(登録のお願い!)Googleニュースで配信されております

SOUNDPEATS Capsule3 Pro+レビュー!MEMSドライバー搭載のサウピ最高傑作ワイヤレスイヤホン

景品表示法に基づき、当ページのリンクには広告が含まれています。
SOUNDPEATS Capsule3 Pro+
  • URLをコピーしました!
ゴーゴーシンゴおすすめのお得情報

開催中 メルカリ500ポイントプレゼント MWUBDW 入力

新サービス Amazonで漫画が無料で読める

待てば無料で続きも読める

今だけAmazon Music Unlimited(5,000円⇒0円)

おすすめKindle Unlimited(2,940円⇒0円)

損しない情報だけ

ワイヤレスイヤホン大好きなシンゴです(@go5shingo

僕の推しイヤホンメーカーのSOUNDPEATSが物すごい製品を新発売しました。

前作のSOUNDPEATS Capsule3 Pro超絶強化した製品で話題のMEMSドライバーを搭載した商品です。

MEMSドライバーシリコンウエハーから切り出したシリコン振動板に電圧をかけて発音させる圧電(ピエゾ)方式のスピーカードライバーで特に高域の再生周波数帯域が広く、歪みが少ない

価格は1万円を超えて来ましたが、EMSドライバー搭載のワイヤレスイヤホンとしては最安レベル

今回はSOUNDPEATS Capsule3 Pro+のレビューです。

SOUNDPEATS Capsule3 Pro+
総合評価
( 5 )
メリット
  • MEMSドライバー搭載
  • LDAC対応
  • マルチポイント搭載
  • 最大-45dBの強力なノイズキャンセリング
  • ゲームモード搭載
  • 最大43時間の長時間再生
  • タッチ操作対応
デメリット
  • ワイヤレス充電非対応
  • マルチポイントとLDACの併用が不可
ゴーゴーシンゴ

SOUNDPEATS製品の最高傑作ですよ

本ブログ限定クーポン

  • クーポンコードCP3PLPRM42
  • 対象商品: SOUNDPEATS Capsule3 Pro+
  • 利用期間: 2024年7月11日(木)0時 ~ 2024年7月17日(水)23時59分 割引: 約25%OFF
  • ※本クーポンコードと、Amazon商品ページ掲載のクーポンを併用すると、約25%OFFとなります。 最終価格:10,404円 通常価格:13,880円

メーカーより提供を受けておりますが自由レビューです

目次

SOUNDPEATS Capsule3 Pro+のスペック

タイプワイヤレス
形式カナル型
本体操作タッチ
ドライバー方式MEMSドライバー「Cowell」、12mmダイナミックドライバー
再生周波数帯域20Hz—40KHz
対応コーデックAAC、SBC、LDAC
BluetoothチップWQ7034AX
BluetoothバージョンBluetooth5.3
BluetoothプロファイルHSP、HFP 、A2DP、AVRCP
最大持続時間(単体)※60%音量6.5時間
最大持続時間(本体)※60%音量43時間
重量 (単体)5g
重量 (本体)48g
サイズ (単体)33.57×21.53×25.61mm
サイズ (本体)50.07×67.31×25.9mm
充電時間 (単体)1.5時間
充電時間 (本体)2時間
充電コネクタUSB Type-C
内蔵マイク片側3基
Adaptive ANC対応(最大-45dB低減)
通話用(ENC)ノイズキャンセリング対応
マルチポイント対応
風ノイズ低減対応
ゲームモード対応(70ms 低遅延)
専用アプリ対応
Google Play「PeatsAudio」は→こちら
App Store「PeatsAudio」は→こちら
防水性能IPX4
受賞実績VGP 2024 SUMMER 金賞
VGP 2024 SUMMER コスパ大賞
通常価格13880円
発売日2024年7月11日
SOUNDPEATS Capsule3 Pro+ スペック表

最初にスペックを紹介します。

最大の売りはMEMSドライバー「Cowell」を搭載した12mmの大口径ドライバーによる圧倒的な高音質です。

既存のBA型ドライバーと比較して薄型軽量化となっており、特に高音域の繊細な鳴らしを得意としております。

音質面に関してはハイレゾ認証を取得し、高音質コーデックのLDACにも対応しております。

最大再生時間は本体込みで43時間、イヤホン単体で6時間と長時間再生が可能。

その他ワイヤレス充電以外のほとんど全ての機能に対応している、フルスペックモデルとなってます。

SOUNDPEATS Capsule3 Pro+外観レビュー

ここからはSOUNDPEATS Capsule3 Pro+の実機外観を紹介します。

SOUNDPEATS Capsule3 Pro+

パッケージはいつものサウピと違ってイケメンの写真が使われていない、シンプルなパッケージでした。

たぶんこっちのほうが日本人には好かれると思います。

SOUNDPEATS Capsule3 Pro+
SOUNDPEATS Capsule3 Pro+

パッケージは外箱と内箱の二重包装で豪華でした。

SOUNDPEATS Capsule3 Pro+の付属品

付属品は以下の通りでした。

  • 本体
  • USB0Cケーブル
  • イヤーチップ(S,M)
  • ユーザーガイド
  • 謎の可愛いシールw
SOUNDPEATS Capsule3 Pro+のイヤーチップ

イヤーチップは本体に付いてるMサイズの他にS,Lが別途あります。

イヤーピースは硬めで弾力のある素材で、耳にしっかりとフィットしそうな作りでした。

SOUNDPEATS Capsule3 Pro+
シールが可愛くてシックな製品もカジュアルにw

本体はマットブラックで高級感を非常に感じます。

指紋が付きやすいのがデメリットですが、おしゃれな外観なので満足度は高いです。

中央にはLEDランプも搭載。

SOUNDPEATS Capsule3 Pro+

裏面の開閉を止める部分はゴールドのサウピブランドロゴがおしゃれに鎮座します。

SOUNDPEATS Capsule3 Pro+のUSB-C端子

底面はUSB-C端子とリセットボタンを搭載。

SOUNDPEATS Capsule3 Pro+

開くとこんな感じで高級感がハンパないです。

1万円ちょっとの製品とは思えずに3万円以上の高級イヤホンのような風貌をしております。

SOUNDPEATS Capsule3 Pro+

イヤホンを入れる向きはAir Podsシリーズとは逆なのは毎回のおなじみ。

最初は戸惑うけどすぐに慣れます。

SOUNDPEATS Capsule3 Pro+

イヤホン本体はマットブラックとゴールドで最上級の高級感を感じます。

スティック部分は少し長めでバランスが取りやすい形状。

SOUNDPEATS Capsule3 Pro+

穴が空いてるのがマイク部分で、マイクは片側で3つの高性能マイクを搭載。

SOUNDPEATS Capsule3 Pro+

上部にも高性能の集音用マイクがありました。

SOUNDPEATS Capsule3 Pro+

軸の素材も金属できちんと音が伝わるようにこだわりを感じるシャワー状になってました。

SOUNDPEATS Capsule3 Pro+

Sの部分はタッチセンサー搭載でタッチ動作にも対応します。

幾何学模様の柄も神秘的で、不思議な存在感があります。

SOUNDPEATS Capsule3 Pro+の重さ

ケース込みの重さは約50gでした。

軽くもなく、標準からやや重めくらいの印象です。

SOUNDPEATS Capsule3 Pro+の重さ

イヤホンの重さは約9gでした。

こちらは標準的な重さに仕上がっております。

SOUNDPEATS Capsule3 Pro+使用レビュー(メリット)

ここからはSOUNDPEATS Capsule3 Pro+を実際に使って感じた音質やメリットを紹介します。

  • 話題のMEMSドライバーはすげぇ
  • 音質の傾向はクリアなバランス型
  • イコライザーは癖が強い
  • ノイキャン性能は非常に高いけど注意点あり
  • LDAC対応
  • クリアなマイク
  • マルチポイント対応
  • 新アプリ(PeatsAudio)に対応
  • ケース込みで43時間再生

話題のMEMSドライバーはすげぇ

SOUNDPEATS Capsule3 Pro+

話題の新技術の話題のMEMSドライバーはヤバいです。

感覚的に言うなら、音が界王拳を使ってきて解像感と音の幅を増強された感じ

まあ超絶パワーアップするイメージを持てば間違いありません

詳しいMEMSドライバーの技術が知りたい方はこちらの記事を御覧ください(イヤフォンの新トレンド、「MEMSドライバー」とは何か? 出典:AV Watch)

具体的には高音域をMEMSドライバーが担当し、12mmダイナミックドライバーが中低音域を担当、これらが融合されて見事な音を鳴らします。

音の解像感は非常に秀逸でまるで、有線イヤホンやモニターヘッドホンに匹敵するくらいに進化します。

もちろん小型のカナル型イヤホンの特性上限界はありますが、今まで音に不満があった方でも満足できるレベルに感じました。

音質の傾向はクリアなバランス型

音の傾向
低音
高音
クール
ウォーム
繊細
迫力
楽器寄り
ボーカル寄り
女性向き
男性向き

僕が感じた音質の傾向はクリアなバランス型です。

今までサウピの音の傾向で低音重視のいわゆる「ドンシャリサウンド」で特に高音の伸びが今ひとつと感じることが多かったです。

Capsule3 Pro+は音のチューニングが非常に良く、低音、中音、高音とキレイに鳴らすことができます

しかも余裕で。

特に空間表現が非常に豊かで広域な音を感じられます。

例えばフラッグシップモデルのOpera 05は音の癖がやや強く、高音と低音のバランスに違和感を感じる場面もあったが本作は全くそんなことは無かった(この辺は好みの領域)

SOUNDPEATS Capsule3 Pro+の音質
SOUNDPEATS Capsule3 Pro+の音質

僕はよくロックを聞くのだけど、男性ボーカルも女性ボーカルも良さを引き出してくれて、楽器の解像感や迫力もミックスされるので非常に聴き応えを感じました。

結論として高音域は非常に豊かな伸びですが、従来のSOUNDPEATSの音質のように低音も得意なのでオペラやクラシックなどのジャンルも得意ですし、J-POPなどの現代サウンドにも向いてます。

イコライザーは癖が強い

SOUNDPEATS Capsule3 Pro+のイコライザー

イコライザーは全部で8種類あるのだが、どれも癖が強くて適用すると激変します。

  • SOUNDPEATSクラシック
  • 低音強化
  • 低音弱化
  • エレクトロニック
  • ポップ
  • クラシック
  • ロック
  • フォーク
  • 高音強化

イコライザーを適用すると激変します(いい意味でも悪い意味でも)

そのためイコライザーを使う時は曲に合わせてチョイスが必要。

仮に曲のジャンルがあっていても、なんか違和感を感じる音になることもありました。

SOUNDPEATS Capsule3 Pro+のイコライザー
SOUNDPEATS Capsule3 Pro+のイコライザー

イコライザーを使う時のコツは「カスタムEQ」を使うと良かったです。

カスタムEQは自分の聴力に合わせて、聞きやすい周波数帯を増減させる機能です。

またカスタムイコライザーで上下+−3くらいの間で調整すると音のバランスも崩さずに良い塩梅に仕上がりました。

ノイキャン性能は非常に高いけど注意点あり

SOUNDPEATS Capsule3 Pro+のノイキャン

ノイキャン性能は-45dbと非常に高いです。

ただ注意点があって、カフェなどの騒がしい環境ではイヤホンを付けただけではノイズはあまり消えません。

てか普通に会話なども貫通して聞こえてきます。

そのため、Air Pods Proのように耳栓代わりに付けただけでは音は消えません

ただ音楽を流しながらだと没入感が高まりノイキャンもハッキリと感じられます。

さすがに価格差が3倍近くあるのでノイキャン性能は勝てませんが、価格帯クラスでは最高峰のノイズキャンセリング性能だと感じます。

LDAC対応

SOUNDPEATS Capsule3 Pro+のLDAC

高音質コーデックのLDACに対応しているのも良い点です。

実際にLDACで聞くと、音の粒状感がよりくっきりとして、素人の僕でも音質の良さを感じられます。

ただし極微細な遅延もあるので、動画鑑賞などでは口パクが気になる方もいるかもです。

一方のiPhoneなどでAACで視聴すると、LDACと比較すると音質は落ちると感じました

ただ比べて分かる程度の違いで最初からiPhoneで視聴していれば、気にはならないと思いました。

apt X Adaptiveなどには非対応です

タッチ操作に対応

SOUNDPEATS Capsule3 Pro+のタッチ操作

SOUNDPEATS Capsule3 Pro+はタッチ操作に対応しております。

デフォルトの操作は以下の通りです。

再生/停止2回タッチ(右or左)
音量UP右側 タッチ
音量DOWN左側 タッチ
曲送り右側 1.5秒ロングタッチ
ANC切替左側 1.5秒ロングタッチ
受話/終話着信時2回タッチ(右or左)
着信拒否1.5秒ロングタッチ(右or左)
音声
アシスタント
右側 3回タッチ
ゲームモード左側 3回タッチ
リセット
手動ペアリング
ケースのボタンを長押し
10秒間(リセット) /
3秒間(手動ペアリング)
電源ON自動:充電ケースから取り出す
手動:1.5秒ロングタッチ
電源OFF自動:本体をケースに戻す
手動:10秒ロングタッチ
SOUNDPEATS Capsule3 Pro+タッチ操作の概要

タッチ感度も良好でスマホレスで操作が快適にできます。

覚える項目は多いですが、使いこなせばイヤホンのみで操作が完結できるのはメリットです。

クリアなマイク

片側3個、合計6個のマイクを搭載しているのでマイクの音声もクリアです。

こちらの録音はエアコンや扇風機などかなりノイズの多い環境で録音しましたが、全くノイズ感を感じませんでした。

ワイヤレスイヤホンでこのレベルで会話できれば十分だと感じます。

マルチポイント対応

SOUNDPEATS Capsule3 Pro+のマルチポイント機能
この組み合わせかっこよいよね

便利なマルチポイントにも対応しております。

スマホ2台やタブレット、PCなど好きな組み合わせの2台でペアリングが可能。

切り替えもBluetooth 5.3に対応しているのでスムーズで、高級ワイヤレスイヤホンと遜色は感じませんでした。

新アプリ(PeatsAudio)に対応

PeatsAudio
PeatsAudio
開発元:深圳市星科启创新科技有限公司
無料
posted withアプリーチ

今までのSOUNDPEATSアプリではなくて、新しいPeatsAudioアプリに対応しました(ファームウェアアップデート等が可能)

SOUNDPEATS Capsule3 Pro+の新アプリ(PeatsAudio)
SOUNDPEATS Capsule3 Pro+の新アプリ(PeatsAudio)
SOUNDPEATS Capsule3 Pro+の新アプリ(PeatsAudio)

まあ出来る機能は変わりませんが、アプリのUIが見やすくおしゃれになりました。

ハード面だけでなく、ソフトウェアも進化してくれるのはナイスだと思います。

ケース込みで43時間再生

SOUNDPEATS Capsule3 Pro+の再生時間

  • イヤホン単体→6.5時間
  • ケース併用→最大43時間

再生時間も結構長くて、イヤホン単体でも6.5時間持つので1日付けっぱなしでも電池は持ちそうです。

もちろん使わない時はケースにしまえば充電されるので、通勤通学はもちろんちょっとした旅行くらいなら電池持ちの心配はそこまで無さそうです。

SOUNDPEATS Capsule3 Pro+使用レビュー(デメリット)

ここではSOUNDPEATS Capsule3 Pro+の注意点なども紹介しておきます。

  • ワイヤレス充電非対応
  • マルチポイントとLDACの併用が不可

ワイヤレス充電非対応

SOUNDPEATS Capsule3 Pro+はワイヤレス充電非対応
充電はされない

SOUNDPEATSイヤホン全般のデメリットと言うか弱点ですが、ワイヤレス充電に非対応です。

必ず有線充電が必要なので手間と言えば、手間ではあります。

ただUSB-Cケーブルで充電できるので、スマホと共用できる点は評価できます。

マルチポイントとLDACの併用が不可

SOUNDPEATS Capsule3 Pro+マルチポイントとLDACの併用が不可
日本語が不自然なのも気になる

残念なのがマルチポイントとLDACとの併用不可です。

特にAndroid2台持ちの方は影響があります。

ただiPhoneはAAC接続しかないので、iPhoneで使う方は影響がないのでマルチポイントをオンにしといて問題ありません。

SOUNDPEATS Capsule3 Proからの違いや進化ポイント

SOUNDPEATS Capsule3 Proからの違いや進化ポイント
筆記体のロゴが付いてるのが+

ここでは前作のSOUNDPEATS Capsule3 Proと機能面や進化ポイントの比較をします。

SOUNDPEATS Capsule3 Pro+SOUNDPEATS Capsule3 Pro
イヤホンの型 カナル型カナル型
再生周波数帯域 20Hz—40KHz20Hz—40KHz
ドライバー MEMSドライバー/12mmダイナミックドライバー12mmダイナミックドライバー
対応コーディック LDAC、AAC、SBCLDAC、AAC、SBC
再生時間(単体)6.5時間
(本体)43時間
(単体)8時間
(本体)52時間
Bluetooth 5.35.3
Adaptive ANC 最大45dB最大43dB
マルチポイント 対応非対応
装着検出機能 非対応非対応
通常価格(定価) 15,480円8480円

それぞれの違いのスペックは上記の通りで、最大の売りは何度も紹介しているMEMSドライバーの搭載です。

実際聞いてみるとMEMSドライバーによってここまで音質が繊細かつダイナミックになるのかと、同じイヤホンシリーズとは思えないくらいに化けております

SOUNDPEATS Capsule3 Proからの違いや進化ポイント
見た目は似てる

どちらをおすすめするかはその人の予算によりますが、予算が許せばSOUNDPEATS Capsule3 Pro+がおすすめです。

SOUNDPEATS Capsule3 Pro+が優れている点

  • MEMSドライバー付き
  • ノイキャン性能が少し高い
  • マルチポイント対応

こんな感じで音質と性能、使い勝手がパワーアップします。

ただSOUNDPEATS Capsule3 Proの音質もLDAC対応ですし、1万円以下のワイヤレスイヤホンとしては上位の音質でコスパは非常に高いです。

ゴーゴーシンゴ

どっちを買っても後悔しないですよ

SOUNDPEATS Capsule3 Pro+レビュー

以上がSOUNDPEATS Capsule3 Pro+のレビューでした。

この価格帯でMEMSドライバー搭載はヤバいです。

例えば他社ですとNoble Audioの「FALCON MAX」(実売3万9,600円前後)と価格が全然違います(もちろん機能性なども違うけど)

そう言った意味では、まずはMEMSドライバー搭載のワイヤレスイヤホンを試してみたい方におすすめの製品です。

メリット
デメリット
  • MEMSドライバー搭載
  • LDAC対応
  • マルチポイント搭載
  • 最大-45dBの強力なノイズキャンセリング
  • ゲームモード搭載
  • 最大43時間の長時間再生
  • タッチ操作対応
  • ワイヤレス充電非対応
  • マルチポイントとLDACの併用が不可
ゴーゴーシンゴ

間違いなく新しいSOUNDPEATSの時代を作るイヤホンです

本ブログ限定クーポン

  • クーポンコードCP3PLPRM42
  • 対象商品: SOUNDPEATS Capsule3 Pro+
  • 利用期間: 2024年7月11日(木)0時 ~ 2024年7月17日(水)23時59分 割引: 約25%OFF
  • ※本クーポンコードと、Amazon商品ページ掲載のクーポンを併用すると、約25%OFFとなります。 最終価格:10,404円 通常価格:13,880円
ゴーゴーシンゴおすすめのお得情報

開催中 メルカリ500ポイントプレゼント MWUBDW 入力

新サービス Amazonで漫画が無料で読める

待てば無料で続きも読める

今だけAmazon Music Unlimited(5,000円⇒0円)

おすすめKindle Unlimited(2,940円⇒0円)

損しない情報だけ
SOUNDPEATS Capsule3 Pro+

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ゴーゴーシンゴのアバター ゴーゴーシンゴ ガジェットブロガー

ガジェットブロガーのゴーゴーシンゴです。
Yahoo!ニュースエキスパートのモノ・ガジェット分野のクリエイターでもあります。
企業からのレビュー依頼は250件以上実績あり。
レビュー依頼受付中です!

コメント

コメントする

CAPTCHA



reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

目次