【レビュー】Godoxの最強ポートレートストロボ『V860II』はコスパがNo1

カメラ

【レビュー】Godoxの最強ポートレートストロボ『V860II』はコスパがNo1

2020年10月8日

ゴーゴーシンゴ

年間100万以上ガジェットに注ぎ込むガジェットオタク。 スペックよりも感覚で書くレビューブロガー。 趣味はポートレート撮影と秋葉原のお散歩。 Writing Hacks卒業のプロのWebライター。 レビュー依頼はお問い合わせからお気軽にどうぞ

ゴーゴーシンゴ
文句なし最高!

 

Godoxの最強ポートレートストロボ『V850II』を購入いたしました。

 

最初に結論ですが、このストロボ最高です。

特にポートレートを撮影している方にはプロフォトのストロボと比べてコスパNO.1だと思います。

あまりの良さにポートレート撮影意欲が急上昇しまくりました!

こんな方におすすめ

  • ポートレート撮影をしている
  • コスパの高いストロボを探している
  • チャージタイムの速いストロボが欲しい
  • 強力GNのストロボが欲しい
  • 屋外、屋内で使える最高のストロボを探している
ゴーゴーシンゴ
最強ストロボの決定版です。ぜひ最後まで見てくださいね。

*新作のGodox V860Ⅲも発売されました!

 

ストロボGodox V860II レビュー

ここではGodoxのカメラストロボV860Ⅱのレビューを紹介します。

コスパと性能に優れた商品なのでぜひチェックしてくださいね。

Godox V860Ⅱスペック紹介

基本的なスペックは以下のようになっている。

ストロボのランクで言うとハイアマ〜プロでも通用するスペックのストロボだ。

GN(ガイドナンバー)60

TTL(自動調光対応)

1/8000HSS(ハイスピードシンクロ対応)

2000mAhリチウムイオンバッテリー搭載

2.4Ghzワイヤレスシステム対応

 

上記の通りスペックは死角なしと言ったところだ。

ガイドナンバー60あるので、屋内、屋外、夜間、オフストロボとどんな場面でも対応出来る。

次に外観のレビューを紹介する。

 

外観レビュー

外観の箱はこんな感じ。

Godox=神牛と書くらしいです。

重さは544gでした。

リチウムイオン入りでこの重さです。

ペットボトルより少し重い程度ですね。

さすがにクリップオンだとズッシリと重く感じます。

手持ちのゴドックスのTT685と比べて見ました。

大きさは若干V860Ⅱの方が小さい気がします(左)

こんな感じのリチウムイオン電池が入っております。

容量は2000mAh。

しっかりとした容量で長時間使えるのがポイントです。

付属品にバッテリーチャージャーがあります。

別に充電器を買わなくて良いのでお得ですね。

リチウムイオン電池を縦で充電する珍しいタイプです。

便利なのが20%ごとにメモリがあるので充電の状況が分かりやすい。

ちなみにフル充電までは約2時間半です。

 

Godox V860IIの便利だった点

ここでは最強コスパストロボGodox V860Ⅱのメリットを紹介します。

ぶっちゃけ最高すぎ今までのストロボの悪いイメージが全て払拭されました。

リチウムイオン電池のチャージ時間が速い

リチウムイオン電池のチャージの速さはすばらしいですね。

ポートレートで連続で撮影していると、単三電池のストロボだとチャージが溜まって無くて発光しない事が多かったです。

V850Ⅱはチャージが速くて発光しない事が無くなりました。

ちなみにフル発光でも1.5秒でチャージされます!

 

何百枚発光しても使えるスタミナと安心感

ストロボって熱持つと加熱保護の為、発光しなくなるんです。

V850Ⅱならフル発光で10連発くらいしても全然大丈夫でした。

光量を下げれば、真夏でも問題無いと思います。

スタミナもスゴイです。

フル発光で650回発光が可能。

ハイスピードシンクロの場合は、フル発光で連続発光15回できます。

発光パワーが1/2 +0.7、1/2 +0.3と弱くなるに従って連続発光回数は伸ばす事が出来ます。

体感では1000回くらいは発光が余裕でした。

1回の撮影で1000枚くらいポートレート撮影する方にも嬉しいですね。

 

TTL調光がとにかく正確なのでラク

ポートレート撮影ではマニュアル発光をメインで使用しておりますが、最初の一発の光の調整って難しくないですか?

そんな時TTL調光が便利です。

最初にTTLで発光して、そのまま補正なしで使えてしまいます。

もし補正するとしても、明るい暗いは1段で無くて1/3段ずつくらいで調整していけばバッチリになるはずです。

光の精度が高いと明るさのバラ付きが少なくなるのでのちのRAW現像の手間が減って非常に助かります。

 

液晶のバックライトが見やすく分かりやすい

液晶のバックライトの緑は見やすいです。

特に現在のモードと光量が大きく表示されるので間違える心配がありません。

さらに便利なのが右上に電池の残量がメモリで表示される点。

純正ストロボだと電池表示が無くて、そろそろか電池切れかなと勘で電池交換をしていました。

ポートレートだといつバッテリーが切れて撮影が出来なくなるとヒヤヒヤしていたのですが、V860Ⅱなら心配はありません。

地味な機能かもしれませんが、ポートレートカメラマンにとっては便利な機能です。

 

バッテリー交換がリチウムイオンはラク

たいていのストロボは単三電池4本を使う事が多いのですが、V860Ⅱはリチウムイオン電池の為、急いでいても電池交換がラクです。

単三電池って向きを交互に変えたり、落としたりして電池交換が面倒だったりします。

リチウムイオン電池なら入る方向に入れるだけなので、電池交換がラク。

地味に便利な機能です。

ちなみにリチウムイオン電池は、VB-18で別途購入できます。

首振りがスムーズなので天井バウンスがしやすい

ゴドックスのストロボ全般に言える事ですが、首振りがしやすいんです。

純正ストロボだと首振りのストッパーが付いていたりして、押さえつけないとスムーズに首振りが出来ません。

V860Ⅱは適度にクリック感があるので、ある程度の角度にスムーズに止める事が出来ます。

ポートレートでは縦構図、横構図でストロボの首振りを頻繁に変えるのでスムーズに首振り出来るかは非常に大事です。

 

(追記)2年以上使ったがストロボは壊れていない(耐久性抜群)

中華製のストロボなので品質が心配でしたが、購入から2年以上経ったけど壊れてません。

長期間使えるので、品質は純正と大差ないかと思います。

少なくても2年使えれば、元は取れたような気がしてます。

 

オフストロボコマンダーのX-proの操作が分かりやすい

別売のX-Proのコマンダーが直感的で分かりやすです。

AからEまで最大5個のストロボをコマンダーで操作できます。

各AからEまでのストロボの光量も調整出来たり、TTL対応のストロボなら設定をTTLにする事も出来ます。

あとは液晶が明るくて大きいので暗い屋外でも設定がしやすいです。

連携も簡単なのでV860Ⅱを買ったら追加で絶対に買うべきですね。

 

GodoxV860Ⅱの不満点やデメリット

基本的に不満点はないです。

純正以上の性能でありながら、値段は純正の1/3くらいの値段。

純正にはないリチウムイオン電池でチャージが速い、スタミナもあると最高のストロボだと思います。

唯一あげるとしたらストロボのヘッドが丸型で無い点でしょうか。

ゴドックスのV1シリーズが丸型ヘッドなので、丸型が良い方にはV1がオススメです

 

Godox V860IIまとめ

以上がGodox V860IIレビューのまとめになります。

ハイパワーでありながら値段も安いので本当に買って良かったカメラ用品でした。

あらためて良かった点やおすすめポイントをまとめます。

 

Godox V860IIはこんな方におすすめ

ココがおすすめ

・リチウムイオン電池のストロボが欲しい方

・チャージが速いストロボが欲しい方

・TTLの自動調光が付いたストロボを使いたい

・屋内でも屋外でも信頼出来るストロボが欲しい

・性能が良くコスパの良いストロボが欲しい

 

ゴーゴーシンゴ
こんな方は買えばとても満足出来ますよ!

TTL(自動調光)がいらないならGodox V850IIがおすすめ

兄弟機として、TTL機能を省いたV850IIもあります。

値段が5000円程安いのでマニュアルでストロボ操作したり、コスパを求めるならこちらも良いですよ。

 

ポートレートで大切な光の使い方はコチラの記事がおすすめです。

【保存版】ポートレート撮影用アンブレラのおすすめと使い方・選び方を徹底解説

続きを見る

新品・中古あり

カメラのキタムラを見る

※分割でも購入可能

こちらの記事もおすすめです

2022年6月29日

(デスクツアー)苦節3年をかけて作り上げたガジェットブロガーのデスク環境

在宅ワークがメインのガジェットブロガーのシンゴです(@go5shingo) ここ最近はすっかりと定着したテレワークですが、我々ブロガーは毎日が自宅の作業。 言わば自宅での作業のプロフェッショナル。 さあはじめようか pic.twitter.com/MlEbsxioca — ゴーゴーシンゴ@ガジェットブロガー (@go5shingo) June 3, 2022 こんな僕の3年間にわたり試行錯誤と改良を加えたデスクをデスクツアーという形で紹介したい。 ちなみにおしゃれなデスクというよりは使いやすさと生産性アッ ...

ReadMore

2022年6月29日

yeediモップステーションレビュー!QOL爆上がりのモップ洗浄まで全自動のロボット掃除機

掃除機は昔ながらのキャニスター式を使っているシンゴです。 今までロボット掃除機が気になってましたが、なんか信用できなくて食わず嫌いしてました。 すぐつっかえたり、段差から落ちそうでアホな子のイメージでした。 そんなロボット掃除機未経験の僕ですが、メーカーさんからお声がけ頂きまして試す機会が出来ました。 商品名がyeedi(イーディー)モップステーションです。 商品の特徴がモップ掛けから水洗い、乾燥までをを自動でこなす近未来を感じるロボット掃除機でした。 はじめてロボット掃除機を使いましたが、結論は最高でし ...

ReadMore

2022年6月29日

PITAKA iPad Pro/Air MagEZ Case 2レビュー!Magic Keyboardも使える最強保護ケース

iPad Pro/Airの最強ケースがPITAKAより発売されました。 こんにちはシンゴです。 iPad Pro/Airを使う上で外せないのが、Magic Keyboardの存在。 文字を書くのはもちろん、マウス操作や充電機能など活躍の幅は非常に広いんです。 しかし問題になるのが、Magic Keyboardに対応するケースが少ない問題。 Magic Keyboardを使う時にいちいちケースを取り外したり、付けたりするのは非常に面倒です。 付け外しの手間を減らす画期的なアイテムが「PITAKA MagEZ ...

ReadMore

2022年6月29日

OPPO Reno5Aレビュー!2021年コスパ最強の5Gスマホの決定版

OPPO Reno5A期待して無かったですが、メチャクチャ良いです。 価格も39600円で購入可能。 新規・MNPは21600円引きの18000円とさらに激安。 この金額で5G、おサイフケータイ、指紋認証、顔認証、防水と至れり尽くせりのモデルになってます。 メインでiPhone 12Proを使っているんですが、普通に乗り換えを検討するほど快適でした。 その時のTwitterが以下。 OPPO Reno5A結構いいですね これは全国民におすすめしたいレベル pic.twitter.com/rd5MhRV74 ...

ReadMore

2022年6月29日

【2022年】iPhoneにおすすめのアクセサリー・周辺機器(iPhone13対応)

こんにちは、iPhone12 Proユーザーのゴーゴーシンゴです。 先日iPhone12 Proの徹底レビューをしました。 iPhoneは単独で使うよりも様々な周辺機器やアクセサリーと組み合わせると何倍も便利で快適になります。   そこで今回はiPhoneにおすすめのアクセサリー・周辺機器をお伝えいたします。(iPhone13対応) ゴーゴーシンゴどれもガジェットマニアが厳選しておすすめする商品ばかりです。ぜひ最後まで見てね   ココがポイント Anker PowerPort III ...

ReadMore

2022年6月29日

【レビュー】HyperX Solocast はコスパ最強の単一指向性USBマイク

評価おすすめ HyperX Solocast小さいのに音質めっちゃ良い! HyperXより3/1に発売されたUSBコンデンサーマイクSolocast。 価格は7980円。 このマイクのスゴイ所は低価格、コンパクト、音質良しとコスパ最強のマイクとなっている。 在宅ワークやテレワーク、ゲーム配信などマイクデビューにピッタリな商品と言えるだろう。 こんな方におすすめ コンパクトで音質の良いコンデンサーマイクを探している 在宅ワーク、テレワークで使えるコスパの良いマイクが欲しい ゲーム配信や実況で使えるカッコいい ...

ReadMore

2022年6月29日

【ポートレート】おすすめRFマウントレンズ!ポトレ作例付きで現役カメラマンが解説

困ってる人RFマウントレンズでおすすめのレンズが知りたい   こんな悩みを解決いたします。 作例も豊富に紹介しております。   この記事を読めばポートレートにバッチリなRFレンズが全て分かりますよ。   ゴーゴーシンゴポートレート撮影歴8年の僕が超おすすめレンズを紹介します   【作例付き】ポートレートで使いたい!おすすめRFマウントレンズ ポートレートで使いたい、RFレンズのおすすめランキングを紹介いたします。 どれも素晴らしいレンズばかりですので、ぜひ最後まで見 ...

ReadMore

Amazon購入で損したくない方へ

 

Amazonで1円でも損したくないなら

Amazonの通貨でもあるAmazonギフト券の購入チャージをおすすめします。

現金でチャージするたびチャージ額 x 最大2.5%分のポイントがもらえます。

Amazonプライム会員30日間無料登録なら使わないと損しますよ!

一回でのチャージ金額 プライム会員 通常会員
5,000円~ 1.0% 0.5%
20,000円~ 1.5% 1.0%
40,000円~ 2.0% 1.5%
90,000円 2.5% 2.0%

Amazonギフト券をチェックする

まとめてチャージが断然お得

期限は10年なので使い切れない心配なし

ゴーゴーシンゴ
日用品など細かい物を買ってもチリツモですよ

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゴーゴーシンゴ

年間100万以上ガジェットに注ぎ込むガジェットオタク。 スペックよりも感覚で書くレビューブロガー。 趣味はポートレート撮影と秋葉原のお散歩。 Writing Hacks卒業のプロのWebライター。 レビュー依頼はお問い合わせからお気軽にどうぞ

-カメラ
-,