。

カメラは4眼構成のカメラです。この価格帯にしてはメチャクチャ頑張ってます。

カメラ構成は以下。

  • メイン6400万画素(F値1.7、6枚レンズ)
  • 超広角800万画素(F値2.2、5枚レンズ)
  • モノクロ200万画素(F値2.4、3枚レンズ)
  • マクロ200万画素(F値2.4、3枚レンズ)

特にメインカメラが6400万画素と圧倒的な高精細を誇っているのが特徴。

 

続いてカメラの横には指紋認証ボタンがあります。

画面内指紋認証ではありませんが、個人的には背面の指紋認証の方が好みですね。

 

背面のカメラの出っ張りはそこまでありません。

付属のクリアケースを付ければ、きちんと保護されるので気にならないですね。

OPPO Reno5Aの重さは183gです。

付属のクリアケース混みだと203gでした。

重さは全然気にならないですね。

あと20.9の画面サイズは横幅が狭いので思った以上に持ちやすい端末です。

 

底面にはイヤホンジャックを搭載しております。

有線イヤホンがない方には嬉しいですね。

充電端子はUSB-C端子。

スピーカーは残念ながらモノラルスピーカーです。

 

OPPO Reno5Aのカメラ性能

最大6400万画素クアッドカメラを搭載の「OPPO Reno5 A」

OPPO Reno5Aはカメラで選ばれたいスマホとメーカーがうたっているので、カメラ性能にはかなり力を入れております。

ここではOPPO Reno5Aで撮影した写真を載せていきますね。

 

メインカメラ撮影写真

夜の秋葉原を撮影しました。

まずは通常のカメラモードで撮影。

色乗りも自然な感じで綺麗に撮影できていると感じました。

また夜でも手ぶれ補正がかなり効くので問題なく写真が撮れました。

シャッターのタイムラグも少なくて非常に使いやすいですね。

 

AIシーン強化オンで撮影

OPPO Reno5AはAIシーン強化モードがあります。

撮影する被写体をAIが自動的に認識して最適な(?)色合いにしてくれます。

例えば上の画像は「ブルースカイ」と認識されました。

実際の空は水色ですが、かなり青くなっており映える写真が簡単に撮影できます。

 

ナイトモードで撮影

続いてナイトモードで撮影しました。

ぶっちゃけ通常撮影モードと変わりません。

むしろシャッタースピードが遅くなりすぎて、真ん中のバイクがブレてますね。

あと写真の撮影時間と処理時間が5秒くらいかかるので、正直微妙だと感じました。

 

ポートレートモードで撮影

ポートレートモードで撮影しました。

被写体から2mくらい離れないと使えないのは少し不便ですね。

フィギアにピントを合わせましたが、あまりボケないですね。

iPhoneやGalaxyのポートレートモードの方が断然ボケると感じました。

ゴーゴーシンゴ
ちなみに色味は自然な感じで良いですね

 

マクロ撮影機能で撮影

OPPO Reno5 Aはマクロ撮影に対応しております。

最短撮影距離が4センチ以上なのでかなり接写できます。

例えば100円玉を撮影するとこんな感じ。

ブログ用に画質をかなり落としておりますが、画面一杯に撮影することが可能。

物撮りカメラとしても優秀なスマホです。

 

その他のカメラ機能

OPPO Reno5Aは他にも以下のカメラ機能があります。

  • 超高解像度→約1億画素のめっちゃ綺麗な写真が撮影できる
  • アウトイン同時動画撮影→インカメとアウトカメラで同時に動画撮影
  • スローモーション
  • パノラマ
  • エキスパート→一眼のようにカメラの設定が可能
  • インカメラ→2500万画素の高精細セルフィー搭載

 

OPPO Reno5A動画性能について

OPPO Reno5 Aは4K30fps、フルHD 60fpsに対応しております。

OPPO Reno5Aの動画性能はかなり良いですね。

手振れ補正がよく効きます。

夜間の手持ちで歩いても映像がほとんどぶれませんでした。

動画のノイズも少ないのでiPhoneより画質が良いかもしれませんね。

特にスーパー手振れ補正モードをオンにするとブレが少ないGoProみたいな映像が撮影できます。

静止画だけでなく、動画も強いので動画スマホとして購入するのもおすすめですね。

ココに注意

動画撮影中に広角→超広角へのカメラの切り替えはできません

動画撮影中はデジタルズームのみ対応となります。

とは言え、価格的にはかなり満足できると思います。

 

ゴーゴーシンゴ
カメラ機能にはかなり力を入れてる印象ですね

 

OPPO Reno5Aを使って感じたメリット

OPPO Reno5Aを使って感じたメリットは以下。

ココがおすすめ

  1. 動作はサクサク
  2. 液晶ディスプレイだけど発色は良い
  3. 急速充電は便利
  4. 指紋認証の精度は良い
  5. 顔認証は便利
  6. モノラルスピーカーにしては音質は良い
  7. イヤホンジャック搭載
  8. 電池持ちはめちゃくちゃ良い
  9. アップデートで仮想メモリ容量アップ
  10. 対応バンドは完璧

 

1 動作はサクサク

OPPO Reno5 AのCPUはSnapdragon 765Gという高性能なCPUチップセットを搭載しております。

OPPO Reno5 AのAntutuベンチマークスコアはこんな感じでした。

・総合:383,264
・CPU:111,890
・GPU:101,403
・MEM:74,415
・UX:95,556

30万点を超えると快適に動作するイメージですね。

OPPO Reno5 Aは日常動作はストレスなく使える性能ですよ。

 

2 液晶ディスプレイだけど発色は良い

OPPO Reno5Aは有機ELディスプレイでは無く、液晶ディスプレイです。

解像度が2,400 × 1,080ピクセルとFHD +の解像度があるので必要十分です。

液晶だから発色はあまり良くないと思っておりましたが、普通に綺麗に使えてます。

100%DCI-P3の規格に対応したディスプレイではあるため、発色はしっかりキレイで品質は悪くありません。

 

3 急速充電は便利

OPPO Reno5Aの急速充電は急いでいる時に非常に便利です。

充電にかかる速度はこんな感じでした。

  • 0〜30分→40%
  • 30〜60分→75%
  • 102分→100%

使っている充電器や環境によりますが、だいたい2時間もあれば充電0からフル充電ができるはずです。

 

4 指紋認証の精度は良い

OPPO Reno5Aの指紋認証の精度はメチャクチャ良いです。

指紋認証速度も爆速でした。

背面指紋認証方式だと画面内指紋認証と違って、認証エラーが少なくて使いやすいと感じました。

 

5 顔認証は便利

OPPO Reno5Aは顔認証にも対応しております、

指紋認証と顔認証のディアル認証に対応しているので、使う場面によって認証方式を選べます。

電源ボタンを押すと勝手にロック解除されるので、家で使う時は顔認証が助かります。

 

6 モノラルスピーカーにしては音質は良い

OPPO Reno5Aはステレオスピーカーではありません。

残念な音質かと思っておりましたが、モノラルスピーカーでも音質は良かったです。

普通にYouTubeや音楽を聞いても全く問題無いと感じました。

オーディオマニア以外は満足できる水準だと思います。

 

7 イヤホンジャック搭載

OPPO Reno5Aは嬉しいイヤホンジャック搭載です。

最近のハイエンドスマホやiPhoneにはイヤホンジャックが付いていないので、助かる人も多いはず。

OPPO Reno5 Aオーディオに関するスペックは高くなっておりハイレゾ音声(aptX HD、LDAC HD)の出力に対応しております。

有線イヤホンで高音質の音楽を聞きたい時に、イヤホンジャックは重宝します。

 

8 電池持ちはめちゃくちゃ良い

OPPO Reno5Aをしばらく使って思ったんですが、電池持ちはめちゃくちゃ良いです。

朝から夜までガンガン使っても、電池残量は40パーセント程度は残ってました。(iPhone12 Proは電池切れ寸前)

同じSnapdragon 765Gを搭載したpixel 5も電池持ちがいので、かなり当たりのCPUだと思います。

 

OPPoの公式ツイッターでも電池持ちに付いては、1日余裕で持つと言っております。

僕の使っている印象と変わりはありません。

9 アップデートで仮想メモリ容量アップ

7/2に神アプデがありました。

ストレージのメモリーを仮想メモリーとして読み込んで、最大5GBまでメモリー容量がアップするとのことです。

2GB、3GB、5GBと選べるのも嬉しいですね。

合計でメモリ11GBになるのでもはやハイエンドスマホのメモリー容量です。

 

10 対応バンドは完璧

OPPO Reno5Aの対応バンドは完璧です。

ドコモ、au、ソフトバンク、楽天モバイル全てに対応

4G、5Gともに完璧に繋がります。

対応バンドの調査結果記事はこちらです。

 

OPPO Reno5Aを使って感じたデメリット

OPPO Reno5Aを使って感じたデメリットは以下でした。

ココがダメ

  1. 充電器・ケーブルは付属して欲しい
  2. ワイヤレス充電に対応してない
  3. メッセージアプリが入ってない
  4. 食事のカメラ性能はいまひとつ

 

1 充電器・ケーブルは付属して欲しい

OPPO Reno5Aは価格は素晴らしいのであえて言えば充電器は付属して欲しい。

特にiPhoneからの移行組は注意

USB-Cケーブルも持ってないだろうし、ワイヤレス充電も使えないので。

充電器と欲を言えば、USB-Cケーブルまで付属すれば完璧でしたね。

 

2 ワイヤレス充電に対応してない

充電のアニメーションはカッコイイだけどね

OPPO Reno5Aはワイヤレス充電に対応してないのはかなり不便ですね。

ワイヤレス充電に慣れすぎてしまうと、いちいちケーブル刺すのが面倒です。

OPPOはミドルスペックのスマホはワイヤレス充電非対応が多いので対応してくれたら嬉しいですね。

 

3 メッセージアプリが入ってない

ワイモバイル版のOPPO Reno5Aを購入したのですが、メッセージアプリが入っていませんでした。

なぜかYahooメールがデフォルトのメッセージアプリにされてました。

今の時代、Android端末ならGmailならわかりますが・・・。

ワイモバイル版を購入したら忘れずにメッセージアプリをインストールしまショウ。

 

4 食事のカメラ性能はいまひとつ

これ個人差感じると思うんですが、OPPO Reno5Aの食事のカメラ性能は今ひとつと感じました。

上記は味噌ラーメンで上手くいった作例です。

OPPO Reno5Aで食事を撮ると、全体的に黄色っぽくなります。

あとAI補正が効きすぎて色が鮮やかになりすぎます。

好みになりますが、自然な感じでは撮影しづらい印象でした。

 

5 ゴーストタッチが気になる

ゴーストタッチ→触れていないのにスクロールが反応することがある

iPhoneやGalaxyはゴーストタッチが少なかったのですが、OPPO Reno5Aはゴーストタッチが気になりますね。

Twitterのスクロールなど触れてないのに、スクロールすることがあります。

Color OSの仕様なのか分かりませんが、Androidスマホとしては出来が今ひとつかもしれませんね。

 

OPPO Reno5Aはどんな人におすすめか?

OPPO Reno5Aはどんな人におすすめかについて考えてみました。

 

ほとんど全ての人におすすめ

動作はサクサクで防水・防塵・おサイフケータイ搭載と欠点が無いスマホになっております。

スペックも一昔前のハイエンド機種並みの性能がありますので不満に感じることはありません。

学生や社会人など幅広くおすすめできる機種に仕上がっております。

 

安くてもカメラ性能にこだわる人

カメラはAI補正の強さなど多少の好みはありますが、この価格で4眼カメラ搭載はすごいです。

特に前面は2500万画素高精細のインカメを搭載しているので自撮りが多い女性などにもおすすめです。

 

性能と値段のバランスが良い機種が欲しい方

OPPO Reno5Aは性能はハイエンド寄りですが、値段はミドルスペッククラスです。

ハイエンドの機種は予算がなくて買えないが、少しでも性能を妥協したくない方にはおすすめです。

僕も何十台もスマホを購入しましたが、ここまでコスパの良いスマホは初めてです。

 

OPPO Reno5Aをおすすめできない人

今度は反対にOPPO Reno5Aをおすすめできない人を考えてみました。

 

バリバリのゲームをしたい方

普通のポケモンGOやドッカンバトルなどの軽いゲームなら問題ありません。

PUBGや原神などの重いグラフィックゲームをやる方にはおすすめできません。

素直にハイエンド端末を購入した方が無駄になりません。

 

モノラルスピーカーが嫌な方

OPPO Reno5Aはモノラルスピーカーなので音は下側からしか出ません。

上下から音が出る環境に慣れていると違和感を感じます。

もしステレオスピーカーが良いなら、同じ価格帯のXiaomi Redmi Note 10 Proがおすすめです。

 

有機ELディスプレイにこだわりのある方

OPPO Reno5Aは液晶ディスプレイです。

液晶品質はOPPOらしく品質は非常に高いです。

しかし最大輝度が若干弱く、炎天下では視認性が少し悪いです。

有機ELディスプレイと見慣れてしまうと少し物足りなく感じるかもしれません。

 

OPPO Reno5AのTwitterの評判を集めてみた

僕のレビューだけでは不公平になると思ったので、他の方の評判を集めてみました。

【まとめ】OPPO Reno5Aは2021年コスパNo.1スマホ

以上が、OPPO Reno5Aのまとめでした。

使ってみて思ったのが、これは全員におすすめできるスマホだと感じました。

ココがポイント

  • 価格や最安18000円で購入可能
  • 5G対応
  • おサイフケータイ使える
  • 防水対応
  • 指紋認証、顔認証搭載で便利
  • リフレッシュレート90hzでヌルヌル
  • 動作にもたつきは感じない
  • ワイモバイル版はPayPayボーナス3000円キャンペーンで実質15000円で購入可能

 

2021年かなり人気の出るスマホだと確信しました。

在庫も無くなりつつあるので、迷っている方はお早めの購入をおすすめします。
PayPayボーナス3000円付き

OCNモバイルのDSDVSIMフリー版はこちら:OCN モバイル ONE

【2021年上半期ベストバイ】買って良かったハイテクガジェットトップ10

続きを見る

お得に買いたい方へ

Amazonで1円でもお得に買い物するなら

Amazonの通貨でもあるAmazonギフト券の購入チャージをおすすめします。

現金でチャージするたびチャージ額 x 最大2.5%分のポイントがもらえます。

Amazonプライム会員30日間無料登録なら使わないと損しますよ!

                 

まとめてチャージがお得

Amazonギフト券にチャージする

今すぐ申し込む

初回1000ポイントキャンペーン開催中

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゴーゴーシンゴ

ゴーゴーシンゴのブログ編集長 ▷カメラとガジェット、スマホ大好きなWebライター ▷ライター専門のオンライン講座「Writing Hacks」卒業生 ▷ブログ実績 Amazon単月売り上げ 91万 WEBの稼ぎ方と本当に使って良かった物だけを紹介するブログ ガジェットのレビュー依頼受付中です(お問い合わせください)

-Android, おすすめ記事, スマホ
-,