Makuake史上最大売上のロボット掃除機

バッファローWXR-11000XE12レビュー!Wi-Fi 6E対応のフラッグシップルーター 

この記事を書いた人

✔ガジェットレビューブロガー

✔ヤフークリエイターズプログラム(モノ・ガジェット分野)クリエイター

✔趣味はカメラと秋葉原散歩

詳しいプロフィール

ゴーゴーシンゴです

Wi-Fiの速度を常に求めているシンゴです(@go5shingo

近頃はWi-Fi 6の速度では満足できずにWi-Fi 6EのWi-Fi機器を探しておりました。

なかなか性能の良い機種が無くて困っていたところ、BUFFALOよりフラッグシップと呼ぶべきWi-Fi 6Eルーターが発売されたので即買いしました。

バッファローWXR-11000XE12

製品名がバッファローWXR-11000XE12で2023年5月に発売されたばかりの最新機器になります。

脅威の12ストリーム対応で転送速度は6GHz帯最大4,803Mbps、5GHz帯最大4,803Mbps、2.4GHz帯最大1,147Mbpsに対応と合計11000Mbpsクラスを誇ります。

さらに独自外付けアンテナ「トリプルバンドダイポールアンテナ」を4本装備して、部屋の形状を問わず階が違っても上下左右に飛距離を稼いで電波を飛ばします。

有線LANも10G対応と今後主流になるであろう10Gbps回線にもしっかりと対応します。

価格が高いのがネックですが、1度購入すれば軽く5年以上は使えるので毎日使う物としてはコスパが良いと思います。

今回はバッファローWXR-11000XE12のレビューです。

バッファローWXR-11000XE12
総合評価
( 4 )
メリット
  • 6GHz帯最大4,803Mbps、5GHz帯最大4,803Mbps、2.4GHz帯最大1,147Mbpsと最強スペック
  • IVv6対応
  • 10Gポート搭載
  • 業界標準のEasy Mesh対応
  • 4本のアンテナが自在に動かせる(通信パフォーマンスの最大化)
  • 縦置きスタンド標準装備
  • 初期設定がパスワードを入力するだけで簡単
デメリット
  • 価格が高い
  • 筐体が大きい(縦置きで解決)
ゴーゴーシンゴ

これ買えばWi-Fiルーター沼卒業です

目次

バッファローWXR-11000XE12のスペック

バッファローWXR-11000XE12

WXR-11000XE12の以下の通りでハイエンドのWi-Fi 6Eルーターです。

無線LANインターフェース伝送方式CCK、DSSS、OFDM、OFDMA、MIMO
周波数範囲(チャンネル)6GHz:
191~283ch(5955~6415MHz)
5GHz:
W52 36/40/44/48ch(5180~5240MHz)
W53 52/56/60/64ch(5260~5320MHz)
W56 100/104/108/112/116/120/124/128/132/136/140ch(5500~5700MHz)
W56(新電波法対応) 144ch(5720MHz)
2.4GHz:
1~13ch(2412~2472MHz)
※電波法により6GHz/W52/53は屋外使用禁止です。(法令により許可された場合を除く)
準拠規格(最大転送速度)6GHz:
IEEE 802.11ax:4803Mbps (160MHz 4×4)
IEEE 802.11a:54Mbps

5GHz:
IEEE 802.11ax:4803Mbps (160MHz 4×4)
IEEE 802.11ac:3466Mbps (160MHz 4×4)
IEEE 802.11n: 600Mbps (40MHz 4×4)
IEEE 802.11a: 54Mbps
2.4GHz:
IEEE 802.11ax: 1147Mbps (40MHz 4×4)
IEEE 802.11n : 600Mbps (40MHz 4×4)
IEEE 802.11g : 54Mbps
IEEE 802.11b : 11Mbps
※表示の数値は理論上の最大値であり、実際の転送速度を示すものではありません。
セキュリティーWPA3 Personal
WPA2 Personal
WPA/WPA2 Personal
WPA2/WPA3 Personal
WEP(128-bit / 64-bit)
Any接続拒否
プライバシーセパレーター
MACアクセス制限(最大登録許可台数:64台)
アンテナ外部アンテナ:
5GHz/2.4GHz共通アンテナ:4 本 指向性
6GHz専用アンテナ:4 本 指向性
アクセスモードインフラストラクチャーモード、中継機能
有線LANインターフェース伝送速度LANポート:
10G/5G/2.5G/1G/100Mbps×1(AUTO-MDIX)
1G/100M/10Mbps×3(AUTO-MDIX)
INTERNETポート:
10G/5G/2.5G/1G/100Mbps×1(AUTO-MDIX)
※半二重通信(Half-Duplex)には対応しておりません。
端子形状RJ-45型 8極
WAN側IP取得方法手動 / DHCP / PPPoE / DHCPv6-PD / IPv6(IPoE/IPv4 over IPv6)※
※IPv4 over IPv6での通信はOCNバーチャルコネクト、v6プラス、IPv6オプション、transix、クロスパス、v6 コネクトに対応しています。動作サービス確認はこちらからご確認下さい。
セキュリティーステートフルパケットインスペクション(SPI)、パケットフィルタリング、VPNマルチパススルー(PPTP)
その他機能回線自動判別切替機能
USBインターフェースインターフェースUSB 3.2 (Gen1)
端子形状USB Type-A×1
※初期設定はUSB 2.0(Web設定画面よりUSB 3.2(Gen1)に切り替え可能です。)
電源AC100V 50/60Hz
消費電力43.0W(最大)
外形寸法(幅×高さ×奥行)300×195×75mm
※本体のみ(アンテナおよび突起部除く)
質量約1515g
※本体のみ
動作保証環境温度 0〜40℃
湿度 10〜85%
保証期間1年間
RoHS基準値準拠
※RoHS基準値についてはこちらをご覧ください。
VCCI適合VCCI Class B
主な付属品スタンド、LANケーブル(カテゴリー6A:2m)、ACアダプター、取扱説明書、保証書
バッファローWXR-11000XE12のスペック

ここからは特徴的な性能を紹介します。

6GHz帯対応

バッファローWXR-11000XE12の6GHz帯

従来の5GHz帯から追加して6GHz帯が使用可能です(Wi-Fi 6Eのこと)

5GHz帯も高速通信が可能ですが、6GHz帯はまだまだ使用機器が少なく通信が空いている為、さらに高速通信が可能です。

とくに夜間やピーク時の混雑時に真価を発揮します。

今回追加された6GHz帯はExtend(拡張)規格で従来のWi-Fi 6ルーターの拡張規格です。

周波数帯域に5945~6425MHz帯(480MHz幅)を追加することにより、従来の通信帯域では許可されていなかった帯域でも通信が可能になります(端末が対応している必要があります)

バッファローWXR-11000XE12の6GHz帯

6GHz帯は気象レーダーや航空レーダーなどのレーダー波が利用していないのでDFSの影響を受けません。

Dynamic Frequency Selection(動的周波数選択)→気象レーダーなどを感知した場合は60秒間Wi-Fiを停止して監視しなければならない決まり

今後6GHz帯を活用するレーダーなどが増えるかもしれませんが、現状では通信帯域が空いているので待ち時間もなくスイスイと通信ができます。

6GHz帯、5GHz帯が最大4803Mbpsで通信可能

バッファローWXR-11000XE12の通信速度

スペックもモンスター級で6GHz帯、5GHz帯が最大4803Mbpsで通信可能です。

無線LANでしかも6GHz帯もこのスペックで通信できるWi-Fiルーターは現状でかなり少ないです。

本機はゲーミングルーターとは銘打ってませんが、FPSゲームなどのシビアなラグ管理を求められるゲームでも安心して使えると思います。

12ストリーム外付け「トリプルバンドダイポールアンテナ」

バッファローWXR-11000XE12の12ストリーム外付け「トリプルバンドダイポールアンテナ」

本機は6GHz/5GHz/2.4GHzそれぞれ4ストリームに対応し、そのパフォーマンスを最大化する独自のアンテナ「トリプルバンドダイポールアンテナ」を搭載してます。

特許出願済みのアンテナでアンテナ角度を調整することにより、電波を飛ばす方向を自在に調整可能な嬉しい機能になります。

高性能CPUとPCIeレーン

バッファローWXR-11000XE12の高性能CPUとPCIeレーン

高速通信を支える為に内部のパーツも高性能のパーツを使用しております。

CPUは2.6GHz クアッドコアCPUを搭載し、負荷が集中したときも充分に耐えて安定したパフォーマンスを発揮します。

2.4GHz/5GHz/6GHzそれぞれのMAC/PHYに専用のPCIeレーンを搭載しており、キャパに余裕を持つ設計になってます。

EasyMesh™対応

EasyMesh™対応

本機はEasyMesh™に対応しております。

EasyMesh™→業界標準のメッシュWi-Fi規格で異なるメーカー同士の端末でもメッシュWi-Fiに参加可能(EasyMesh™に対応している必要あり)

今後引っ越しや部屋の環境が変わった場合でも本機を軸にメッシュWi-Fiを構築したり、古くなって買い替えた場合でも本機をサブ機としてメッシュWi-Fiとして長くつかうこともできます。

ネット脅威ブロッカー2「プレミアム」

ネット脅威ブロッカー2「プレミアム」

本機はセキュリティー対策のネット脅威ブロッカー2「プレミアム」に対応です(後日ファームウェアアップロードで対応予定)

有償にはなりますがWi-Fi側でセキュリティー対策ができるので、家全体のネットワークを強化できます。

お子さんがいる方や仕事で使う方には便利かもしれません。

バッファローWXR-11000XE12実機レビュー

ここからはWXR-11000XE12の実機の紹介です。

バッファローWXR-11000XE12実機

最初に付属品は以下の通りでした。

  • 本体
  • 縦置き台
  • 電源ケーブル
  • 電源タップ
  • LANケーブル(カテゴリー6A)
  • 説明書

最初から縦置きスタンドも付属しているので、別途購入する必要がありません。

バッファローWXR-11000XE12実機
バッファローWXR-11000XE12実機

電源タップはわりと大きく、まるでノートPC並みの大きさです。

バッファローWXR-11000XE12実機

ただ電源ケーブルは普通のコンセントタイプなので、隣の電源タップに干渉することはありません。

バッファローWXR-11000XE12実機

本体はグレートブラック、差し色にイエローとレッドがある高級感あるデザインです。

横置きでも使えますが、縦置きで使うのがおすすめなります。

バッファローWXR-11000XE12実機

前面左下にはそれぞれの状態を示すLEDランプを搭載。

ワイヤレス、インターネット、ルーターとそれぞれの状態を示します。

バッファローWXR-11000XE12実機

右下には「XE12」の文字がカッコよく書いてあります。

バッファローWXR-11000XE12実機

アンテナは大型アンテナが4本あり、それぞれの帯域が3つの合計12ストリームを搭載。

トリプルバンドダイポーアンテナと呼ばれる特許出願中の新技術を使っている、BUFFALO独自設計のアンテナです。

バッファローWXR-11000XE12実機

アンテナは上に立てるとこんな感じですが、最大限のカバーリングを発揮するには折り曲げた方がよいそうです。

バッファローWXR-11000XE12実機

アンテナは根本から好きな方向に倒すことが可能。

よく使う方向にアンテナを倒せば、ビームフォーミングのように電波を効率的に届けてくれます。

バッファローWXR-11000XE12実機

電波のカバリングを最大限にするには左右のアンテナを横に倒すとWi-Fiの電波範囲を強化することができます。

逆に上の階に電波を届けたい場合は倒さないほうが良いそうなので、自宅の環境に合わせてアンテナを設定してください。

バッファローWXR-11000XE12実機

裏面はメッシュのように四角い穴が空いており、排熱を考慮した設計になってます。

さらに壁掛け穴も4つあるので、壁に引っ掛けて省スペースで設置することも可能です。

中央にはWi-FiのSSIDとパスワードが記載されておりました。

バッファローWXR-11000XE12実機

側面上部には赤色のAOSSボタン。

バッファローWXR-11000XE12実機

下部にはリセットボタンやルーターの設定ボタンがありました。

ルーターモードやアクセスポイントモードの変更がこちらからからできます。

良く分からない方は真ん中のスイッチを「AUTO」に合わせておけば機械が勝手に設定してくれます。

バッファローWXR-11000XE12実機

逆側の側面には各種ポート類があります。

  • DC端子
  • 電源ボタン
  • USB端子(USB3.2Gen1対応)
  • 10Gbps対応WAN端子
  • 10GbpsLAN端子
  • 1GbpsLAN端子×4

USB端子があるのでHDDを繋げば簡易NASとして使用可能です。

外出先からデータを確認したり、保存したりもできます。

さらに10Gbps対応のLANがあるので、有線接続で圧倒的な超高速通信が可能です。

バッファローWXR-11000XE12実機

続いて縦置きスタンドです。

シンプルな形状ながら安定性は非常に高いです。

バッファローWXR-11000XE12実機

縦置きスタンドは裏側にカチッと鳴るまで嵌めるだけです。

バッファローWXR-11000XE12実機

縦置きスタンドを付けると非常に省スペースで設置できるので、ルーターの置き場所に困りません。

バッファローWXR-11000XE12の説明書

最後にセットアップガイドなどは充実しております。

BUFFALOは日本メーカーなので変な日本語や分かりづらい表現などはありませんでした。

ゴーゴーシンゴ

次は実際の通信速度をレビューします

バッファローWXR-11000XE12通信速度レビュー

バッファローWXR-11000XE12実機

ここではWXR-11000XE12の実際の通信速度をレビューします。

使用した端末は以下の通りです。

  • iPhone14 Pro(Wi-Fi 6)
  • Xperia 5Ⅳ(Wi-Fi 6E)
  • MacBook Pro M2Pro(Wi-Fi 6E)
  • iPad Pro(Wi-Fi 6)

回線はソフトバンク光の1Gpbs(マンションタイプ)なので本機のフルスペックを発揮することはできませんが、一般家庭の参考になるかと思います。

iPhone14 Pro(Wi-Fi 6)

バッファローWXR-11000XE12通信速度
  • ダウンロード→695Mbps
  • アップロード→370Mbps
  • Ping→7ミリ秒
  • ジッター0ミリ秒

最初にみんなが使っているであろうiPhoneで計測しましたとろ、700Mbps近く出る超爆速でした。

ここまで速いと4K動画などのストリーミングも全く問題ありません。

さらにジッターは脅威の0ミリ秒を計測しました。

10Gbps回線を使えばさらに高速通信ができると思われます。

Xperia 5Ⅳ(Wi-Fi 6E)

バッファローWXR-11000XE12通信速度
  • ダウンロード→736Mbps
  • アップロード→472Mbps
  • Ping→6ミリ秒
  • ジッター1ミリ秒

続いてAndroid代表でXperia 5Ⅳで計測しました。

Xperia 5ⅣはスマホながらWi-Fi 6E接続が可能なので、本機の6GHz帯の通信を存分に発揮できます。

計測結果は脅威の700Mbps超えでした。

夜間のピーク時(21時)に計測しても安定してこのくらいの数値を連発したので、通信速度の低下に悩んでいる方にはおすすめと言えるでしょう。

MacBook Pro M2Pro(Wi-Fi 6E)

バッファローWXR-11000XE12通信速度
  • ダウンロード→210Mbps
  • アップロード→280Mbps
  • レイテンシ→5ms、11ms
  • アップロード280Mbps

続いてパソコン代表としてMacBookProで計測。

こちらも最新のMacBookなのでWi-Fi 6E通信に対応しております。

通信速度は210Mbpsと平凡でしたが、これくらいのスピードが出ればオンラインゲームはもちろんZOOMなどのオンライン会議や写真、動画のアップロードなどあらゆる作業も快適に出来ました。

MacBookはスマホと比べて通信速度が落ち気味なのでこれが普通だと思います。

iPad Pro(Wi-Fi 6)

バッファローWXR-11000XE12通信速度
  • ダウンロード→122.32Mbps
  • アップロード→373.13Mbps
  • Ping→4ms

最後にタブレット代表としてiPad Proで計測しました。

毎回測っており知っておりますが、iPadはスマホと比べて通信速度が遅い傾向があります。

試しに通信速度を計測しましたが、ダウンロードで100Mbps超え、アップロードは400Mbpsと今まで計測したWi-Fiルーターで1番最速でした。

You TubeやNetflixなどの動画鑑賞も至って快適に視聴できました。

ゴーゴーシンゴ

本機のスペックは伊達じゃなかったです

バッファローWXR-11000XE12購入がおすすめな人

バッファローWXR-11000XE12

WXR-11000XE12購入がおすすめな人は最強スペックのWi-Fi 6Eルーターが欲しい方です。

6GHz帯最大4,803Mbps、5GHz帯最大4,803MbpsとここまでのスペックのWi-Fiルーターは2023年5月現在でも数少ないです。

オンラインゲームはもちろん、在宅勤務やオンライン授業、家族で使用でも快適です(最大60台接続可能)

スペックも凄いですが、縦置きスタンドがあるので机の上や棚などに省スペースで設置できるのも魅力です。

バッファローWXR-11000XE12

一方で横置きしたい方にはiPad Pro11以上のスペースが必要で筐体がデカイのでおすすめしません。

バッファローWXR-11000XE12

また今回は紹介しておりませんが、初期設定が簡単なのもメリットだと感じました。

BUFFALOのスマホアプリから設定もできますが、基本的にルーターにLANケーブルを繋いでパスワードを入力すれば設定が完了しておりました。

特にアプリをダウンロードする必要もありませんが、ルーターの接続状態を確認するのに便利なのでダウンロードしておくことをおすすめいたします。

(まとめ)バッファローWXR-11000XE12レビュー

バッファローWXR-11000XE12

以上がWXR-11000XE12のレビューでした。

ここまでのスペックのWi-Fiルーターを買うと、もはやWi-Fi沼から脱出できた気がして満足度が非常に高いです。

もしも通信速度が遅いと感じた方は購入すると快適なネットライフが送れますよ。

メリット
デメリット
  • 6GHz帯最大4,803Mbps、5GHz帯最大4,803Mbps、2.4GHz帯最大1,147Mbpsと最強スペック
  • IVv6対応
  • 10Gポート搭載
  • 業界標準のEasy Mesh対応
  • 4本のアンテナが自在に動かせる(通信パフォーマンスの最大化)
  • 縦置きスタンド標準装備
  • 初期設定がパスワードを入力するだけで簡単
  • 価格が高い
  • 筐体が大きい(縦置きで解決)
ゴーゴーシンゴ

高いですが後悔しない商品ですよ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次