Amazonタイムセール

GODOXワイヤレスコマンダーX Pro IIレビュー!X Proの違いは?

景品表示法に基づき、当ページのリンクには広告が含まれています。
この記事を書いた人「ゴーゴーシンゴ」
  • ガジェットブロガー
  • モバレコライター
  • Webライター養成講座「WritingHacks」卒業
  • プロフィールはこちら/問い合わせはこちら
こんにちは

ポートレート撮影が趣味のシンゴです(@go5shingo

以前にストロボのGodox V1を購入して満足度が非常に高かったのでGODOXワイヤレスコマンダーX Pro IIを購入しました。

GODOXワイヤレスコマンダーX Pro II

32チャンネル16グループのマルチチャンネルを誇り、多灯ライティングでも効果を発揮。

通信も最大100メートルとスタジオや屋外ロケでも安心して使えます。

さらに従来のX-Proのロック式からクイックレバー式に進化しており、瞬時に着脱が可能になりました。

今回は旧型のX Proの実機と比較しつつ、GODOXワイヤレスコマンダーX Pro IIのレビューです。

GODOXワイヤレスコマンダーX Pro II
総合評価
( 4 )
メリット
  • 32チャンネルと他人と混線しない
  • 簡単操作でワイヤレス操作可能
  • TTL(自動調光)可能
  • 大型液晶ディスプレイで夜間でも見やすい
  • 圧倒的に便利なクイックレバー式
デメリット
  • 初代とできることはほとんど変わらない
  • 初代に比べて価格が高くなった
ゴーゴーシンゴ

クイックレバー式に魅力を感じないなら初代でも十分です

目次

GODOXワイヤレスコマンダーX Pro II外観レビュー

最初にGODOXワイヤレスコマンダーX Pro IIの実機外観をレビューします。

今回レビューするのはCANON版になります。

GODOXワイヤレスコマンダーX Pro II

最初に箱の側面から紹介。

本機は2.4GHz帯でワイヤレス電波を送信する方式になります。

もちろん技適も取得しているので、日本でも安心して使えます。

GODOXワイヤレスコマンダーX Pro II

箱は中華製とは思えないくらい高級感があります。

末尾の「C」はCANONを表します。

他にはNikon(N)とSONY(S)用があります。

GODOXワイヤレスコマンダーX Pro II

本体は非常に美しく思わず見惚れてしまいました。

左上のボタンはGR(グループナンバー)を表し、所属するストロボを選べます。

中央のグルグルボタンで明るさ調整、その他HSS(ハイスピードシンクロ)、モード変更(TTL、マニュアル)ボタンなどがあります。

GODOXワイヤレスコマンダーX Pro II

付属品は本体と説明書のみのシンプルな構成です。

ファームアップデート用のUSB-Cケーブルは付属してないのげ自分で用意する必要があります。

GODOXワイヤレスコマンダーX Pro IIの日本語説明書

中国製品ですが説明書はきちんと日本語対応なので安心を。

GODOXワイヤレスコマンダーX Pro II

改めて外観を紹介。

ボタンは多いですが直感的に使えるデザインになってます。

また大型ディスプレイを採用し、現在設定のモードが見やすいのもメリットです。

GODOXワイヤレスコマンダーX Pro II

右サイドには電源ボタンとAFフォーカス補助光ボタンがあります。

カメラのAFが合いづらい時に光が発生し、AFが合った際は消える仕組みになっており暗い夜間撮影で威力を発揮します。

GODOXワイヤレスコマンダーX Pro II

左サイドにはUSB-C端子と2.5mm同期インターフェイスがありました。

アップデートに関してはUSB-C経由で可能となっております。

GODOXワイヤレスコマンダーX Pro II

底面は電池ボックスになっております。

GODOXワイヤレスコマンダーX Pro II

電池は単3電池を使用し、もし忘れてもコンビニなどで調達可能です。

電池持ちは悪いので普段は充電池を使うのがおすすめです。

GODOXワイヤレスコマンダーX Pro IIのクイックレバー

最大のメリットがクイックレバー式になりました。

右にレバーを回すだけで瞬時にコマンダーの装着が可能。

忙しいロケ撮影でも準備、撤収スピードが大幅にアップします。

GODOXワイヤレスコマンダーX Pro IIの設定方法

ここではGODOXワイヤレスコマンダーX Pro IIの使い方を簡単に紹介します。

今回接続するストロボはGodox V1になります。

STEP
グループとチャンネルを設定する(コマンダー側の操作)
GODOXワイヤレスコマンダーX Pro IIの設定方法

最初にチャンネルを設定します。

【Zm/CHボタン】を長押し > 【ダイヤル】で番号を選ぶ > 【SET】ボタンで決定

チャンネルは何を選んでも大丈夫ですが、他の人と同じチャンネル混線します。

続いてグループを設定します。

STEP
ストロボ側の設定
GODOXワイヤレスコマンダーX Pro IIの設定方法

次にストロボ側の設定をします。

一番右の雷マークみたいなボタンを押して、ストロボの液晶画面をオレンジ色にします。

オレンジ色がワイヤレスモードと覚えましょう

続いてモードを選びます。

グルグルのモードボタンを押すと、ETTL(自動調光)→M(マニュアル)→MULTI(マルチグループ)と変化します。

よく分からなければETTLに合わせておけば大抵はうまくいきます。

STEP
光るかどうかテストする
GODOXワイヤレスコマンダーX Pro IIの設定方法
この場合はストロボ側が緑色なのでワイヤレスで光らないので注意

最後に発光テストをします。

わざわざシャッターを切る必要は無く、ワイヤレスコマンダーの左の雷マークを押せば発光します。

ちなみに同期がうまくいっていればワイヤレスコマンダーの設定がストロボの液晶画面に反映されるので、ストロボ本体の操作は不要です。

ゴーゴーシンゴ

慣れればすぐにできます
オレンジがワイヤレスモード、緑がオンストロボモードと覚えましょう

GODOXワイヤレスコマンダーX Pro IIとX Proの違い

GODOXワイヤレスコマンダーX Pro IIとX Proの違い
右が二代目

ここではGODOXワイヤレスコマンダーX Pro IIと初代X Proの違いを紹介します。

X Pro IIとX Proの主な違い

  • クイックレバーとロック式の違い
  • TCM機能によりパラメーターを維持したままモード変更が可能
  • スマートフォンアプリに対応

主な違いは上記の3つで使い勝手が向上しておりますがワイヤレス発光部分の性能は変わりません。

あとは価格が5,000円近く高くなります。

価格面で許容できれければ、初代でも十分なのが僕の印象

逆にクイックレバーに魅力を感じるならX Pro IIがおすすめです。

以下がそれぞれの実機画像です。

GODOXワイヤレスコマンダーX Pro IIとX Proの違い

それぞれの見た目のクリソツです(左:初代、右:二代目)

二代目の方がディスプレイディスプレイ横のグループボタンが若干大きく押しやすくなってます。

その他下部のボタンエリアも二代目の方が大きく、ボタンにメニューなどの印字がされていて分かりやすいUIとなりました。

GODOXワイヤレスコマンダーX Pro IIとX Proの違い

最大の違いがロック式とクイックレバー式の違いです。

初代はクルクルと回してコマンダーを装着するので、時間や手間が掛かりますが、二代目はレバーを倒すだけなので利便性を考えると二代目が圧倒的におすすめです。

GODOXワイヤレスコマンダーX Pro IIとX Proの違い

右側面はスイッチの大きさの違いはあれど、電源ボタンとAFフォーカス補助光ボタンと同じです。

GODOXワイヤレスコマンダーX Pro IIとX Proの違い

左側面も配置の違いはあれど、USB-C端子と2.5mm同期インターフェイスと同じです。

その他、単3電池などほぼほぼ同じなので、大幅なスペックの違いなどは無いです。

GODOXワイヤレスコマンダーX Pro II購入の質問に答える

ここではGODOXワイヤレスコマンダーX Pro II購入の疑問や質問に答えます。

GODOXワイヤレスコマンダーX Pro II購入の最大のメリットは?

クイックレバー方式になって着脱が簡単になったのが最大のメリットです。

初代のGODOXワイヤレスコマンダーX Proを購入しても問題ない?

二代目と機能は変わらないので、初代を購入しても全く問題はありません。

GODOXワイヤレスコマンダーX Pro IIとX Proどちらを購入するのがおすすめ?

クイックレバーを使いたいなら迷わず二代目、価格を優先するなら初代がおすすめです。

GODOXワイヤレスコマンダーX Pro IIはどのカメラメーカーに対応?

2023年9月現在はCANON、Nikon、SONYの3モデル展開です。

(まとめ)GODOXワイヤレスコマンダーX Pro IIレビュー

以上がGODOXワイヤレスコマンダーX Pro IIのレビューでした。

初代からの進化ポイントは正直少ないですが、クイックレバー対応が強烈なメリットで買いだと感じました。

初代から価格アップしておりますが、使い勝手の向上もあり満足度は非常に高かったです。

メリット
デメリット
  • 32チャンネルと他人と混線しない
  • 簡単操作でワイヤレス操作可能
  • TTL(自動調光)可能
  • 大型液晶ディスプレイで夜間でも見やすい
  • 圧倒的に便利なクイックレバー式
  • 初代とできることはほとんど変わらない
  • 初代に比べて価格が高くなった
ゴーゴーシンゴ

初代よりもより便利になった印象です

ゴーゴーシンゴおすすめのお得情報

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次