【ポートレート作例付き】RF50mm f1.8stmレビュー。RFマウントコスパ最強の単焦点

カメラ

【ポートレート作例付き】RF50mm f1.8stmレビュー。RFマウントコスパ最強の単焦点

2021年7月25日

ゴーゴーシンゴ

年間100万以上ガジェットに注ぎ込むガジェットオタク。 スペックよりも感覚で書くレビューブロガー。 趣味はポートレート撮影と秋葉原のお散歩。 Writing Hacks卒業のプロのWebライター。 レビュー依頼はお問い合わせからお気軽にどうぞ

キャノン伝統の撒き餌レンズと言えば、EF50mmf1.8stmが有名です。

新時代のRFマウントでもRF50mm f1.8stmが発売されました。

EOS Rで使っておりますが、EFレンズとは別次元の写りでした。

しかも価格も2万円台と激安。

RF50mm f1.8stmはこんな方におすすめ。

こんな方におすすめ

  • RFレンズで最初の単焦点レンズが欲しい
  • ポートレートで明るいレンズが欲しい
  • とにかくコスパが良くてよく写るレンズが欲しい

RFマウントを持っている方全員が買った方がいいレベルでした

それではレビューをご覧ください。

 

Canon RF50mm F1.8 STMスペック

Canon RF50mm F1.8 STMのスペックは以下です。

モデル名 Canon RF50mm F1.8 STM
焦点距離 50mm
明るさ F1.8
レンズ構成 5群6枚
絞り羽根 7枚
最初絞り F22
最短撮影距離 0.30m
最大撮影倍率 0.25倍
フィルター径 43mm
最大径 φ69.2mm
長さ 40.5mm
質量 約160g

RF50mm F1.8 STMは標準単焦点レンズです。

レンズ構成はガウス式を採用している珍しいレンズ。

EFレンズに比べて、非球面レンズを1枚採用しており各種収差をがかなり抑えられてます。

レンズコーティングも最新になってゴーストやフレアの発生が激減しております。

EF時代とは比べ物にならない性能へと進化。

RFマウントはミラーレスなので、ショートバックフォーカスになり解像力が劇的に向上。

もはや撒き餌レンズとは呼べない性能に仕上がってます。

 

Canon RF50mm F1.8 STM外観レビュー

Canon RF50mm F1.8 STMの外観レビュー。まずは箱から。

めっちゃ反射して変な撮り方になってしまいました(笑)

RFシステムになって箱の色は黒に統一されましたね。

早速レンズを開封です。

レンズ上部にはRFマウントの特徴のコントロールリングが付いてます。

ここにはISO感度や露出など自分の好きな値を割り当て可能で便利です。

最短撮影距離は30センチでEFレンズよりも5センチ寄れるようになりました。

Canon RF50mm F1.8 STMの絞り羽を撮影しました。

7枚羽で奇数ですね。

さすがに2万円台のレンズだけあって、ボケの輪郭は円ではなくギザギザしております。

ここはちょっと残念ポイントですが、仕方ありませんね。

Canon RF50mm F1.8 STMの重さはレンズフードとレンズフィルター込みで198gでした。(レンズ本体は160g)

めちゃくちゃ軽いですね。

EOS Rと一緒に付けても1kg行以下でフルサイズのレンズとしてはめちゃ軽です。

使うかわからない時でもカバンに放り込んでおいても気にならない重さなので気軽に持ち出せるのが嬉しいですね。

ちなみにレンズフードは別売りなので注意。

Canon RF50mm F1.8 STMの見た目です。

フードを付けても高さが8センチちょっとでした。

コンパクトなレンズなのでモデルさんにも威圧感を与えないので良いですね。

使ってない時はレンズフードは逆付けできるので、小さく収納できるのも嬉しい点です。

 

Canon RF50mm F1.8 STMのポートレート作例

ここではCanon RF50mm F1.8 STMのポートレート作例を紹介いたします。

作例は全て絞り開放になります。

モデルさん紹介

現役アイドル

アイドルグループ Nurserys 陽乃ほのかさん

Twitter @hono_piii

 

スタジオ撮影の作例

開放F1.8での背景のボケ具合です。

このレンズ正直言ってあんまりボケない印象。

ボケは苦手なレンズかもしれませんね。

ちょっと上からのアングルの煽りショット。

50mmと標準画角なので、モデルさんとのコミュニケーションも撮りやすい自然な距離感で撮影できます。

こうゆう全身までは入れないちょうど良い画角も50mmならではの良さですね。

ブログ用の圧縮してますが、元画像はとてもシャープな描写です。

さすがは新時代のRFマウントの描写力だと感じました。

こちらの写真はスキントーンに注目して欲しいです。

EOS Rとの組み合わせだと肌の色や描写が綺麗に表現できますね。

ポートレートでもバッチリ使えるレンズだと思います。

こちらは観葉植物の緑の色に注目してください。

緑の色の出方はカメラは個性が出ますが、このレンズは色乗りがめちゃくちゃ良いですね。

色がコッテリと乗るので風景写真にも使えると思います。

最後は寄りの撮影です。

50mmなので自分の見たままの画角で撮影できますね。

解像力ですが髪の毛1本1本まで解像してますが、描写の線は少し太い印象。

この辺りは上位機種のRF50mmF1.2には劣るかと思います(値段差は10倍以上ありますので当然ですね)

 

屋外ポートレートの作例

ここからは屋外ポートレートの作例です。

こちらの写真は開封F1.8の写真。

開放だと描写はかなり緩くて女性ポートレート撮影には向いていると思います。

開放でも背景ボケですが、ボケは硬い印象です。

玉ボケですが完全なレモン型で少し年輪ボケがあります。

廉価レンズなので仕方ないですが、値段以上の写りはしてくれます。

開放で撮影してもトロけるボケにはなりません。

背景も確認できる程度のボケです。

背景がうるさい時は注意が必要なレンズだと思います。

描写が緩いのでフィルム風の写真も得意です。

こちらはレタッチしてますが、懐かしい描写もできます。

多少パープルフリンジが出やすいですが、レンズの味として考えれば乙第点です。

 

Canon RF50mm F1.8 STMのメリットや使って良かった点

Canon RF50mm F1.8 STMのメリットか以下です。

ココがおすすめ

  1. EF時代よりもシャープな写り
  2. 小型レンズなのに収差がほとんどない
  3. AFはそこそこ速い
  4. コンパクトで持ち運びしやすい
  5. 値段がRFレンズで最安
  6. 最大撮影倍率が0.25倍のクウォーターマクロ
  7. 最短撮影距離30センチと寄れる

 

1 シャープな写り

Canon RF50mm F1.8 STMの写りはシャープです。

EF50mmF1.8STMに比べて写りが2段階くらい体感で変わってきています。

今までのフィルムライクな写りから、クリアな写りに変化した印象です。

 

2 小型レンズなのに収差がほとんどない

これは驚いたのですが、小型レンズなのに湾曲や収差がほとんどありません。

多少は樽型収差がありますが、大口径レンズじゃないのに素晴らしいです。

パープルフリンジなどの発生もほぼ無かったです。

建物もきちんと真っ直ぐに写るし、カメラ内のレンズ補正を使えばほぼ問題ないレベルです。

 

3 AFはそこそこ速い

AFは爆速ではありませんが、そこそこ速いです。

ポートレートでは充分すぎるほど使えます。

STMのAFは遅いイメージでしたが、RFレンズになってからカメラ本体の能力と相まってスパスパAFが決まります。

 

4 コンパクトで持ち運びしやすい

Canon RF50mm F1.8 STMはRFレンズでは最軽量のレンズです。

写りよし、軽い、コンパクトと3拍子揃っているレンズなのでとりあえずカバンに突っ込んどいてもストレスが無いのがいいですね。

初期に出たRF単焦点レンズは巨大なので、このくらいコンパクトなレンズなら助かります。

 

5 値段がRFレンズで最安

値段は新品で25000円くらいです。

この値段ならとりあえず買っちゃえって感じですね。

気に入らなければ売ればいいので痛くないはず。

写りは2万円台のレンズとしてはかなり良い方ですよ。

 

6 最大撮影倍率が0.25倍のクウォーターマクロ

最大撮影倍率は0.25倍と使い勝手が良いです。

ポートレートだとモデルさんのアップ写真を撮る際に重宝します。

ポートレート以外にもテーブルフォトにも良さげなレンズですね。

 

7 最短撮影距離30センチと寄れる

Canon RF50mm F1.8 STMの最短撮影距離は30センチです。

寄れるレンズなのでモデルさんの顔やパーツのアップなどの写真も撮りやすいです。

単焦点レンズだから画角は固定されがちですが、工夫によって良い写真が撮影できますよ。

 

Canon RF50mm F1.8 STMの悪い点やデメリット

Canon RF50mm F1.8 STMを使って感じた悪い点やデメリットは以下だと感じました。

ココがダメ

  1. あまりボケない
  2. 背景のボケがざわつく
  3. AF音がジージーうるさい

 

1 あまりボケない

開放F値1.8のレンズのわりには、なぜかボケないレンズですね。

明るさはF1.8あると思うのですが、ボケの量が少ない印象のレンズです。

背景をめっちゃボカしたい方には向いてないレンズかもです。

 

2 背景のボケがざわつく

Canon RF50mm F1.8 STMのボケは正直あまり綺麗ではありません。

特に屋外ポートレートの際に背景を気をつけないと、ザワザワなボケになります。

ボケの輪郭が塗り絵みたいになって、主張が激しいです。

背景のボケまで気にする方は素直にRF50mm F1.2の高いレンズを買いましょう!

 

3 AF音がジージうるさい

STMレンズを使ったことがあるなら分かると思いますが、AF音はうるさいです。

ジーコジーコなるので、動画用途には不向きです。

AFスピードはそこまで遅くはないのでポートレートではあまり気になりませんが動画で使う方は辞めたようが無難です。

 

RF50mm F1.8 STMの他の人の作例や評判など

ここでは僕の意見だけでは偏りがあると思うので、他の人の意見や作例も紹介させていただきます。

 

【まとめ】RF50mm F1.8 STMはRFマウントユーザー全員買うべし!

以上がRF50mm F1.8 STMレビューまとめでした

このレンズの特徴は以下の通りになります。

ココがポイント

  • 軽いのに写りは良い
  • そこそこのAFスピード
  • 収差は良好に補正されている
  • AFがうるさいので動画用途には向かない
  • EFレンズから大幅に進化
  • 価格はバーゲンセール価格

ぶっちゃけRFマウントユーザーなら買わないと後悔するレベルですよ

ぜひチェックしてくださいね。

 

 

レンズフードは別売りになります。

 

レンズフィルター径は43mmです。

 

関連記事
【ポートレート】おすすめRFマウントレンズ!ポトレ作例付きで現役カメラマンが解説

続きを見る

【レビュー】EOS Rをいまさら買うべきか?2022年コスパ最強のミラーレスカメラ

続きを見る

【レビュー】RF24-105mm F4 L IS USMレンズポートレート作例

続きを見る

EF50mmF1.8stmレビュー!EOSRでのポートレート作例

続きを見る

RF35mm f1.8 マクロ is stm レビュー。RFマウントで1番おすすめレンズ(作例付き)

続きを見る

こちらの記事もおすすめです

2022年6月29日

(デスクツアー)苦節3年をかけて作り上げたガジェットブロガーのデスク環境

在宅ワークがメインのガジェットブロガーのシンゴです(@go5shingo) ここ最近はすっかりと定着したテレワークですが、我々ブロガーは毎日が自宅の作業。 言わば自宅での作業のプロフェッショナル。 さあはじめようか pic.twitter.com/MlEbsxioca — ゴーゴーシンゴ@ガジェットブロガー (@go5shingo) June 3, 2022 こんな僕の3年間にわたり試行錯誤と改良を加えたデスクをデスクツアーという形で紹介したい。 ちなみにおしゃれなデスクというよりは使いやすさと生産性アッ ...

ReadMore

2022年6月29日

yeediモップステーションレビュー!QOL爆上がりのモップ洗浄まで全自動のロボット掃除機

掃除機は昔ながらのキャニスター式を使っているシンゴです。 今までロボット掃除機が気になってましたが、なんか信用できなくて食わず嫌いしてました。 すぐつっかえたり、段差から落ちそうでアホな子のイメージでした。 そんなロボット掃除機未経験の僕ですが、メーカーさんからお声がけ頂きまして試す機会が出来ました。 商品名がyeedi(イーディー)モップステーションです。 商品の特徴がモップ掛けから水洗い、乾燥までをを自動でこなす近未来を感じるロボット掃除機でした。 はじめてロボット掃除機を使いましたが、結論は最高でし ...

ReadMore

2022年6月29日

PITAKA iPad Pro/Air MagEZ Case 2レビュー!Magic Keyboardも使える最強保護ケース

iPad Pro/Airの最強ケースがPITAKAより発売されました。 こんにちはシンゴです。 iPad Pro/Airを使う上で外せないのが、Magic Keyboardの存在。 文字を書くのはもちろん、マウス操作や充電機能など活躍の幅は非常に広いんです。 しかし問題になるのが、Magic Keyboardに対応するケースが少ない問題。 Magic Keyboardを使う時にいちいちケースを取り外したり、付けたりするのは非常に面倒です。 付け外しの手間を減らす画期的なアイテムが「PITAKA MagEZ ...

ReadMore

2022年6月29日

OPPO Reno5Aレビュー!2021年コスパ最強の5Gスマホの決定版

OPPO Reno5A期待して無かったですが、メチャクチャ良いです。 価格も39600円で購入可能。 新規・MNPは21600円引きの18000円とさらに激安。 この金額で5G、おサイフケータイ、指紋認証、顔認証、防水と至れり尽くせりのモデルになってます。 メインでiPhone 12Proを使っているんですが、普通に乗り換えを検討するほど快適でした。 その時のTwitterが以下。 OPPO Reno5A結構いいですね これは全国民におすすめしたいレベル pic.twitter.com/rd5MhRV74 ...

ReadMore

2022年6月29日

【2022年】iPhoneにおすすめのアクセサリー・周辺機器(iPhone13対応)

こんにちは、iPhone12 Proユーザーのゴーゴーシンゴです。 先日iPhone12 Proの徹底レビューをしました。 iPhoneは単独で使うよりも様々な周辺機器やアクセサリーと組み合わせると何倍も便利で快適になります。   そこで今回はiPhoneにおすすめのアクセサリー・周辺機器をお伝えいたします。(iPhone13対応) ゴーゴーシンゴどれもガジェットマニアが厳選しておすすめする商品ばかりです。ぜひ最後まで見てね   ココがポイント Anker PowerPort III ...

ReadMore

2022年6月29日

【レビュー】HyperX Solocast はコスパ最強の単一指向性USBマイク

評価おすすめ HyperX Solocast小さいのに音質めっちゃ良い! HyperXより3/1に発売されたUSBコンデンサーマイクSolocast。 価格は7980円。 このマイクのスゴイ所は低価格、コンパクト、音質良しとコスパ最強のマイクとなっている。 在宅ワークやテレワーク、ゲーム配信などマイクデビューにピッタリな商品と言えるだろう。 こんな方におすすめ コンパクトで音質の良いコンデンサーマイクを探している 在宅ワーク、テレワークで使えるコスパの良いマイクが欲しい ゲーム配信や実況で使えるカッコいい ...

ReadMore

2022年6月29日

【ポートレート】おすすめRFマウントレンズ!ポトレ作例付きで現役カメラマンが解説

困ってる人RFマウントレンズでおすすめのレンズが知りたい   こんな悩みを解決いたします。 作例も豊富に紹介しております。   この記事を読めばポートレートにバッチリなRFレンズが全て分かりますよ。   ゴーゴーシンゴポートレート撮影歴8年の僕が超おすすめレンズを紹介します   【作例付き】ポートレートで使いたい!おすすめRFマウントレンズ ポートレートで使いたい、RFレンズのおすすめランキングを紹介いたします。 どれも素晴らしいレンズばかりですので、ぜひ最後まで見 ...

ReadMore

Amazon購入で損したくない方へ

 

Amazonで1円でも損したくないなら

Amazonの通貨でもあるAmazonギフト券の購入チャージをおすすめします。

現金でチャージするたびチャージ額 x 最大2.5%分のポイントがもらえます。

Amazonプライム会員30日間無料登録なら使わないと損しますよ!

一回でのチャージ金額 プライム会員 通常会員
5,000円~ 1.0% 0.5%
20,000円~ 1.5% 1.0%
40,000円~ 2.0% 1.5%
90,000円 2.5% 2.0%

Amazonギフト券をチェックする

まとめてチャージが断然お得

期限は10年なので使い切れない心配なし

ゴーゴーシンゴ
日用品など細かい物を買ってもチリツモですよ

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゴーゴーシンゴ

年間100万以上ガジェットに注ぎ込むガジェットオタク。 スペックよりも感覚で書くレビューブロガー。 趣味はポートレート撮影と秋葉原のお散歩。 Writing Hacks卒業のプロのWebライター。 レビュー依頼はお問い合わせからお気軽にどうぞ

-カメラ
-, , ,