\ 最大10%ポイントアップセール! /

EF50mmF1.8stmレビュー!EOSRでのポートレート作例

  • URLをコピーしました!

キャノンの撒き餌レンズEF50mmF1.8stmのレビューです。

キャノンユーザーの誰もが最初の単焦点レンズとして買うであろうレンズ。

今回はEFマウントを変換してRFマウントのEOSRでのポートレート作例付き。

最初の単焦点レンズの購入を悩んでいる方、EOSRでポートレートを撮影の作例が気になる方はぜひお読みください!

Canon EF50mmF1.8 stm
総合評価
( 3.5 )
メリット
  • 描写はこの価格にしては素晴らしい
  • デジタルオプティマイザーのレンズ補正が優秀
  • 瞳AFが良く効く
  • 色乗りはフィルム風で良い
デメリット
  • AFは遅いしうるさい
  • RAWで撮影すると周辺光量落ちが激しい
  • 逆光には弱い
ゴーゴーシンゴ
撒き餌レンズの実力は想像以上でしたよ
\最大10%ポイントアップセール!/
Amazonへ行く
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場へ行く
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングへ行く
目次

Canon EF50mmF1.8 stmスペックレビュー

EF50mmF1.8stm

Canon EF50mmF1.8のスペックをレビューします。

  • レンズ構成: 5群6枚
  • 絞り羽根枚数: 7枚(円形絞り)
  • 最小絞り: 22
  • 最短撮影距離: 0.35m
  • 最大撮影倍率: 0.21 倍
  • フィルター径: 49mm
  • 最大径: 69.2mm
  • 全長: 39.3mm
  • 質量: 約160g

この撒き餌レンズ2代目になります。

主なスペックの変更は以下です。

スペック変更

  • 絞り羽根が5枚から7枚に変更
  • コーティングが強化されて逆光に強くなった
  • モーターがSTMになり少し静かに
  • フルタイムマニュアルに対応
  • 金属製のマウントに変更

初代よりだいぶ強化されてます。

それで価格は15,000円くらいとフルサイズの単焦点レンズの中ではお手軽(レンズフードは別売り)

F1.8のボケが味わえる最初の単焦点レンズにおすすめなのです。

Canon EF50mmF1.8 stmをEOS Rに付けてみた

EF50mmF1.8stm

EF50mmF1.8stmをEOS Rに付けるとこんな感じ。

レンズフードまで入れると大きく見えますが、それはマウントアダプターが付いているから。

手に持った感じは全然重くない。

むしろ軽すぎて、「これフルサイズのレンズ??」って思うくらい。

どっちかと言うとマイクロフォーサーズのレンズを付けている感覚。

バランス的には圧倒的にボディが重いです。

付けてるマウントアダプターのレビューは以下です。

投稿が見つかりません。

Canon EF50mmF1.8 stm EOS Rでのポートレート作例

ここではEOS Rに付けた作例をご紹介いたします。

さすがフルサイズのF1.8だけあってボケ感は素晴らしかったです。

色乗りもなかなか良くさすがは単焦点レンズだと感じました。

*モデルさん本人には掲載許可済みです

1枚目はフル開放で撮影。

ピント面は薄いですが、瞳AFが良く効いて使いやすいです。

Canon EF50mmF1.8 stm EOS Rでのポートレート作例

被写体と背景のボケがなだらかにボケてます。

フルサイズならではのボケ感と言った感じ。

こちらもフル開放のショット。

Canon EF50mmF1.8 stm EOS Rでのポートレート作例

ちょい絞ってF2.8でのショット。

全体的にスッとした印象。

そこまで解像感が上がるわけではないのでポートレートにはちょうどいい。

Canon EF50mmF1.8 stm EOS Rでのポートレート作例

被写体とコミュニケーションを撮りやすいのも50mmm標準レンズの特徴。

アップでもしっかりと瞳AFが効いてます。

一眼レフだと難しい薄いピント合わせもミラーレスなららくちん。

Canon EF50mmF1.8 stm EOS Rでのポートレート作例

最後は横向きの写真。

これはF2.8に絞って撮影。

F2.8くらいに絞った方が失敗写真は少なくなるかもしれません。

Canon EF50mmF1.8 stm EOS Rでのポートレート作例

Canon EF50mmF1.8 stmをEOS Rポートレートで使うメリット

Canon EF50mmF1.8stm EOS Rポートレートで使うメリットは以下があると感じました。

  1. 描写はこの価格にしては素晴らしい
  2. デジタルオプティマイザーのレンズ補正が優秀
  3. 瞳AFが良く効く
  4. 色乗りはフィルム風で良い

メリット1 描写はこの価格にしては素晴らしい

描写はこの価格のレンズにしては素晴らしいですね。

15,000程度の価格でこれだけ写れば標準レンズいらないです。

特にボケはなだらかなので同じCanonのEF 50mmF1.4よりも良いと感じました。

また被写体に寄れるのも素晴らしいです。

35センチまで寄れるのでポートレートで特定の部分だけアップに映す事も可能。

万能に使えるレンズだと感じました。

ゴーゴーシンゴ
テーブルフォトでも寄れるから便利ですね

メリット2 デジタルオプティマイザーの補正が優秀

Canonの純正レンズなのでデジタルオプティマイザーが使えます。

デジタルオプティマイザーはレンズの光学補正をEOS Rでやってくれます。

周辺光量落ちや歪み補正もある程度は整えてくれる。

特にjpegでサッと撮影したい時には便利。

純正レンズを使うメリットは大きいです。

ゴーゴーシンゴ
補正データとの相性はバッチリです。さすが純正

メリット3 瞳AFがよく効く

瞳AFめっちゃ良く効きます。

サーボーAFでも被写体の瞳を追いかけ続けます。

多分一眼レフの人が使ったらビックリすると思う。

F1.8でピント面が極薄ですが楽勝で瞳を捉えます。

ポートレートならEOS RでEFレンズを運用した方が遥かに良い写真撮れると思う。

ゴーゴーシンゴ
EFレンズが蘇るイメージ

メリット4 色乗りはフィルム風で良い

描写ですがEFレンズとEOS Rを組み合わせるとフィルム風のいい感じの描写になります。

ソニーのようなカリカリの描写ではなく、少し懐かしい優しい感じ。

好みが分かれますが僕は好きです。

チョイレトロな描写ながらピントはカリッと捉える。

懐かしさと最新の技術が組み合わさった最強コンビと感じました。

ゴーゴーシンゴ
好みが分かれるけど人気のフィルム風の写真が撮りたいならおすすめ

Canon EF50mmF1.8 stmデメリット(微妙な点)

Canon EF50mmF1.8 stm

Canon EF50mmF1.8 stmをEOS Rで使うデメリット(微妙だと思った点)は以下でした。

  1. AFは遅いしうるさい
  2. RAWで撮影すると周辺光量落ちが激しい
  3. 逆光には弱い

デメリット1 AFは遅いしうるさい

EF50mmF1.8 stmはAFは遅いです。

あとうるさい。

これEOS RのAFが速すぎてレンズが付いていけてない印象。

特に前後のピント合わせが苦手で被写体が後ろから前に来る時などは迷いまくります。

動画に関しては要注意。

AFのジーコージーコー音が入りすぎて動画では全く使えませんでした。

ゴーゴーシンゴ
RFレンズがAF速すぎるのはあります

デメリット2 RAWで撮影すると周辺光量落ちが激しい

EF50mmF1.8 stmの周辺光量落ちは激しいです。

開放だと盛大に周辺光量落ちします。

F4.0やF5.6で多少マシになるくらい。

Lightroomなどの補正は必須です。

あと、樽型収差も激しい。

もしポートレートで使うならRAW現像とセットで使いましょう。

ゴーゴーシンゴ
単焦点レンズにしては残念な印象でした

デメリット3 逆光には弱い

EF50mmF1.8 stmは逆光に弱いです。

2世代目になってマルチコーティングになりましたが、盛大にゴーストが発生します。

屋外ポートレートで使う方は要注意。

この辺が高級レンズと廉価版のレンズとの差だと思っています。

もし屋外で使う場合はシュチュエーションを選ぶレンズだと感じました。

ゴーゴーシンゴ
僕は1度屋外で使ったら失敗しました

Canon EF50mmF1.8 stmはこんな方におすすめ

Canon EF50mmF1.8 stm

最後にEF50mmF1.8 stmはこんな方におすすめできると思います。

ココがおすすめ

  • 明るいフルサイズのレンズが欲しい
  • 最初の単焦点レンズが欲しい
  • EOS Rと一緒に使う
  • 値段は抑えたい
  • 描写はフィルム風が好き

上記に当てはまる方には満足できるかと。

もし他のカリカリの描写が欲しいならシグマのArtラインがおすすめですね。

逆にこんな方はEF50mmF1.8 stmをおすすめできないです。

ココがダメ

  • 描写性能を求める
  • 解像感が欲しい
  • AFが速いレンズが欲しい
  • 動画を撮影する

上記のデメリットもありますが、費用を考えると満足できると思います。

特に最初の1本にはおすすめ。

もしポートレート撮るならとりあえず買っておいて損はないです。

ゴーゴーシンゴ
コスパは最強だね
\最大10%ポイントアップセール!/
Amazonへ行く
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場へ行く
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングへ行く

フィルターは49mmです。

\最大10%ポイントアップセール!/
Amazonへ行く
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場へ行く
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングへ行く

レンズフードは別売りです(ゴースト対策に購入おすすめ)

\最大10%ポイントアップセール!/
Amazonへ行く
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場へ行く
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングへ行く
EOS Rのレビューはこちら
あわせて読みたい
【レビュー】EOS Rをいまさら買うべきか?2022年コスパ最強のミラーレスカメラ こんな疑問にお答えします。 僕は2020年の年末にEOS Rを購入いたしました。 結論めっちゃ満足しております。 これまでのカメラ遍歴は以下。 APS-Cセンサーがメインでし...
RFマウントのおすすめレンズのレビューはコチラ
あわせて読みたい
【ポートレート】おすすめRFマウントレンズ!ポトレ作例付きで現役カメラマンが解説 こんな悩みを解決いたします。 RFレンズって値段も高いので購入に迷うはず。 スペックだけ見ても実際の作例が分からないから購入できない。 こんな方向けに実際に撮影し...
あわせて読みたい
【ポートレート作例付き】RF50mm f1.8stmレビュー。RFマウントコスパ最強の単焦点 キャノン伝統の撒き餌レンズと言えば、EF50mmf1.8stmが有名です。 新時代のRFマウントでもRF50mm f1.8stmが発売されました。 EOS Rで使っておりますが、EFレンズとは別...
あわせて読みたい
RF35mm f1.8 マクロ is stm レビュー。RFマウントで1番おすすめレンズ(作例付き) EOS Rユーザーのシンゴです。 RFマウントに移行してから2年が経過しました。 今まで所持しているレンズは以下でした。 レンズラインナップ的にはポートレートで使うので...
こちらの記事もおすすめです
あわせて読みたい
Googleフォト無制限アップロード終了対策!コスパの良い写真保存方法はこれだ! 2021年6月にGoogleフォトの無制限アップロード 終了のお知らせがありました! 今後はより写真管理が重要になります。           【カメラマン...

【大人気イベントが9/27まで限定復活】Amazonお買い物現金チャージ

大人気イベントが限定復活です!

Amazonでのお買い物は、Amazonギフト券の現金チャージがお得です。

通常会員なら最大2.0%Amazonプライム会員なら最大2.5%お得にAmazonポイントが貯まります!

Amazonで1円でもお買い物するなら使わないと損します

\ エントリーしないと損 /

\ 30日間無料体験でブーストする/

一回でのチャージ金額プライム会員(おすすめ)通常会員
5,000円~1.0%0.5%
20,000円~1.5%1.0%
40,000円~2.0%1.5%
90,000円2.5%2.0%

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしてくれたら嬉しいです!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメントは保護されておりますのでお気軽にどうぞ

コメントする

目次