\ 最大10%ポイントアップセール! /

2022年の今さらM1MacBook AirをMacBook Pro16のサブ機として購入!

  • URLをコピーしました!

MacBook Pro16(インテル版)ユーザーのシンゴです。

2022年の今さらながらM1MacBook Airをサブ機として購入しました。

なぜMacBook Pro16があるのに、M1MacBook Airを購入したのか?

新しい14インチのMacBook Pro(M1 ProとM1 Max)を購入しなかったのか?

今さらM1MacBook AirをMacBook Pro16のサブ機として購入した話しについて書きたいと思います

ゴーゴーシンゴ
それぞれにメリット・デメリットがあるので使い分けが大事

Apple公式よりお得な購入方法

目次

M1MacBook AirをMacBook Pro16のサブ機として購入した理由

M1MacBook Air

M1MacBook Airを2022年の今さらサブ機として購入した理由は以下です。

  1. 持ち運び用のMacが欲しかった
  2. 電池持ちが良いMacが欲しかった
  3. サブ機として最小構成の値段が安かった

1 持ち運び用のMacが欲しかった

最大の理由が持ち運びできるMacが欲しかったから。

大きさも違いますが、重さが全然違ってきます。

  • MacBook Pro16→本体約2kg
  • M1MacBook Air→本体約1.29kg

たった700g程度の違いかもしれませんが、毎日持ち運びすると体感が違います。

MacBook Pro16だと持ち歩くのを躊躇する時も多かったですが、MacBook Airを購入して気軽に持ち運べるようになりました。

2 電池持ちが良いMacが欲しかった

MacBook Pro16の電池持ちの悪さが悩みでした。

ネットサーフィンやブログ執筆でもバッテリーがぐんぐん減っていきました。

軽い作業でも5〜6時間でバッテリーが無くなるイメージです。

ちなみにApple公式サイトでは以下のようになっております。

  • MacBook Pro16→最大11時間のワイヤレスインターネット閲覧
  • M1MacBook Air→最大15時間のワイヤレスインターネット閲覧

公称値でも約1.5倍の電池持ちとなってます。

体感でも電池持ちは良いので、充電器不要で外出できるのも嬉しいポイントでした。

3 サブ機として最小構成の値段が安かった

あくまでもメイン機をMacBook Pro16にしたかったので、サブ機は最小構成で欲しかったです。

MacBook Airの最小構成(8GBメモリ、256GBSSD)だとApple公式サイトだと115,280円です。

サブ機としては高いですが、10万ちょっとで性能の良いパソコンが購入できます。

Windowsを含めて探しましたが、モバイルPCだと15万〜20万くらいの値段がするので価格は割安と感じました。

ゴーゴーシンゴ
中古だと9万円代で購入できますよ

Apple公式よりお得な購入方法

MacBook Pro16(インテル版)の悩み

MacBook Pro16(インテル版)を使って感じた悩みやデメリットは以下でした。

  1. カフェなどのテーブルではみ出す
  2. 充電器とモバイルバッテリーが大きい
  3. 発熱がやばい

1 カフェなどのテーブルではみ出す

MacBook Pro16とMacBook Airの13.3インチは思った以上に大きさの差があります。

スタバやドトールの小さなカフェテーブルで16インチだと手狭になります。

おしゃれな丸テーブルだとドリンクが置けずにはみ出ます(笑)

マウスを使った日にはマウスが宙を浮くことになるので、タッチパッドのみで操作するしかありません。

ちなみに横幅の差は約5センチです。

  • MacBook Pro16→約36センチ
  • M1MacBook Air→約31.5センチ
ゴーゴーシンゴ
たった5センチ横に大きくなるだけで大きさのインパクトはめちゃくちゃ違います

2 充電器とモバイルバッテリーが大きい

MacBook Pro16とMacBook Airの充電器の大きさは全然違います。

そもそもインテル版は外部GPUを搭載しているので必要電力が大きいです。

  • MacBook Pro16→96W
  • MacBook Air→30W

コンセントがある環境だとマシですが、電源が無いとモバイルバッテリーを持ち出します。

僕は上の画像のような100W出力が出来るドカベンのようなモバイルバッテリーを持ち出してました。

重さだけで643gもあるので、拷問のような重さでした(笑)

MacBook Airだとスマホ用のモバイルバッテリーが代用できるので荷物が軽くなりおすすめで

3 発熱がやばい

正確に測ったことはないのですが、MacBook Pro16(インテル版)の発熱は90°超えます。

特にタッチバー上部のあたりが熱くなって、冬場でも触ると火傷するくらいの温度になります。

夏場は使用が不安になることもしばしば。

僕は自宅ではノートパソコンクーラーを使用しております。

あわせて読みたい
CoolerMaster NOTEPAL X-SLIM2ノートパソコン用クーラーレビュー ノートパソコンの温度が熱い!熱を冷ます方法はないの? こんな悩みを解決します。 僕の使っているMacBook Pro16(インテル版)ですが、性能は高いのですが爆熱で有名。...

MacBook Airは発熱はほとんどしなく、膝の上に載せても全然問題ありません。

電車の車内などでも(ちょっとマナー悪いけど)サッと取り出して作業ができるので、発熱が低いのはかなりおすすめです。

なぜ14インチのMacBook Proを購入しなかったのか?

当初はMacBook Pro16を新しく発売されたM1 Pro、M1 MAXの14インチMacBook Proにリプレイスしようかと考えてました

実機を触ってやはり14インチを購入したら、後悔するかも感じました。

以下の理由が14インチのMacBook Proを購入しなかった理由です。

  1. 1.6kgは持ち運びに重く感じた
  2. 16インチが自宅用に大きくて便利
  3. M1MacBook Airのコスパの高さ

1 1.6kgは持ち運びに重く感じた

14インチのMacBook Proの重さは1.6kgです。

MacBook Pro16の重さは2kgなので、約400g軽量化になります。

たしかに軽くはなりますが、持ち運びを考えると1.6kgは重く感じました。

ココがポイント

  • 自宅用→MacBook Pro16(2kg)
  • 持ち出し用→MacBook Air(1.29kg)

使い分けをした方がより効率的にMacを使えると感じて、14インチのMacBook Proは購入しませんでした。

2 16インチが自宅用に大きくて便利

自宅で使うなら14インチよりも16インチのMacBook Proの方が画面サイズが大きくて便利です。

たった2インチの違いですが、写真の編集などでも見え方が全然変わってきました

14インチに変更するとミニLEDディスプレイにスペックアップしますが、画面が小さすぎて恩恵が少ないと感じました。

モバイルだと14インチは微妙に大きくてメインとしてもサブ機としても微妙

結果的に自宅用に特化させる形で16インチのインテル版のMacBook Proを残すことに決めました。

3 14インチのMacBook Proは高かった

M1MacBook Airのコスパはやはり高いと感じました。(最小11万ちょっとから購入可能)

新しい14インチのMacBook Proの最小構成の値段は、239,800円(512GB)からです。(さらに値上げされました)

最小構成だと今使っている16インチと比べても微妙な性能でした。

僕が欲しいメイン機としての構成だと以下のようになりました。

  • メモリ→32GB
  • SSD→2TB
  • CPU→10コアCPU、24コアGPU、16コアNeural Engine搭載Apple M1 Max
  • 合計 409,800円(税込)

すでにCore i9、Radeon Pro 5600M(8GB)、32GBメモリー、2TBとほぼフルスペックのMacBook Pro16を持っていました。

買取価格も下がっているのに、14インチに乗り換えるのはかなり損すると感じ乗り換えは断念しました。

ゴーゴーシンゴ
2年も使わずにまた40万以上の出費は無理でした

【まとめ】持ち運び用途としてM1MacBook Airはおすすめ

以上が2021年の今さらながら、M1MacBook Airを購入した理由となります。

まとめると以下のようになります。

ココがポイント

  • 16インチMacBook Proのサブ機にMacBook Airを購入
  • 自宅用と持ち運び用に用途を絞り最小構成で節約
  • 14インチのMacBook Proは持ち運びには重かった(値段も高い)

僕は2台のMacを運用することによってコスト的なメリットも大きいと感じました。

これからMacが欲しい方なら、14インチ1台で運用するのがおすすめです

僕の用にサブ機が欲しいなら、最小構成のM1MacBook Air購入が安くて使い勝手が良いです。

ゴーゴーシンゴ
今回は以上となります。ぜひ自分に合ったMacBook選びをしてくださいね

Apple公式よりお得な購入方法

あわせて読みたい
M1MacBook Airレビュー。買うのをおすすめしないデメリットが多い機種 M1MacBook Airの最安構成を購入しました。 現在の使用環境としては MacBook Pro16(インテル版)のほぼフルスペックがメイン機種、サブがM1MacBook Airです。 M1チップ...
あわせて読みたい
【2022年】MacBookPro16(インテル版)レビュー!在宅ワークならM1よりおすすめ M1Macの評判が凄すぎる。 こんにちは、MacBookPro16(インテル版)を2年間使っているシンゴです。 M1のAppleシリコンMacが出た今もMacBookPro16を買う価値はあるのか? ...
あわせて読みたい
(2022年)MacBookPro16で購入したい周辺機器・アクセサリー19選 こんにちは、MacBookPro16ユーザーのシンゴです。 MacBookPro16を使用して1年以上が経過しました。 MacBookProは単独で使うよりも、さまざまな周辺機器やアクセサリーを...
あわせて読みたい
ベルキンThunderbolt 3 Dock Proドッキングステーションレビュー ベルキンから発売しているThunderbolt 3 Dock Proを購入しました。 Appleストアでも販売されている、物凄いドッキングステーション。 便利すぎてもう手放せなくなったの...
あわせて読みたい
M1 Mac BOOK Air i Pad Proどちらの購入がおすすめか? M1 Mac BOOK Air iPad Pro両方持っているシンゴです。 同じM1チップを採用しているので、動作速度などは同じはず。 ここで疑問が湧きました。 M1 Mac BOOK Air i Pad Pr...
あわせて読みたい
2022年M1 MacBook Airで使いたいおすすめのアクセサリー・周辺機器 M1 MacBook Airを使っている、シンゴです。 高性能なM1Macですが、単体では真のパフォーマンスは発揮できません。 Macの性能を最大限引き出すには周辺機器やアクセサリ...

【大人気イベントが9/27まで限定復活】Amazonお買い物現金チャージ

大人気イベントが限定復活です!

Amazonでのお買い物は、Amazonギフト券の現金チャージがお得です。

通常会員なら最大2.0%Amazonプライム会員なら最大2.5%お得にAmazonポイントが貯まります!

Amazonで1円でもお買い物するなら使わないと損します

\ エントリーしないと損 /

\ 30日間無料体験でブーストする/

一回でのチャージ金額プライム会員(おすすめ)通常会員
5,000円~1.0%0.5%
20,000円~1.5%1.0%
40,000円~2.0%1.5%
90,000円2.5%2.0%

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアしてくれたら嬉しいです!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメントは保護されておりますのでお気軽にどうぞ

コメントする

目次