究極の8K 360度アクションカメラ Insta360 X4新発売

Anker 521 Charger(Nano Pro)レビュー。1ポートで40W・2ポート20でスマホでを急速充電できる充電器

景品表示法に基づき、当ページのリンクには広告が含まれています。
この記事を書いた人「ゴーゴーシンゴ」
こんにちは

スマホとMacBook Airを持ち歩いてるシンゴです。

従来ですと2つの充電器を持ち歩いてたのでガジェットポートがかさばりがち。

軽量コンパクトに持ち運べる充電器を探していたところ、2ポートで40W充電可能なUSB-C充電器を見つけちゃいました。

Anker 521 Charger(Nano Pro)

商品名はAnker 521 Charger(Nano Pro)85gの超軽量な急速充電器です。

1ポート接続なら最大で40W出力できるので、MacBook Airやモバイル向けのノートPCへの充電が可能。

2ポート接続なら20Wずつの急速充電できるるので、スマホ2台、スマホ+タブレット、スマホ+モバイルWi-Fiなどの同時充電が可能。

汎用性の高い充電器なので使い勝手は非常に良いはず。

こんな方におすすめ

  • スマホやタブレットなどを同時充電したい
  • MacBook Airでも使える汎用性の高い充電器が欲しい
  • カラフルでオシャレな充電器が欲しい

こんな方にはおすすめできる充電器で、とにかく使いやすい充電器でした。

プラグが折り畳めないなどのデメリットがありましたが、誰にでもおすすめできる商品だと感じます。

Anker 521 Charger(Nano Pro)
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • 2ポート40Wと非常に使いやすい
  • スマホとタブレットなどを同時に充電できる
  • コンパクトで持ち運びしやすい
  • カラバリが豊富でおしゃれ
デメリット
  • プラグが折り畳めない
ゴーゴーシンゴ
今回はAnker 521 Charger(Nano Pro)レビューしていきますよ
目次

Anker 521 Charger (Nano Pro)外観レビューとライバル機種との比較

Anker 521 Charger(Nano Pro)

Anker 521 Charger(Nano Pro)は2ポートで最大40W出力のUSB-C充電器です。

充電面は反射のある外観でメタリックでカッコいいです。

サイズ約46 x 35 x 34mm
※プラグ部を除く
重さ約85g
入力100-240V 1.0A 50-60Hz
USB-C 出力5V=3A / 9V=3A / 15V=2.66A / 20V=2.0A / PPS:3.3V -16V 2.5A
USBポート 合計最大出力40W

スペックはこんな感じになっており、特徴が大きさと2ポート充電です。

85gと軽量なので2ポート充電器としてはクラス最軽量・コンパクトを誇ります。

Anker 521 Charger(Nano Pro)のカラー

カラバリも豊富で4色あります。

定番のブラックやホワイトの他に、ブルーやパープルなどの淡い色の充電器もあります。

オシャレな充電器なので持っているだけで気分がアガると思います。

Anker 521 Charger(Nano Pro)

↑上はAnker PowerPort Atom PD (1ポート)

大きさの進化もすごいです。

初代Ankerから出た窒化ガリウム充電器Anker PowerPort Atom PD からの進化も凄まじいです。

こちらは1ポートでこの大きさですが、今は2ポートで1ポートに迫る小ささになりつつあります。

Anker 521 Charger(Nano Pro)

特に高さは変わらずに1ポート→2ポートに増えております。

技術の進化の凄さを感じます。

Anker 521 Charger(Nano Pro)の重さ

Anker 521 Charger(Nano Pro)の重さは85gです。

20W2ポートの充電器を他に持っていないので比較できませんが、僕が知っている限りはクラス最軽量だと思います。

引き合いに出しているAnker PowerPort Atom PDは1ポートで55gでした。

2019年当時は軽くてビックリしたのですが、2ポートタイプと30gの差とかなり健闘しております。

ただし後継機のAnker PowerPort III Nano 20Wになると小ささは爆発します。

今回レビューしているAnker 521 Charger(Nano Pro)(黒)とAnker PowerPort III Nano 20W (白)の大きさの比較です。

さすがに1ポートタイプと比較すると大きさは2倍近くになっております。

Anker 521 Charger(Nano Pro)

高さも当然違いますが、ほとんど誤差ですね。

2ポートの汎用性を取るか、1ポートで小型を極めるかは使い方次第だと思います。

こんな感じで選べば間違い無いと思います。

20Wクラス充電器の進化の歴史です。

左から1ポート→1ポート(小型化)→2ポート(本製品)とだんだんと進化してるのが分かります。

Anker 521 Charger(Nano Pro)

MacBook Air純正充電器と比べてもコンパクトです。

1ポートで使う時は40W出力ができるので、代用が可能。

重さもMacBook Air純正充電器(99g)よりも軽いです。

Anker 521 Charger(Nano Pro)は85gなので、リプレイスしてもありだと思います。

Anker 521 Charger (Nano Pro)の充電レビュー

ここではAnker 521 Charger(Nano Pro)を実際に充電して使っていきます。

ココがポイント

  • 2ポート合計40W充電でスマホ+タブレットなど汎用性が高い
  • 1ポートだと40Wで充電可能でMacBook Air等に最適

iPhone+iPadの組み合わせの場合(2ポート充電の活用例)

Anker 521 Charger(Nano Pro)の充電

↑荒れ狂うケーブル(笑)

1番使う組み合わせが多いのがiPhone(スマホ)とiPad(タブレット)だと思います。

iPhone12シリーズ以降は急速充電が強化されているので20Wだと最速で充電が可能。

30分で50%以上充電ができるので、急いでいる時に便利です。

ゴーゴーシンゴ
AndroidスマホでもOKだよ

ちなみにケーブルは付属していないので、ぐにゃぐにゃ曲がって絡まないケーブル「PowerLine Ⅲ Flow USB-C & ライトニング ケーブル」を追加購入するのがおすすめです。

MacBook Air充電の場合(1ポートで40W充電)

Anker 521 Charger(Nano Pro)

1ポートのみで使う場合は40Wで充電できます。

ですのでMacBook Airの充電に便利です。

電流系で計測していても28W近く出てたので、性能も問題ありませんでした。

普段からガジェットポーチに入れておいて、スマホの充電をしつつMacの充電器になるので重宝します。

ゴーゴーシンゴ
一部のAndroidスマホではPPS充電(超急速充電)ができるので便利です

ちなみにMacBook Air単体しか充電しないなら1ポートになりますがAnker Nano II 30Wがおすすめです。

PPS充電で一部のAndroidスマホにが急速充電可能

Anker 521 Charger (Nano Pro) はUSB-C PD のオプション規格のPPS(Programmable Power Supply)に対応しています。

最大25Wの「Super Fast Charging」に対応しており、一部のAndroidは急速充電が可能です。

例えばGalaxy S21、Xperia 5 Ⅲ、arrows WeなどがPPS充電に対応しております。

Anker 521 Charger (Nano Pro)のデメリット

Anker 521 Charger(Nano Pro)のデメリットは以下と感じました。

ココに注意

  • プラグが折り畳めない
  • コンセントによっては干渉する

プラグが折り畳めない

プラグが折り畳めないのが最大のデメリットです。

気にする方は気にするはず。

2ポートタイプでプラグが折りたためる充電器ならBelkin BOOST↑CHARGE デュアルUSB-C PD 20W x 2があります。

ただし重さや大きさも大きくなります。

下記のようなプラグ保護キャップを使うのが良いかもしれません。

コンセントによっては干渉する

Anker 521 Charger(Nano Pro)はコンセントに干渉する

コンセントの大きさによっては干渉します。

普通のコンセントならこんな感じで隣のコンセントまで侵食。

隣に使うコンセントも気を使う必要があります。

隣に使うコンセントはコンパクトタイプを使うなど工夫する必要があります。

Anker 521 Charger (Nano Pro)をおすすめする人

Anker 521 Charger(Nano Pro)をおすすめする方は以下だと感じました。

こんな方におすすめ

  • スマホとタブレット、モバイルWi-Fiなどを同時に急速充電したい方
  • たまにMacBook AirやラップトップPCを充電したい方
  • 1ポートずつ持っている充電器を1つにまとめたい方

こんな方にはおすすめの充電器だと感じました。

家で使うよりは持ち歩き用に適しております。

20W2ポートの充電器は使いやすく汎用性が高いので、誰にでもおすすめできると思います。

Anker 521 Charger (Nano Pro)レビューまとめ

Anker 521 Charger(Nano Pro)

以上がAnker 521 Charger(Nano Pro)のレビューまとめでした。

最後になりますが使って感じたメリットです。

ココがおすすめ

  • 20W x 2ポートの急速充電器は便利
  • スマホ、タブレット等を同時に急速充電できる
  • 持ち運びでも軽い85g
  • カラバリ豊富でオシャレ

こんな感じで普段使いには便利だと感じました。

プラグが折り畳めないデメリットもありますが、気になる方はプラグ保護キャップなどでカバーすれば問題無いと思います。

関連記事
あわせて読みたい
Anker Nano II 30Wレビュー。窒化ガリウム採用の世界最小の急速充電器 毎日MacBook Airを持ち歩いてる、ゴーゴーシンゴです。 PCの進化はすごいですが純正充電器は従来から変わらず大きて重いまま。 もっと軽い充電器が欲しいと思っていたと...
あわせて読みたい
【PD高速充電対応】OPPO Reno9A、OPPO Reno7Aにおすすめのコスパ最強の急速充電器 OPPO Reno9A、OPPO Reno7Aとレビューしております。 コスパの良い端末ですが充電器が付属していないのがデメリット。 今回はOPPO Reno9AとOPPO Reno7Aにおすすめの急速...
あわせて読みたい
Baseus PD 充電器 30W USB充電器 2ポートレビュー!PD3.0・QC3.0・PPS 対応 の急速充電器 ガジェットブロガーとして充電器は10台以上レビューしているシンゴです(@go5shingo) スマホの充電で欠かせないのが充電器ですが1ポートだとポート数が不足しがち。 ス...
あわせて読みたい
M1MacBook Airレビュー。買うのをおすすめしないデメリットが多い機種 M1MacBook Airの最安構成を購入しました。 現在の使用環境としては MacBook Pro16(インテル版)のほぼフルスペックがメイン機種、サブがM1MacBook Airです。 M1チップ...
あわせて読みたい
2023年M1 MacBook Airで使いたいおすすめのアクセサリー・周辺機器 M1 MacBook Airを使っている、シンゴです。 高性能なM1Macですが、単体では真のパフォーマンスは発揮できません。 Macの性能を最大限引き出すには周辺機器やアクセサリ...
あわせて読みたい
Baseus PowerComboレビュー!1250W電源タップと65W PD充電器がまさかの合体 充電器マニアのシンゴです。 ここ最近の充電器は「窒化ガリウム」を使ったコンパクトで高出力の充電器。 Anker製品が有名ですが、ここ最近注目してるのが「Baseus 」の...

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA



The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

目次