\ 年に1度のブラックフライデーセール! /

まだスマート電球導入してないの?TP-Link Tapo L530Eレビュー

  • URLをコピーしました!
ゴーゴーシンゴおすすめのお得情報

対象者限定Amazon music Unlimitedが3ヶ月無料(1億曲以上聞き放題)

12/26までAmazonの聞く読書が2ヶ月無料+100ポイント

Kindle Unlimited 2ヶ月99円|本や雑誌が読み放題

チェック
ゴーゴーシンゴ
「OK Googleスマートランプを付けて」

スマートホーム化生活においてなくてはならないのがスマートランプ

形は通常の電球と同じながら、電球のオンオフはもちろん色の変更や明るさまで変更が可能

しかも音声操作にも対応している優れもの。

*AmazonのAlexaにも対応してます

スマートランプの音声操作便利すぎて生活変わるで! pic.twitter.com/4M2XzII2da

— ゴーゴーシンゴ@ガジェットブロガー (@TOf1n) October 7, 2021

今回はTP-Linkから発売されているTapo L530Eのレビューです。

こんな方におすすめ

  • 音声で操作できるスマートランプをお手軽に導入したい
  • ランプのオンオフをスマホで操作したい
  • お金をかけずにスマートホームを作りたい

こんな方にはおすすめの商品になります。

白・青・緑・赤・黄といった色への変更も簡単にできます。

お値段も2000円と非常にリーズナブルなので、家全体を予算をかけずにスマートホーム化が可能。

TP-Link Tapo L530E
総合評価
( 5 )
メリット
  • 自動調光が便利
  • 色が変えられて楽しい
  • 音声コントロールが便利
デメリット
  • 普通の電球に比べれば高い
ゴーゴーシンゴ
面倒なスイッチ操作から開放されたい方におすすめですよ

Tapo L530E公式サイト

*本製品はメーカーより提供を受けております

目次

TP-Link Tapo L530Eの外観とスペックレビュー

TP-Link Tapo L530E

Tapo L530Eはマルチカラー対応のスマートLEDランプです。

マルチカラーで1600万色の中から明るさや色温度を調整可能。

パッケージにはGoogleホームとAmazonのAlexa対応が書かれております。

TP-Link Tapo L530E

中身ですが、なんてことはない普通の電球が入っております。

規格はE26電球に互換性があります。

一般的な電球ソケットに入ると思ってもらえれば大丈夫です。

見た目は普通ですがWi-Fi接続や調光機能などが詰め込まれてるのがびっくりです。

TP-Link Tapo L530Eの設定の重さ

高機能な電球だから重いんでしょって、思うかもです重さは77gでした。

普通の電球と変わらないくらいです。

TP-Link Tapo L530Eの設定の大きさ

家にあったE26電球と大きさを比べました。(左 Tapo L530E)

大きさも普通の電球と変わりません。

なんでなの?って感じですが、凄い技術力ですね。

ゴーゴーシンゴ
どんな家具でも互換性があるから心配無用でした

 GoogleTP-Link Tapo L530Eの初期設定方法

TP-Link Tapo L530Eのセットアップはスマホのアプリで簡単に出来ます。

TP-Link Tapo
TP-Link Tapo
開発元:TP-LINK
無料
posted withアプリーチ

iPhoneもAndroidもどちらも対応しているので安心してください。

初期設定について簡単に紹介しますね。

最初にアプリのダウンロードとTP-Link IDの登録を済ませておきましょう。

step
1
+を押してデバイスを追加する

TP-Link Tapo L530Eの設定

step
2
デバイスを追加する

ここでは接続するデバイスを選びます。

画像で表示されるので分かりやすいと感じました。

TP-Link Tapo L530Eの設定

step
3
電球を設置する

ソケットにTapo L530Eを取り付けます。

電球を取り付けると、Tapo L530Eが3回点滅します。

TP-Link Tapo L530Eの設定

step
4
スマートランプのWi-Fiに接続する

アプリの指示に従っていくとスマートランプに接続します。

SSIDは「Tapo_Bulb〜_」のWi-Fiを選べば大丈夫です。

TP-Link Tapo L530Eの設定

step
5
自宅のWi-Fiに接続する

ここでは自宅のWi-Fiにスマートランプを接続します。

スマートランプなのでWi-Fi接続は必須になりますのでご注意ください。

step
6
スマートランプに名前を付ける

不思議かと思いますがスマートランプに名前を付けます。

あらかじめプリセットが用意されているので、場所の名前を付けると覚えやすいと思います。

もちろんペットみたいな名前を付けてもOKです(笑)

TP-Link Tapo L530Eの設定

step
6
設定完了

以上で設定完了です。

アプリの指示に従っていけば機械オンチでも簡単に設定できますよ。

TP-Link Tapo L530Eの設定

TP-Link Tapo L530Eの音声コントロールの設定方法

TP-Link Tapo L530Eの音声認識設定のGoogle音声設定

ここでは音声コントロールの設定方法を紹介します。

僕が使っているのは、Google Nest Hub(Google HOME)になります。

AmazonのデバイスAlexaも同様かと思いますので参考にしてくださいね。

step
1
スマートスピーカーを選ぶ

最初にタブから「私」を選びます。

私にある「音声コントロール」を選ぶと以下の画面となります。

TP-Link Tapo L530Eの音声認識設定

ここでAmazon AlexaかGoogleアシスタントのどちらかを選びます。

step
2
音声アシスタントと連携する

ここでは選んだ音声アシスタントのアカウントと連携します。

GoogleアシスタントはGoogle HOMEアプリと連携して使えます。

TP-Link Tapo L530Eの音声認識設定

step
3
設定完了

音声アシスタントと連携したら設定完了です。

TP-Link Tapo L530E

TP-Link Tapo L530Eのアプリでできること

ここではアプリでできることを紹介しますね。

スマートランプだけあって、スマホから操作が可能です。

1 ランプのオンオフ

TP-Link Tapo L530Eのランプのオンオフ

スマートランプなのでアプリから電気のオン・オフが出来ます。

僕は物理スイッチ式でオンオフしてましたが、スマホからも電気を消したり付けたりすることが出来ました。

後述しますが、音声でも出来ますよ。

2 ランプの色を変えられる

TP-Link Tapo L530Eのランプの色変更

マルチカラーだけあってランプの色はさまざまに変更できます。

代表的な色はプリセットになっており、ボタンを押すと色が変わります。

↑青色

↑赤色

↑黄色

↑緑色

ライトの色を変えるのはめっちゃ楽しいです。

デスクライトで使ってますが、デスクの雰囲気が変わるので気分転換になります。

例えば、青は集中できる色らしいので照明効果は結構あると思います。

3 ランプの色温度と明るさ変更

TP-Link Tapo L530Eの色温度変更とランプの色f

ランプの明るさは0%〜100%まで変更出来ます。

Amazonのレビューで100%でも暗いとありましたが、全然暗くなかったです。

僕はだいたい半分くらいの明るさで使っております。

色温度は2500〜6500kの範囲で変更可能。

カメラやってる方ならケルビンはお馴染みですが、数字が上がると暖色になります。

お好みで蛍光灯や電球色に変更できるので便利です

4 自動調光機能

TP-Link Tapo L530Eの自動調光機能

ちなみに電球の色の調整なんて分からないって方の為に、自動調光機能がついてます。

  • 自動補正→色温度を調整して自然光の不足を補う。廊下や屋外に最適
  • 自動調整→自然光に合わせて色温度を自動で調整。屋内の仕様に最適

僕は自動調整がデスクで使っていて便利だと感じました。

朝〜昼〜夜にかけて色温度が自動で変わってくれるので、体内時計の調整に役に立ちそうです。

5 おでかけモード

TP-Link Tapo L530Eのおでかけモード

Tapo L530Eはおでかけモードが搭載されております。

設定した日時にランダムで電気をオン・オフするモードのこと。

何が便利ってひとり暮らしや旅行中などで不在を悟られない為の機能になります。

女性のひとり暮らしのセキュリティー対策にも役にたつと思います。

6 スケジュール機能

TP-Link Tapo L530Eのスケジュール機能

スケジュール機能は消められた時間に自動でランプをオン・オフする機能になります。

僕が使って便利だと感じたのが消灯時間を設定すること。

毎日夜更かしになってしまうので、電気を強制オフにして睡眠時間の確保に努めております。

もちろん朝起きる時間に合わせて、電気をオンにすれば目覚まし光としても使えますよ。

音声コントロールでできること

Tapo L530Eの音声コントロールでできることは冒頭のTwitterで紹介したのがほんの一例です。

スマートランプの音声操作便利すぎて生活変わるで! pic.twitter.com/4M2XzII2da

— ゴーゴーシンゴ@ガジェットブロガー (@TOf1n) October 7, 2021

基本的にアプリと同じようにさまざまなことが出来ます。

以下が音声コントロールでできることです(一例)

  • ランプのオン・オフ
  • ランプの色を変える
  • ランプの光量を変える(ランプを○○%にして)
  • ただいまでランプを付ける
  • おはようでランプを付ける
  • おやすみでランプを消す 等

音声で便利なのが、一度にランプを全て付けたり消したりすることができることです

僕は「ただいま」と言うと、全てのスマートランプが点灯するように設定してます。

個別の電気を付けたい場合は、「デスクライトと付けて」などと限定すると任意のライトを操作できます。

ゴーゴーシンゴ
初期設定で紹介したライトの名前が大事になるよ

TP-Link Tapo L530Eレビューまとめ

以上が、TP-Link Tapo L530Eレビューまとめでした。

TP-Linkのスマートランプの良いところは、フィリップスのHueシリーズのように別売りのハブが不要な点です。

既存の AlexaやGoogleアシスタントと連携するので、初期費用も安く導入できます。

気になる電気代も1日3時間(27円/kWh)使って、1年間で約266円だそうです。

寿命も1日3時間使って約22.8年と驚異的に長さです。

こんな高機能な商品がたった2000円で手に入るのは安いですよ

面倒なスイッチから解放されて、これからはカラフルな電球で生活を明るくしてみませんか?

マルチカラーが不要って方にはさらにお得な電球色タイプもあります。

Tapo L530E公式サイト

ゴーゴーシンゴ
スマートホームライフめちゃくちゃ便利ですよ
あわせて読みたい
2021年買って良かったハイテクガジェットトップ15。ベストバイとワーストバイ ガジェットブロガーのゴーゴーシンゴです。 2021年もさまざまな商品が発売されて多くの散財をしました。 ここで自戒の意味も込めまして、【ベストバイ】2021年買って良...
あわせて読みたい
【2021年上半期ベストバイ】買って良かったハイテクガジェットトップ10 この記事を書いている時点で2021年も6月が過ぎ去ろうとしてます。 ガジェットブロガーと称して、今年もたくさんのガジェットを購入しました。 今回は2021年の散財の振り...
あわせて読みたい
(デスクツアー)苦節3年をかけて作り上げたガジェットブロガーのテレワーク環境 在宅ワークがメインのガジェットブロガーのシンゴです(@go5shingo) ここ最近はすっかりと定着したテレワークですが、我々ブロガーは毎日が自宅の作業。 言わば自宅で...
あわせて読みたい
TP-Link Archer AX4800 レビュー!AX73との比較やメリットを紹介 在宅ワークのWi-Fiスピードを速くしたい。おすすめの方法はないの? こんな悩みを解決いたします。 在宅ワークやテレワークによって自宅のWi-Fi環境を見直す方が多くい...
あわせて読みたい
(全部実際に使用)TP-LinkおすすめWi-Fiルーター14選!選び方と評判 こんな悩みを解決します。 テレワークやオンライン授業などで、何かと通信環境を重要視される時代。 Wi-Fiもコスパと性能の良い商品を購入するのが必須となっております...

Amazonでは、プライム会員向けに「プライム会員ならクレジットカードでチャージする0.5%ポイントが貯まる」キャンペーンを実施中。

5,000円以上チャージすると、チャージした金額に応じて0.5%相当のAmazonポイントが付与される。

クーポンコード:F4CP4Y5GRTY7

要エントリー。2022年12月31日までのチャージが対象となる。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よろしければシェアをお願いいたします
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント残してくれるとうれしいです

コメントする

目次