【お願い】ゴーゴーシンゴのブログで指名検索してくださいね!

AirPods Pro Max比較!AirPods Proとどちらを買うべきか?

AirPods ガジェット

AirPods Pro Max比較!AirPods Proとどちらを買うべきか?

2020年12月8日にAppleから突如AirPods Pro maxが発売された。

Appleブランドとしては初のオーバーイヤー型のヘッドホンである。

大きさもさることながらお値段もMaxの税込で約70000円近い高級ヘッドホンである。

 

そこで気になるのがAirPods Pro MaxとAirPods Proならどちらを買えばよいのかという点だ。

機能や価格差などをチェックしてどちらを買えばいいのか考察していきたい。

*ちなみに本記事執筆時はまだAirPods Pro Maxは発売されていない

この記事はこんな方におすすめ

  • AirPods Pro Maxが気になっている
  • AirPods Proも欲しい
  • AirPods Pro MaxとAirPods Proどちらを買うか悩んでいる
ゴーゴーシンゴ
ぜひ最後まで読んでくださいね!

 

AirPods Pro MaxとAirPods Proのスペックの違い

AirPods Pro MaxとAirPods Proのスペックまとめは以下です。

製品名アップル AirPods Maxアップル AirPods Pro
発売日2020年12月15日2019年10月30日
価格6万1800円(税抜き)2万7800円(税抜き)
チップH1ヘッドフォンチップ(各イヤーカップ)H1ベースのSiP(System in Package)
タイプオーバーイヤー型カナル型(密閉型)
マイク合計で9つのマイク: アクティブノイズキャンセリングの8つのマイク、音声を拾う3つのマイク(2つはアクティブノイズキャンセリングと共用、1つは追加マイク)、各イヤーカップに3つの外向きマイク、内側に1つのマイク、ビームフォーミングマイクロフォンデュアルビームフォーミングマイクロフォン、内向きのマイクロフォン
デュアル光学センサー
加速度センサー動きを感知する加速度センサー、音声を感知する加速度センサー
対応センサーポジションセンサー、ケース検知センサー、ジャイロスコープ(左イヤーカップ)感圧センサー
ノイズキャンセリング「アクティブノイズキャンセリング」と「外部音取り込みモード」を切り替え可能
共通機能アダプティブイコライゼーション(低音域と中音域をリアルタイム調節)、ダイナミックヘッドトラッキングを持った空間オーディオ
オーディオテクノロジーAppleが設計した40mm口径のダイナミックドライバ(デュアルネオジムリング磁石モーター)専用の高偏位Appleドライバ(優れた低音と中高音域オーディオ)、均圧のための通気システム、専用のハイダイナミックレンジアンプ(クリアなサウンド)
コントロールDigital Crown: 回して音量調節、1回押して再生、一時停止、電話に応答、2回押して次の曲にスキップ、3回押して前の曲にスキップ、長押しでSiriを起動1回押して再生・一時停止・電話に応答、2回押して次の曲にスキップ、3回押して前の曲にスキップ、長押しでアクティブノイズキャンセリングと外部音取り込みモードを切り替え
Hey Siri
防水性能耐汗・耐水性能(IPX4)
本体のバッテリー1回の充電で最大20時間の再生時間(アクティブノイズキャンセリングと外部音取り込みモードON時)、1回の充電で最大20時間のムービー再生(空間オーディオON時)、1回の充電で最大20時間の連続通話時間1回の充電で最大4.5時間の再生時間(アクティブノイズキャンセリングと外部音取り込みモードOFF時は最大5時間)/最大3.5時間の連続通話時間
バッテリーケース「AirPods Max」を「Smart Case」に収めると超低電力状態でバッテリー充電が長持ちWireless Charging Case: 24時間以上の再生時間、18時間の連続通話時間
充電5分間の充電で約1.5時間の再生時間充電ケースでの5分間の充電で約1時間の再生時間/約1時間の連続通話時間
充電ケースLightningコネクタに対応LightningコネクタとQi規格の充電器に対応
Bluetooth5.0
その他オンヘッド検知機能、ニットメッシュ素材のキャノピー、ステンレススチール製フレームのヘッドバンド、イヤークッションの形状記憶フォーム付属されている「シリコーン製イヤーチップ」3サイズ(スモール、ミディアム、ラージ)を付け替えて耳の装着感をカスタマイズ可能
同梱物AirPods Max、Smart Case、Lightning - USB-Cケーブル、マニュアルAirPods Pro、Wireless Charging Case、Lightning - USB-Cケーブル、マニュアル
カラーシルバー、スペースグレイ、スカイブルー、ピンク、グリーンホワイト
本体高さ: 187.3mmx幅: 168.6mmx厚さ: 83.4mm、質量: 384.8g高さ: 30.9mmx幅: 21.8mmx厚さ: 24mm、質量: 5.4g
充電ケース質量: 134.5g高さ: 45.2mmx幅: 60.6mmx厚さ: 21.7mm、質量: 45.6g

大きく分けて違いは以下だと思います。

ココがポイント

  • 形状の違い
  • 値段が約2倍違う
  • 内臓マイクの数が9つと2つ
  • 音量コントロールがデジタルクラウンで可能
  • 大きさが全然違う

基本的にヘッドホンとイヤホンの比較になるので製品事態が違いますが、共通している部分も多いです。

現時点では発売前なので音質などは不明ですが、値段を見ると躊躇してしまいますね。

 

AirPods Pro Maxの良いと感じた3つの点

apple_airpods-max_pairing_12082020

AirPods Pro Maxが良いなと感じた点は以下でした。

  1. Apple純正のオーバーイヤーヘッドホン
  2. マイクが9つもある
  3. 音量コントロールをデジタルクランで可能

良いと感じた点1 Apple純正のオーバーイヤーヘッドホン

今までBeatsブランドのヘッドホンはありましたが、Apple純正のヘッドホンは初となります。

やはりApple信者なら欲しくなりますよね。

しかもBeatsブランドのヘッドホンがあるのに、あえてAppleがヘッドホンを発売するのは相当な自信があるからだと思います。

音質やApple機器との連携の使いやすさなどかなり凄い事が予想されます。

Apple製品だから買うってのも当然ありですね。

 

良いと感じた点2 マイクが9つある

AirPods Pro Maxはマイクが9つもあります。

AirPods Proは2つのマイクです。

おそらくノイズキャンセリング性能は相当高いと思います。

また、zoomなどの通話も超クリアにできるかもしれません。

 

良いと感じた点3 音量コントロールをデジタルクラウンで可能

AirPods Proは音量調節はiPhoneなどからしかできませんでした。

一方AirPods Pro Maxはアップルウォッチでも採用されているデジタルクラウンが搭載されており、音量調節をヘッドホン単体から操作が可能です。

高性能なヘッドホンに快適な操作性が加わっているのは使い勝手も良さそうですね。

 

AirPods Pro Maxの微妙だと思った3つの点

apple_airpods-max_smart-case-blue_12082020

AirPods Pro Maxの微妙だと思った点は以下です。

  1. 値段高すぎ
  2. 重量重すぎ
  3. 誰向けの商品かわからない

微妙な点1 値段高すぎ

値段は税込で約70000円です

笑うしかないこの価格。

もちろん高級ヘッドホンなら10万以上するのは当たり前ですが、あくまでもAppleの一般用途のヘッドホンでの価格です。

この価格ですと最新のiPad Air4と価格は1000円しか変わりません。

ちょっと買えない値段ですよね。

 

微妙な点2 重量重すぎ

重量は384gです。そして専用ケースは134g。

合わせて500g以上です。

ペットボトルより重いですね。

持ち運びにはかなり苦労するヘッドホンです。

また、ヘッドホン単体もかなり重いため頭が疲れると予想されます。

外国人向けですよね。

 

微妙な点3 誰向けの商品かわからない

普通のオーディオマニア向けのヘッドホンではなく、あくまでもiPhoneやMacで聞くために作られてヘッドホンだと思います。

いくらヘッドホンの性能が良くてもiPhoneで音楽を聞いても大して高音質にはなりません。

戦略的に誰に向けて作ったのかわからない高額商品になってしまってる気がしてます。

 

結論 僕は2020年の年末いまさらながらAirPods Proを買いました

AirPods Pro Maxの発表を見て「これは自分には合わない」と思って、すぐにAirPods Proを購入いたしました。

購入して感じた点は「めちゃくちゃ便利」です。

つけ心地やノイキャンの性能も良く、ずっと付けていても快適に使う事ができてます。

おそらくiPhoneユーザー全員が持っていたら良いレベル。

実際に良かった点をレビューいたします。

 

2021年のいまさらながらAirPods Proを購入して5つの良かった点

AirPods Proを購入して良かった点は以下でした。

  1. ノイキャンやべえ
  2. 空間オーディオ最高
  3. つけ心地文句なし
  4. ワイヤレス充電便利
  5. 通話がしやすい

順番にご紹介していきますね。

 

良かった点1 ノイキャンやべえ

ノイキャン性能は予想以上に良かったです。

耳に付けた2秒後くらいから静寂が広がります。

以前にソニー SONYWH-1000XM3のノイズキャンセリングヘッドホンを持っていましたが、性能はソニー以上と感じました。

また、音楽をかけずにノイズキャンセリングオンにして、デジタル耳栓にする使い方もお気に入りです。

 

良かった点2 空間オーディオ最高

使えるアプリは限定されますが、iOS14から使えるようになった空間オーディオ機能はは最高です。

Apple TV+でAirPods Proの対応動画を見ましたが、四方八方から音が飛んで来て立体的な音にビビりました。

マジでやばかったのでこれだけでも買う価値はあります。

 

良かった点3 つけ心地文句なし

AirPods Proのつけ心地は文句なしで最高です。

走っても外れる心配は無いレベル。

僕は以前にAirPods(うどん)を購入した事があったのですが、耳から外れてしまい外では使えませんでした。

AirPods ProならAirPodsが合わなかった人でも合う人が多いと思います。

 

良かった点4 ワイヤレス充電便利すぎ

ワイヤレスイヤホンの不便な点はいちいち充電しないといけないとこです。

ケーブル充電だとコード刺したりするのって毎日やると面倒。

AirPods Proはワイヤレス充電に対応してるので、帰宅したら充電パッドの上に放置しとけば良いので楽です。

AirPods Pro買ったら絶対にワイヤレス充電器を買った方が良いです。

おすすめはアンカーが安くて使いやすいですね。

 

ゴーゴーシンゴ
AirPods Pro Maxはワイヤレス充電できないから不便だよね

 

良かった点5 通話がしやすい

AirPods Proだと通話がしやすいです。

特に外で騒音の大きい所だとノイズを消してくれて相手の声がクリアに聞こえました。

また相手も自分の声が綺麗に聞こえていると言っていました。

マイク性能もかなり高いようです。

テレワークやzoom会議でも大活躍すると思います。

 

AirPods Proの微妙だった点は値段が少し高いところ

なぜ、AirPods Proがこんなにいいのか? 仕組みを解説しよう | flick!

 

AirPods Proの性能や便利さには非常に満足してます。

ただ値段が少し高いですね。

定価だと税込で約30000円です。

2万円くらいだったら嬉しいですが・・。

まあ、買ってしまえば便利さに満足すると思います。

 

噂レベル AirPods Pro2(仮)が2021年上半期に登場するかもしれない・・・。

AirPods Proを2021年のいまさら買うのをためらっている方は以下の噂が気になっているのではないでしょうか?

AirPods Pro2(仮)がもうすぐ発売するかもしれない・・。

この噂が怖くて買えない方は、今までのリークや予想情報からどんなスペックになるか紹介しますね。

ココに注意

あくまで予想ですのであしからず

 

AirPods Pro3の噂

  • AirPods Proよりも充電ケースは小さくなる
  • イヤホン本体の軸の部分も短くなる
  • おそらくノイキャンは付かない
  • 値段は少しだけ安くなる

 

この噂通りにいくならコンパクトはAirPods Proになりそうです。

カナル型のAirPodsと言えばいいかもしれませんね。

1番重要なノイキャンが付かないらしいので2021年のいまさらでもAirPods Proを買っても問題ないかと思ってます。

ゴーゴーシンゴ
Apple製品は欲しい時が買い時です

 

AirPods Pro購入で迷ったライバル機種

僕は以下の機種でAirPods Pro購入を迷いました。

どの機種も優れており1ヶ月近く悩んでました。

 

AirPods Proのライバル機種 Jabra Elite 85t

ココがおすすめ

  • 2020年最新モデル
  • ノイキャンあり
  • 高音質
  • ロングバッテリー
  • ワイヤレス充電対応
  • 値段も安い

とにかく評判が良かったのが、Jabra Elite 85t。

Air Pods Proよりも全然良いとのレビューも多く、かなり迷いました。

あとデザインもカッコいい。

今でもJabra Elite 85tを欲しいと思ってます(笑)

 

AirPods Proのライバル機種 ソニー WF-1000XM3

ココがおすすめ

  • 安心安全のソニー
  • ハイレゾ対応
  • 音質は1番いい
  • つけ心地もかなり良い

とにかく音質が良かったのがWF-1000MX3です。

ソニーお得意のハイレゾはAir Pods Proにはマネの出来ない芸当。

またつけ心地も大変よくかなり迷いました。(多分どっちか買ったら両方欲しくなるやつ)

 

AirPods Proのライバル機種 オーディオテクニカ ATH-ANC300TW

ココがおすすめ

  • 安心のオーテクサウンド
  • 音質はクリアで良い味付け
  • マイクメーカーだけあって通話品質はめっちゃ良い
  • 値段は安いながらノイキャン対応のハイコスパ

オーテクは好きで以前にもワイヤレスイヤホンのレビューをしておりました。

今回も大好きなオーテクのノイキャンモデルがあったのでかなり迷いました。

以前のレビューはこちらにあります。

 

AirPods Proを最安で購入する方法

楽天市場】アキバ・大阪日本橋・名古屋に店舗有り。創業20年以上のイオシスです:中古スマホとタブレットのイオシス[トップページ]

AirPods Proを最安で購入するなら「イオシス」がおすすめです。

中古商品も多いですが、新品も定価よりも安く購入する事ができます。

例えば未使用品が27800円と大体10パーセントオフで購入可能。

安く買いたい方は必見です。

さらに詳しく

 

まとめ AirPods Pro MaxよりAirPods Proのほうがおすすめ

現時点では高すぎるAirPods Pro MaxよりもAirPods Proのほうがおすすめです。

差額の3万円でiPadやアップルウォッチを買った方が幸せになれると思います。

もちろんApple信者なら迷わず購入しましょう(笑)

 

AirPods Proの最安購入はイオシスですが、不安な方はAmazonなどの購入もおすすめです。

以上になります。

 

以下もおすすめの記事なのでぜひ読んでください。

【2021年】MacBookPro16レビュー!在宅ワークならM1よりおすすめ

続きを見る

関連記事
【レビュー】V-MORO AirPods Pro ケースカバー:ファブリック素材が上質すぎる

続きを見る

関連記事
【Belkin MagSafe 3-in-1ワイヤレス充電器レビュー】iPhone・AirPods・Apple Watchの同時充電可能なスタンド

続きを見る

 

関連記事

お得に買いたい方へ

Amazonで1円でもお得に買い物するなら

Amazonの通貨でもあるAmazonギフト券の購入チャージをおすすめします。

現金でチャージするたびチャージ額 x 最大2.5%分のポイントがもらえます。

Amazonプライム会員30日間無料登録なら使わないと損しますよ!

                 

まとめてチャージがお得

Amazonギフト券にチャージする

今すぐ申し込む

初回1000ポイントキャンペーン開催中

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゴーゴーシンゴ

ゴーゴーシンゴのブログ編集長 ▷カメラとガジェット、スマホ大好きなWebライター ▷ライター専門のオンライン講座「Writing Hacks」卒業生 ▷ブログ実績 Amazon単月売り上げ 91万 WEBの稼ぎ方と本当に使って良かった物だけを紹介するブログ ガジェットのレビュー依頼受付中です

-AirPods, ガジェット
-, ,