【レビュー】RF24-105mm F4 L IS USMレンズポートレート作例

カメラ

【レビュー】RF24-105mm F4 L IS USMレンズポートレート作例

2021年1月24日

ゴーゴーシンゴ

年間100万以上ガジェットに注ぎ込むガジェットオタク。 スペックよりも感覚で書くレビューブロガー。 趣味はポートレート撮影と秋葉原のお散歩。 Writing Hacks卒業のプロのWebライター。 レビュー依頼はお問い合わせからお気軽にどうぞ

困ってる人
RFレンズの最初の1本でおすすめはなんだろう

こんな悩みを解決します。

 

Canon伝統の24-105mmF4レンズ。

今回はRF24-105mm F4 L IS USMを購入したのでレビューします。

僕のメインの撮影はポートレートなのですが、このレンズ控えめに言って「性能ヤバかった」

 

さすがキャノンが誇るLレンズ。

ポートレート、風景、スナップ、どんな被写体でも撮影可能。

品薄な商品ですが後悔しない商品と感じました。

 

ゴーゴーシンゴ
RFマウントで全員買った方がいいレベルでおすすめですよ

キャノンRF24-105mm F4 L IS USMスペック紹介

RF24-105mm F4 L IS USMのスペックはこんな感じです。

モデル名 Canon RF24-105mm F4L IS USM
焦点距離 24-105mm
明るさ F4
レンズ構成 14群18枚
最短撮影距離 0.45m
最大撮影倍率 0.24倍
フィルター径 77mm
最大径 Φ83.5mm
長さ 107.5mm
質量 約700g
絞り羽根 9枚(円形絞り)
最初絞り F22
手ぶれ補正効果 5段分

小三元のF4通しズーム。

便利な手振れ補正5段分。

フルサイズにしてはコンパクトなレンズとまさに優等生レンズ。

そしてCanonの最上級のLレンズ(ラグジュアリー)の称号を持っています。

隙の無いスペックでCanon王道のズームレンズですね。

 

キャノンRF24-105mm F4 L IS USMをEOS Rに装着してみた

RF24-105mm F4 L IS USMをEOS Rに付けるとこんな感じ。

手に持った感じベストバランス!

このレンズEOS R専用に作られてる(1番初期のレンズ)だけあってしっくり来ます。

持ってて疲れる事も無いし、重心も偏らないので持ちやすいです。

 

キャノンRF24-105mm F4レンズの良かった点

キャノンRF24-105mm F4USMの良かった点はこんな感じです。

  1. AF爆速で速い
  2. 手振れ補正が強力
  3. 便利な焦点距離が揃ってる
  4. F4でも意外とポートレートいける
  5. 防滴・防塵が便利
  6. 逆光耐性が強い
  7. 色乗りが素晴らしい
  8. 収差がほとんど出ない
  9. パープルフリンジが皆無
  10. ズームのトルク感が最高

さっそく紹介していきますね。

 

メリット1 AF爆速で速い

キャノンRF24-105mm F4USMはAF爆速で速いです。

RFレンズで1番速いかも(全部試した事ないけど)

秘密はナノUSMのAFシステム。

とにかく迷いなくスパスパとAFが決まっていきます。

 

特に瞳AFの食いつきと粘り強さは優秀。

サーボーAFで動きのあるモデルさんでも食いついていきます。

ゴーゴーシンゴ
歩留まりがいいので失敗写真が激減しました。

 

メリット2 手振れ補正が強力

キャノンRF24-105mm F4USMは手振れ補正は強力です。

5段分の手振れ補正は予想以上に止まる印象。

EOS Rには手振れ補正が無いのでありがたいです。

 

ポートレートに関しては夜間ポートレートに特に便利。

シャッタースピードが稼げない状況の中でも1/20くらいでもなんとか止まってくれます(50mmくらいの時)

これ以上シャッタースピードを遅くするとブレますがISOを上げたくない時にはありがたい。

ゴーゴーシンゴ
予想以上の手振れ補正に満足でした

 

メリット3 便利な焦点距離が揃っている

キャノンRF24-105mm F4USMは便利すぎる・・。

もうポートレートでレンズ交換しなくてOKです。

このレンズは24mm,35mm,50mm,85mm105mmとポートレートでよく使う焦点距離が1本でまとまってます。

 

レンズ1本で焦点距離を変えていけば表現を変えられるので非常に便利。

広角から標準、望遠まで使えるので万能レンズです。

 

メリット4 F4でも意外とポートレートいける

F4だとポートレートは向かないと思っていませんか?

このレンズ意外とポートレートも得意です。

F4だとあまりボカす事はできませんが、その分しっかりと描写してくれるのでいいですよ。

 

もしボケが必要ならばテレ端の105mmを使えば圧縮効果で意外とボケてくれます。

今までF4はボケないと思って使って無かった方は一度試して欲しいです。

ゴーゴーシンゴ
APDS-CのF4とはイメージは全く違うね

 

メリット5 防滴・防塵が便利

キャノンRF24-105mm F4USMは防滴・防塵に対応しております。

シーリングもしっかりしているので水には強そうです。

特に屋外のポートレートでちょっとした雨にも対応できるから活躍の場が広いですね。

 

注意点としては防水対応では無いので大雨などには要注意。

まあ普通の雨で使っても全然問題無かったので大丈夫かと思います。

 

メリット6 逆光耐性は強い

さすがキャノンのLレンズだけあって逆光耐性は抜群に良いです。

かなりの悪条件で撮影しましたが、ゴーストやフレアはほとんど発生しませんでした。

レンズコーティングはめちゃくちゃ優秀だと思います。

 

7 色乗りが素晴らしい

色乗りは素晴らしく良いですね。

例えば花や風景の画像もコッテリと色が出るので、映え写真が簡単に撮影できます。

特に緑の色の出方が綺麗なので風景にも向いていると感じました。

 

8 収差がほとんど出ない

RF24-105mm F4USMは色収差や軸上収差がほとんど出ません。

さすがキャノンのLレンズです。

RAW現像で修正しても、ほぼ修正無しの結果に終わります。

高いレンズは細かい点で圧倒的な性能がありますよ。

 

9 パープルフリンジが皆無

ポートレートを撮影していて気になるのが、髪の毛の部分に発生するパープルフリンジ。

RF24-105mm F4USMはフリンジの発生が皆無です。

RAWはもちろんjpgでも撮影できるので、現像の手間がありません。

 

10 ズームのトルク感が最高

使用感に関わることですが、ズームのトルク感が良いです。

ヌメっとしていながら、迅速にズームできるので使いやすい。

レンズのビルドクオリティが高いので、使っていて気持ちが良いです。

写りはもちろん使っていても満足度が高いレンズだと思います。

 

キャノンRF24-105mm F4レンズのデメリット

キャノンRF24-105mm F4の微妙だと思った点はこんな感じ。

最初から分かってたけど、やっぱりなという印象です。

  1. レンズは少し重い
  2. 値段高い
  3. 単焦点レンズも必要
  4. フィィルター径が77mmとデカい

 

デメリット1 レンズは少し重い

レンズは少し重いです。

実測で774gとかなりの重さ。

EOS Rと組みわせると1kg超えるのでずっと持ってると疲れます。

 

画質が良いのでトレードオフですが、ここまで重いレンズが不要ならば廉価版のRF24-105mm F4-7.1 IS STMを購入した方がおすすめです。

 

デメリット2 値段が高い

RF24-105mm F4は2021年度も品不足の為、値段が高いです。

新品の在庫はほとんど無い状況。

発売した時はEOS Rが酷評されてたのでこのレンズも安かったのですが、R5,R6の人気で一気に品薄になりました。

値段は高いですが、便利なレンズなので1本は欲しいけど悩み値段ですね。

 

デメリット3 単焦点レンズも必要

RF24-105mm F4は基本的にどんな被写体でも撮れるレンズです。

しかし「ここぞ!」の場面では単焦点レンズが欲しくなります。

 

特に背景を大きくボカしたい、暗いイルミネーションの撮影などは単焦点レンズが恋しい。

もしRF24-105mm F4だけでは不安な場合は1本明るい単焦点レンズを持っておくのがおすすめです。

EF50mmF1.8stmレビュー!EOSRでのポートレート作例

続きを見る

ゴーゴーシンゴ
撒き餌レンズでも持っておくと便利です

 

デメリット4 フィルターが77mmとデカい

フィルター径は77mmとかなりデカいです。

デカいフィルターって結構高いんですよね。

レンズフードは付属しておりますが、フィルター代も掛かりますのでご注意を。

 

デメリット5 品薄でなかなか手に入らない

2022年現在も品薄のため、なかなか手に入りません。

新品の価格も4月より値上げされたのでさらに遠い存在に。

中古でちょくちょく入荷されているのでこまめにチェックするのがおすすめです。

リンク:カメラのキタムラ

 

RF24-105mm F4 L IS USM&EOS Rポートレート作例

ここではRF24-105mm F4 L IS USMとEOS Rのポートレートの作例を紹介いたします。

どれもF4開放で撮影しております。*モデルさんには掲載許可済み

開放から描写も素晴らしく、ボケはF4なので控えめですが使いやすいレンズでした。

主な撮影焦点距離は50mm〜85mmを多く使っております。

室内の場面のみ24mmで撮影しております。

 

RF24-105mm F4 L IS USMの他の人の評判やクチコミ

ここではEF24-105mmF4 LUSMの他の人の評判を集めてみました。

 

RF24-105mm F4 L IS USMはどんなシチュエーションでも撮れるオールマイティレンズ

RF24-105mm F4 L IS USMはとにかく万能なレンズでした。

スナップ、ポートレート、夜間と被写体と場所を選ばない優秀なレンズ。

強力な手振れ補正と爆速AFでRFマウント最初の1本としては満足できると思います。

もし重さに悩んだら、RF24-105mm F4-7.1stmの購入がおすすめです。

 

最後にRF24-105mm F4 L IS USMを購入するのにおすすめな人を書いておきますね。

ココがおすすめ

  • RFレンズの最初の1本
  • AF速いレンズが欲しい
  • 写りも妥協したくない
  • 撮る被写体が決まっていない
  • レンズは1本しか買わない

 

こんな方は買うと満足します。

欠点は在庫が無い事と価格が高騰している点。

もし金額的に我慢できれば最強の相棒になりますよ!

ゴーゴーシンゴ
僕は購入して満足しました

分割や中古で購入したい方はカメラのキタムラがおすすめです!

もっと詳しく

 

こちらの記事もおすすめです
Googleフォト無制限アップロード終了対策!コスパの良い写真保存方法はこれだ!

続きを見る

【2021年上半期ベストバイ】買って良かったハイテクガジェットトップ10

続きを見る

【ポートレート作例付き】RF50mm f1.8stmレビュー。RFマウントコスパ最強の単焦点

続きを見る

RF35mm f1.8 マクロ is stm レビュー。RFマウントで1番おすすめレンズ(作例付き)

続きを見る

こちらの記事もおすすめです

2022年6月28日

(デスクツアー)苦節3年をかけて作り上げたガジェットブロガーのデスク環境

在宅ワークがメインのガジェットブロガーのシンゴです(@go5shingo) ここ最近はすっかりと定着したテレワークですが、我々ブロガーは毎日が自宅の作業。 言わば自宅での作業のプロフェッショナル。 さあはじめようか pic.twitter.com/MlEbsxioca — ゴーゴーシンゴ@ガジェットブロガー (@go5shingo) June 3, 2022 こんな僕の3年間にわたり試行錯誤と改良を加えたデスクをデスクツアーという形で紹介したい。 ちなみにおしゃれなデスクというよりは使いやすさと生産性アッ ...

ReadMore

2022年6月28日

yeediモップステーションレビュー!QOL爆上がりのモップ洗浄まで全自動のロボット掃除機

掃除機は昔ながらのキャニスター式を使っているシンゴです。 今までロボット掃除機が気になってましたが、なんか信用できなくて食わず嫌いしてました。 すぐつっかえたり、段差から落ちそうでアホな子のイメージでした。 そんなロボット掃除機未経験の僕ですが、メーカーさんからお声がけ頂きまして試す機会が出来ました。 商品名がyeedi(イーディー)モップステーションです。 商品の特徴がモップ掛けから水洗い、乾燥までをを自動でこなす近未来を感じるロボット掃除機でした。 はじめてロボット掃除機を使いましたが、結論は最高でし ...

ReadMore

2022年6月28日

PITAKA iPad Pro/Air MagEZ Case 2レビュー!Magic Keyboardも使える最強保護ケース

iPad Pro/Airの最強ケースがPITAKAより発売されました。 こんにちはシンゴです。 iPad Pro/Airを使う上で外せないのが、Magic Keyboardの存在。 文字を書くのはもちろん、マウス操作や充電機能など活躍の幅は非常に広いんです。 しかし問題になるのが、Magic Keyboardに対応するケースが少ない問題。 Magic Keyboardを使う時にいちいちケースを取り外したり、付けたりするのは非常に面倒です。 付け外しの手間を減らす画期的なアイテムが「PITAKA MagEZ ...

ReadMore

2022年6月28日

OPPO Reno5Aレビュー!2021年コスパ最強の5Gスマホの決定版

OPPO Reno5A期待して無かったですが、メチャクチャ良いです。 価格も39600円で購入可能。 新規・MNPは21600円引きの18000円とさらに激安。 この金額で5G、おサイフケータイ、指紋認証、顔認証、防水と至れり尽くせりのモデルになってます。 メインでiPhone 12Proを使っているんですが、普通に乗り換えを検討するほど快適でした。 その時のTwitterが以下。 OPPO Reno5A結構いいですね これは全国民におすすめしたいレベル pic.twitter.com/rd5MhRV74 ...

ReadMore

2022年6月28日

【2022年】iPhoneにおすすめのアクセサリー・周辺機器(iPhone13対応)

こんにちは、iPhone12 Proユーザーのゴーゴーシンゴです。 先日iPhone12 Proの徹底レビューをしました。 iPhoneは単独で使うよりも様々な周辺機器やアクセサリーと組み合わせると何倍も便利で快適になります。   そこで今回はiPhoneにおすすめのアクセサリー・周辺機器をお伝えいたします。(iPhone13対応) ゴーゴーシンゴどれもガジェットマニアが厳選しておすすめする商品ばかりです。ぜひ最後まで見てね   ココがポイント Anker PowerPort III ...

ReadMore

2022年6月28日

【レビュー】HyperX Solocast はコスパ最強の単一指向性USBマイク

評価おすすめ HyperX Solocast小さいのに音質めっちゃ良い! HyperXより3/1に発売されたUSBコンデンサーマイクSolocast。 価格は7980円。 このマイクのスゴイ所は低価格、コンパクト、音質良しとコスパ最強のマイクとなっている。 在宅ワークやテレワーク、ゲーム配信などマイクデビューにピッタリな商品と言えるだろう。 こんな方におすすめ コンパクトで音質の良いコンデンサーマイクを探している 在宅ワーク、テレワークで使えるコスパの良いマイクが欲しい ゲーム配信や実況で使えるカッコいい ...

ReadMore

2022年6月28日

【ポートレート】おすすめRFマウントレンズ!ポトレ作例付きで現役カメラマンが解説

困ってる人RFマウントレンズでおすすめのレンズが知りたい   こんな悩みを解決いたします。 作例も豊富に紹介しております。   この記事を読めばポートレートにバッチリなRFレンズが全て分かりますよ。   ゴーゴーシンゴポートレート撮影歴8年の僕が超おすすめレンズを紹介します   【作例付き】ポートレートで使いたい!おすすめRFマウントレンズ ポートレートで使いたい、RFレンズのおすすめランキングを紹介いたします。 どれも素晴らしいレンズばかりですので、ぜひ最後まで見 ...

ReadMore

Amazon購入で損したくない方へ

 

Amazonで1円でも損したくないなら

Amazonの通貨でもあるAmazonギフト券の購入チャージをおすすめします。

現金でチャージするたびチャージ額 x 最大2.5%分のポイントがもらえます。

Amazonプライム会員30日間無料登録なら使わないと損しますよ!

一回でのチャージ金額 プライム会員 通常会員
5,000円~ 1.0% 0.5%
20,000円~ 1.5% 1.0%
40,000円~ 2.0% 1.5%
90,000円 2.5% 2.0%

Amazonギフト券をチェックする

まとめてチャージが断然お得

期限は10年なので使い切れない心配なし

ゴーゴーシンゴ
日用品など細かい物を買ってもチリツモですよ

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゴーゴーシンゴ

年間100万以上ガジェットに注ぎ込むガジェットオタク。 スペックよりも感覚で書くレビューブロガー。 趣味はポートレート撮影と秋葉原のお散歩。 Writing Hacks卒業のプロのWebライター。 レビュー依頼はお問い合わせからお気軽にどうぞ

-カメラ
-