\ 最大10%ポイントアップセール! /

TP-Link Archer AX53レビュー!1万円を切るミドルクラスWi-Fi6ルーターのベストバイ

  • URLをコピーしました!

TP-LinkのWi-Fiを10台以上実際に試しているシンゴです。

すっかりとWi-Fi6ルーターが定番になりましたが、価格が高い製品が多い。

Wi-Fiって長く使うから妥協はしたくないですが、できたら価格を抑えたいところ。

価格も抑えて通信速度も速ければ言うことなしで嬉しいはず。

そんなわがままを叶える為に、TP-Link Archer AX53が発売されました。

TP-Link Archer AX53

IPv6 IPoEに対応し、最大接続数42台を誇るミドルクラスルーターです。

Wi-Fiスピードも2402Mbps (5GHz,11ax/ac/n/a,HE160) + 574Mbps (2.4GHz,11ax/n/g/b)に対応しながら1万円を切る価格で販売されるコスパの良い商品。

今回はTP-Link Archer AX53のレビューを紹介していきます。

TP-Link Archer AX53
総合評価
( 4 )
メリット
  • 価格と性能が良い
  • 一般用途では必要充分な性能
  • コンパクトながら性能はハイエンドクラス
デメリット
  • TP-Link Archer AX55と迷う
  • 上位機種との価格差がそこまでない
\最大10%ポイントアップセール!/
Amazonへ行く
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場へ行く
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングへ行く

公式サイトはこちらから

ゴーゴーシンゴ
新定番になりそうなおすすめ商品です

*商品はメーカーより提供を受けております

目次

TP-Link Archer AX53のスペック

TP-Link Archer AX53

TP-Link Archer AX53はIPv6 IPoE(IPv4 over IPv6)に対応したWi-Fi6ルーターです。

規格Wi-Fi 6
IEEE 802.11ax/ac/n/a(5GHz)
IEEE 802.11ax/n/b/g(2.4GHz)
Wi-Fi速度AX3000
5GHz:2402Mbps(802.11ax、HE160)
2.4GHz:574Mbps(802.11ax)
Wi-Fi範囲4LDK
高性能固定アンテナ×4
複数のアンテナが信号を増幅させより多くの方向と広いエリアをカバーしますビームフォーミング
クライアントに無線信号を集中させWi-Fi範囲を拡大します高性能FEM
送信パワーを改善し信号範囲を強化します
Wi-Fi性能デュアルバンド
最適なパフォーマンスを得るためにデバイスを異なる帯域へ割り当てますOFDMA
複数のWi-Fi6対応クライアントと同時に通信しますエアタイムフェアネス
帯域の過度な占有を制限することによりネットワーク効率を向上させますDFS
電波干渉の少ないDFS帯を利用できます4ストリーム
デバイスをより多くの帯域幅に接続させます
動作モードルーターモード
ブリッジモード(アクセスポイントモード)

5GHz:2402Mbps、2.4GHz:574Mbpsの合計通信速度3000Mbpsを誇る高速ルーターです。

最大接続数は42台で4LDKサイズの部屋まで対応している汎用性の高いルーター。

以下では特徴的な機能を紹介します。

合計3000Mbpsの超高速通信

  • 5GHz:2402Mbps(802.11ax)
  • 2.4GHz:574Mbps(802.11ax)

Archer AX53はデュアルバンドで2つの通信電波を発信。

5GHz帯は遮蔽物に弱いですが、高速な通信ができるのが特徴です。

ゲームなど遅延やオンライン会議など遅延が許されない場合に便利。

通常は5GHz帯を使うと性能をフルに発揮できます。

2.4GHz帯は通信速度は少し遅いですが、障害物に強く電波が回り込むので途切れづらいのが特徴です

異なる電波を発信して高速&途切れづらい

Wi-Fi6対応

Wi-Fi6の図解

最大通信速度9.6Gbps(理論値)のWi-Fi6通信に対応。

一般的な光通信の通信速度が1Gbpsなのでフルスピードでの通信が可能。

有線で繋ぐ速度以上に理論値では超光速通信ができる仕組みとなっている。

最大接続数は42台

TP-Link Archer AX53の接続台数

Archer AX53の推奨利用環境は同クラス帯の価格としてはかなり広いです。

  • 戸建て→3階建て
  • マンション→4LDK
  • 最大接続数→42台

推奨利用環境からも分かるとおり一軒家や大家族でも使用可能。

ひとり暮らしから平均的な家であればスペック的には全然問題ありません。

IPoE(IPv6)通信対応

TP-Link Archer AX53のIPv6対応状況

Archer AX53は次世代の通信のlPv6 IPoE(V6プラス)に対応しております。

これ通信各社によって方式や呼び名がそれぞれ違います。

ココがおすすめ

  • v6プラス(MAP-E)
  • transix(DS-Lite)
  • フレッツ光ネクスト(IPv6ブリッジ)

IPoE方式の説明図解

従来のPPPoE接続(プロバイダーのIDとパスワードを入力)との違いは以下です。

  • PPPoE→ネットワーク終端装置を必ず通過。通信が増えると終端装置が混雑して通信が遅くなる
  • IPv6 IPoE(V6プラス)→直接インターネット通信するのでボトルネックになる終端装置を経由しない

従来のPPPoE方式では夜間やピーク時に回線速度が遅くなる傾向がありましたが、IPv6 IPoE(V6プラス)は混雑時でも通信速度低下が起こりづらいです。

本製品はゲーミングルーターではありませんが、ゲームなどの混雑しやすい通信では特に有効だと思います。

OneMesh対応

TP-Linkの独自機能OneMeshならシームレスなネットワーク環境が構築可能。

OneMesh™中継器を組み合わせれば、近くの中継機に自動接続してくれます。

家が広かったり部屋の隅に死角ができやすい方ななどにおすすめの機能。

引っ越し予定の方や家族が増えたりする方にも拡張性があり便利です。

「OneMesh™」詳細はこちら:https://www.tp-link.com/jp/onemesh/

TP-Link HomeShieldでセキュリティもバッチリ

TP-Link HomeShieldはメーカー独自のセキュリティと便利機能です。

ポイント

  • ネットワークスキャナー→セキュリティリスクをリアルタイムで検知
  • 保護者による制限→子供に見せたくないコンテンツをブロック
  • QoS(クオリティオブサービス)→利用頻度の高いデバイスに優先的に帯域を分ける機能

これらの機能が全て無料で使えます。

個人的には無料プランで充分だと感じますが、さらにセキュリティや利用制限を強化したHomeShield Pro(有料)のプランもあります。

TP-Link Archer AX53の外観レビュー

TP-Link Archer AX53

TP-Link Archer AX53の開封レビューです。

4本の大型外部アンテナを搭載しております。

アンテナからは端末のある場所へ最適な電波を送信するビームフォーミング機能がありより遠くに安定した電波を届けます。

TP-Link Archer AX53のアンテナ

アンテナの向きは上下左右に自由自在に曲がります。

ビームフォーミングに加えて手動でアンテナの位置調整をすることで快適に電波を届けられます。

移動が多い方や部屋の形が特殊な方も対応可能です。

TP-Link Archer AX53の大きさ

大きさは横幅26センチほどと非常にコンパクトです。

だいたいiPad11インチの横幅くらいが近いと思います。

見ての通り反射の激しいボディです。

TP-Link Archer AX53

こんな感じで縦置きも可能。

机の上に壁掛けしたり自立もできますが、縦置きスタンドも購入するとより安定します。

TP-Link Archer AX53の背面ポート

背面はWANポートとギガビット(1Gbps)有線LANポートが4つ付いております。

有線ポートが豊富なのでオンラインゲームのプレイやデスクトップPCの接続にも便利です。

ちなみにUSB3.0端子はついていないので簡易NASとしては使えません。

データ保存などでNASとして使いたい場合は、上位機種のArcher AX55がおすすめです。

TP-Link Archer AX53

前面はルーター表面は状態を表すLEDインジケーターです。

通常時は緑色、異常があると赤色に点灯します。

外側からルーターの状態が確認できるので非常に便利。

付属品はLANケーブル(CATE.5E)と電源アダプターです(他に説明書や保証書など)

電源はコンパクトなので電源タップに干渉しないサイズです。

TP-Link Archer AX53の通信速度レビュー

TP-Link Archer AX53

ここからはTP-Link Archer AX53の通信速度レビューになります。

回線はソフトバンク光のマンションタイプです。

普通の環境なので参考になるかと思います。

iPhone13mini(Wi-Fi6)

  • ダウンロード→200Mbps
  • アップロード→563Mbps
  • Ping→5ミリ秒
  • ジッター→0.65ミリ秒

スマホとしてWi-Fi6対応のiPhone13miniから。

日曜日の23時過ぎの時間でしたが下りで200Mbps超え、上りは500Mbps超えで爆速でした。

Wi-Fiルーターがボトルネックで遅くなることは無いようです。

Xperia 5Ⅲ(Wi-Fi6)

  • ダウンロード→399Mbps
  • アップロード→291Mbps
  • Ping→7ミリ秒
  • ジッター→2ミリ秒

続いてはAndroid機種での測定です。

ほぼ同じ時間に測定しましたが、ダウンロードが400Mbps近く出ました。

Android機種とも相性は良さそうな印象です。

iPad Pro11(Wi-Fi6)

  • ダウンロード→65.8Mbps
  • アップロード→534.90Mbps
  • Ping→3

タブレットのiPad Pro11で計測しました。

同じWi-Fi6対応の機器ですが何度測ってもダウンロードのスピードが出ませんでした。

それでも下りでは65Mbpsとそこそこのスピードで上りは爆速でした。

もしかしたらiPadと相性が悪いのかも?しれません。

MacBook Pro16(Wi-Fi5)

  • ダウンロード→220Mbps
  • アップロード→360Mbps

ノートパソコンのMacBook Pro16でも計測しました。

こちらはWi-Fi5までしか対応しておりません。

Wi-Fi6ルーターでも下位互換性があるので問題なく使えます。

MacBook Pro16は内部のアンテナが多いためかWi-Fi6と同じくらいのスピードが出ました。

ゴーゴーシンゴ
計測して感じたのはスピードは全く問題ありません

TP-Link Archer AX53とArcher AX55の違いについて

TP-Link Archer AX53Archer AX55の主な違いはUSB3.0端子の有無と値段です。

USB3.0端子にHDDを繋げれば簡易NASとして運用可能。

USB3.0端子を使う予定のある方はArcher AX55を選ぶべきです

価格面についても Archer AX53の方が若干安いですが、Amazonのクーポンはタイムセールによっては価格が前後する可能性があります。

\最大10%ポイントアップセール!/
Amazonへ行く
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場へ行く
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングへ行く

TP-Link Archer AX53レビューまとめ

以上がTP-Link Archer AX53のレビューでした。

コンパクトなWi-Fi6ルーターながら合計3000Mbpsの速度を誇る高速ルーターでした。

同社上位機種と遜色ない通信スピードながら1万円を切る価格でコスパも最高です。

USB3.0端子がありませんが不要な方も多いと思うので、合理的なオミットかと思います。

ミドルクラスWi-Fi6ルーターとしてひとり暮らしから家族使いまで多くの方におすすめできる商品だと思います

ゴーゴーシンゴ
誰が買っても後悔しない商品だと思いました
\最大10%ポイントアップセール!/
Amazonへ行く
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場へ行く
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングへ行く

公式サイトはこちらから

関連記事
あわせて読みたい
(全部実際に使用)TP-LinkおすすめWi-Fiルーター12選!選び方と評判 こんな悩みを解決します。 テレワークやオンライン授業などで、何かと通信環境を重要視される時代。 Wi-Fiもコスパと性能の良い商品を購入するのが必須となっております...
あわせて読みたい
TP-Link 「Archer AX55」レビュー。2022年コスパ最強のWi-Fi6ルーター ティーピーリンクジャパン株式会社(TP-Link)が2021年12月16日に新しく発売したArcher AX55レビューです。 最大2402Mbps(5GHz)&574Mbps(2.4GHz)のWi-Fi6、デュア...
あわせて読みたい
TP-Link Archer AX4800 レビュー!AX73との比較やメリットを紹介 在宅ワークのWi-Fiスピードを速くしたい。おすすめの方法はないの? こんな悩みを解決いたします。 在宅ワークやテレワークによって自宅のWi-Fi環境を見直す方が多くい...
あわせて読みたい
TP-Link Archer AX72 レビュー。AX73との違いも解説 ティーピーリンクジャパン株式会社(TP-Link)が2021年12月2日に発売するArcher AX72のレビューです。 8K動画も余裕なWi-Fi6対応のデュアルバンドルーターで市場価格も1...
あわせて読みたい
TP-Link Deco X60 レビュー!ひとり暮らしでメッシュWi-Fi導入の意味は? お風呂でのYouTube鑑賞がやめられない、ゴーゴーシンゴです。 お風呂場ってWi-Fiの電波が届きづらい位置にあって、スマホのギガ不足が心配な今日この頃。 東京の一人暮...

【大人気イベントが9/27まで限定復活】Amazonお買い物現金チャージ

大人気イベントが限定復活です!

Amazonでのお買い物は、Amazonギフト券の現金チャージがお得です。

通常会員なら最大2.0%Amazonプライム会員なら最大2.5%お得にAmazonポイントが貯まります!

Amazonで1円でもお買い物するなら使わないと損します

\ エントリーしないと損 /

\ 30日間無料体験でブーストする/

一回でのチャージ金額プライム会員(おすすめ)通常会員
5,000円~1.0%0.5%
20,000円~1.5%1.0%
40,000円~2.0%1.5%
90,000円2.5%2.0%

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしてくれたら嬉しいです!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメントは保護されておりますのでお気軽にどうぞ

コメントする

目次