(登録のお願い!)Googleニュースで配信されております

デルアンバサダープログラムでXPS 13(9310)をMacBookProユーザーが使ったら小さすぎてビビった

景品表示法に基づき、当ページのリンクには広告が含まれています。
ゴーゴーシンゴおすすめのお得情報

開催中 メルカリ500ポイントプレゼント MWUBDW 入力

新サービス Amazonで漫画が無料で読める

待てば無料で続きも読める

今だけですよ

MacBookProユーザーのシンゴです(@go5shingo)

Windows PCってもう使う機会なんて無いと思ってるくらいにMac OSに体が慣れてました。

そんな時フト見つけたのがデルアンバサダープログラム

XPS 13の1ヶ月体験を募集してたので気楽な気持ちで申し込んだら、当選してしまいました。

Dell XPS 13(9310)
箱が格好良い

XPS 13(9310)は13インチの超薄型モバイルノートパソコンでありながら、Core i7のCPUを搭載したハイスペックWindows PCです。

見た目も素晴らしくカーボン柄のパームレストなど、こだわりまくりで高級感がハンパない製品でした。

ハイエンド製品なので価格は高めですが、ビジネス用途のPCとは一線を画す商品でMacBookProユーザーの僕も思わず買い替えたいほど大満足しました。

今回はXPS 13(9310)のレビューをお送りします

XPS 13(9310)
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 超薄型スタイリッシュPC
  • 重さ1.27kgとは思えないほど高性能
  • 高級感あるカーボン柄パームレスト
  • 便利なThunderbolt 4端子搭載
  • 高品質なディスプレイ(100% sRGB)
デメリット
  • Thunderbolt 4が2つと不足しがち
  • 外部GPU非搭載なので動画編集などには向かない
  • 高負荷の電池持ちは悪い

デルアンバサダープログラムの貸与を受けておりますが自由レビューです

\ Dell公式サイト/

目次

Dell XPS 13(9310)のスペック

最初にXPS 13(9310)のスペックを紹介します。

市販モデルは予算や用途に合わせてカスタマイズが可能なので参考程度にどうぞ。

OSWindows 10 Home / Pro
Windows 11 Home / Pro
ディスプレイ13.4型
・フルHD+(解像度1920×1200)、非光沢
・UHD+(解像度3840×2400)、タッチ対応、反射防止
・OLED(有機EL)、3.5K(解像度3456×2160)、タッチ対応、反射防止
CPUインテル Core i7-1185G7 / i7-1195G7
メモリ16GB / 32GB
ストレージSSD:512GB / 1TB
グラフィックスインテル Iris Xe
サイズ295.7×198.7×14.8mm
重量タッチ非対応モデル1.2kg
タッチ対応モデル1.27kg
その他Wi-Fi 6、Bluetooth 5.1
XPS 13(9310)のスペック

大きさは13.4型のノートPCでディスプレイは用途に合わせて選べます。

CPUは僕が借りたのは第11世代の機種でもう型落ちですが、今でも現役バリバリで使えます。

メモリは16GB/32GBから選べますが、自身で増設は不可。

その他グラフィックボードは内蔵型など、基本的にハイエンドラップトップPCになります。

Dell XPS 13(9310)開封レビュー

ここからはXPS 13(9310)の実際の外観を開封して紹介します。

Dell XPS 13(9310)

高級感ある黒い箱の内側には「XPS」の文字が。

他のデルPCとは違うんだと言う気概を箱からも感じます。

Dell XPS 13(9310)

見た目はシルバーのアルミニウム素材のPCで普通のように見えますね。

Dell XPS 13(9310)

PCをどけると付属品が入っておりました。

Dell XPS 13(9310)の付属品

付属品は以下の通りでした。

  • 本体
  • 電源コンセント
  • 電源アダプター
  • USB-Cケーブル
  • USB-C -A変換アダプター
Dell XPS 13(9310)の付属品
Dell XPS 13(9310)の付属品

自宅で使うには問題ありませんが、デメリットとしては電源アダプターが大きいです。

Dell XPS 13(9310)の付属品
Dell XPS 13(9310)の付属品

電源アダプターとUSB-Cで134g、電源コンセント込みだと233gとそこそこかさばるし重さも感じます。

できればAnkerなどのサードパーティー製充電器を使うのがおすすめです。

Dell XPS 13(9310)の付属品

USB-Aへの変換アダプターも付属しておりました。

ただ2つあるうちの1つを潰してまでUSB-Aを使うのかは微妙だと感じます。

Dell XPS 13(9310)

PC本体は超薄型でビビりました。

Dell XPS 13(9310)の厚さ

背面に行くほど熱くはなりますが、一番厚そうな背面部分でも12.0mmと1cmちょっとの驚異的な薄さです。

いくつものノートPCを使って来ましたが、最薄級かもしれません。

Dell XPS 13(9310)

左側面はThunderbolt 4×1、Micro SDカードリーダー×1でした。

SDカードリーダーじゃないのがカメラマン的には残念です。

Dell XPS 13(9310)

右側面はThunderbolt 4×1、3.5mmオーディオジャックでした。

モバイル用に軽さに特化しているので、ポート類は最小限になっております。

Dell XPS 13(9310)

背面ヒンジも含めて一体成型のようなアルミニウム素材で非常に質感が高いです。

Dell XPS 13(9310)

底面にはスピーカーが搭載されておりました。

底面スピーカーでありながら、音もこもらずにまずまずの音質です。

Dell XPS 13(9310)

背面にも「XPS」のロゴがありこだわりを感じます。

ディスプレイ側には排気口があり、熱くなった空気がファンから排気される仕組みになっております。

アルミニウムのシャーシも含めて排熱性能は高そうな見た目をしてます。

Dell XPS 13(9310)

最大の特徴がキーボードがカーボン柄のパームレストでめちゃくちゃ格好良い点です。

後からカーボン柄を貼り付けてる方もおりますが、純正でここまでのクオリティーのPCは見たことがありません。

Dell XPS 13(9310)

トラックパッドも13.4インチのPCとしては大きすぎず小さすぎずで使いやすいです。

Dell XPS 13(9310)のトラックパッドの大きさ

トラックパッドの大きさは約111.7mmでした。

押し心地に関してもカチカチとクリック感があり、普通に押しやすいです。

Dell XPS 13(9310)のキーボード

キー配列に関しては標準的なノートPCの配列だと思います(MacBookユーザーなので詳しくないです)

上下左右の矢印キーもあり、fnボタンは無いので同時押しが必要になるらしいですね。

Dell XPS 13(9310)のキーボードの大きさ

キーの大きさもモバイルPCにしては妥当な大きさなので、指の大きい男性が使っても問題ございません。

Dell XPS 13(9310)

重さに関しては1.27kgと非常に軽いので、女性が毎日持ち運んでもそこまで苦労しないと思います。

その他性能についてはこの後、レビューします。

\ Dell公式サイト/

XPS 13(9310)使用レビュー(メリット)

ここではXPS 13を使って感じた良かった点やメリットを紹介しますね。

  • 圧倒的にスタイリッシュなカーボン柄パームレスト
  • Lightroomも現像も十分にこなせるCPU性能
  • キレイなディスプレイ
  • 薄くて軽い持ち運びに最適

圧倒的にスタイリッシュなカーボン柄パームレスト

Dell XPS 13(9310)

もうね見た目で気に入った方はノールックで買ってよいです。

毎日使うPCでモチベーションが上がる→ストレスも減る→仕事もはかどる。

これだけで買う意味は十分あります。

見た目で選ばれるくらい人気なのがXPSの魅力だと感じます。

Dell XPS 13(9310)

カーボン柄の質感も非常に良いです。

見た目ではなく、サラサラとしたさわり心地でストレスはナッシング。

汗をかきやすい部分ですが、タイピングが快適にできます。

Dell XPS 13(9310)

打鍵感も非常に良く、僕のように毎日大量の文字入力するタイプでも快適に使用できました。

見た目と使い勝手を高次元で両立してるPCだと感じました。

Lightroomも現像も十分にこなせるCPU性能

僕はゲームはやらないので、Lightroomの写真現像を試しました。

Dell XPS 13(9310)のスペック

今回使用しるスペックはCore i 7の11世代、メモリは32GBのハイエンド仕様になります。

Dell XPS 13(9310)

Lightroomのパラメーター調整も固まることもなく、瞬時に動きました。

この辺の軽い作業であれば全く問題ありません。

Dell XPS 13(9310)のLightroom

試しに30枚の写真に現像設定(自動)のペースト作業を実施しました。

Dell XPS 13(9310)のLightroom

撮影しながらなのでストップウォッチを押すのが遅くなりましたが、30枚の写真でもだいたい1分10秒くらいで現像できました。

1枚あたり約2秒程度で処理できているので、非常に優秀だと感じます。

モバイルPCでここまでの処理性能があれば、撮影現場にも持って行きたいレベルです。

Dell XPS 13(9310)のPhotoshop

ちなみにPhotoshopも単純な作業なら問題なく動作します。

さすがに複数レイヤーを重ねて重い作業をすると固まりましたが、文字入れ等であれば全然問題ありませんでした。

Dell XPS 13(9310)のCPUとメモリ使用量

LightroomとPhotoshopを同時起動してもCPUもメモリも40%程度の使用率でした。

現像すると100%まで到達しますが、スペックに不足はありません。

キレイなディスプレイ

Dell XPS 13(9310)のディスプレイ

画面越しで全く伝わらないと思いますが、ラップトップPCにしてはディスプレイは非常に高精細です。

sRGB100%、DCI P3が90%表現可能とそこそこの色域を誇ります。

さすがにAdobe RGBの色域まではそれほどカバーできていませんが、写真現像用PCとしても十分に使えるスペックです。

薄くて軽い持ち運びに最適

何度も紹介してますが、わずか12mm程度の薄さに1.27kgと非常に軽いボディです。

毎日カフェや仕事先などに持ち運んでも苦労しないし、家に帰ればメインPCとしても使えるスペックです。

自宅はもちろん外出先でもフル稼働できるのが本機の魅力だと感じました。

\ Dell公式サイト/

XPS 13(9310)使用レビュー(デメリット)

ここでは逆にXPS 13(9310)を使って感じたデメリットとなる部分を紹介します。

価格に関してはカスタマイズで変わってきますし、その人の金銭感覚によって変化するので省きます。

  • ポート数が2つと少ない
  • 電池持ちはイマイチ

ポート数が2つと少ない

Dell XPS 13(9310)のポート数
充電ケーブルも光るなど芸が細かい

ポートはThunderbolt 4ポート2つとかなり不安です。

特に充電でポートは1つ潰されるので、実質Thunderbolt1つしか空きがありません(Micro SDもあるけど)

その他USBデバイスや外付けSSD,HDDを使いたい場合はハブ運用が必須になります。

マウスなどはワイヤレスを使ったりして工夫するなど、それなりの対応力が求められます。

電池持ちはイマイチ

これはXPSの問題ではなく、intelチップの問題が大きいですが電池持ちはイマイチです。

特に僕のようなMacBookを使っていると、電池持ちの悪さにビビります。

対策として外出先では高負荷の作業はしない、電源アダプターを持ち歩いたり、モバイルバッテリーもあると安心です

\ Dell公式サイト/

XPS 13(9310)とM2 MacBook Pro14との比較

ここではXPS 13(9310)とM2 MacBook Pro14との見た目の比較をします。

OSが違うのでスペックの比較はしませんが、価格も比較的近い為、迷っている方の参考にしてください。

XPS 13(9310)とM2 MacBook Pro14との比較

大きさは13.4インチと14インチなので数字以上に見た目は結構違います。

重さは1.27kgと1.6kgなので約330gも違うので、XPSの軽さが目立ちます。

XPS 13(9310)とM2 MacBook Pro14との比較

どちらもベゼルレスで狭額縁デザインのディスプレイです。

ディスプレイサイズが違うので表示領域などはMacBookの方が広いです。

XPS 13(9310)とM2 MacBook Pro14との比較

MacBookのアルミニウムパームレストも良いのですが、個人的にはカーボン柄が良すぎますね。

好みではありますが、全体がブラックなのも男心をくすぐります。

XPS 13(9310)とM2 MacBook Pro14との比較

スピーカー位置は背面とキーボード横の違いがあります。

音質はMacBookの方が厚みがあって迫力がありますね。

XPSは標準的なノートPCの音質で悪くはありませんが、特別良くもありません。

XPS 13(9310)とM2 MacBook Pro14との比較

厚みはXPSの方が薄いです。

どちらも薄型スタイリッシュPCですが、改めてXPSの薄さに気付かされます。

XPS 13(9310)とM2 MacBook Pro14との比較

まあでもどちらも非常に薄いです。

XPSは傾斜デザインなので、特に前側は薄くなっております。

結論としてもOSが違うので何とも言えませんが、デザインや持ち運びならXPS、スペックや電池持ちならMacBookを選ぶと幸せになれると感じました

(まとめ)Dell XPS 13(9310)レビュー

以上がXPS 13(9310)のレビューでした。

今回は1ヶ月借りただけですが、正直欲しくてたまりません

このまま返却しないで、デルさんください(もしくは安く譲ってください)

そのくらい魅力的でWindowsに戻りたくなりました。

メリット
デメリット
  • 超薄型スタイリッシュPC
  • 重さ1.27kgとは思えないほど高性能
  • 高級感あるカーボン柄パームレスト
  • 便利なThunderbolt 4端子搭載
  • 高品質なディスプレイ(100% sRGB)
  • Thunderbolt 4が2つと不足しがち
  • 外部GPU非搭載なので動画編集などには向かない
  • 高負荷の電池持ちは悪い

\ Dell公式サイト/

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ゴーゴーシンゴのアバター ゴーゴーシンゴ ガジェットブロガー

ガジェットブロガーのゴーゴーシンゴです。
Yahoo!ニュースエキスパートのモノ・ガジェット分野のクリエイターでもあります。
企業からのレビュー依頼は250件以上実績あり。
レビュー依頼受付中です!

コメント

コメントする

CAPTCHA



reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

目次