\ 年に1度のブラックフライデーセール! /

MERCUSYS(マーキュシス)Wi-Fi 6ルーター「MR70X」レビュー!日本初進出メーカーの実力は?

  • URLをコピーしました!
ゴーゴーシンゴおすすめのお得情報

対象者限定Amazon music Unlimitedが3ヶ月無料(1億曲以上聞き放題)

12/26までAmazonの聞く読書が2ヶ月無料+100ポイント

Kindle Unlimited 2ヶ月99円|本や雑誌が読み放題

チェック

今回はMERCUSYS(マーキュシス)Wi-Fi 6ルーター「MR70X」レビューです。

いきなり聞いたことないMERCUSYS(マーキュシス)というブランドですが、近々日本初上陸予定のブランドです。

MERCUSYSは中国で誕生した大手ネットワーク機器ブランドです。テレワークやオンライン授業等のデジタル化が進む中、インターネットの利用を必要とする全ての人が手軽に快適なWi-Fi環境を構築できるよう、さらにコストパフォーマンスの高いネットワーク製品を提供し、世界80以上の国と地域で販売されています。

MERCUSYSニュースルーム

ちなみに日本市場におけるMERCUSYSブランドの商標を所有しているのはティーピーリンクジャパンです。

初進出のブランドではありますが、世界シェア10年連続No.1Wi-FiメーカーのTP-Linkが商標を持っているので安心できると思います。

MERCUSYS(マーキュシス)Wi-Fi 6ルーター「MR70X」

MR70XはAX1800のデュアルバンドWi-Fiルーターです。

特徴的な見た目とコンパクトな設計が特徴。

価格も(想定販売価格:税込7,920円)とIPv6 IPoE対応 Wi-Fi 6ルーター として1万円を切ってくるコスパの高い商品です。

本記事では日本初上陸のWi-Fiを10台以上のWi-Fiルーターをレビューしている僕が使い勝手を紹介します。

MR70X
総合評価
( 4 )
メリット
  • Wi-Fi6ルーターとして最安級
  • IPv6 IPoE対応
  • ビームフォーミング機能あり
  • 接続設定がアプリより簡単にできる
  • この価格帯では最高性能
デメリット
  • 縦置きできない
  • 聞きなれないブランド
  • 周りに使ってる人が少ない
  • デザインの好みがあるかも
ゴーゴーシンゴ

10台以上ルーターをレビューしておりますがこの価格では最高性能の商品です

*商品はメーカーより提供を受けております

目次

MERCUSYS Wi-Fi 6ルーター「MR70X」のスペック

規格802.11ax/ac/a/b/g/n Wi-Fi規格対応
Wi-Fi 速度1201 Mbps (5 GHz) + 574 Mbps (2.4 GHz)
受信感度11g 6Mbps: -96dBm
11g 54Mbps: -78dBm
11n HT40 MCS7:-74dBm
11n HT20 MCS7:-77dBm
11a 6Mbps:-94dBm
11a 54Mbps:-76dBm
11ac VHT20 MCS8:-71dBm
11ac VHT40 MCS8:-68dBm
11ac VHT80 MCS8:-65dBm
Wi-Fi送信電力2.4 GHz < 20dBm (EIRP)
5 GHz < 23dBm (EIRP)
WANタイプ動的IP/静的IP/PPPoE/L2TP/PPTP/v6プラス/DS-Lite
寸法208.8 × 171.6 × 41.7 mm
インターフェースギガビットWANポート×1 + ギガビットLANポート×3
ボタンリセット/WPSボタン
アンテナ5dBi全方向性固定アンテナ×4
最大接続台数36台

こちらがMR70Xの全体のスペックになります。

Wi-Fi6ルーター、ギガビットLANを3ポート兼ね備えたエントリークラスのルーターです。

特徴的なスペックは以下があります。

  • 多数端末と同時通信:OFDMAや1024-QAMが多くの端末との同時通信を実現
  • IPv6 IPoE(IPv4 over IPv6)対応:v6プラス・OCNバーチャルコネクト・DS-Liteに対応
  • セキュリティ:最新セキュリティ規格WPA3対応
  • スマートコネクト:SSIDを統一し、接続帯域をルーターが自動で割り当て
  • エアタイムフェアネス:帯域の過度な占有を制限することによりネットワーク効率を向上
  • ビームフォーミング:端末に向けて指向性のWi-Fiシグナルを送信し接続をより強固なものに 
  • VPNサーバー:OpenVPNとPPTP VPNサーバーとして利用可能

高速化技術やセキュリティ、使いやすさなどを考慮された非常に優秀なルーターです

MERCUSYS Wi-Fi 6ルーター「MR70X」外観レビュー

MERCUSYS(マーキュシス)Wi-Fi 6ルーター「MR70X」

まずはMR70Xの外観レビューです。

箱の見た目は赤と黒を使い見た目のインパクトがあり。

裏面には各機能が紹介されております。

MERCUSYS(マーキュシス)Wi-Fi 6ルーター「MR70X」

通信速度は理論値合計1800MbpsとWi-Fi6ルーターとしてはエントリークラスです。

  • 5GHz帯→1201Mbps
  • 2.4GHz帯→574Mbps

一般的な光回線(1Gbps)であればWi-Fiの性能を充分に発揮できる通信スピードです。

MERCUSYS(マーキュシス)Wi-Fi 6ルーター「MR70X」

MR70Xの推奨利用環境は以下の通り。

  • 戸建て→3階建て
  • マンション→4LDK
  • 最大接続数→36台

日本の住宅事情であれば一軒家からマンションまで万能に使える性能です。

接続台数も36台もあるので家族で使っても問題ない台数だと思います。

MERCUSYS(マーキュシス)Wi-Fi 6ルーター「MR70X」

MR70XはIPv6(IPoE)通信にも対応しております。

各社で名前の呼び名が違いますが以下に対応。

  • V6プラス(MAP-E)
  • transix(DS-Lite)
  • フレッツ光ネクスト(IPv6ブリッジ)
IPoE接続の図解

従来のPPPoE接続は網終端装置を経由する必要があり、混雑時には通信速度が大幅に落ちるデメリットがありました。

MR70Xが対応しているIPv6(IPoE)通信は直接事業者と通信をやりとりするので混雑時でも通信速度が落ちづらいメリットがあります。

前置きが長くなりましたがさっそく本体です。

形は六角形のような不思議なデザイン。

4本の大型アンテナを装備しております。

本体に反射しているカメラ

付属品は以下の通りです。

  • ルーター本体
  • LANケーブル(CATE5e)
  • コンセント
  • 簡単設定ガイド

LANケーブルも付属しているので別途購入必要はありません。

ルーター本体はMERCUSYSのシルバーのロゴ付きでカッコいい。

切り込みはメッシュ構造になっており、ルーター本体の放熱性を高めております。

寸法 は208.8 × 171.6 × 41.7 mmと従来の弁当箱型ルーターに比べてコンパクトです。

イメージ的には横幅はスマホよりも少し大きいくらい。

スペース的にはスマホ2.5個分くらいのスペースで設置できます。

残念ながら自立しないので縦置きはできません

縦置きしたい場合はこんな感じに壁に支えてもらうと少し安定します。

裏面にはルーターのSSIDのパスワードが記載されております。

デザイン的にも放熱性を意識したメッシュデザイン。

残念ながら壁掛けの穴はないので注意してください。

4本のハイゲイン大型アンテナは無段階で180°動かせます。

アンテナはビームフォーミング技術を採用。

ビームフォーミングの図解

ビームフォーミング技術によりスマホやタブレット、PCの位置をルーターが把握して最適な方向と距離に電波を送ります。

電波の無駄が少なくなるため、効率的に電波を端末に届けることができます。

背面ポートはかなり充実しております。

  • ギガビットWANポート×1
  • ギガビットLANポート×3

WANポートはプロバイダーから貸し出されているONUと接続します。

LANポートが3つあるのでゲーム機やパソコンなど3台の機器を有線接続できます。

ちなみにUSBポートは無いので簡易NASとしては使えません

実際にコード類を接続するとこんなイメージになります。

ケーブルに囲まれているのはリセット・WPSボタンです。

  • 1秒押すとWPSモード
  • 10秒以上押すとリセット

WPSモードとは無線ルーターを、ボタン1つで簡単に設定するための仕組み(規格)です

前面はLEDランプだけとシンプルです。

電源ランプの色でルーターの状態を表します。

緑色に光っている時は正常な状態でオレンジ色点灯の際は異常が発生している状態です。

ゴーゴーシンゴ

パッと見で状態がわかるのは便利です

MERCUSYS(マーキュシス)Wi-Fi 6ルーター「MR70X」初期設定方法

MERCUSYS
MERCUSYS
開発元:MERCUSYS TECHNOLOGIES CO,. LIMITED
無料
posted withアプリーチ

MR70Xの初期設定はアプリから簡単に設定可能。

アプリに従って進めていけば誰でも迷うことは無いので初心者にも安心しておすすめできます。

アプリはAndroid・iOSどちらも対応しております。

STEP
MERCUSYSアカウントを作成

最初にメールアドレスをパスワードを決めてアカウントを作成します。

メールアドレスに届いた認証メールをクリックするとアカウントがアクティベートされます。

STEP
LANケーブルと電源ケーブルを接続

アプリにしたがって対象の機器を選んでいきます。

まだ日本で発売されていない機種もありますが、ここでは「ルーター」を選びます。

電源アダプター、LANケーブルを接続してモデムの電源を入れると勝手に接続がされます。

すべてイラストで表示してくれるので非常に分かりやすいです。

STEP
SSIDとパスワードを入れて完了

最後にルーター本体の裏面に書いてあるSSIDとパスワードを入力して完了です。

プロバイダーの選択画面は「自動設定」を選べば問題ありません。

ゴーゴーシンゴ

5分くらいで簡単にできました

MERCUSYS(マーキュシス)Wi-Fi 6ルーター「MR70X」通信速度レビュー

ここからはMR70Xの実際の通信速度をレビューいたします。

回線はSoftbank光のマンションタイプを使用しております。

東京都内で平日のピーク時間21時頃に測定したので参考になるかと思います。

iPhone13mini(Wi-Fi6)

  • ダウンロード→265Mbps
  • アップロード→559Mbps
  • Ping→5ミリ秒
  • ジッター→0.65ミリ秒

スマホとしてWi-Fi6対応のiPhone13miniから。

平日夜間のピークタイムで200Mbps超え、上りは500Mbps超えで爆速でした。

性能は折り紙付きで高いと感じます。

Xperia 5Ⅲ(Wi-Fi6)

  • ダウンロード→159Mbps
  • アップロード→532Mbps
  • Ping→7ミリ秒
  • ジッター→4ミリ秒

続いてはAndroid機種での測定です。

こちらもWi-Fi6対応機器ですが150Mbps以上の速度が出ました。

スマホ通信は全く不満のない速度が出ます。

iPad Pro11(Wi-Fi6)

  • ダウンロード→54.68Mbps
  • アップロード→382.20Mbps
  • Ping→5ミリ秒

タブレットのiPad Pro11で計測しました。

同Wi-Fi6対応の機器ですが何度測ってもダウンロードのスピードが出ませんでした。

スマホに比べるとタブレットのWi-Fiは遅いのかもしれません。

それでも50Mbps以上は出ているので動画鑑賞は4Kも含めて問題無くできました。

MacBook Pro16(Wi-Fi5)

  • ダウンロード→140Mbps
  • アップロード→250Mbps

ラップトップパソコンのMacBook Pro16でも計測しました。

こちらはWi-Fi5なのでWi-Fi6通信ができません。

Wi-Fi6ルーターでも下位互換性があるので問題なく使えます。

Wi-Fi5接続でも100Mbps以上のダウンロードスピードが出ました。

Wi-Fi6対応機器を持っていない方でもWi-Fi6ルーターを購入した方が良いです

\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazonへ行く

MERCUSYS(マーキュシス)「MR70X」のライバル機種は?

MERCUSYS(マーキュシス)「MR70X」のライバル機種のライバル機種は個人的に以下の2つだと思います。

Wi-FiルータークラスではAX1800クラスになります。

エレコム WRC-X1800GSA

エレコムのWRC-X1800GSAが同じWi-Fi6ルーターです。

性能もほぼ同じで形状は縦置きなのが主な違い。

ただし推奨利用環境が戸建て+1フロア マンション+1部屋と電波の届く範囲が狭いです。(MR70X戸建て→3階建て
マンション→4LDKと圧倒的

値段もエレコムの方が高いので、MERCUSYS(マーキュシス)「MR70X」がおすすめです。

ゴーゴーシンゴ

細かいスペックは大きく劣るのでおすすめできません

TP-LinkのArcher AX23

Archer AX23は実際にレビューしております。

通信速度やIPv6 IPoE対応、ビームフォーミング機能やアンテナ本数など基本性能は同じです。

Archer AX23とMR70Xの主な違いは以下です。

MR70XArcher AX23
LANポート数3つ4つ
壁掛け不可可能
メッシュ対応不可OneMesh対応
価格(Amazon)7,200円7,800円

全体的にはArcher AX23の方が高性能です。

MR70XとArcher AX23どちらがおすすめか?

価格を重視するならMR70Xがおすすめ、LANポートが4つ必要な方はArcher AX23がおすすめです。

ゴーゴーシンゴ

Archer AX23もレビューしてますのでこちらもご覧ください

MERCUSYS(マーキュシス)Wi-Fi 6ルーター「MR70X」はこんな人におすすめ

MERCUSYS(マーキュシス)「MR70X」がおすすめな人は高性能で低価格のWi-Fi6ルーターが欲しい方です

この性能でこの価格は僕が知っている限りは最安クラスです。

もしも将来的にOneMesh構築をしたい方は、Archer AX23がおすすめです。

(まとめ)MERCUSYS Wi-Fi 6ルーター「MR70X」レビュー

以上がMERCUSYS(マーキュシス)「MR70X」のレビューでした。

日本初進出ブランドながら性能が高く、価格も低価格でコスパの良い商品でした。

アフターケアも万全で保証期間が3年間あるので日本メーカー以上に魅力を感じます。

最後にあらためてメリット・デメリットをまとめます。

メリット
デメリット
  • Wi-Fi6ルーターとして最安級
  • IPv6 IPoE対応
  • ビームフォーミング機能あり
  • 接続設定がアプリより簡単にできる
  • この価格帯では最高性能
  • 縦置きできない
  • 聞きなれないブランド
  • 周りに使ってる人が少ない
  • デザインの好みがあるかも
\年に1度のブラックフライデーセール!/
Amazonへ行く
ゴーゴーシンゴ

このルーターを購入すれば後悔しないです

Amazonでは、プライム会員向けに「プライム会員ならクレジットカードでチャージする0.5%ポイントが貯まる」キャンペーンを実施中。

5,000円以上チャージすると、チャージした金額に応じて0.5%相当のAmazonポイントが付与される。

クーポンコード:F4CP4Y5GRTY7

要エントリー。2022年12月31日までのチャージが対象となる。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よろしければシェアをお願いいたします
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント残してくれるとうれしいです

コメントする

目次