\ ポイント最大46倍! /

TP-Link Archer AX73Vレビュー!ハイエンドWi-Fiルーターが内蔵アンテナになって登場

景品表示法に基づき、当ページのリンクには広告が含まれています。

TP-Link Archer AX73Vのレビューです。

TP-Link Archer AX73が内蔵アンテナ仕様になったWi-Fi 6ルーターです。

Wi-Fiルーターを10台以上使っているシンゴです(@go5shingo

Wi-Fiルーターなら高スペックのハイエンドモデルが好きなのが、気になるのがデザイン。

アンテナトゲトゲで見た目は少し苦手だったりします。

TP-Link Archer AX73
TP-Link Archer AX73

特に愛用していた(今は実家にある)TP-Link Archer AX73はハイエンド仕様なのですが、アンテナが6本もあって部屋に合わずに困っておりました。

TP-Link Archer AX73Vの箱

そんなお気に入りのArcher AX73がアンテナレスで帰ってきました。

スペックはそのままに縦置きの日本仕様になり、設置スペースが大幅に削減されました。

弱点と言うか販路がAmazon限定になるので、人によっては困るかもしれませんが良い製品なのでぜひ購入して欲しい商品です。

今回はTP-Link Archer AX73Vのレビューです。

TP-Link Archer AX73V
総合評価
( 5 )
メリット
  • 便利な縦置きで設置スペースが少ない
  • IPv6 IPoE対応
  • EasyMesh対応
  • 最大接続台数80台と圧倒的
  • ギガビットポートが4つと豊富
  • AX5400クラスのWi-Fiルーターとしては安価
デメリット
  • HDD接続ができない(USB端子無し)
  • Wi-Fi 6E非対応
ゴーゴーシンゴ

2023年ベストバイWi-Fiルーターの予感です

メーカーより提供を受けておりますが自由レビューです

目次

TP-Link Archer AX73Vの概要

TP-Link Archer AX73Vの箱
機能はいろいろある

TP-Link Archer AX73Vの概要について紹介します。

スペック

TP-Link Archer AX73Vのスペックは以下の通りです。

規格Wi-Fi 6
• IEEE 802.11ax/ac/n/a 5 GHz
• IEEE 802.11ax/n/b/g 2.4 GHz
Wi-Fi速度AX5400
• 5 GHz: 4804 Mbps (802.11ax, HE160)
• 2.4 GHz: 574 Mbps (802.11ax)
Wi-Fi範囲4LDKデュアルバンド高性能アンテナ×4
複数のアンテナが信号を増幅させより多くの方向と広いエリアをカバーします

ビームフォーミング
クライアントに無線信号を集中させWi-Fi範囲を拡大します

高性能FEM
送信パワーを改善し信号範囲を強化します
Wi-Fi性能デュアルバンド
最適なパフォーマンスを得るためにデバイスを異なる帯域へ割り当てます

OFDMA
複数のWi-Fi6対応クライアントと同時に通信します

エアタイムフェアネス
帯域の過度な占有を制限することによりネットワーク効率を向上させます

DFS
電波干渉の少ないDFS帯を利用できます

6ストリーム
デバイスをより多くの帯域幅に接続させます

4×4 MU-MIMO
複数のMU-MIMO対応クライアントと同時に通信します
動作モードルーターモード
ブリッジモード(アクセスポイントモード)
公式ページスペックより抜粋

難しいと思うのでポイントは以下の通りです。

スペック概要

  • Wi-Fi 6ルーター
  • 5 GHz: 4804 Mbps、2.4 GHz: 574 Mbps
  • 4LDK、3階建て、最大接続台数80台
  • 動的IP、静的IP、PPPoE、PPTP、L2TP、v6プラス、DS-Lite、MAP-E(OCN)
  • ギガビットポートは4つ搭載

こんな感じでかなり汎用性の高いミドルハイスペックのWi-Fiルーターです。

注意点としてUSB端子は非搭載なので、簡易NASを使いたい方は注意が必要です。

価格

TP-Link Archer AX73Vの実売価格は¥12,489でした。

記事執筆時点では20%引きクーポンが用意されており、最終的に¥9,991になりました。

このスペックのルーターがアンダー1万円はめちゃくちゃ安いです。

例えば同じスペックでアンテナレスのNEC AM-AX5400HPなら¥19,778と2倍くらいの値段差があります。

ゴーゴーシンゴ

AX5400クラスのルーターとしてもかなり安いです

TP-Link Archer AX73V外観レビュー

ここからはTP-Link Archer AX73Vの外観をレビューいたします。

TP-Link Archer AX73Vの付属品

最初に付属品からチェックしていきます。

  • 本体
  • 縦置きスタンド
  • LANケーブル(Cate 5e)
  • 電源コンセント
  • 簡単設定ガイド等の紙類

LANケーブルも付属しているので、追加購入は不要なのが嬉しいポイントです。

TP-Link Archer AX73V
家具に調和するデザイン

Wi-Fiルーター本体は黒色で目立たないように黒子のデザインとなっております。

縦置き使用が前提であり、側面にはルーターの状態が分かるLEDインジケーターを搭載。

ネット接続エラー時には赤く光るなど状態が視認しやすくなっております。

TP-Link Archer AX73Vの壁掛け穴
紙でSSIDを隠してます

裏面んいは壁掛け用の穴が空いております。

薄くて軽いルーターなので壁掛けしても邪魔になりません。

TP-Link Archer AX73Vのポート

背面には各種ポート類があり、特にLAN端子が充実しております。

  • ギガビットLAN端子×4
  • ギガビットWAN端子
  • LED/Wi-Fiボタン(LEDをオフにできる)
  • リセットボタン
  • 電源端子
  • 電源スイッチ
TP-Link Archer AX73Vの背面

底面は排熱用の為かメッシュ状で通気性が確保されておりました。

2つの穴は縦置きスタンドを取り付ける為の穴です。

TP-Link Archer AX73V

縦置きスタンドを付けると安定性が抜群でちょっとした地震程度では倒れる心配も無さそうです。

TP-Link Archer AX73Vの大きさ
TP-Link Archer AX73Vの大きさ

大きさは200 × 189 × 59 mmと公式ページに記載がありました。

だいたいA4用紙が20センチくらいの大きさなので書類をイメージすると分かりやすいです。

TP-Link Archer AX73Vの重さ

重さは610gでした。

これだけ聞くと重いと思われるかもですが、他のWi-Fiルーターに比べると比較的軽量で壁掛けしても負担にならない軽さだと感じます。

TP-Link Archer AX73Vの初期設定方法

TP-Link Archer AX73Vの初期設定方法はWebからでもできますが、アプリから進めると簡単です。

TP-Link Tether
TP-Link Tether
開発元:TP-LINK
無料
posted withアプリーチ
STEP
デバイスを選択し電源オン
TP-Link Archer AX73Vの初期設定方法
TP-Link Archer AX73Vの初期設定方法

アプリをインストールしたら、デバイスの種類を選択します。

Archer AX73Vは「ワイヤレスルーター」を選びます。

その後電源やLANケーブルを繋いでLEDランプが点灯するまでしばらく待ちます。

STEP
Wi-Fiに接続しパスワードを入力する
TP-Link Archer AX73Vの初期設定方法
TP-Link Archer AX73Vの初期設定方法

スマホからWi-Fiに接続します。

SSIDやパスワードはルーターの裏面に記載があります。

STEP
接続設定をする
TP-Link Archer AX73Vの初期設定方法
TP-Link Archer AX73Vの初期設定方法

慣れて無い方はここが難関ですが、アプリに任せれば問題ありません。

接続タイプですがよく分からなければ「自動検出」を選べば大丈夫です。

注意点としてPPPoEを選ぶとプロバイダーから支給されている、ID、パスワードが必要になるし接続が遅いのでおすすめできません。

MACアドレスについても「変更しない」を選べば問題ございません。

STEP
お好みでスマートコネクトを設定し終了
TP-Link Archer AX73Vの初期設定方法
TP-Link Archer AX73Vの初期設定方法

お好みでスマートコネクトの設定やファームウェアアップデートの設定をします。

スマートコネクトとは5GHz帯と2.4GHz帯パのスワードを共通にして速い方に自動的に接続される機能です。

最後に設定を適用すれば終了です。

ゴーゴーシンゴ

ここまで5分くらいで設定できました

TP-Link Archer AX73Vの魅力やメリット

ここからはTP-Link Archer AX73Vを使って感じたメリットや魅力についてお伝えします。

  • 縦置きでスタイリッシュかつコンパクトに設置可能
  • IPv6対応
  • ビームフォーミング機能
  • EasyMesh対応
  • 最大接続台数80台
  • 3年の長期保証

縦置きでスタイリッシュかつコンパクトに設置可能

TP-Link Archer AX73Vの設置風景

最大のメリットがやはり設置スペースがほぼいらない点です。

縦置きなので、ほとんど設置スペースがいらずに狭い部屋でも余裕で設置可能。

デスクの上に置いてもアンテナレスデザインなので、違和感を感じないシンプルデザインも良いポイントです。

TP-Link Archer AX73VとTP-Link Archer AX73の比較

従来の横置きWi-Fiルーターと比べると設置スペースは一目瞭然で狭いです。

デザインもアンテナがトゲトゲしてなく、家具家電と調和するデザインなのでミニマリストの方にもおすすめと感じました。

Ipv6対応

IPv6

従来のプロバイダーから配布されたパスワード入力が必要なPPPoE方式だけでなく、プロバイダーの終端装置を経由しないIPoE方式で通信が可能なのも魅力です。

特に夜間のピークタイムなどの同接が多い時間に速度が落ちづらいのがメリット。

特にPS5やNintendo Switchなどのゲームをする方におすすめです。

ビームフォーミング機能

ビームフォーミング機能の説明

内蔵アンテナでアンテナの指向性が不安かもしれませんが、ビームフォーミング機能がありますので問題ありません。

ビームフォーミング→子機の距離と位置を把握して電波を集中させる機能

外部アンテナには多少スピードは落ちるかもしれませんが、電波は放射状にかつ端末目掛けて飛ぶので、どこで使用しても問題ございません

EasyMesh対応

本機が便利なのがEasyMesh対応な点です。

EasyMesh→Wi-Fiルーターの共通規格。対応機器であれば他社製ルーターや中継機も含めて接続可能

EasyMeshが便利なのがTP-Link製品だけでなく、他社のWi-Fiルーターや中継機もメッシュWi-Fiのように通信網を構築できる点です。

本機を購入した後にサブWi-Fiを追加したり、古くなったら逆にサブ機としても運用可能。

将来を見据えて末永く使えるのも魅力です(ファームウェアアップデート切れに注意)

最大接続台数80台

本機の最大接続台数は80台とめちゃくちゃ多いです。

仮に4人家族で一人あたり端末を5台ずつ繋いでも、20台にしかならないので全然余裕です。

最近増えているスマートホームデバイスなどWi-Fi接続機器が増えているので、最大接続台数は余裕がある方が安心です。

3年の長期保証

TP-Link製品は業界最高水準の3年保証です。

Wi-Fiルーターって24時間稼働しっぱなしなので、突然壊れるパターンがあります。

特に夏場は熱のダメージを受けて、故障リスクは上がります。

仮に3年近く使って保証が受けられるのは、かなり魅力だと感じました。

故障の際の連絡先はフリーダイヤルになっております。

  • 固定電話:0120-095-156 (通話料無料)
  • 携帯電話:0570-066-881 (有料ナビダイヤル)
    ※受付時間:平日9:00~18:00、土日祝10:00〜18:00(年末年始を除く)

TP-Link Archer AX73Vの注意点やデメリット

ここではTP-Link Archer AX73Vを使っていて気になったと言うか、人によってはデメリットを紹介します。

  • アクセスポイントモードだと機能制限される
  • 簡易NAS設置は不可

アクセスポイントモードだと機能制限される

TP-Link Archer AX73Vのアクセスポイントモード

アクセスポイントモード(ブリッジモード)だといくつかの機能が制限されます。

TP-Link Archer AX73VのQoS

僕が確認した限り機能制限される機能は以下がありました。

  • QoS→特定のデバイスを優先的に電波を割り当てる
  • HomeShield→Avira社のセキュリティー機能

例えば、通信会社の貸出モデムによっては無線機能が内蔵されていて二重ルーターを解消するためにブリッジモードを使う方は注意が必要です。

簡易NAS設置は不可

TP-Link Archer AX73Vの端子
USB端子は接続不可

HDD(ハードディスクドライブ)を接続して、簡易NASに設定するのも、そもそもUSB端子が接続できないので不可能です。

もしもHDDを接続したい場合は、上位機種のArcher AX80がおすすめです。

TP-Link Archer AX73Vの通信速度レビュー

ここではTP-Link Archer AX73Vの実際の通信速度をレビューいたします。

計測は東京都内の1LDK、同時接続は10台、計測時間は18時頃、回線はソフトバンク光のマンションタイプ(最大1Gbps)と一般的な環境です。

Xperia 5Ⅳ(Wi-Fi6)

TP-Link Archer AX73Vの通信速度
  • ダウンロード→467Mbps
  • アップロード→280Mbps
  • Ping→6ms、8ms
  • ジッター→2ミリ秒

Androidスマホ代表として計測しました。

本スマホはWi-Fi 6E対応機種ですが、ルーターがWi-Fi 6までなのでWi-Fi6で計測しております。

何度か計測しましたが、常に500Mbps近くのスピードが出てますので、アンテナレスでもスピードは遅くないようです。

iPad Pro11(Wi-Fi6)

TP-Link Archer AX73Vの通信速度
  • ダウンロード→102.84Mbps
  • アップロード→385.38Mbps
  • Ping→6ms

タブレット代表としてiPad Proでも計測。

なぜかiPad系はスマホに比べてWi-Fi速度が遅いのですが、毎回なのでこれは仕様です。

それでも通信速度は100Mbpsは出ているので、zoom会議や動画鑑賞も快適に出来ました。

MacBook Pro M2Pro(Wi-Fi 6)

TP-Link Archer AX73Vの通信速度
  • ダウンロード→220Mbps
  • アップロード→270Mbps
  • レイテンシ→7ms、8ms

最後はパソコン代表のMacBookProで計測です。

こちらも通信は常に安定しており、動画や写真のアップロード、4k動画視聴なども問題ありません、

少なくてもWi-Fiルーターの性能がボトルネックになることは一度もありませんでした。

TP-Link Archer AX73VとArcher AX73どっちがおすすめ?

TP-Link Archer AX73VとArcher AX73どっちがおすすめ?

 Archer AX73VとArcher AX73どっちがおすすめかについてですが、スペックについては全く同じです。

選ぶポイントとしては見た目と価格になるかと思います。

それぞれの選び方

  • スタイリッシュデザインが良い→Archer AX73V
  • 従来デザインが良い→Archer AX73
  • Amazon以外で購入したい→Archer AX73
  • 価格が安い製品が良い→クーポンによって決まる

販売価格に関してはArcher AX73Vの方が高いのですが、Amazonではクーポン割引によってArcher AX73Vが安い場合もあります。

最終的に価格が安いほうを選ぶのもありです。

(まとめ)TP-Link Archer AX73Vレビュー

TP-Link Archer AX73V

以上がTP-Link Archer AX73Vのレビューでした。

最大5.4Gbps(4804Mbps + 574Mbps)の高性能モデルが縦置きになり、個人的には非常に嬉しかったです。

価格も1万円ちょっとで購入できるので、既存のWi-Fiルーターからの買い替えも強くおすすめできます。

メリット
デメリット
  • 便利な縦置きで設置スペースが少ない
  • IPv6 IPoE対応
  • EasyMesh対応
  • 最大接続台数80台と圧倒的
  • ギガビットポートが4つと豊富
  • AX5400クラスのWi-Fiルーターとしては安価
  • HDD接続ができない(USB端子無し)
  • Wi-Fi 6E非対応
ゴーゴーシンゴ

この形のルーターを使ったら戻れなくなりますよ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ゴーゴーシンゴのアバター ゴーゴーシンゴ ガジェットブロガー

ガジェットブロガーのゴーゴーシンゴです。
Yahoo!ニュースエキスパートのモノ・ガジェット分野のクリエイターでもあります。
企業からのレビュー依頼は250件以上実績あり。
レビュー依頼受付中です!

コメント

コメントする

CAPTCHA



The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

目次