【お願い】ゴーゴーシンゴのブログで指名検索してくださいね!

TP-Link Archer AX4800 レビュー!AX73との比較やメリットを紹介

Wi-Fi ガジェット

TP-Link Archer AX4800 レビュー!AX73との比較やメリットを紹介

困ってる人
在宅ワークのWi-Fiスピードを速くしたい。おすすめの方法はないの?

こんな悩みを解決いたします。

 

在宅ワークやテレワークによって自宅のWi-Fi環境を見直す方が多くいると思います。

回線スピードがボトルネックになっている原因として、Wi-Fiルーターが古いままでスピードが出ないことが多くあります。

手っ取り早い方法として、無線Wi-Fiの見直しが必要かもしれません。

 

今回は2021年8月12日にTP-Linkより発売されましたArcher AX4800 をレビューいたします。

特徴として従来のPPPoE規格に比べて、夜間や混雑時でも接続が遅くなりづらいIPv6 IPoE規格を採用した端末になっております

こんな方におすすめ

  • 在宅ワークやテレワークの回線環境を改善したい
  • コスパの良いWi-Fi6ルーターが欲しい
  • Archer AX73との違いを知りたい

こんな方は参考になるかと思います。

最初に結論ですが、Archer AX4800で爆速で快適なWi-Fi環境が構築できました。

Archer AX73と迷っている方もぜひ読んでください。

TP-Link Archer AX4800公式サイト

*本製品はメーカーより提供を受けております。

 

TP-Link Archer AX4800のスペックについて

アンテナトゲトゲでかわいいw

Archer AX4800のスペックは以下です。

ワイヤレス規格IEEE 802.11ax/ac/n/a 5GHz,
IEEE 802.11ax/n/b/g 2.4GHz
Wi-Fi速度5GHz: 4324Mbps (802.11ax,HE160),
2.4GHz: 574Mbps (802.11ax)
プロセッサー1.5GHz トリプルコアCPU
Wi-Fi暗号化WPA,WPA2,WPA3,
WPA/WPA2-Enterprise (802.1x)
ゲストネットワーク5GHz ゲストネットワーク x1,
2.4GHz ゲストネットワーク x1
インターフェイス1Gbps WANポート x1,
1Gbps LANポート x4,
USB 3.0ポート x1
アンテナタイプ高性能固定アンテナ x6
プロトコルIPv4,IPv6
サービスキットHomeShield
保証期間3年間

理論値4800MbpsのWi-Fi6に対応

Archer AX4800は名前の通り合計ストリーミング理論値が4800Mbpsに対応しております。

  • 5GHz: 4324Mbps
  • 2.4GHz: 574Mbps

5GHz帯は非常に高速でiPhoneやAndroidなどの高速通信の性能をフルに活かすことができます。

5GHz帯の弱点として障害物に弱く、電波が回り込みづらい特徴があります。

部屋の環境によって2.4GHz帯を使うことによって電波の入りづらい状況でも快適にインターネットを楽しめるかと思います。

ココがポイント

  • 普段は高速な5GHz帯で通信
  • 電波の入りづらい部屋は2.4GHz帯を使う

ゴーゴーシンゴ
2.4Ghz帯でも充分に高速通信ができる性能になっております

 

6ストリーム対応

ストリーム数とは電波の通り道が6つあるということです。

アンテナも6本あります。

ストリーム数は道路に例えると分かりやすいかと思います。

2車線の道路よりも4車線の道路の方が流れがスムーズなはずです。

Archer AX4800は6つの外部アンテナを搭載し、ビームフォーミング(機器に電波を狙い撃ち)する技術が使われております

 

IPv6プラス(IPoE)対応

AX73 IPoE

Archer AX4800は混雑時に強いIPv6 IPoE(V6プラス)による接続にも対応しています。

従来のPPPoE接続(プロバイダーのIDとパスワードを入力)との違いは以下です。

  • PPPoE→ネットワーク終端装置を必ず通過。通信が増えると終端装置が混雑して通信が遅くなる
  • IPv6 IPoE(V6プラス)→直接インターネット通信するのでボトルネックになる終端装置を経由しない

PPPoE方式でネットが遅くなる原因として夜間の混雑時に劇的に通信が遅くなることがあります。

Archer AX4800はIPv6 IPoE(V6プラス)方式で通信ができるので、混雑時でも快適に通信ができます

ココに注意

ネット回線がIPv6プラス(IPoE)方式に対応している必要があります

対応のプロバイダーによっても変わってきます。

ご自身の契約している回線がIPv6プラス(IPoE)に対応しているか確認しておきましょう。

 

合計接続可能台数は80台

Archer AX4800は多数の機器とWi-Fi通信することができます。

80台も端末を持っていないと思うかもしれませんが、意外とWi-Fiに接続する端末って多いものです。

スマホ、タブレット、パソコン、スマートスピーカー、スマート電球、Nintendo Switch、プレイステーション など

1人でもこんな感じで多くの機器をネットに繋いでいる可能性があります。

接続台数が多い=余裕を持ってネットが使えるのでありがたいスペックだと思います。

 

OneMesh™対応中継器対応

引用:TP Link

TP-Link Archer AX4800の独自機能としてOneMesh™機能があります。

Wi-Fiルーターと離れた部屋に中継機を設置して電波のカバー範囲を広くする方法です。

電波を中継するので通信速度は落ちますが、広い家や電波の届きづらい構造の建物に住んでいる方にはありがたい機能です。

中継機はTP-Link RE605Xなどの純正の商品が発売されております。

ココに注意

OneMesh™対応ルーターと中継機の組み合わせが必要になります

詳しいOneMesh™の組み合わせについては公式ページをご確認ください。

 

Archer AX4800の開封レビュー

Archer AX4800のパッケージです。

お馴染みのエメラルドブルーのような色のパッケージがTP-Linkの目印です。

 

パーケージの裏面はルーターの機能の説明が書いてあります。

例えばスマートコネクトと同じSSIDで5GHz帯と2.4GHz帯に自動で切り替えられる機能です。

混雑時にルーターが自動で制御してくれるので便利です。

LEDインジゲーターは左からこんな感じになってます。

  • 電源
  • 2.4GHz帯
  • 5.0GHz帯
  • インターネット通信
  • LANポート
  • USBポート
  • WPS

インターフェイスは充実しております。

インターフェイス

  • 最大1Gbps対応LANポート x 4
  • 最大1Gbps対応WANポート x 1
  • 電源ボタン
  • 電源ポート
  • USB 3.0

有線LANポートが4つあるので、デスクトップPCなどを複数接続したい場合などにも便利です。

注意点として最大1GbpsまでなのでNURO光やauひかりなどの最大10Gbpsの超高速通信の性能はフルに発揮できません。

 

面白い機能としてUSB 3.0ポートがありますので、HDDを接続して簡易NASとしても使えます。

 

Archer AX4800の実測スピードレビュー

Archer AX4800の実際の回線スピードを計測しました。

夜間の混雑時に計測しましたが、結論は爆速でした。

*auひかりの1Gbpsプランを使っております

 

iPhone12  Pro(Wi-Fi6)

  • ダウンロード→739Mbps
  • アップロード→659Mbps
  • Ping→4ミリ秒
  • ジッター→0.89ミリ秒

Wi-Fi6で測りましたが、爆速すぎて笑いました。

無線でも遅延がほとんど無さそうなので、オンラインゲームやFPSなども問題ないレベルです。

 

ipad Pro 10.5(Wi-Fi5)

  • ダウンロード→311Mbps
  • アップロード→514Mbps
  • Ping→14ミリ秒

持っている唯一のWi-Fi5のタブレットでも計測しました。

下りで300Mbps以上出ているので充分爆速です。

YouTubeやNetflixの動画なども問題無く再生できました。

 

MacBook Pro16(有線接続)

  • ダウンロード→800Mbps
  • アップロード→480Mbps

有線接続のMacBook Pro16でも試してみました。

最大1Gbpsまで対応ですが、なんと800Mbpsも下りのスピードが出てました。

4K動画などの重い動画も遅延が無く、楽勝で再生できました。

 

Archer AX4800とArcher AX73の違いについて

Archer AX4800とArcher AX73の違いは実はほとんどありません。

違いを感じられるのは以下だと感じました。

 

5GHz帯での合計ストリーミング数

ココがポイント

  • Archer AX4800→4324Mbps
  • Archer AX73→4804Mbps

記事タイトルにもなっているArcher AX73との違いは5GHz帯での合計ストリーミング数が500Mbpsほど違います。

スペック上ではArcher AX73が高い数値となっております。

ただしあくまでも合計ストリーミング数の理論値なので、単体で使用時に500Mbpsの違いを体感できるかは環境によるかと思います

違いを感じられるとすれば家族で使ったり、接続機器が多い場合などに違いを感じられるかもしれません。

 

価格差

  • Archer AX73→実売価格13500円
  • Archer AX4800→実売価格11500円

両機の価格差は約2000円程度あります。

スペックは若干Archer AX73が上ですが2000円の差を高いと見るか安いと見るかは人それぞれかと思います。

お財布事情と相談して選べば良い部分だと感じました

 

本体のデザイン

  • Archer AX73→格子状の和のデザイン
  • Archer AX4800→スタイリッシュな線のデザイン

ルーターのデザインをマジマジと見る機会は少ないかもしれませんが、結構デザインが違う印象ですね。

遠目から見ると黒いのであまり気になりませんが、近くで見ると気づく感じです。

僕はArcher AX4800のデザインが好きでしたが、好みの問題ですね。

 

本体の大きさ

本体の大きさはArcher AX4800が一回りくらい小さいです。

ルーターって横置きすると場所を取るので、大切なポイントかもしれませんね。

性能も良いのにコンパクトなので、Archer AX4800を選ぶ価値はかなりあります。

 

その他Archer AX73の詳しいレビューは以下をご覧ください

【在宅ワークのプロがおすすめ】TP-Link Archer AX73レビュー

続きを見る

 

Archer AX4800をおすすめできる人

Archer AX4800をおすすめできる人はこんな感じの人です。

こんな方におすすめ

  1. コスパの良いWi-Fi6ルーターが欲しい方
  2.  IPoE対応回線を使っている方
  3. 中継機を使ってOneMesh™を使いたい方

 

1 コスパの良いWi-Fi6ルーターが欲しい方

Archer AX4800の価格は11000円台とかなり安いです。

兄弟機のArcher AX73も充分安かったのですが、さらにコスパを良くしたのが本モデルです。

性能を妥協したくないけど、価格も抑えたい方にはArcher AX4800が最適だと思います

 

2  IPoE対応回線を使っている方

光回線が IPoE対応回線を使っている方は「買い」なルーターです。

たまにネット接続が遅い場合に IPoE非対応のルーターを使っていて、ルーターがボトルネックになっている方がおります。

もしも古いルーターを何年も使っている方は、ルーターの見直しとしてはベストチョイスになると思います

 

3 中継機を使ってOneMesh™を使いたい方

2Fなど電波の届きづらいところに住んでいて、簡単に電波範囲を拡張したい方におすすめです。

電波の届きづらい5Ghz帯の電波を簡単に拡張できるので、便利な機能だと思います

中継機はSSIDの変更をすることなく使えるので、戸建ての方や家族で使う方にも重宝するアイテムですよ。

 

Archer AX4800をおすすめできない人

Archer AX4800をおすすめしづらい人は以下です。

おすすめしづらい人

  1. ゲーミング用途で使う方
  2. かなり広い家に住んでいる方

 

1 ゲーミング用途で使う方

ゲーミング用途で使う方はゲーミングルーターを使った方がいいと思います。

ディアルバンドよりもさらに高性能なトライバンドルーターがTP-Linkより販売されておりますのでそちらがおすすめです。

 

2 かなり広い家に住んでいる方

かなり広い家に住んでいる方や家の壁が厚くて電波が届きづらい方はおすすめしづらいです。

メッシュWi-Fiを使って電波のカバー範囲を広げた方が、快適な通信ができると思います。

 

【まとめ】TP-Link Archer AX4800 レビュー

以上がTP-Link Archer AX4800 レビューでした。

メリットは以下だと感じました。

ココがおすすめ

  • 価格は1万円台前半でかなり安い
  • Wi-Fi6ルーターの中でも高性能
  • IPv6 IPoE(V6プラス)が夜間などの混雑時にめちゃくちゃ強い
  • サイズがコンパクト

Archer AX73と迷ったら、価格を考えるとArcher AX4800がおすすめと感じました

在宅ワークやネット環境を少しでも快適にしたい方はルーターの買い替えはマジでおすすめですよ。

TP-Link Archer AX4800公式サイト

お得に買いたい方へ

Amazonで1円でもお得に買い物するなら

Amazonの通貨でもあるAmazonギフト券の購入チャージをおすすめします。

現金でチャージするたびチャージ額 x 最大2.5%分のポイントがもらえます。

Amazonプライム会員30日間無料登録なら使わないと損しますよ!

                 

まとめてチャージがお得

Amazonギフト券にチャージする

今すぐ申し込む

初回1000ポイントキャンペーン開催中

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゴーゴーシンゴ

ゴーゴーシンゴのブログ編集長 ▷カメラとガジェット、スマホ大好きなWebライター ▷ライター専門のオンライン講座「Writing Hacks」卒業生 ▷ブログ実績 Amazon単月売り上げ 91万 WEBの稼ぎ方と本当に使って良かった物だけを紹介するブログ ガジェットのレビュー依頼受付中です(お問い合わせください)

-Wi-Fi, ガジェット
-