Amazonタイムセール

EarFun Air 2レビュー!同社初のLDACコーデック対応のワイヤレスイヤホン

景品表示法に基づき、当ページのリンクには広告が含まれています。
EarFun Air 2
この記事を書いた人「ゴーゴーシンゴ」
  • ガジェットブロガー
  • モバレコライター
  • Webライター養成講座「WritingHacks」卒業
  • プロフィールはこちら/問い合わせはこちら
こんにちは

ワイヤレスイヤホン評論家のシンゴです(@go5shingo

僕の愛するイヤホンブランドにEarFunがあるのですが、コーデック対応がapt X系でLDAC非対応なのが悩みでした。

apt X系コーデック系に対応してるAndroidスマホって意外と少なくて、僕が使ってるPixel 8だとAAC接続になってしまいます。

EarFun Air 2
ハイレゾ認証取得

そんな同社初のLDAC対応のワイヤレスイヤホンがEarFun Air 2です。

ハイレゾ対応はもちろんマルチポイント、ワイヤレス充電、IPX7防水規格対応などスペックや使い勝手も抜群。

さらにケースのデザインも一新されて見た目のかっこよさもアップしました。

今回はEarFun Air 2のレビューです。

EarFun Air 2
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • スタイリッシュなケース
  • LDAC対応でハイレゾ視聴が可能
  • クリアな音ながら迫力ある音質
  • マルチポイント対応
  • ワイヤレス充電対応
  • IPX7防水規格で安心
  • ケース込みで40時間の長時間再生
デメリット
  • 音質は同社の上位機種に比べて劣る
  • ノイズキャンセリング機能無し
  • マルチポイントとLDACの同時設定はできない
ゴーゴーシンゴ

この性能でこの価格は驚異的です

メーカーより提供を受けておりますが自由レビューです

目次

EarFun Air 2のスペック

EarFun Air 2

最初にEarFun Air 2のスペックを紹介します。

製品名SOUNDPEATS GoFree2
対応コーデックSBC, AAC, LDAC
再生可能時間(イヤホン単体,ケース込み)最大9h ,最大40h
Bluetoothバージョン5.3
再生周波数帯20Hz-990kbps
防水等級IPX7
ドライバー大口径10mmウール複合ダイナミックドライバー
重量(イヤホン単体,ケース込み)5.5g, 45g
充電方式USB Type-C、ワイヤレス充電
アクティビノイズキャンセリング無し
マイク左右各2基の高性能ENCマイク
マルチポイント対応
ゲームモード対応(55㎳低遅延)
付属品イヤーピース、綿棒、充電ケーブル, 取扱説明書
価格5,990円
EarFun Air 2のスペック

EarFun Air 2のスペックは上記の通りで不足してる機能が無い万能タイプです。

再生時間もケース込みで40時間と非常に長く、急速充電にも対応しているので充電周りで困ることがありません。

また地味に防水性能がIPX7と高く小雨が降る環境くらいでは、傘も差さずに普通に使うことができます。

屋外ワークアウトやジョギングなどに使っても便利そうです。

その他、マルチポイント対応やワイヤレス充電対応など5千円台とは思えない性能と言えます。

中点としてノイズキャンセリング機能は通話中のみになるのでノイキャンを求めるのであればおすすめはできません。

EarFun Air 2外観レビュー

ここからはEarFun Air 2の外観レビューです。

EarFun Air 2の付属品

付属品は以下の通りでした。

  • 本体
  • イヤーチップ
  • USBケーブル
  • 説明書
  • 掃除用綿棒

地味にお掃除グッズが付属してるのが、好きですEarfunさん。

EarFun Air 2のイヤーチップ

シリコン製のイヤーチップはS,M,Lの3種類のサイズが付属。

本体にはあらかじめMサイズが装着されている為に1番良く使うMサイズは2つあることになります。

EarFun Air 2のケーブル

ケーブルは短いタイプで充電器側はUSB-A端子が必要なので注意。

ワイヤレス充電が使えるのでそちらのほうが便利だと思います。

EarFun Air 2
サウピに似てるw

本体は今までのEarFunのイヤホンからは大幅に形と素材が変わってスタイリッシュになりました。

見た目と素材感がめちゃくちゃ上がっているので、これだけで買いです。

EarFun Air 2

裏面のヒンジ部分にもシルバーのロゴが付いて、高級感が3割増しになりました。

EarFun Air 2

下部にはUSB-C端子とリセットボタンを搭載。

この位置にボタンを配置してるのはナイスだと思う。

EarFun Air 2
赤いのはシール

開閉もスムーズで開けやすいですね。

イヤホンの入れる向きはAir Podsとは逆向きなので慣れが必要かも。

EarFun Air 2

イヤホンの軸部分はシリバーで長めの作りになっております。

ロゴが耳に付けた時にチラ見せできるのがおしゃれ。

軸の上の部分にはタッチセンサーがありタッチ操作にも対応しております。

EarFun Air 2

ドライバーは大口径10mmウール複合ダイナミックドライバーを搭載。

EarFunとしてはミドルクラスの大きさの印象でバランスが良いです。

ノズルは正円形でイヤーチップ選ぶには苦労しないと思います。

EarFun Air 2の重さ
EarFun Air 2の重さ

イヤホンの重さはケース込みで46g、イヤホン単体で9gとめちゃくちゃ軽いです。

高性能なイヤホンは重くなりがちですが、機能を重視しつつ軽くまとめてきたのはさすがと思います。

EarFun Air 2使用レビュー(メリット)

ここからはEarFun Air 2を使って感じた良かった点やメリットを紹介します。

  • スタイリッシュに進化した外観
  • LDAC対応
  • 音質はシャープでキレのあるサウンド
  • マルチポイント対応
  • ワイヤレス充電対応
  • タッチ操作可能
  • ゲームモード対応
  • クリアなマイク性能

スタイリッシュに進化した外観

EarFun Air 2

まず最初に外観を褒めたいですね。

今までのEarfunのケースってプラスチックでチープ感が凄かったのですが、EarFun Air 2でケースの形状が変わり凄くかっこ良くなりました。

さらにヒンジ部分にもシルバーのプレートを装着するなど、高級感が増しております。

今までは性能のEarfun、見た目のSOUNDPEATSの印象でしたが一気に差が無くなりました

LDAC対応

EarFun Air 2のLDACコーデック
待望のLDAC来た!

Earfun初のLDACにも初めて対応しました。

LDACと言えばハイレゾコーデックの中でも最も音質に優れているコーデックと言われております。

例えばaptX Adaptiveとの違いは以下の通りです。

ハイレゾコーデックの違い(サンプリングレートと深度)

  • aptX Adaptive→48kHz/24bit or 96kHz/24bit)
  • LDAC→96kHz/24bit

aptX Adaptiveのサンプリングレートと深度は2種類の環境によって2種類から選ばれますが、LDACは96kHz/24bitのサンプリングレートと深度が採用されております。

さらにビットレートも違います。

ハイレゾコーデックの違い(ビットレート)

  • aptX Adaptive→240~640kbpsの範囲内で自動可変
  • LDAC→330kbps・660kbps・990kbpsの3段階

LDACの方が最小・最大ビットレートが高いです。

ビットレートが高いと高音質にはなりますが、音楽の情報量が多くなり遅延や音切れが発生しやすくなるので注意が必要です。

人混みの少ない自宅などで使う際はLDAC対応はありがたいと言えそうです。

実際のLDAC接続に切り替えると驚異的に解像感と臨場感がアップしてAAC接続とは別物に化けます

もしもAndroidスマホなどを持っている方はぜひ試して欲しいと思います。

音質はシャープでキレのあるサウンド

音質ですが僕の感じた印象はシャープでキレのあるサウンドです。

何というかワイヤレスイヤホン特有のモゴモゴ感を全く感じずにメリハリを感じる高解像な音質です。

音質評価はこんな感じになります。

音の傾向
低音
高音
硬め
柔らかめ
繊細
迫力
楽器向き
ボーカル向き

音質傾向で言えば弱ドンシャリ系のサウンドで、音の輪郭は固めです。

サウンドは迫力ある音に仕上がっており、聞き答えある音に仕上がっておりリスニング用イヤホンとしても最適です。

EarFun Air 2の音楽得意ジャンル

得意音楽ジャンル:クラシックなどのウォーム系以外のサウンド

音質は固めなのでクラシックやオペラなどのボーカル重視の音は少し苦手な印象です。

その分、J-POPやロックなどの今どきサウンドには相性抜群で皆さんがよく聞くような音楽ではノリノリで音楽が楽しめます

マルチポイント対応

EarFun Air 2のマルチポイント

Earfunお得意のマルチポイントにも対応しております。

接続の切り替えもほぼほぼ遅延がなく、ハイエンドワイヤレスイヤホンのように快適に使えます。

これだけでアンダー1万円イヤホンとしては上位に君臨できるほど貴重です。

ワイヤレス充電対応

EarFun Air 2のワイヤレス充電

ワイヤレス充電にもしっかりと対応しております。

形状も置きやすいので充電エラーもありません。

EarFun Air 2

有線の急速充電にも対応し、約1.5hで0%から100%まで充電できるので比較的充電速度は速いです。

電池残量もLEDの色によって判別可能です。

電池残量
30%〜100%
オレンジ10%〜30%
10%以下
電池残量

充電中もLEDの色が変化していくので、だいたいの電池残量が把握できます。

タッチ操作可能

EarFun Air 2はタッチ操作にも対応しております。

タッチセンサーはやや半テンポくらい遅れる印象ですが、気にならない人は全く気にならないくらいの反応だと感じました(人による)

タッチ操作音楽機能通話機能
イヤホンをダブルタップ電話を受ける・切る
2秒間タップ音声アシスタント起動通話を拒否
左側を1回タップ音量+
右側を1回タップ音量ー
左側を3回タップ曲送り曲戻し2つの通話の応答転送
右側を3回タップ曲送り
タッチ操作一覧

タッチ操作一覧はこんな感じでシンプルにはなっております。

注意点としてゲームモードの切り替えはアプリからのみなのでご注意ください。

ゲームモード対応

EarFun Air 2のゲームモード
ゲームモードはアプリからオンオフする

ゲームモードにも対応しております。

遅延は(55㎳)となかなかの低遅延です。

さすがに音ゲーだとほんのちょっとだけズレる可能性もありますが、大抵のゲームであれば全く問題ありません。

クリアなマイク性能

マイクは左右に4基の高性能マイクを搭載しております。

こちらの音声は室内のエアコンや雑音が多い環境で録音しましたが、クリアに聞こえました。

通話で使った際も問題無かったので、マイク性能は標準以上の性能だと言えます。

EarFun Air 2使用レビュー(デメリット)

ここでは逆にEarFun Air 2を使って感じた注意点やデメリットを紹介します。

  • 音質は同社の上位機種に比べて音質が劣る
  • ノイズキャンセリング非対応
  • マルチポイントとLDACの同時設定はできない

音質は同社の上位機種に比べて音質が劣る

EarFun って明確な序列があるわけではないのであくまで価格を比べた場合に上位機種(価格が高い機種)に比べると音質は劣ります

正確にはEarFun Air 2の音質が悪いのでは無く、他が良すぎると思ったほうが正しいです。

EarFun Air 2とEarFun Air Pro3
ケースはEarFun Air 2の方がかっこ良い

例えば僕が1万円以下の最強ワイヤレスイヤホンだと思っているEarFun Air Pro3と明確に音の厚みや臨場感、解像感が違います。

EarFun Air 2とEarFun Air Pro3

まあただ見た目はEarFun Air 2のかっこ良いと個人的には思います。

EarFun Air 2とEarFun Air Pro3

明確に違うのはドライバーと音の傾向になります。

  • EarFun Air Pro3→11mm径の大型ダイナミックドライバー
  • EarFun Air 2→10mm径の大型ダイナミックドライバー

細かいチューニングは違うとは思いますが、たった1mmドライバーの大きさが違うだけで低音の迫力や解像感が素人が聞いても違うほど分かります。

音の傾向はEarFun Air Pro3はドンシャリ、迫力、高解像でEarFun Air 2は弱ドンシャリのスッキリサウンドで迫力は抑えられてます

その他ハイレゾコーデックもaptX AdaptiveとLDACの違いがあります。

EarFun Air 2とEarFun Air S
だいぶ経年劣化してる

ただ前世代のEarFun Air Sよりは音質やノイズキャンセリング性能などパワーアップしております。

EarFun Air 2とEarFun Air S

さすがに価格帯も同じくらいだけあって、順当な進化と言えるほど高解像なスッキリサウンドが進化しております。

またコーデックもEarFun Air Sはapt-X止まりでしたが、EarFun Air 2はLDACのハイレゾコーデックに対応したのもデカいです。

EarFun Air Sからの乗り換えでも満足できるかと思います。

ノイズキャンセリング非対応

注意しないといけないのがノイズキャンセリングは搭載されておりません。

電車や騒がしいカフェで使うと、どうしてもノイズに負け気味になります。

EarFunのSシリーズはノイズキャンセリングは搭載されていないので、ノイキャンを重視するならProシリーズ購入をおすすめいたします

マルチポイントとLDACの同時設定はできない

EarFun Air 2はマルチポイントとLDACの同時設定はできない

LDACを使いたい方に注意が必要なのがデュアルデバイス接続(マルチポイント接続)とLDACの併用が不可です。

どちらか一方をオンにすると警告が出るので使用することができません。

iPhoneならLDACが使えないのでマルチポイントを使えば良いと思いますが、Androidスマホと併用する場合はどちらかを選ぶ必要があります。

EarFun Air 2購入がおすすめな人

EarFun Air 2購入がおすすめな人は5千円台の価格で高音質とマルチポイント対応のワイヤレスイヤホンが欲しい方です

この価格でこの音質、マルチポイントやワイヤレス充電対応のイヤホンは市場を探しても少ないです。

ノイズキャンセリングは非搭載ではありますが、使い分けや外を歩く時は車や自転車の音も聞こえなくなり危険を伴うのでノイキャンが無い方が都合が良い場面も多いと思います。

(まとめ)EarFun Air 2レビュー

EarFun Air 2

以上がEarFun Air 2レビューでした。

LDAC対応の同社初で嬉しいですし、何よりもデザインがめちゃくちゃかっこ良くなりました。

このイヤホン個人的にはかなり人気が出ると思っている、今の推しイヤホンです。

メリット
デメリット
  • スタイリッシュなケース
  • LDAC対応でハイレゾ視聴が可
  • クリアな音ながら迫力ある音質
  • マルチポイント対応
  • ワイヤレス充電対応
  • IPX7防水規格で安心
  • ケース込みで40時間の長時間再生
  • 音質は同社の上位機種に比べて音質が劣る
  • ノイズキャンセリング機能無し
  • マルチポイントとLDACの同時設定はできない
ゴーゴーシンゴ

5千円台の最強性能ワイヤレスイヤホンですよ

ゴーゴーシンゴおすすめのお得情報
EarFun Air 2

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次