TP-Link Archer AX53レビュー!1万円を切るミドルクラスWi-Fi6ルーターのベストバイ

Wi-Fi

TP-Link Archer AX53レビュー!1万円を切るミドルクラスWi-Fi6ルーターのベストバイ

TP-LinkのWi-Fiを10台以上実際に試しているシンゴです。

すっかりとWi-Fi6ルーターが定番になりましたが、価格が高い製品が多い。

Wi-Fiって長く使うから妥協はしたくないですが、できたら価格を抑えたいところ。

価格も抑えて通信速度も速ければ言うことなしで嬉しいはず。

そんなわがままを叶える為に、TP-Link Archer AX53が発売されました。

IPv6 IPoEに対応し、最大接続数42台を誇るミドルクラスルーターです。

Wi-Fiスピードも2402Mbps (5GHz,11ax/ac/n/a,HE160) + 574Mbps (2.4GHz,11ax/n/g/b)に対応しながら1万円を切る価格で販売されるコスパの良い商品。

今回はTP-Link Archer AX53のレビューを紹介していきます。

公式サイトはこちらから

ゴーゴーシンゴ
新定番になりそうなおすすめ商品です

*商品はメーカーより提供を受けております

 

TP-Link Archer AX53のスペック

TP-Link Archer AX53はIPv6 IPoE(IPv4 over IPv6)に対応したWi-Fi6ルーターです。

規格 Wi-Fi 6
IEEE 802.11ax/ac/n/a(5GHz)
IEEE 802.11ax/n/b/g(2.4GHz)
Wi-Fi速度 AX3000
5GHz:2402Mbps(802.11ax、HE160)
2.4GHz:574Mbps(802.11ax)
Wi-Fi範囲 4LDK
高性能固定アンテナ×4
複数のアンテナが信号を増幅させより多くの方向と広いエリアをカバーしますビームフォーミング
クライアントに無線信号を集中させWi-Fi範囲を拡大します高性能FEM
送信パワーを改善し信号範囲を強化します
Wi-Fi性能 デュアルバンド
最適なパフォーマンスを得るためにデバイスを異なる帯域へ割り当てますOFDMA
複数のWi-Fi6対応クライアントと同時に通信しますエアタイムフェアネス
帯域の過度な占有を制限することによりネットワーク効率を向上させますDFS
電波干渉の少ないDFS帯を利用できます4ストリーム
デバイスをより多くの帯域幅に接続させます
動作モード ルーターモード
ブリッジモード(アクセスポイントモード)

5GHz:2402Mbps、2.4GHz:574Mbpsの合計通信速度3000Mbpsを誇る高速ルーターです。

最大接続数は42台で4LDKサイズの部屋まで対応している汎用性の高いルーター。

以下では特徴的な機能を紹介します。

 

合計3000Mbpsの超高速通信

  • 5GHz:2402Mbps(802.11ax)
  • 2.4GHz:574Mbps(802.11ax)

Archer AX53はデュアルバンドで2つの通信電波を発信。

5GHz帯は遮蔽物に弱いですが、高速な通信ができるのが特徴です。

ゲームなど遅延やオンライン会議など遅延が許されない場合に便利。

通常は5GHz帯を使うと性能をフルに発揮できます。

2.4GHz帯は通信速度は少し遅いですが、障害物に強く電波が回り込むので途切れづらいのが特徴です

異なる電波を発信して高速&途切れづらい

 

Wi-Fi6対応

最大通信速度9.6Gbps(理論値)のWi-Fi6通信に対応。

一般的な光通信の通信速度が1Gbpsなのでフルスピードでの通信が可能。

有線で繋ぐ速度以上に理論値では超光速通信ができる仕組みとなっている。

 

最大接続数は42台

Archer AX53の推奨利用環境は同クラス帯の価格としてはかなり広いです。

  • 戸建て→3階建て
  • マンション→4LDK
  • 最大接続数→42台

推奨利用環境からも分かるとおり一軒家や大家族でも使用可能。

ひとり暮らしから平均的な家であればスペック的には全然問題ありません。

 

IPoE(IPv6)通信対応

Archer AX53は次世代の通信のlPv6 IPoE(V6プラス)に対応しております。

これ通信各社によって方式や呼び名がそれぞれ違います。

ココがおすすめ

  • v6プラス(MAP-E)
  • transix(DS-Lite)
  • フレッツ光ネクスト(IPv6ブリッジ)

従来のPPPoE接続(プロバイダーのIDとパスワードを入力)との違いは以下です。

  • PPPoE→ネットワーク終端装置を必ず通過。通信が増えると終端装置が混雑して通信が遅くなる
  • IPv6 IPoE(V6プラス)→直接インターネット通信するのでボトルネックになる終端装置を経由しない

従来のPPPoE方式では夜間やピーク時に回線速度が遅くなる傾向がありましたが、IPv6 IPoE(V6プラス)は混雑時でも通信速度低下が起こりづらいです。

本製品はゲーミングルーターではありませんが、ゲームなどの混雑しやすい通信では特に有効だと思います。

 

OneMesh対応

TP-Linkの独自機能OneMeshならシームレスなネットワーク環境が構築可能。

OneMesh™中継器を組み合わせれば、近くの中継機に自動接続してくれます。

家が広かったり部屋の隅に死角ができやすい方ななどにおすすめの機能。

引っ越し予定の方や家族が増えたりする方にも拡張性があり便利です。

「OneMesh™」詳細はこちら:https://www.tp-link.com/jp/onemesh/

 

TP-Link HomeShieldでセキュリティもバッチリ

TP-Link HomeShieldはメーカー独自のセキュリティと便利機能です。

ポイント

  • ネットワークスキャナー→セキュリティリスクをリアルタイムで検知
  • 保護者による制限→子供に見せたくないコンテンツをブロック
  • QoS(クオリティオブサービス)→利用頻度の高いデバイスに優先的に帯域を分ける機能

これらの機能が全て無料で使えます。

個人的には無料プランで充分だと感じますが、さらにセキュリティや利用制限を強化したHomeShield Pro(有料)のプランもあります。

 

TP-Link Archer AX53の外観レビュー

TP-Link Archer AX53の開封レビューです。

4本の大型外部アンテナを搭載しております。

アンテナからは端末のある場所へ最適な電波を送信するビームフォーミング機能がありより遠くに安定した電波を届けます。

アンテナの向きは上下左右に自由自在に曲がります。

ビームフォーミングに加えて手動でアンテナの位置調整をすることで快適に電波を届けられます。

移動が多い方や部屋の形が特殊な方も対応可能です。

大きさは横幅26センチほどと非常にコンパクトです。

だいたいiPad11インチの横幅くらいが近いと思います。

見ての通り反射の激しいボディです。

こんな感じで縦置きも可能。

机の上に壁掛けしたり自立もできますが、縦置きスタンドも購入するとより安定します。

背面はWANポートとギガビット(1Gbps)有線LANポートが4つ付いております。

有線ポートが豊富なのでオンラインゲームのプレイやデスクトップPCの接続にも便利です。

ちなみにUSB3.0端子はついていないので簡易NASとしては使えません。

データ保存などでNASとして使いたい場合は、上位機種のArcher AX55がおすすめです。

前面はルーター表面は状態を表すLEDインジケーターです。

通常時は緑色、異常があると赤色に点灯します。

外側からルーターの状態が確認できるので非常に便利。

付属品はLANケーブル(CATE.5E)と電源アダプターです(他に説明書や保証書など)

電源はコンパクトなので電源タップに干渉しないサイズです。

 

TP-Link Archer AX53の通信速度レビュー

ここからはTP-Link Archer AX53の通信速度レビューになります。

回線はソフトバンク光のマンションタイプです。

普通の環境なので参考になるかと思います。

 

iPhone13mini(Wi-Fi6)

  • ダウンロード→200Mbps
  • アップロード→563Mbps
  • Ping→5ミリ秒
  • ジッター→0.65ミリ秒

スマホとしてWi-Fi6対応のiPhone13miniから。

日曜日の23時過ぎの時間でしたが下りで200Mbps超え、上りは500Mbps超えで爆速でした。

Wi-Fiルーターがボトルネックで遅くなることは無いようです。

 

Xperia 5Ⅲ(Wi-Fi6)

  • ダウンロード→399Mbps
  • アップロード→291Mbps
  • Ping→7ミリ秒
  • ジッター→2ミリ秒

続いてはAndroid機種での測定です。

ほぼ同じ時間に測定しましたが、ダウンロードが400Mbps近く出ました。

Android機種とも相性は良さそうな印象です。

 

iPad Pro11(Wi-Fi6)

  • ダウンロード→65.8Mbps
  • アップロード→534.90Mbps
  • Ping→3

タブレットのiPad Pro11で計測しました。

同じWi-Fi6対応の機器ですが何度測ってもダウンロードのスピードが出ませんでした。

それでも下りでは65Mbpsとそこそこのスピードで上りは爆速でした。

もしかしたらiPadと相性が悪いのかも?しれません。

 

MacBook Pro16(Wi-Fi5)

  • ダウンロード→220Mbps
  • アップロード→360Mbps

ノートパソコンのMacBook Pro16でも計測しました。

こちらはWi-Fi5までしか対応しておりません。

Wi-Fi6ルーターでも下位互換性があるので問題なく使えます。

MacBook Pro16は内部のアンテナが多いためかWi-Fi6と同じくらいのスピードが出ました。

ゴーゴーシンゴ
計測して感じたのはスピードは全く問題ありません

 

TP-Link Archer AX53とArcher AX55の違いについて

TP-Link Archer AX53Archer AX55の主な違いはUSB3.0端子の有無と値段です。

USB3.0端子にHDDを繋げれば簡易NASとして運用可能。

USB3.0端子を使う予定のある方はArcher AX55を選ぶべきです

価格面についても Archer AX53の方が若干安いですが、Amazonのクーポンはタイムセールによっては価格が前後する可能性があります。

 

TP-Link Archer AX53レビューまとめ

以上がTP-Link Archer AX53のレビューでした。

コンパクトなWi-Fi6ルーターながら合計3000Mbpsの速度を誇る高速ルーターでした。

同社上位機種と遜色ない通信スピードながら1万円を切る価格でコスパも最高です。

USB3.0端子がありませんが不要な方も多いと思うので、合理的なオミットかと思います。

ミドルクラスWi-Fi6ルーターとしてひとり暮らしから家族使いまで多くの方におすすめできる商品だと思います

ゴーゴーシンゴ
誰が買っても後悔しない商品だと思いました

公式サイトはこちらから

 

関連記事
(tp-link 評判)TP-LinkおすすめWi-Fiルーター12選!(全部実際に使用)

続きを見る

TP-Link 「Archer AX55」レビュー。2022年コスパ最強のWi-Fi6ルーター

続きを見る

TP-Link Archer AX4800 レビュー!AX73との比較やメリットを紹介

続きを見る

TP-Link「 Archer AX72」レビュー。AX73との違いも解説

続きを見る

TP-Link Deco X60 レビュー!ひとり暮らしでメッシュWi-Fi導入の意味は?

続きを見る

 

こちらの記事もおすすめです

2022/5/15

yeediモップステーションレビュー!QOL爆上がりのモップ洗浄まで全自動のロボット掃除機

掃除機は昔ながらのキャニスター式を使っているシンゴです。 今までロボット掃除機が気になってましたが、なんか信用できなくて食わず嫌いしてました。 すぐつっかえたり、段差から落ちそうでアホな子のイメージでした。 そんなロボット掃除機未経験の僕ですが、メーカーさんからお声がけ頂きまして試す機会が出来ました。 商品名がyeedi(イーディー)モップステーションです。 商品の特徴がモップ掛けから水洗い、乾燥までをを自動でこなす近未来を感じるロボット掃除機でした。 はじめてロボット掃除機を使いましたが、結論は最高でし ...

ReadMore

2022/3/23

PITAKA iPad Pro/Air MagEZ Case 2レビュー!Magic Keyboardも使える最強保護ケース

iPad Pro/Airの最強ケースがPITAKAより発売されました。 こんにちはシンゴです。 iPad Pro/Airを使う上で外せないのが、Magic Keyboardの存在。 文字を書くのはもちろん、マウス操作や充電機能など活躍の幅は非常に広いんです。 しかし問題になるのが、Magic Keyboardに対応するケースが少ない問題。 Magic Keyboardを使う時にいちいちケースを取り外したり、付けたりするのは非常に面倒です。 付け外しの手間を減らす画期的なアイテムが「PITAKA MagEZ ...

ReadMore

2022/5/10

OPPO Reno5Aレビュー!2021年コスパ最強の5Gスマホの決定版

OPPO Reno5A期待して無かったですが、メチャクチャ良いです。 価格も39600円で購入可能。 新規・MNPは21600円引きの18000円とさらに激安。 この金額で5G、おサイフケータイ、指紋認証、顔認証、防水と至れり尽くせりのモデルになってます。 メインでiPhone 12Proを使っているんですが、普通に乗り換えを検討するほど快適でした。 その時のTwitterが以下。 OPPO Reno5A結構いいですね これは全国民におすすめしたいレベル pic.twitter.com/rd5MhRV74 ...

ReadMore

2022/4/14

【2022年】iPhoneにおすすめのアクセサリー・周辺機器(iPhone13対応)

こんにちは、iPhone12 Proユーザーのゴーゴーシンゴです。 先日iPhone12 Proの徹底レビューをしました。 iPhoneは単独で使うよりも様々な周辺機器やアクセサリーと組み合わせると何倍も便利で快適になります。   そこで今回はiPhoneにおすすめのアクセサリー・周辺機器をお伝えいたします。(iPhone13対応) ゴーゴーシンゴどれもガジェットマニアが厳選しておすすめする商品ばかりです。ぜひ最後まで見てね   ココがポイント Anker PowerPort III ...

ReadMore

2022/3/1

【レビュー】HyperX Solocast はコスパ最強の単一指向性USBマイク

評価おすすめ HyperX Solocast小さいのに音質めっちゃ良い! HyperXより3/1に発売されたUSBコンデンサーマイクSolocast。 価格は7980円。 このマイクのスゴイ所は低価格、コンパクト、音質良しとコスパ最強のマイクとなっている。 在宅ワークやテレワーク、ゲーム配信などマイクデビューにピッタリな商品と言えるだろう。 こんな方におすすめ コンパクトで音質の良いコンデンサーマイクを探している 在宅ワーク、テレワークで使えるコスパの良いマイクが欲しい ゲーム配信や実況で使えるカッコいい ...

ReadMore

2022/1/24

【ポートレート】おすすめRFマウントレンズ!ポトレ作例付きで現役カメラマンが解説

困ってる人RFマウントレンズでおすすめのレンズが知りたい   こんな悩みを解決いたします。 作例も豊富に紹介しております。   この記事を読めばポートレートにバッチリなRFレンズが全て分かりますよ。   ゴーゴーシンゴポートレート撮影歴8年の僕が超おすすめレンズを紹介します   【作例付き】ポートレートで使いたい!おすすめRFマウントレンズ ポートレートで使いたい、RFレンズのおすすめランキングを紹介いたします。 どれも素晴らしいレンズばかりですので、ぜひ最後まで見 ...

ReadMore

2022/5/1

【デスクツアー】ガジェットブロガーおすすめする在宅ワークに便利なアイテム27選

困ってる人在宅ワークしているけど自分に合ったデスク用品がわからないよ   今回は会社員ブロガーの愛用するオススメガジェットをご紹介いたします!ゴーゴーシンゴ   この記事でわかる事 ・在宅ワーク会社員兼ブロガーがオススメするガジェット ・実際に使って肩や目の疲れに効果があった物 ・効率的にリモートワークを進められる安くてコスパの良い物   テレワークリモートワークを快適・便利にするガジェット27選 ここではブロガーが愛用するテレワーク・リモートワークを快適にする便利ガジェット ...

ReadMore

Amazon購入で損したくない方へ

 

Amazonで1円でも損したくないなら

Amazonの通貨でもあるAmazonギフト券の購入チャージをおすすめします。

現金でチャージするたびチャージ額 x 最大2.5%分のポイントがもらえます。

Amazonプライム会員30日間無料登録なら使わないと損しますよ!

まとめてチャージがお得

Amazonギフト券をチェックする

最短1分で完了

期限は10年なので使い切れない心配なし

期間限定開催

Kindle Unlimitedキャンペーン 2ヶ月99円で利用可能!1,861円もお得になります!!

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゴーゴーシンゴ

ガジェットブロガー、評論家 ▷カメラとガジェット、スマホ大好きなガジェッター ▷ガジェットレビューが中心 ▷元カメラメーカー勤務でポートレートカメラマン ガジェットのレビュー依頼受付中です(お問い合わせからお気軽にどうぞ)

-Wi-Fi
-