【レビュー】Archer AX73はコスパ最強のWi-Fi 6ルーター

ガジェット

【レビュー】Archer AX73はコスパ最強のWi-Fi 6ルーター

2021年3月10に発売したTP-LINKのArcher AX73はコスパ最強のWi-Fi 6ルーターだ。

価格も14000円前後で従来の2〜3万円クラスのWi-Fiルーターの性能に匹敵するかそれ以上の性能。

さっそくこのArcher AX73をレビューしていきたい。

こんな方におすすめ

  • コスパの良いWi-Fiルーターを探している
  • 性能の良い無線Wi-Fiが欲しい
  • とにかくWi-Fiルーターの購入を失敗したくない
  • PS4が夜になるとスピードが遅くなる
シンゴ
2021年コスパ最強の無線Wi-Fiルーターの決定版です。ぜひ最後まで見て下さいね。

 

Archer AX73のレビュー

TP-LINK製Archer AX73のおすすめポイントはこんな感じ。

ココがおすすめ

  1. IPv6(IPoE) のv6プラス対応
  2. 高速なWi-Fi 6対応
  3. 5GHz 6ストリーム 最大4803Mbpsの高速通信
  4. ハイエンドの性能ながら1万円台の価格
  5. 接続はアプリから簡単接続

 

IPv6(IPoE) のv6プラス対応

AX73 IPoE

最初のおすすめはIPv6(IPoE) v6プラス対応してきたところ。

NECやバッファローのルーターでは対応していたが、海外製のルーターは長らく対応してこなかった点です。

 

IPoE(IPv6)とは?

IPoE(IPv6)とは、次世代のインターネット接続方式です。
現在、利用者が多く混雑している「PPPoE(IPv4)」接続とは異なったネットワークを指します。

簡単に言うとネットの接続方式がより速い方式の次世代通信です。

よく例えられるのが、「混んでいる道路」と「高速道路」に例えられます。

 

ココがポイント

  • 混んでいる道路→従来のIPv4
  • 高速道路→IPv6(今回紹介するルーター)

 

ココがポイント

PS4は夜になると接続が極端に遅くなります。従来のPPPoE(IPv4)だと混みすぎて渋滞するからです。

IPoE(IPv6)なら混雑の影響を受けにくいのでかなりおすすめです!

 

シンゴ
道が空いているからスピードが出やすいと思ってください

 

ただしすべてのルーターがIPoE接続できるわけではなく、プロバイダが対応している必要があります。

IPv6 IPoEを使用するにはIPv6 IPoEに対応した回線の契約や利用手続きを行う必要があります。IPv6 IPoEにはv6プラス・OCNバーチャルコネクト・DS-Lite等、様々な種類があります。予めご契約のプロバイダーが提供しているIPv6 IPoEサービスの種類をご確認ください。 TPリンクホームページより引用

 

高速なWi-Fi 6対応

Wi-Fi6は無線Wi-Fiの通信規格になります。

簡単に言えば、2021年で1番速いWi-Fiの通信方式です。

ココがポイント

  • Wi-Fi6→11axと呼ばれる通信規格。従来のWi-Fi5(6900Mbps)からWi-Fi6(9600Mbps)と最高通信速度がアップしている

 

最新のiPhoneやAndroidやWi-Fi6に対応しております。

せっかくのスマホの通信速度を最大限活かせるのが、Wi-Fi6になります。

シンゴ
新しいiPhone買ったらWi-Fi6対応のルーター買うのがおすすめだよ

 

5GHz 6ストリーム 最大4803Mbpsの高速通信

Archer AX73はAX5400というクラスに属している。

ストリームとは簡単に言うと、子機の接続台数が多くなっても接続スピードが落ちないようになっている。

 

今の時代1人でもスマホやタブレット、任天堂スイッチにスマートスピーカー、スマート電球など意外とWi-Fiに接続する機器は多い。

Wi-Fiに接続する機器が多すぎると、同時接続した時にスピードが落ちてしまう。

このArcher AX73は最大接続台数は80台に対応している。

 

シンゴ
家族で使っても安心の接続台数だよ

 

メッシュWi-Fiに対応で中継機不要

AX73メッシュ

             TPリンクホームページより引用

AX73ルーターはメッシュ中継機との連携が可能です。

メッシュとは上記の画像を見ていただけると分かりやすいと思います。

例えば電波が届きにくい2階や家の端の部屋などに、中継機を使うとWi-Fiの電波網を強化する事ができます。

中継機の使い方ですが、コンセントにメッシュ対応の中継機を刺すだけで設定が可能です。

シンゴ
家族で使う時にも安心ですよ

 

ハイエンドの性能ながら1万円台の価格

これだけのハイエンドの性能ながら価格は1万円台とかなり安い。

TP-Linkの製品はとにかくコスパが良い製品が多いがこのArcher AX73のコスパは際立っている。

 

例えばライバル機種のバッファローのWSR-5400AX6は価格は17000円程するので、コスパの良さは際立っている。

Archer AX73とWSR-5400AX6はデザインがかなり違うので、比較対象としては微妙かもしれないが。

 

スマートコネクトが便利

ココがポイント

2.4GHz帯と5GHz帯で同じSSIDでパスワードを共有できる機能。

ユーザー側で周波数をいちいち変更する必要がなく、Wi-Fi側が自動で最適な周波数に接続してくれます。

シンゴ
5GHz帯が混んでいると自動的に2.4GHz帯に接続の切り替え不要で接続してくれるよ

 

接続はアプリから簡単接続

Archer AX73の初期ネットワーク設定画面

接続はTP-Linkのアプリから簡単にできます。

アプリの順番通りに進んで、「自動検出」を選ぶだけ。

あっという間に接続できたので、機械が苦手な人でも問題ないと思います。

 

シンゴ
10分くらいで接続できたのでビックリしました

 

Archer AX73の微妙だと思った点

Archer AX73の微妙だと思った点は以下の2つです。

ココがダメ

  1. ルーターがバカでかいので置き場所に困る
  2. 有線LANの最大が1Gbpsまでしか対応していない

順番に紹介していきますね。

 

1 ルーターがバカでかいので置き場所に困る

Archer AX73の微妙だと思った点は大きさだろう。

まず横幅だけど、雑誌サイズくらいはある。

上の画像はよくあるビジネス本サイズの画像だが、それより大きい感じ。

設置場所が狭い人は要注意。

 

あとは縦に伸びるアンテナもかなりデカいし本数も多い。

剣山みたいなデザインになっているので好みが別れるところだと思う。

僕はなんかアンテナがたくさんある方が電波が飛びそうで好きである。

 

余談だが、ルーター表面はメッシュデザインになっていて放熱性を重視しているそう。

ルーターの上に物を置くことはできないので注意しよう。

 

サイズはこんな感じなので事前に置き場所を確認しておこう。

幅x高さx奥行 272.5x49.2x147.2 m
シンゴ
意外と場所取るので注意!

 

2 有線LANの最大が1Gbpsまでしか対応していない

Archer AX73の有線LANは1Gbpsまでしか対応してません。

例えば、NURO光やau光などの10Gps対応の超高速回線の力を最大限引き出す事は不可能です。

Wi-Fi6の理論値は最大最大9.6Gbpsまで対応しているので、せめてマルチギガビットの2.5Gbpsまで対応して欲しかったですね。

 

TP-LINK製Archer AX73のスピードテスト結果

以下がArcher AX73のスピードテストの結果だ。

結果は極めて良好で、めちゃくちゃ速いWi-Fiスピードとなった。

 

iPhone11【Wi-Fi6】

下り 387Mbps

上り 577Mbps

 

i pad pro10.5【Wi-Fi5】

下り 176Mbps

上り 499Mbps

 

MacBookPro16【有線LAN】

下り 532Mbps

上り 596Mbps

 

スピードテストの結果は上記の通り。

普通に爆速なので、動画閲覧などの大容量のデータ通信でも問題ないだろう。

ちなみに回線はauひかりを使っている。

NTTの回線よりも爆速なので、回線が遅くて悩んでいる方は幸せになれるはずだ。

キャッシュバックも6万円以上あるので、合わせて検討して欲しい。

さらに詳しく

 

Archer AX73のTwitterでの評判

Archer AX73のTwitterでの評判をまとめました。

Archer AX73のスペックまとめ

TP-LinkのArcher AX73のスペックをまとめると以下になります。

サイズ 273 × 147 × 49 mm
ワイヤレス規格 2.4GHz:IEEE 802.11ax/n/b/g
5.0GHz:IEEE 802.11ax/ac/n/a
周波数 2.4GHz+5.0GHz
最大通信速度(理論値) 2.4GHz:574Mbps
5.0GHz:4,804Mbps
接続端末数 最大80台
ワイヤレスセキュリティ WPA
WPA2
WPA3
WPA/WPA2-Enterprise(802.1x)
CPU 1.5GHz トリプルコアCPU
インターフェース 1Gbps WANポート x 1
1Gbps LANポート x 4
プロトコル IPv4
IPv6

 

まとめ Archer AX73はコスパ最強のWi-Fi 6ルーター

以上がArcher AX73レビューのまとめである。

結論として、非常に買いだと思って満足している。

 

あらためておすすめポイントをまとめると以下になる。

ココがおすすめ

  1. IPv6(IPoE) のv6プラス対応
  2. 高速なWi-Fi 6対応
  3. 5GHz 6ストリーム 最大4803Mbpsの高速通信
  4. ハイエンドの性能ながら1万円台の価格
  5. 接続はアプリから簡単接続

価格が1万円ちょっとでこの性能の無線Wi-Fiは正直無いだろう。

Wi-Fiルーターをはじめて買う方から、高性能な無線Wi-Fiが欲しい方まで満足できる。

最大接続台数も80台まで対応なので、家族で使うにも安心なはずだ。

 

またコスト削減として、auひかりの無線LANオプション(月額500円)を解約した。

年間6000円のコスト削減になるので、すぐに元が取れると思う。

Archer AX73を導入して快適なインターネットライフを過ごしてくれたら幸いである。

こちらの記事もおすすめです
【レビュー】HyperX Solocast はコスパ最強のUSBマイク

続きを見る

こちらの記事もおすすめです
【ガジェットブロガーが選ぶ】2020年買って良かった物ランキングトップ15

続きを見る

<みんな使ってる>Amazonの裏技

Amazonで1円でもお得に買い物するなら

Amazonの通貨でもあるAmazonギフト券の購入チャージをおすすめします。

現金でチャージするたびチャージ額 x 最大2.5%分のポイントがもらえます。

Amazonプライム会員30日間無料登録なら使わないと損しますよ!

                 

まとめてチャージがお得

Amazonギフト券にチャージする

今すぐ申し込む

初回1000ポイントキャンペーン開催中

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゴーゴーシンゴ

ゴーゴーシンゴのブログ編集長 ▷カメラとガジェット大好きなWebライター ▷ライター専門のオンライン講座「Writing Hacks」卒業生 ▷ブログ実績 Amazon単月売り上げ 91万 本当に使って良かった物だけを厳選してレビューしてます。 ガジェットのレビュー依頼受付中です。

-ガジェット