【レビュー】RF24-105mm F4 L IS USMポートレート作例

カメラ

【レビュー】RF24-105mm F4 L IS USMポートレート作例

Canon伝統の24-105mmF4レンズ。

今回はRF24-105mm F4 L IS USMを購入したのでレビューします。

僕のメインの撮影はポートレートなのですが、このレンズ控えめに言って「性能ヤバかった」

 

さすがキャノンが誇るLレンズ。

圧倒的な性能を紹介いたしますよ。

 

シンゴ
ポートレート撮影歴8年の僕が解説します

 

キャノンRF24-105mm F4 L IS USMスペック紹介

RF24-105mm F4 L IS USMのスペックはこんな感じです。

モデル名 Canon RF24-105mm F4L IS USM
焦点距離 24-105mm
明るさ F4
レンズ構成 14群18枚
最短撮影距離 0.45m
最大撮影倍率 0.24倍
フィルター径 77mm
最大径 Φ83.5mm
長さ 107.5mm
質量 約700g
絞り羽根 9枚(円形絞り)
最初絞り F22
手ぶれ補正効果 5段分

小三元のF4通しズーム。

便利な手振れ補正5段分。

フルサイズにしてはコンパクトなレンズとまさに優等生レンズ。

そしてCanonの最上級のLレンズ(ラグジュアリー)の称号を持っています。

隙の無いスペックでCanon王道のズームレンズですね。

 

キャノンRF24-105mm F4 L IS USMをEOS Rに装着してみた

RF24-105mm F4 L IS USMをEOS Rに付けるとこんな感じ。

手に持った感じベストバランス!

このレンズEOS R専用に作られてる(1番初期のレンズ)だけあってしっくり来ます。

持ってて疲れる事も無いし、重心も偏らないのでまだレビュー途中ですが「買い」なレンズですよ(笑)

 

キャノンRF24-105mm F4の良かった点

キャノンRF24-105mm F4USMの良かった点はこんな感じです。

  1. AF爆速で速い
  2. 手振れ補正が強力
  3. 便利な焦点距離が揃ってる
  4. F4でも意外とポートレートいける
  5. 防滴・防塵が便利

さっそく紹介していきますね。

 

メリット1 AF爆速で速い

キャノンRF24-105mm F4USMはAF爆速で速いです。

RFレンズで1番速いかも(全部試した事ないけど)

秘密はナノUSMのAFシステム。

とにかく迷いなくスパスパとAFが決まっていきます。

 

特に瞳AFの食いつきと粘り強さは優秀。

サーボーAFで動きのあるモデルさんでも食いついていきます。

シンゴ
歩留まりがいいので失敗写真が激減しました。

 

メリット2 手振れ補正が強力

キャノンRF24-105mm F4USMは手振れ補正は強力です。

5段分の手振れ補正は予想以上に止まる印象。

EOS Rには手振れ補正が無いのでありがたいです。

 

ポートレートに関しては夜間ポートレートに特に便利。

シャッタースピードが稼げない状況の中でも1/20くらいでもなんとか止まってくれます(50mmくらいの時)

これ以上シャッタースピードを遅くするとブレますがISOを上げたくない時にはありがたい。

シンゴ
予想以上の手振れ補正に満足でした

 

メリット3 便利な焦点距離が揃っている

キャノンRF24-105mm F4USMは便利すぎる・・。

もうポートレートでレンズ交換しなくてOKです。

このレンズは24mm,35mm,50mm,85mm105mmとポートレートでよく使う焦点距離が1本でまとまってます。

 

レンズ1本で焦点距離を変えていけば表現を変えられるので非常に便利。

広角から標準、望遠まで使えるので万能レンズです。

 

メリット4 F4でも意外とポートレートいける

F4だとポートレートは向かないと思っていませんか?

このレンズ意外とポートレートも得意です。

F4だとあまりボカす事はできませんが、その分しっかりと描写してくれるのでいいですよ。

 

もしボケが必要ならばテレ端の105mmを使えば圧縮効果で意外とボケてくれます。

今までF4はボケないと思って使って無かった方は一度試して欲しいです。

シンゴ
APDS-CのF4とはイメージは全く違うね

 

メリット5 防滴・防塵が便利

キャノンRF24-105mm F4USMは防滴・防塵に対応しております。

シーリングもしっかりしているので水には強そうです。

特に屋外のポートレートでちょっとした雨にも対応できるから活躍の場が広いですね。

 

注意点としては防水対応では無いので大雨などには要注意。

まあ普通の雨で使っても全然問題無かったので大丈夫かと思います。

 

キャノンRF24-105mm F4のデメリット

キャノンRF24-105mm F4の微妙だと思った点はこんな感じ。

最初から分かってたけど、やっぱりなという印象です。

  1. レンズは少し重い
  2. 値段高い
  3. 単焦点レンズも必要

 

デメリット1 レンズは少し重い

レンズは少し重いです。

実測で774gとかなりの重さ。

EOS Rと組みわせると1kg超えるのでずっと持ってると疲れます。

 

画質が良いのでトレードオフですが、ここまで重いレンズが不要ならば廉価版のRF24-105mm F4-7.1 IS STMを購入した方がおすすめです。

デメリット2 値段が高い

RF24-105mm F4は2021年度も品不足の為、値段が高いです。

新品の在庫はほとんど無い状況。

発売した時はEOS Rが酷評されてたのでこのレンズも安かったのですが、R5,R6の人気で一気に品薄になりました。

 

最初は11万くらいで売られてたのに、今は15万以上します。

しかも供給が少ない。

ここまで値上げされると他のレンズに浮気したくなります。

 

デメリット3 単焦点レンズも必要

RF24-105mm F4は基本的にどんな被写体でも撮れるレンズです。

しかし「ここぞ!」の場面では単焦点レンズが欲しくなります。

 

特に背景を大きくボカしたい、暗いイルミネーションの撮影などは単焦点レンズが恋しい。

もしRF24-105mm F4だけでは不安な場合は1本明るい単焦点レンズを持っておくのがおすすめです。

EF50mmF1.8stmレビュー!EOSRでのポートレート作例

続きを見る

シンゴ
撒き餌レンズでも持っておくと便利です

 

RF24-105mm F4 L IS USM&EOS Rポートレート作例

ここではRF24-105mm F4 L IS USMとEOS Rのポートレートの作例を紹介いたします。

どれもF4開放で撮影しております。*モデルさんには掲載許可済み

開放から描写も素晴らしく、ボケはF4なので控えめですが使いやすいレンズでした。

主な撮影焦点距離は50mm〜85mmを多く使っております。

室内の場面のみ24mmで撮影しております。

 

RF24-105mm F4 L IS USMの他の人の評判

ここではEF24-105mmF4 LUSMの他の人の評判を集めてみました。

 

RF24-105mm F4 L IS USMまとめ

RF24-105mm F4 L IS USMはとにかく万能なレンズでした。

スナップ、ポートレート、夜間と被写体と場所を選ばない優秀なレンズ。

強力な手振れ補正と爆速AFでRFマウント最初の1本としては満足できると思います。

もし重さに悩んだら、RF24-105mm F4-7.1stmの購入がおすすめです。

 

最後にRF24-105mm F4 L IS USMを購入するのにおすすめな人を書いておきますね。

ココがおすすめ

  • RFレンズの最初の1本
  • AF速いレンズが欲しい
  • 写りも妥協したくない
  • 撮る被写体が決まっていない
  • レンズは1本しか買わない

 

こんな方は買うと満足します。

欠点は在庫が無い事と価格が高騰している点。

もし金額的に我慢できれば最強の相棒になりますよ!

シンゴ
僕は購入して満足しました

分割や中古で購入したい方はカメラのキタムラがおすすめです!

カメラのキタムラRF24-105mm F4 L IS USM

<みんな使ってる>Amazonの裏技

Amazonで1円でもお得に買い物するなら

Amazonの通貨でもあるAmazonギフト券の購入チャージをおすすめします。

現金でチャージするたびチャージ額 x 最大2.5%分のポイントがもらえます。

Amazonプライム会員30日間無料登録なら使わないと損しますよ!

                 

シンゴ
期間限定で初回チャージ1,000円分のポイントがもらえるキャンペーン中ですよ!

Amazonギフト券にチャージする

今すぐ申し込む

初回1000ポイントキャンペーン開催中

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゴーゴーシンゴ

ゴーゴーシンゴのブログ編集長 ▷カメラとガジェット大好きなWebライター ▷ライター専門のオンライン講座「Writing Hacks」卒業生 ▷ブログ実績 Amazon単月売り上げ 91万 本当に使って良かった物だけを厳選してレビューしてます。

-カメラ