\ 最大10%ポイントアップセール! /

TP-Link Archer C80 レビュー!実売3000円台で購入できるWi-Fi5ルーター

  • URLをコピーしました!

自宅のWi-Fiルーターを速くしたいけど、あんまりお金をかけたくない。おすすめの安いルーターはある?

こんな悩みを解決します。

Wi-Fiルーターってお値段高いわりに家のネット回線が1Gbpsまでしか対応していなくて、お高いWi-Fi6ルーターは無駄になりがち。

だったらできるだけコストを抑えて通信速度も速いWi-Fi5ルーターの購入がおすすめです。

TP-LinkからAmazon実売価格3千円台の高コスパルーター「TP-Link Archer C80」がリリースされました。

おすすめな人

  • ひとり暮らしのWi-Fi環境を改善したい
  • 4LDK、3階建て以下の環境で使う予定
  • Wi-Fiにあまりお金をかけたくない
  • 部屋が狭いのでコンパクトなWi-Fiが欲しい

こんな方にはおすすめできるデュアルバンドWi-Fiルーターです。

TP-Link Archer C80
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 通信速度が速い
  • 筐体がコンパクトで設置場所を取らない
  • Tetherアプリの使い勝手が良い
デメリット
  • ゲーム用途には不向き
  • Wi-Fi6(ax)に対応していない
ゴーゴーシンゴ
僕はひとり暮らしですがこれで必要充分だと思いました
\最大10%ポイントアップセール!/
Amazonへ行く
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場へ行く
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングへ行く

Archer C80公式ページ

*商品はメーカーより提供を受けております

目次

TP-Link Archer C80のスペック

TP-Link Archer C80
規格Wi-Fi 5
IEEE 802.11ac/n/a 5 GHz
IEEE 802.11n/b/g 2.4 GHz
Wi-Fi速度AC1900
5 GHz: 1300 Mbps (802.11ac)
2.4 GHz: 600 Mbps (802.11n)
Wi-Fi範囲3LDK

高性能固定アンテナ×4
複数のアンテナが信号を増幅させより多くの方向と広いエリアをカバーします

ビームフォーミング
クライアントに無線信号を集中させWi-Fi範囲を拡大します

Wi-Fi性能デュアルバンド
最適なパフォーマンスを得るためにデバイスを異なる帯域へ割り当てます3×3 MU-MIMO
複数のMU-MIMO対応クライアントと同時に通信しますエアタイムフェアネス
帯域の過度な占有を制限することによりネットワーク効率を向上させます
動作モードルーターモード
ブリッジモード

TP-Link Archer C80の性能は上記の通り。

5GHz帯(1300Mbps)2.4GHz帯(600Mbps)の通信速度を誇るWi-Fi5ルーターです。

ひとことで言うと性能は良いのにお値段はお安いお得な機種。

ここではTP-Link Archer C80の特徴的な機能を紹介いたしますね。

1 4つの大型アンテナを装備

TP-Link Archer C80は4つの大型アンテナを搭載しております。

大きなアンテナがあるのでWi-Fiの飛距離が強化されてます。

大きい住宅や階層が分かれている家でも安心して使えますよ。

2 IPoE(IPv6)通信対応

TP-Link Archer C80はIPv6対応

通信各社によって方式や呼び名はさまざまですが、Archer C80は次世代の通信のlPv6 IPoE(V6プラス)に対応しております。

従来のPPPoE接続(プロバイダーのIDとパスワードを入力)との違いは以下です。

  • PPPoE→ネットワーク終端装置を必ず通過。通信が増えると終端装置が混雑して通信が遅くなる
  • IPv6 IPoE(V6プラス)→直接インターネット通信するのでボトルネックになる終端装置を経由しない

従来のPPPoE方式では夜間やピーク時に回線速度が遅くなる傾向がありましたが、IPv6 IPoE(V6プラス)は混雑時でも通信速度低下が起こりづらいです。

3 デュアルバンド

Wi-Fiの電波の特徴

  • 2.4GHz帯  速度は少し遅いが、障害物に強い
  • 5GHz帯  速度は速いが、障害物に弱い

Archer C80は性質の違う2つの電波を発信するデュアルバンド方式です。

速度の速い電波と障害物に強い電波のどちらかに接続するか選べます。

基本は5GHz帯で接続して、電波が途切れる等あれば2.4GHz帯に繋ぎ直せば良いと思います。

4 3×3 MU-MIMO

TP-Link Archer C80は3×3 MU-MIMO

従来のWi-Fiは1台ずつ端末と通信をやりとりしているので複数台の端末との通信はできませんでした。

3×3 MU-MIMOなら同時に3台の端末まで通信が可能です。

複数台持ちのひとり暮らしなどでも安心して使えますよ。

5 ビームフォーミング

TP-Link Archer C80のビームフォーミング

ビームフォーミング機能とは電波を集中的に接続機器に送信する機能になります。

通常Wi-Fiの電波は放射状に送信されますが、使用機器に電波を目がけて送信することによって高速で安定した通信が可能となります。

ビームフォーミング機能があるか無いかでWi-Fiルーターの電波性能は大幅に変わってくると思います。

6 最大接続台数は36台

TP-Link Archer C80の最大接続台数は36台

TP-Link Archer C80の最大接続台数は36台です。

スマホ、パソコン、タブレット、ゲーム機等さまざまな機器が接続できます。

エントリー機としては接続台数が多いですよ。

7 アップデートでOneMeshに対応

なんとアップデートでTP-Link Archer C80がOneMeshに対応しました。

【ファームウェアアップデート情報】

「Archer C80」が OneMeshに対応しました!

リリースノート:
1. OneMeshに対応しました。
2. システムの安定性が向上しました。

アップデート情報▼https://t.co/8gXRdlrLou

— TP-Link Japan【公式】 (@tplinkjapan) December 13, 2021

エントリー機種ながら拡張性が大幅にアップしてます。

引っ越しなどで部屋が増えたりした場合でも便利に使えそうですね。

TP-Link Archer C80開封レビュー

TP-Link Archer C80

さっそくTP-Link Archer C80を開封していきます(写真めっちゃ斜めになってた)

約20センチの大型アンテナ4本が伸びてて威圧感がありますが、本体は非常にコンパクトです。

TP-Link Archer C80 の付属品

開封すると中身は本体と電源アダプター、LANケーブルが付属しております。

LANケーブルはCat5eで約1mのケーブルとなってます。

TP-Link Archer C80 のアンテナ

アンテナを立てるとこんな感じで主張します。

本体は弁当箱みたいなデザインですが、アンテナは長いですね。

表面はザラザラしている摩擦あるデザインです。

TP-Link Archer C80 のアンテナ角度

アンテナは縦、横に移動が可能です。段階は2段階でクリック感があります。

方向も180°回転ができるので自分の使う方向にアンテナを向けることによって、電波の飛ぶ方向を調整できます。

Wi-Fi置き場に困ってもアンテナで調整できるのが便利です。

TP-Link Archer C80 の重さ

持った瞬間に軽かったので、重さを測りました。

本体は312gでスマホよりもちょっと重いくらいのイメージです。

大きさのわりに軽くて中身が入ってるか不安になりました。

TP-Link Archer C80の大きさ

Wi-Fiの大きさは横幅21センチくらいと非常にコンパクト。

ティシュボックスよりも横幅は小さいのです。

チョコっとしてて可愛い見た目ですね。

TP-Link Archer C80大きさ比較

TP-Link Archer C80とArcher AX73の大きさを比べてみました。

大きさは2回りくらい違って、C80はめちゃくちゃコンパクトなのが分かります。

小さい=設置場所に困らないので便利だと思います。縦置きや壁掛けも可能です。

TP-Link Archer C80インジゲーター

TP-Link Archer C80の前面はLEDランプとなっております。

緑が異常なし、赤色だと異常ありを示しております。

ルーターの状態がひと目で分かるのは非常に便利です。

TP-Link Archer C80の背面ポート

背面はギガビットLANポートが4つあります。

1Gbpsまでの速度が出るので通常の光回線のスピードをフルに発揮できます。

青色の端子はWANポートでプロバイダーから貸し出しされている、モデムとの接続に使います。

LANポートにはNASを繋いでデータ共有装置としての使い方も可能です。

TP-Link Archer C80スピードテスト結果

TP-Link Archer C80の回線スピードを測ってみました。

回線はソフトバンク光のマンションタイプになります。

都内の一般的な光回線なのでぜひ参考にしてください。

iPhone12 Pro(Wi-Fi6)

  • ダウンロード→147Mbps
  • アップロード→195Mbps
  • Ping→7ミリ秒
  • ジッター→0.63ミリ秒

Wi-Fi6に対応したiPhone12 Proから。

TP-Link Archer C80はWi-Fi5ルーターですが、Wi-Fi6の機器も下位互換性があるので使えます。

実測結果も100Mbpsを超えていたので、エントリー機ですが性能は良いと思います。

i pad Pro 11(Wi-Fi6)

  • ダウンロード→93.32Mbps
  • アップロード→592.2Mbps

続いてiPad Pro11での検証です。画像が見えづらくてすいません。

タブレット端末もWi-Fi6に対応しております。

なぜか上りのスピードが500Mbpsを超えてて、下手なWi-Fi6ルーターよりも速かったです。

MacBook Pro16(Wi-Fi5)

  • ダウンロード→230Mbps
  • アップロード→410Mbps

最後にノートパソコンのMacBook pro16で測定いたしました。

Wi-Fi5端末なので計測するのにピッタリな相手です。

以外にもWi-Fi5の機器が1番速くてビックリしました。

本機器はApple製品との相性が良いのかもしれません。

ゴーゴーシンゴ
お値段以上の性能でした

TP-Link Archer C80使って良かったメリット

TP-Link Archer C80を使って良かった点は以下です。

ココがおすすめ

  1. 通信速度が速い
  2. 筐体がコンパクトで設置場所を取らない
  3. Tetherアプリの使い勝手が良い

1 通信速度が速い

Archer C80はエントリー機のWi-Fi5ルーターでありながら通信速度は速かったです。

普通に3桁スピードが出ていたので、無理してWi-Fi6ルーターを購入しなくても良いかもしれません。

日常使いでしたら速度が遅くて困ることは無いです。

2 筐体がコンパクトで設置場所を取らない

筐体がコンパクトなのもメリットです。

ティシュボックスよりも小さいので机の上やちょっとしたスペースに置いても邪魔になりません。

ひとり暮らしのワンルームや子ども部屋などに最適です。

3 Tetherアプリの使い勝手が良い

TP-Link Tether
TP-Link Tether
開発元:TP-LINK
無料
posted withアプリーチ

純正のTetherアプリの出来が素晴らしいです。

アプリで出来る主な点は以下です。

  • 初期設定
  • 現在の接続台数の確認
  • ファームアップデート
  • 保護者による制限→オンラインに接続時間を制限したり履歴の確認
  • ゲストネットワーク→ゲスト用のSSID・パスワードを簡単に発行
  • 動作モード→ワイヤレスルーターモードとアクセスポイントモード(有線LANを無線化)が選べる

最初の設定から日々の設定、アップデートがアプリからワンクリックで解決します。

機械のことが全然わからない初心者や年配の方にも安心して使えますよ。

TP-Link Archer C80のデメリット

今度はArcher C80のデメリットや注意点を書きます。

基本的にコスパの良い商品ですが、使用方法によっては注意が必要だと感じました。

ココに注意

  1. ゲーム用途には不向き
  2. Wi-Fi6(ax)に対応していない

1 ゲーム用途には不向き

あくまでも通常使用のルーターですのでゲーム用途には不向きだと思います。

速度的には問題ありませんが、CPU性能などを考えるとゲーミングルーターの購入がおすすめです。

ネットやオンライン会議、動画視聴などの用途で使うのがおすすめです。

2 Wi-Fi6(ax)に対応していない

Archer C80はWi-Fi5(ac)対応のルーターです。

現在の最新規格のWi-Fi6(ax)ルーターではありません。

同時接続数や接続の安定性を考えると、値段が高くなりますがWi-Fi6ルーターが欲しくなります。

特に接続台数が36台以上の方は上位機種のArcher AX4800も検討するのがおすすめです。

TP-Link Archer C80レビューまとめ

以上がTP-Link Archer C80レビューまとめでした。

普通に考えてこの値段でこの性能はヤバいと感じました。

現在回線業者からのレンタルWi-Fiルーターを使っている方の乗り換えにピッタリと感じました。

ゴーゴーシンゴ
エントリー機としては最高性能のWi-Fiですよ
\最大10%ポイントアップセール!/
Amazonへ行く
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場へ行く
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングへ行く

Archer C80公式ページ

あわせて読みたい
(全部実際に使用)TP-LinkおすすめWi-Fiルーター12選!選び方と評判 こんな悩みを解決します。 テレワークやオンライン授業などで、何かと通信環境を重要視される時代。 Wi-Fiもコスパと性能の良い商品を購入するのが必須となっております...
あわせて読みたい
TP-Link Archer AX4800 レビュー!AX73との比較やメリットを紹介 在宅ワークのWi-Fiスピードを速くしたい。おすすめの方法はないの? こんな悩みを解決いたします。 在宅ワークやテレワークによって自宅のWi-Fi環境を見直す方が多くい...
あわせて読みたい
TP-Link Archer AX10レビュー!Wi-Fiルーターの速度は遅い? こんな疑問にお答えいたします。 最初に結論ですが、TP-Link Archer AX10の通信速度は爆速でした。 もちろん使っている回線や時間帯によりますが、Wi-Fiがボトルネック...
あわせて読みたい
TP-Link Archer A6レビュー!3000円台のベストバイWi-Fiルーター 無線LANのスピードが遅くて困っている。お手頃価格で性能の良いWi-Fiルーターはないの? こんな悩みを解決します。 お金が掛かる一人暮らしにおいてはIT機器にお金なん...
あわせて読みたい
TP-Link Archer AX20レビュー!1万円以下の無線Wi-Fi6ルーター こんな悩みを解決いたします。 学校の授業もオンラインだったり、会社もテレワークだったりとなにかとネット環境が大事な今日この頃。 5年前に無線Wi-Fiルーターを買っ...
あわせて読みたい
TP-Link 「Archer AX55」レビュー。2022年コスパ最強のWi-Fi6ルーター ティーピーリンクジャパン株式会社(TP-Link)が2021年12月16日に新しく発売したArcher AX55レビューです。 最大2402Mbps(5GHz)&574Mbps(2.4GHz)のWi-Fi6、デュア...

【大人気イベントが9/27まで限定復活】Amazonお買い物現金チャージ

大人気イベントが限定復活です!

Amazonでのお買い物は、Amazonギフト券の現金チャージがお得です。

通常会員なら最大2.0%Amazonプライム会員なら最大2.5%お得にAmazonポイントが貯まります!

Amazonで1円でもお買い物するなら使わないと損します

\ エントリーしないと損 /

\ 30日間無料体験でブーストする/

一回でのチャージ金額プライム会員(おすすめ)通常会員
5,000円~1.0%0.5%
20,000円~1.5%1.0%
40,000円~2.0%1.5%
90,000円2.5%2.0%

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしてくれたら嬉しいです!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメントは保護されておりますのでお気軽にどうぞ

コメントする

目次