Amazonタイムセール

Tranya T6レビュー!超コンパクト&aptX adaptive対応のワイヤレスイヤホン

景品表示法に基づき、当ページのリンクには広告が含まれています。
Tranya T6
この記事を書いた人「ゴーゴーシンゴ」
  • ガジェットブロガー
  • モバレコライター
  • Webライター養成講座「WritingHacks」卒業
  • プロフィールはこちら/問い合わせはこちら
こんにちは

ワイヤレスイヤホン評論家のシンゴです(@go5shingo

最近勢いのあるTranyaさんのワイヤレスイヤホンを提供頂いたのでレビューします。

Tranya T6

製品名がTranya T6で細長いデザインでコンパクト&aptX adaptive対応したワイヤレスイヤホンです。

ノイキャンはありませんが、価格も7千円台(クーポン使えば6千円台)と安価でしかもマルチポイント対応とデザインと機能性を両立した製品です。

今回はTranya T6のレビューです。

Tranya T6
総合評価
( 4 )
メリット
  • ケースが小さくてスタイリッシュ
  • aptX adaptive対応で音質が良い
  • 物理ボタンなのでタッチ操作のように誤作動が少ない
  • 低遅延モード搭載
  • イヤホンを探す機能があり紛失時に安心
  • マルチポイント対応
デメリット
  • ワイヤレス充電非対応
  • ノイズキャンセリング機能なし
  • LEDランプが無いので充電されているか分かりづらい
ゴーゴーシンゴ

かわいい見た目ですが音質はめちゃくちゃ良かったです

メーカーより提供を受けておりますが自由レビューです

目次

Tranya T6のスペック

Tranya T6
ローズゴールドもあり
製品名Tranya T6
対応コーデックSBC, AAC, aptX Adaptive
再生可能時間(イヤホン単体,ケース込み)最大6.5h ,最大30h
Bluetoothバージョン5.2
再生周波数帯最大24ビット96kHz
防水等級IPX5
ドライバーHI-RESスーパードライバー
重量(イヤホン単体,ケース込み)約4.6g(イヤホン単体) 約44g(充電ケース)
充電方式USB Type-C
アクティビノイズキャンセリング/
通話ノイズキャンセリングcVc8.0通話ノイズキャンセリング
付属品イヤーピース、充電ケーブル, 取扱説明書
価格7,480円(クーポンでさらに割引)
公式サイトhttps://jp.tranya.com/products/t6
公式Twitterhttps://twitter.com/tranya_japan
Tranya T6のスペック

Tranya T6のスペックは上記の通りです。

ハイレゾの相当コーデックのaptX Adaptiveに対応するカナル型イヤホンで音質が非常に良いのが特徴。

筐体もコンパクトでイヤホンもケース込みで50gを切るなどめちゃくちゃ軽いです。

スペック以外の部分ではデザインが細身でおしゃれで女性に人気が出そうなローズゴールドのカラーがあります。

ゴーゴーシンゴ

デザインの指名買いでも全然ありなレベルの仕上がりです

Tranya T6外観レビュー

ここからはTranya T6の外観レビューです。

最初にお伝えしておくと、形はかなりお気に入り。

Tranya T6の付属品

最初に付属品から。

  • 本体(イヤーピースM装着済み)
  • USB-C toAケーブル
  • イヤーピース(S,L)
  • 説明書
Tranya T6

ケーブルは超短いタイプなのでPCやハブなどに接続して使うのが便利です。

ワイヤレス充電ができないので、必ず有線充電をする必要があります。

Tranya T6のイヤーピース

イヤーピースは楕円形の柔らかいタイプ。

破けやすいので付け替えの際は注意が必要。

Tranya T6

イヤホン本体のデザインは細長いタイプで珍しい形をしてます。

この形状は非常に持ちやすく、しかもコンパクトなので女性のカバンやポケットに入れても邪魔になりません。

Tranya T6のUSB-C端子

背面にはUSB-Cポートを搭載。

ケース本体が自立するので充電がしやすいのも使い勝手が良かったです。

Tranya T6

表面は特になにもなし。

素材はプラスチック製ですがマット系で鈍い光沢感があり安っぽさは感じません。

むしろ見た目は2〜3万円クラスのイヤホンにすら思えます。

Tranya T6

パカッと開けるとこんな感じで、なんかオーテクのワイヤレスイヤホンに似てると思いました。

蓋の上部には各種仕様や認証マークがありました。

イヤホン本体はコロッとしたタイプで軸の短いやつになります。

Tranya T6

充電ケース本体にはL,Rの表記があり親切仕様。

丸形イヤホンなので掴みやすくケースの出し入れをしやすいのも使いやすかったです。

Tranya T6

イヤホン本体の上部には物理ボタンを搭載しております。

タッチセンサーでは無く、実際のボタン式になっているので誤作動のしづらく使い勝手が良いです。

Tranya T6

イヤホンはかなり小ぶりなサイズで耳にしっかりとフィットします。

Tranya T6

イヤホンの軸は正円形でした。

軸はプラスチック素材なのでこの辺はコストダウンと軽量化が見られます。

Tranya T6の大きさ
Tranya T6の大きさ

ケース本体の大きさは僕の実測値で59.6mm×32.7mmと非常に小さかったです。

普通のワイヤレスイヤホンよりも一回り以上はコンパクトな設計になってます。

Tranya T6の重さ

ケース込みで重さは44gでした。

50gを下回れば軽いのですが、44gは驚異的に軽いです。

Tranya T6の重さ

イヤホン単体の重さは約8gとこちらも軽いです。

ワイヤレスイヤホンは軽い=正義なので軽いイヤホンが好きな人にはおすすめできます。

Tranya T6使用レビュー(メリット)

ここではTranya T6を使って感じた良かった点やメリットを紹介します。

  • 超コンパクトワイヤレスイヤホン
  • 音質は中音豊かのややドンシャリ
  • aptX adaptive対応
  • マイク性能は普通
  • シンプルなUIのアプリ
  • 便利な物理ボタン付き
  • マルチポイント対応

超コンパクトワイヤレスイヤホン

Tranya T6
まさにおやゆび姫サイズ

本機の最大の魅力って実は大きさだと思っている。

とにかく小さくてまともなワイヤレスイヤホンの中では最小&最軽量レベルです。

Tranya T6

例えばリップクリームと比べてもこんな感じです。

小さいのでズボンのポケットのみならず、胸ポケットに入れても全然余裕なので、高性能で小さいワイヤレスイヤホンが欲しい方には特におすすめです。

音質は中音豊かのややドンシャリ

音質は中音がやや強めに感じながら弱ドンシャリ傾向の音質

解像感などは決して高くはありませんが、クラス平均の音質でバランスが良いので聞きやすい音です。

音質傾向は以下の通り。

音の傾向
低音
高音
硬め
柔らかめ
繊細
迫力
楽器向き
ボーカル向き

グラフで音質傾向を表すとこんな感じで中音が豊かでボーカルが曲が際立つ印象です。

ただ繊細な曲は苦手と言うか、この価格帯のイヤホンなので音の塊で聞こえるので解像感は高くはありません。

Tranya T6の音質傾向

得意音楽ジャンル:ロックやJ-POPなど

聞いていて良かったのがロックやJ-POPなどの楽器の低音とボーカルが際立つ曲です。

疾走感のある曲などが得意で軽快な楽曲とは相性が抜群。

逆にバラード系などにはそれほど相性が良くなく、聞かせる系の曲はやや苦手と言うか合わない印象です。

aptX adaptive対応

Tranya T6のaptX adaptive対応

ハイレゾ相当コーデックのaptX adaptiveに対応しているのも嬉しい点です。

実際にAAC接続と聴き比べると音質と言うか解像感が上がりシャープになり聴き応えのある音へと変化します。

注意点としてLDACには対応していないので、Androidの中でも対応コーデックに注意する必要があります。

(iPhoneはAAC接続なので関係ありません)

マイク性能は普通

音声サンプルはこんな感じでめちゃくちゃ良いわけでもなく、悪くもない普通の印象です。

ただノイズ除去能力は素晴らしく、加湿器やエアコンなどの雑音が入るはずですが全く聞こえませんでした。

Qualcomm cVc8.0通話ノイズキャンセリングに対応しているので、雑音や騒音の多い場所でも快適に通話できそうです。

シンプルなUIのアプリ

Tranya Audio
Tranya Audio
開発元:Apple
無料
posted withアプリーチ

アプリも用意されており、シンプルなUIのアプリで使い勝手が良いです。

Tranya T6のアプリ

まず便利なのが「デバイスを探す」に対応。

最後にペアリングした場所を地図上で表示してくれるので、外出時にどこかで落としてしまった場合の目安になりそうです。

Tranya T6のアプリ

イコライザーはプリセットとカスタムイコライザーがあります。

上下で8段階に調整できるので調整幅は非常に広いです。

Tranya T6のアプリ
Tranya T6のアプリ
Tranya T6のアプリ
Tranya T6のアプリ

プリセットのイコライザーは4種類あり、どれも過激なセッティングの印象です。

  • バランス
  • 低音ブースト
  • 低音を弱める
  • 音声強化

個人的にはバランスがおすすめで、それ以外は無理してる感があったのでプリセット設定しないでそのまま使うか自分でカスタマイズした方が良いと感じました。

Tranya T6のアプリ

その他ゲームモード(低遅延モード)の設定もアプリから可能。

僕は音ゲーなどはやらないので分かりませんがゲームをプレイする人は設定すると良いかもです。

Tranya T6のアプリ

またファームウェアアップデートもアプリからできます。

アプデの内容が書いてないので不明ですが、やっておいて損はないので必ずアプリをダウンロードしておきましょう。

便利な物理ボタン付き

Tranya T6の物理ボタン
よく見ると丸いボタンになっている

Tranya T6の良いところって物理ボタン対応な点です。

個人的にはタッチセンサーは苦手なので物理ボタンは誤作動が少なくありがたい。

ボタンもクリック感がしっかりとあり、ちゃんと押せてるフィードバックがあるので使い勝手も良好です。

Tranya T6のタップ操作
Tranya T6のタップ操作
動作・状態L側(左)R側(右)
電源オン自動操作:イヤホンを充電ケースから取り出す
手動操作:イヤホン両方のボタンを3秒間長押し
電源オフ自動操作:イヤホンを充電ケースに戻す
手動操作:イヤホン片方のみのボタンを3秒間長押し
再生/停止ボタンを1回押す
曲送りボタンを2回押す
曲戻しボタンを2回押す
音量+ボタンを3回押す
音量−ボタンを3回押す
音声アシスタント起動ボタンを4回押す
通話応答/終話着信中ボタンを1回押す
着信拒否着信中ボタンを1秒押す
Tranya T6のボタン操作

ボタン操作は左右それぞれで違いますが、ノイキャンや外音取り込み機能が無いので比較的シンプルです。

タップ数も最大5回まで設定できますが、覚えるのも大変だしそこまで使わないので3回タップくらいに設定しておくのがおすすめだと感じます。

マルチポイント対応

Tranya T6のマルチポイント

低価格モデルながらもマルチポイントにしっかりと対応してるのも便利でした。

マルチポイントの切り替え速度も全然問題ないので快適に使えます。

メインとして使うのはもちろんサブで使うのも便利なイヤホンだと感じました。

Tranya T6使用レビュー(デメリット)

ここではTranya T6を使って感じた注意点やデメリットを紹介します。

  • ノイキャン、外音取り込み非対応
  • ワイヤレス充電非対応
  • LEDランプが無いので充電状態が分かりづらい

ノイキャン、外音取り込み非対応

Tranya T6

カナル型イヤホンだからANC(アクティブノイズキャンセリング)搭載だと思われがちですが、ノイキャン、外音取り込み非対応になります。

間違えて購入しないように注意が必要。

昔ながらのカナル型で密閉して遮音性で音楽を楽しむタイプのイヤホンです。

Tranya T6とTranya Nova
右がTranya Nova

もしもノイキャンや外音取り込みなどのフルスペック機能を試したいなら同社のフラッグシップモデルTranya Novaがおすすめです。

フラッグシップと言っても価格差は数千円程度なのでそこまで違いません。

ワイヤレス充電非対応

Tranya T6はワイヤレス充電非対応
充電エラー(黄色)

ワイヤレス充電にも非対応なのでご注意ください。

ただこれはあんまりデメリットとは感じませんでした。

Tranya T6

丸形ケースイヤホンと違ってイヤホンケースが自立するので充電がしやすかったです。

ワイヤレス派の方は慣れるまでストレスを感じるかもだけど、大きなデメリットとは思いませんでした。

LEDランプが無いので充電状態が分かりづらい

上記の有線充電していて思ったのですが、LEDインジケーターが無いので充電状態が分かりづらいのもデメリットだと感じました。

単純にコスト削減だと思いますが、万一充電エラーが起きた場合には判断ができないかもです。

せめてLED状態ランプは欲しいと思いました。

ゴーゴーシンゴ

音質面の不満は無いから正統派ワイヤレスイヤホンとも言えます

Tranya T6購入がおすすめな人

Tranya T6

Tranya T6購入がおすすめな人はコンパクトでおしゃれで音質が良いワイヤレスイヤホンが欲しい方です。

この小ささとデザインでaptX adaptive対応イヤホンは貴重で、かなりいい線行ってます。

今回レビューできませんでしたが、女性におすすめなカラーがローズゴールドの存在。

ノイキャンなどはありませんが可愛いイヤホンが欲しい方にもピッタリだと思います。

Tranya T6レビュー

以上がTranya T6のレビューでした。

とにかくコンパクトながらデザインと音質が良く、おまけに物理ボタンとマルチポイント付きとおすすめのワイヤレスイヤホンです。

ノイキャンはありませんが、そこまでデメリットには感じません。

むしろおしゃれ&音質特化モデルとしてスペシャリティーを感じる製品でした。

メリット
デメリット
  • ケースが小さくてスタイリッ
  • aptX adaptive対応で音質が良
  • 物理ボタンなのでタッチ操作のように誤作動が少ない
  • 低遅延モード搭載
  • イヤホンを探す機能があり紛失時に安心
  • マルチポイント対応
  • ワイヤレス充電非対応
  • ノイズキャンセリング機能なし
  • LEDランプが無いので充電されているか分かりづらい
ゴーゴーシンゴ

この形とコンパクトさは最高でした

ゴーゴーシンゴおすすめのお得情報
Tranya T6

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次