(登録のお願い!)Googleニュースで配信されております

TP-Link Archer AX3000レビュー!EasyMesh対応のArcherシリーズ最小クラスWi-Fi6ルーター

景品表示法に基づき、当ページのリンクには広告が含まれています。
ゴーゴーシンゴおすすめのお得情報

開催中 メルカリ500ポイントプレゼント MWUBDW 入力

新サービス Amazonで漫画が無料で読める

待てば無料で続きも読める

今だけですよ

Wi-Fiルーターの速度測定が趣味になりつつあるシンゴです(@go5shingo

2023年になってWi-Fi 6ルーターが主流ですが、アンテナとげとげタイプが多いのが残念。

とげ(アンテナ)の主張が激しい

電波を遠くに届けるアンテナはWi-Fiルーターに大事だけど、都内のひとり暮らしの僕としてはできたらコンパクトな内蔵アンテナタイプが欲しいところ。

そんな日本の住宅事情に合わせたコンパクトなWi-Fi 6ルーターがTP-Link Archer AX3000です。

TP-Link Archer AX3000
すっきりデザイン

AX 3000クラス(2402 + 574 Mbps)のハイスペックモデルになりますが、アンテナレスでも超高速通信が可能。

最大の特徴が超コンパクトな筐体でマンガ本サイズで縦置きできるので、どんな狭い環境でも設置ができます

今回はミニマムデザインで魅力たっぷりなTP-Link Archer AX3000のレビューです。

TP-Link Archer AX3000
総合評価
( 5 )
メリット
  • マンガ本サイズの超コンパクトな筐体
  • 縦置き可能なので接地面積が小さい
  • 光回線の速度をフルに発揮できる合計3,000Mbpsの超高速通信
  • EasyMeshに対応
デメリット
  • 特になし!あえて挙げれば上位機種(Archer AX80)とどちらを買うか迷う
  • USB端子が無し
ゴーゴーシンゴ

コンパクトWi-Fi 6ルーターの決定版です

メーカーより提供を受けておりますが自由レビューです

目次

TP-Link Archer AX3000のスペック

規格Wi-Fi 6
IEEE 802.11ax/ac/n/a 5 GHz
IEEE 802.11ax/n/b/g 2.4 GHz
Wi-Fi速度AX3000
5 GHz: 2402 Mbps (802.11ax, HE160)
2.4 GHz: 574 Mbps (802.11ax)
Wi-Fi範囲4LDK

ビームフォーミング
クライアントに無線信号を集中させWi-Fi範囲を拡大します

高性能FEM
送信パワーを改善し信号範囲を強化します
Wi-Fi性能デュアルバンド
最適なパフォーマンスを得るためにデバイスを異なる帯域へ割り当てます

OFDMA
複数のWi-Fi6対応クライアントと同時に通信します

エアタイムフェアネス
帯域の過度な占有を制限することによりネットワーク効率を向上させます

DFS
電波干渉の少ないDFS帯を利用できます

4ストリーム
デバイスをより多くの帯域幅に接続させます
動作モードルーターモード
ブリッジモード(アクセスポイントモード)
TP-Link Archer AX3000のスペック

TP-Link Archer AX3000のスペックは上記の通りで性能はミドルルクラスの性能になります。

一般用途には必要充分すぎる性能で、通常の光回線(1,000Mbps)の通信をフルで発揮できます。

残念ながらゲーミング向きではありませんが、ビームフォーミング機能など通信をさらに高速にする技術が詰め込まれております。

以下が特徴的な機能になります。

縦置き、壁掛け可能なスタイリッシュデザイン

TP-Link Archer AX3000
TP-Linkより画像引用

本機は日本仕様のWi-Fiになっており、コンパクトさと自由な設置方法ができるのが特徴です。

付属のスタンドを使えば縦置きが、壁掛け穴があるので引っ掛けて壁掛け設置も可能です。

従来の横置きに比べてもフレキシブルに運用できるので、さまざまな住宅事情に対応できます。

5GHz帯2402Mbps、2.4GHz帯574MbpsのWi-Fi6ルーター

  • 5GHz帯→2402Mbps(通信速度が速いが障害物に弱い)
  • 2.4GHz帯→574Mbps(通信速度は遅いが障害物にも強い)

Wi-Fi 6ルーターなので5GHzと2.4GHzのデュアルバンドに対応してます。

それぞれ特徴の異なる電波を発信しており、用途に合わせて通信が可能です。

スマホやパソコン、タブレットやゲーム機などは5GHz帯で接続し、一部の5GHz帯非対応のスマート家電などを2.4GHz帯で接続すると最大限の性能を発揮できます。

4ストリーム対応

ストリーム→電波の通り道の数

ストリームは電波の通り道の数で多ければ多いほど電波が混み合わずにスムーズに通信できます。

本機は4ストリームと一般使いには充分なストリーム数を確保しているので、多接続時やテレワークやオンライン授業などの通信でも混み合わずに通信が可能です。

IPv6 IPoE対応

IPv6 IPoEの図解

従来のプロバイダーから配布されたパスワード入力が必要なPPPoE方式だけでなく、プロバイダーの終端装置を経由しないIPoE方式で通信が可能

IPv6通信なのでPPPoE通信とIPoE通信どちらも選べますが、高速通信可能なIPoE通信を使うのがおすすめです。

最大42台接続可能

推奨利用環境ですが、戸建てで3階建て、マンションは4LDK、最大接続台数は42台と日本のほとんどの住環境をカバーします。

最大で42台まで接続できるので、家族で最大限使ってもほぼ問題無い台数でしょう。

筐体はコンパクトですがスペックは高いです。

EasyMeshに対応

TP-Linkより画像引用

本機はWi-Fi通信の共通規格EasyMeshに対応しており、対応機種同士でメッシュWi-Fiの構築が可能です。

従来はメーカー独自規格の商品同士でしかメッシュWi-Fiを構築できない製品が多かったのですが、本機は他社メーカーの製品ともネットワーク構築が可能です。

将来的にWi-Fiを買い替えた時にサブ機としてメッシュに参加させたりと柔軟に運用ができます。

TP-Link Archer AX3000外観レビュー

TP-Link Archer AX3000の付属品

ここからはTP-Link Archer AX3000の外観レビューです。

まずは付属品は以下の通りでした。

  • ルーター本体
  • 電源コンセント
  • LANケーブル(CAT5e)
  • 各種設定ガイドなどの紙類
  • 縦置きスタンド

従来のWi-Fiルーターだと縦置きスタンドが別売りが多かったのですが、本機は付属しているのがメリットです。

TP-Link Archer AX3000

見た目はブラックのプラスチック筐体で、シンプルながら黒子の役割をしていて悪目立ちしません。

TP-Link Archer AX3000のインジケーター

前面にはWi-Fiの状態が見やすいようにLEDインジケーターを搭載。

使用時は白に光、問題が発生するとオレンジ色に点灯します。

もしも寝室などで眩しい場合はLEDインジケーターの点灯をオフにすることができます。

TP-Link Archer AX3000の上面

上部は円形で丸みのあるデザインに仕上がっております。

切れ込みが程よく空いており、排熱に考慮した設計になってます。

夏場などの熱い時期でもフル稼働できそうです。

TP-Link Archer AX3000の下部

下部もスケルトンのように切れ込みが多数空いており、通気性が良さそうです。

そして付属のスタンド取り付け用の穴が付いてます。

TP-Link Archer AX3000の壁掛け

背面には壁掛け穴があります。

筐体自体が軽いので壁掛けしても安心して支えてくれそうです。

TP-Link Archer AX3000の重さ

あまりWi-Fiルーターの重さは気にしませんが重さはスタンド込みで384gでした。

やっぱり壁掛けするなら軽いほうが便利ですね。

TP-Link Archer AX3000の大きさ
TP-Link Archer AX3000の大きさ

Wi-Fi本体の大きさは驚異的に小さいです。

だいたい約15センチでやや縦長の長方形です。

TP-Link Archer AX3000の大きさ
ワンピースが好きです

イメージ的にはマンガ本と同じくらいのサイズと言えば分かりやすいでしょうか。

厚さはさすがに違いますが本体のサイズは、ほぼ同じなので省スペースで設置できる驚異の小ささです。

TP-Link Archer AX3000初期設定方法

ここではTP-Link Archer AX3000の初期設定方法を簡単に紹介します。

下記のiOS、Android対応のアプリから簡単に設定可能です。

TP-Link Tether
TP-Link Tether
開発元:TP-LINK
無料
posted withアプリーチ
STEP
デバイスを選択しルーターの電源を入れる
TP-Link Archer AX3000初期設定方法
TP-Link Archer AX3000初期設定方法

最初にデバイスを選択します。

Archer AX3000は「スタンダードルーター」を選びます。

その後Wi-FiにLANケーブルやコンセントを接続しLEDランプがすべて点灯するまで1分程度待ちます。

STEP
Wi-Fiパスワードを設定する
TP-Link Archer AX3000初期設定方法
TP-Link Archer AX3000初期設定方法

続いてWi-Fiのパスワードを入力します。

パスワードはWi-Fi本体の裏面に記載があります。

わざわざ入力しなくてもQRコードを読めば自動で入力してくれます。

入力がおわりますと、アプリからルーター本体にログインが行なわれます。

STEP
アプリから接続設定をする
TP-Link Archer AX3000初期設定方法
TP-Link Archer AX3000初期設定方法

初心者が悩みやすいのが接続タイプの設定だと思います。

良く分からない方は「自動検出」を選べば大丈夫です

ちなみにPPPoEはプロバイダーから配布されたパスワードが必要になりますし、速度が遅いのでおすすめしません

最後にMACアドレスの変更を聞かれますが、MACアドレスは変更しなくて大丈夫です。

STEP
スマートコネクト等の設定をして終了
TP-Link Archer AX3000初期設定方法
TP-Link Archer AX3000初期設定方法

ファームアップデートやスマートコネクトの設定をして終了になります。

スマートコネクト→2.4GHz帯と5GHz帯のパスワードを共通にして速い方に自動的に接続される機能

スマートコネクト機能については後で変更できるので、設定後に変更しても大丈夫です。

よく分からければオフで問題ありません。

すべて進むと設定の適用をしてくれて終了になります。

ゴーゴーシンゴ

10分もあれば誰でも簡単に設定できますよ

TP-Link Archer AX3000通信速度レビュー

TP-Link Archer AX3000

ここからはTP-Link Archer AX3000の実際の通信速度をレビューします。

使用回線はソフトバンク光(1Gbps、マンションタイプ)

Wi-Fiルーターと機器の距離は6mほど離れており、日常使いをイメージしております。

測定端末は以下です。

  • iPhone 14Pro(Wi-Fi 6)
  • Xperia 5Ⅳ(Wi-Fi 6)
  • iPad Pro11(Wi-Fi 6)
  • Mac Book Pro16(Wi-Fi 5)

iPhone 14Pro(Wi-Fi 6)

  • ダウンロード→661Mbps
  • アップロード→372Mbps
  • Ping→11ミリ秒
  • ジッター→0ミリ秒

スマホ代表としてみんなが使っているiPhoneで計測。

なんと600Mbps超えの爆速でした。

僕が使っているハイエンドWi-Fiルーターと同等クラスなので、AX3000クラスでも1Gbpsの光回線だと必要充分のようです。

Xperia 5Ⅳ(Wi-Fi 6)

  • ダウンロード→640Mbps
  • アップロード→409Mbps
  • Ping→9ミリ秒
  • ジッター→1ミリ秒

続いてAndroidスマホ代表のXperiaで測定。

たまにAndroidスマホだとスピードがガクッと落ちるWi-Fiルーターがありますが、本機の相性は抜群に良いようでiPhoneと同等以上のスピードが出ました。

多くのスマホのWi-Fiスピードの実力を発揮してくれそうなルーターです。

iPad Pro11(Wi-Fi 6)

  • ダウンロード→83.65Mbps
  • アップロード→360.81Mbps
  • Ping→11ミリ秒

タブレット代表としてiPad Proでも計測しました。

下りの通信速度が大幅に落ちておりますが、毎回ダウンロード速度は遅いのでタブレット側の仕様かと思っております。

通信速度も100Mbpsには届いておりませんが、4K動画視聴やテレビ会議も含めて全然問題無いスピードが出ております。

体感ではスマホとほとんど変化を感じないので、日常使いには全然問題はありません。

Mac Book Pro16(Wi-Fi 5)

  • ダウンロード→240Mbps
  • アップロード→600Mbps
  • レイテンシ→5ms、8ms

最後はパソコン代表としてMacBook Pro16で測定しました。

僕の持っているMacBookは少し古いので規格がWi-Fi 5です。

本機はWi-Fi 6ルーターですが、Wi-Fi 5でも下位互換性がありますので古い機種でも安心して使えます

Wi-Fi 5機器でも200Mbps以上の通信速度が出ました。

オンライン会議やオンライン授業などはもちろん4K動画視聴でも全く問題ありません。

本機を使えば、FPSなどシビアなレイテンシが求められる使用用途意外はストレス無く使えます。

TP-Link Archer AX3000の疑問点や質問に答える

ここでは Archer AX3000購入にあたり疑問点や質問に答えます。

Archer AX3000はアンテナレスで電波が弱くない?

日常使いでは電波の弱さは感じません。内蔵アンテナがしっかりとしているので電波の飛距離やスピードも充分です。

Archer AX3000のおすすめの設定は?

デフォルトでオフになっているOFDMAとTWTとHE160をオンにするのがおすすめ設定です。

Archer AX3000のライバル機種はどれ?

同じAX3000クラスのArcher AX55Archer AX53があります。

どちらも外部アンテナの通常のWi-Fiルーターのデザインです。

Archer AX3000でオンラインゲームはできる?

オンラインゲームは可能ですが、ゲームに有利な機能は特に無いのでゲーミングルーター購入をおすすめいたします。

Archer AX3000のセキュリティーは大丈夫?

TP-Link HomeShield、WPA3、ファームアップデートなどセキュリティー対策もばっちりです。

Archer AX3000はメッシュWi-Fiとしても使える?

EasyMesh対応機器同士であれば他社のWi-FiルーターともメッシュWi-Fiを構築できます。

Archer AX3000の保証期間は?

業界最長の3年保証で安心して使えます。

TP-Link Archer AX3000とArcher AX80との違いを比較

TP-Link Archer AX3000とArcher AX80との違い
大きさはめっちゃ違う

ここからは兄弟機とも言える兄貴分のArcher AX80とも比較します。

大きさはかなり違って同じ縦置きモデルながらも圧迫感が全然違います。

スクロールできます
Archer AX3000Archer AX80
大きさ166x 157 x 45 mm200 × 189 × 59 mm
通信速度5 GHz: 2402 Mbps (802.11ax, HE160)
2.4 GHz: 574 Mbps (802.11ax)
5GHz:4804Mbps(802.11ax, HE160)
2.4 GHz:1148Mbps(802.11ax)
ストリーム数48
USB3.0端子ナシアリ
EasyMesh対応非対応
最大接続台数42台100台
Amazon実売価格9,500円15,120円
TP-Link Archer AX3000とArcher AX80との違い

それぞれのスペックの違いは上記の表の通りです。

基本的にArcher AX80がほとんどのスペックで上位機種として位置しております。

ただしArcher AX80はEasyMeshに非対応なので注意が必要。

それぞれの買い方は個人的に以下の通りだと思ってます。

TP-Link Archer AX3000とArcher AX80の買い方

  • スペックにこだわる、USB3.0端子が必要→Archer AX80
  • コンパクトで日常使いな機種が欲しい→ Archer AX3000

多くの方が今回紹介している Archer AX3000で充分だと思います。

特にスペックにこだわる方や簡易NAS構築の為にUSB3.0端子が欲しい方はArcher AX80がおすすめです

TP-Link Archer AX3000購入がおすすめな人

縦置きは便利

Archer AX3000購入がおすすめな人は、これからWi-Fi 6ルーターを購入したいすべての人です。

合計3,000Mbpsの通信速度があるので光回線の実力を存分に発揮できますし、コンパクトな筐体で置き場所にも困りません。

アンテナレスデザインで電波の飛距離を心配するかもしれませんが、戸建てで3階建て、マンションで4LDKまで使えるのでほとんどの家庭で不満なく使えると思います。

これからのWi-Fiルーターの決定版になりそうな機種です。

(まとめ)TP-Link Archer AX3000レビュー

以上がArcher AX3000のレビューでした。

正直ここまで小さいWi-Fiルーターが出たのがビックリしました。

今までは小さいWi-Fi=エントリークラスの性能のイメージでしたが、本製品はスペックも高くバランスの良い製品です。

実測スピードも速かったので、価格と性能、筐体の小ささを考えるとベストバイだと感じました。

メリット
デメリット
  • マンガ本サイズの超コンパクトな筐体
  • 縦置き可能なので接地面積が小さい
  • 光回線の速度をフルに発揮できる合計3,000Mbpsの超高速通信
  • EasyMeshに対応
  • 特になし!あえて挙げれば上位機種(Archer AX80)とどちらを買うか迷う
  • USB端子が無し
ゴーゴーシンゴ

購入して間違いなく後悔しない機種です

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ゴーゴーシンゴのアバター ゴーゴーシンゴ ガジェットブロガー

ガジェットブロガーのゴーゴーシンゴです。
Yahoo!ニュースエキスパートのモノ・ガジェット分野のクリエイターでもあります。
企業からのレビュー依頼は250件以上実績あり。
レビュー依頼受付中です!

コメント

コメントする

CAPTCHA



reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

目次