Galaxy S21simフリーレビュー!Android最強のiPhone対抗スマホ

Android

Galaxy S21simフリーレビュー!Android最強のiPhone対抗スマホ

2021年4月20日

ゴーゴーシンゴ

年間100万以上ガジェットに注ぎ込むガジェットオタク。 スペックよりも感覚で書くレビューブロガー。 趣味はポートレート撮影と秋葉原のお散歩。 Writing Hacks卒業のプロのWebライター。 レビュー依頼はお問い合わせからお気軽にどうぞ

今回のGalaxy S21買いです。

Samsungの最新フラッグシップGalaxy S21を一足先に入手しました。

フラットな筐体と最新のSnapdragon 888を搭載したスペック面ではAndroidスマホの最高峰です。

広角、超広角、望遠の3眼トリプルカメラは縦型に配列されてスタイリッシュなデザインで最高。

 

日本国内ではdocomoとauから4/22から発売が決定しております。

今回はGalaxy S21のレビューをしていきます。

 

こんな方におすすめ

  • Galaxy S21の購入を検討している
  • 最高峰のAndroidスマホを探している
  • iphoneからAndroidへの乗り換えを検討している
ゴーゴーシンゴ
最新のGalaxyの実力はハンパなかったです。ぜひ最後まで見てくださいね

 

 

Galaxy S21のスペック紹介

GalaxyS21のスペック
ディスプレイ 6.2インチ(2,400 × 1,080ピクセル・421ppi)、有機EL、20:9、48〜120Hzリフレッシュレート
SoC Snapdragon 888
メインメモリ 8GB LPDDR5
ストレージ 128GB・256GB・512GB
microSDカード 非対応
生体認証 画面内指紋認証、顔認証
リアカメラ 広角(1200万画素・F1.8)
超広角(1200万画素・F2.2)
望遠(6400万画素・F2.0)
最大30倍デジタルズーム、8K24fps、4K60fps対応
インカメラ 1000万画素・F2.2
Wi-Fi a/b/g/n/ac/ax (Wi-Fi 6)
5G Sub-6、ミリ波
Bluetooth 5.0
ワイヤレス充電 Fast Wireless Charging 2.0(Qi、WPCに対応)
バッテリー容量 4000mAh
サイズ 71.2 × 151.7 × 7.9mm、169g
本体カラー ファントムホワイト、ファントムバイオレット、ファントムグレー、ファントムピンク

Galaxy S21はAndroid最高峰の性能を誇っております。

6.2インチの有機ELディスプレイを搭載。

画面のリフレッシュレートは48Hz〜120Hzの可変リフレッシュレートを採用しております。

動きの速い動作の時はリフレッシュレートを高く、静止画の時にはリフレッシュレートを抑えて電池消費を抑えてます。

スマホの頭脳のCPUはSnapdragon 888を搭載。

メモリは8GBと前モデルのGalaxy S20の12GBよりもスペックダウンしてますが、その分価格は抑えられるのがポイントです。

購入はこちらが安くておすすめ

 

 

GalaxyS21の外観レビュー

まずは背面のレビューから。

カラーはファントムグレーになります。

背面はマットなプラスチックの材質を使用しておりますが、チープさはなくむしろ高級感さえ感じられます。

続いてカメラデザイン。

カメラは前作のGalaxyS20から進化して縦型デザインを採用。

トリプルカメラは上から超広角、広角、望遠を搭載。

iPhoneのタピオカメラに比べてスタイリッシュな印象に仕上がってます(笑)

カメラ部はステンレスを採用しプラスチックとの2トーンがデザインに良いアクセントを与えてる印象です。

カメラ部分はわずかり出っ張りがあります。

厚みは1円玉1枚分くらいなので、ポケットに入れても気にならない厚さです。

 

側面はステンレスで光沢のある仕上げになってます。

左側側面には音量ボタンと電源ボタンを搭載しております。

右側側面にはボタン類はいっさいありません。

 

底面は左からSIMトレイ、USB-C、ステレオスピーカーを搭載してます。

SIMトレイが底面にあるのは非常に珍しいですね。

 

上面にはマイク穴を搭載。

 

液晶サイズは6.2インチの有機ELディスプレイで発色は非常に良いです。

液晶には最初からフィルムは貼ってあります。

表面上部にはパンチホールデザインのカメラを内蔵。

中心部にパンチホールカメラがあるのは好みが分かれそうなポイントですね。

 

本体サイズは、約151.7x71.2x7.9mmのフラットデザインを採用。

重さは約169gと最近のハイエンドスマホの中では軽量です。

画面比率は20:9で横幅が狭く手の小さい方でも持ちやすいと感じました。

 

Galaxy S21のベンチマークスコア

Galaxy S21のベンチマークスコアを測ってみました。

こちらはGeekbench5のスコアになります。

  • シングルスコア→1080
  • マルチスコア→3202

なんとシングルで1000を超えて来ました。

マルチでは3000越え。

動作はサクサクなのはもちろんですが、発熱も非常に少なかったです。

ベンチマークを回しても端末は全然熱くなりませんでした。

 

ちなみにGalaxy S20のスコアは以下でした。

  • シングルスコア→880
  • マルチスコア→2502

Snapdragon 865に比べて、性能は20パーセントほど向上してますね。

しかも発熱も抑えられているので今年のスナドラは当たりだと思います。

 

GalaxyS21のカメラ性能

Galaxy S21は広角1.0倍、超広角0.5倍、望遠3.0倍のトリプルカメラを搭載しております。

↑広角で撮影。普通のスマホの画角ですね。

綺麗に撮影できておりますが、逆光には少し弱いかもしれません。

↑超広角で撮影。同じ位置から撮影してますがめちゃくちゃ広く撮影できます。

青空はちょい青が強調されておりますが、いい感じだと思います。

↑望遠で撮影。光学3倍はここまで寄る事ができます。

今までよく見えなかった、大黒屋の看板の文字まではっきりと読めます。

デジタルズームでないので画質の劣化がないのもポイントが高いです。

 

撮影場所は変わりましたが、夜に撮影してみました。

外は真っ暗でしたが、ナイトモードのおかげで明るく撮影ができました。

ビックリした点はノイズもほとんど出ずに撮影できている点です。

もはや一眼がいらないくらいの性能だと感じました。

 

ポートレートモードで撮影してみました。

ボケは自然な感じで被写体が浮き上がるような立体感があります。

スマホカメラでここまで撮影できれば満点でしょう。

色味は見た目よりもやや濃い目に描写されておりますね。

 

カメラモードは上記の画像の通りたくさんあります。

特におすすめが「ディレクターズビューモード」です。

ディレクタービューモードはインカメラとアウトカメラを同時に録画できる機能です。

YouTuberがやるワイプ撮影が気軽にできるので便利です。

 

Galaxy S21のメリット

Galaxy S21を使って感じたメリットはこんな感じ。

  1. 電池持ちは良い
  2. 画面内指紋認証は爆速
  3. ヌルヌルの液晶のリフレッシュレートが最高
  4. ワイヤレスシェアバッテリーが地味に便利
  5. 発熱はそこまで気にならない
  6. 音楽再生品質はかなり良い
  7. 防水は便利

 

1 電池持ちは良い

心配された電池持ちは良いです。

前機種のGalaxyS20は電池持ちが悪かったですが、GalaxyS21の電池持ちはかなり改善されております。

普通に使う分には朝から夜まで使ってバッテリーが30%くらいは残りました。

心配ならば、モバイルバッテリーを持っていけばさらに安心できそうです。

ゴーゴーシンゴ
バッテリーは余裕で1日使えます

 

2 画面内指紋認証は爆速

GalaxyS21は画面内に超音波式の指紋認証を採用しております。

GalaxyS20よりも指紋認証エリアが1.7倍大型化しており、認証性能と認証速度が断然アップしてます。

以前は10回に3回くらい指紋認証に失敗してましたが、GalaxyS21はほぼ指紋認証の失敗は無くなりました。

 

3 ヌルヌル液晶のリフレッシュレートが最高

可変式のリフレッシュレートは動作ヌルヌルです。

48Hz〜最大120Hzまで画面が動きますので、動画視聴やゲームに最適。

試しにドッカンバトルをプレイしましたが、iPhoneよりも画面の動きがスムーズでプレイしやすかったです。

 

反対にあまり画面の動きが激しくない場合にはリフレッシュレートを下げて電池持ちをアップさせます。

例えば写真閲覧などはリフレッシュを下げて、鮮やかに発色してくれるのでよく考えられてます。

ゴーゴーシンゴ
リフレッシュレート固定よりも断然便利だよ

 

4 ワイヤレスシェアバッテリーが地味に便利

Galaxy S21はワイヤレスシェアバッテリーと言って、他のスマホやワイヤレスイヤホンに充電を分け与えることができます。

例えば、Air Pods Proなどにワイヤレス充電が可能。

スマホの充電が減るので多用ができませんが、地味に便利で使ってます。

ゴーゴーシンゴ
Appleと夢の共演が可能(笑)

 

5 発熱はそこまで気にならない

発熱がヒドイと噂のスナップドラゴン888ですが、発熱はそこまで気になりません。

おそらくGalaxyの冷却システムの調整が上手くできていると思います。

ただし8K動画などの重い作業をした場合はかなり発熱しました。

日常の動作では問題ありませんが、作業内容によっては発熱に注意が必要ですね。

 

6 音楽再生品質はかなり良い

音楽再生品質はかなり良いです。

ただしイヤホンから再生した場合に限定。(音に関してはデメリットに記載)

ハイレゾ再生に対応しているので、音の解像感はかなり良いです。

iPhoneと比べましたが、段違いで音の音の迫力が違います。

 

7 防水は便利

Galaxy S21はIP68相当の防水に対応しております。

多少の雨に濡れたくらいでは問題なし。

水深1.5mの水に30分入れても壊れない水準の防水性能です。

お風呂に持ち込んでも問題はないかと思います(あくまで自己責任でお願いしますね)

 

Galaxy S21のデメリットやがっかりした点

Galaxy S21を使って感じたデメリットはこんな感じです。

  1. microSD非対応
  2. 本体からの音質はやや物足りない
  3. カメラの色味は強めで好みが別れる
  4. 画像の解像度はS20より低い
  5. メモリ数がS20よりダウン
  6. ガラスフィルムとの相性が悪い

 

1 microSD非対応

1番残念な点はmicroSDに非対応な点です。

Galaxy S20まではMicroSDに対応しておりましたが、Galaxy S21はMicro SDに非対応。

容量は大きめのモデルを買うことを強くおすすめします。

 

2 本体からの音質はやや物足りない


本体から聞いた時の音質はやや物足りない印象です。

筐体が小さいので、迫力ある音が出せていないのかもしれません。

音の広がり方は目の前で聞く時は綺麗に広がって聞こえるのですが、横から聞くと音がこもって聞こえる印象でした。

とはいえ、普通に75点くらいの音質は出ているので十分に合格点ではあります。

 

3 カメラの色味は強みで好みが分かれる

Galaxy S21のカメラの色は結構コッテリです。

  • iPhone→ある程度見た目に忠実な写真
  • Galaxy→かなり色を強調した写真

Galaxyで空を撮影すると、かなり青空になったり、赤の色はより真っ赤になる印象でした。

ゴーゴーシンゴ
色は好みがあるのでデメリットではないと思ってる

 

4 画像の解像度はS20より低い

ココに注意

  • S20→解像度が3,400 × 1,440ピクセル
  • S21→解像度2,400 × 1,080ピクセル

実は前機種S20から解像度が低下しております。

S20はディスプレイの設定項目から解像度の設定ができるようになっていましたが、Galaxy S21は解像度設定ができません。

両方見比べて見ましたが、解像度の違いはわかりませんでした。

とは言え明確なスペックダウンなので残念ですね。

 

5 RAM(メモリ)は12GB→8GBにダウン

  • S20→メモリ12GB
  • S21→メモリ8GB

Galaxy S21はメモリがS20よりダウンしてるので痛いですね。

メモリは動作のサクサクさに関わるので、重要です。

Galaxy S21を使っていてメモリ不足を感じる事は無かったです。

ただし原神などの重いゲームをやる方は注意してください。

ゴーゴーシンゴ
日常の動作は全く問題ないです

 

6 ガラスフィルムとの相性は悪い

Galaxy S21とガラスフィルムの相性は悪かったです。

画面内指紋認証がガラスフィルムだと反応しづらくなりました。

最初に貼ってあるフィルムをそのまま使うのが1番良いです。

ゴーゴーシンゴ
保護フィルムのおすすめは最初から貼ってあるフィルムです

 

Galaxy S21の評判や口コミ

Galaxy S21のクチコミを集めてみました。

23才女性

デザインが可愛い。縦長だけど女性でも持ちやすい。

カメラの発色も鮮やかでキレイ。

【まとめ】Galaxy S21はみんなが欲しかったハイエンドスマホ

ハイエンドの5G端末が欲しい方は買いな1台です。

Snapdragon 888搭載でトリプルカメラ内蔵と欲しいスペックを全て備えております。

最大120Hzのリフレッシュレートを搭載した有機ELディスプレイは見やすいので満足しますよ。

前機種のGalaxyS20よりも電池持ちが改善しており、満足度は最高レベル。

いざとなれば、急速充電に対応しているので電池もすぐに回復できます。

 

進化したGalaxyを体感するなら、GalaxyS21に決まりですよ!

ゴーゴーシンゴ
質問がありましたらお気軽にコメントくださいね

購入はこちらが安くておすすめ

関連記事はこちら
【PITAKA】MagEZ Case/Air Caseレビュー(Galaxy S21)

続きを見る

Galaxy S21 とiphone 12Pro比較!どちらがおすすめ?

続きを見る

【厳選】GalaxyS21におすすめのアクセサリー・ワイヤレス充電器12選

続きを見る

【2021年上半期ベストバイ】買って良かったハイテクガジェットトップ10

続きを見る

24円レンタルのXperia 5Ⅲレビュー。小さいペリアはAndroidスマホの最高傑作だ

続きを見る

メインは無制限の楽天モバイル

メイン回線におすすめ楽天モバイル

サブは6ヶ月400円で使えるBIGLOBEモバイルがおすすめ

【BIGLOBEモバイル】プラン料金6カ月間400円(税別)~!

 

こちらの記事もおすすめです

2022年6月28日

(デスクツアー)苦節3年をかけて作り上げたガジェットブロガーのデスク環境

在宅ワークがメインのガジェットブロガーのシンゴです(@go5shingo) ここ最近はすっかりと定着したテレワークですが、我々ブロガーは毎日が自宅の作業。 言わば自宅での作業のプロフェッショナル。 さあはじめようか pic.twitter.com/MlEbsxioca — ゴーゴーシンゴ@ガジェットブロガー (@go5shingo) June 3, 2022 こんな僕の3年間にわたり試行錯誤と改良を加えたデスクをデスクツアーという形で紹介したい。 ちなみにおしゃれなデスクというよりは使いやすさと生産性アッ ...

ReadMore

2022年6月28日

yeediモップステーションレビュー!QOL爆上がりのモップ洗浄まで全自動のロボット掃除機

掃除機は昔ながらのキャニスター式を使っているシンゴです。 今までロボット掃除機が気になってましたが、なんか信用できなくて食わず嫌いしてました。 すぐつっかえたり、段差から落ちそうでアホな子のイメージでした。 そんなロボット掃除機未経験の僕ですが、メーカーさんからお声がけ頂きまして試す機会が出来ました。 商品名がyeedi(イーディー)モップステーションです。 商品の特徴がモップ掛けから水洗い、乾燥までをを自動でこなす近未来を感じるロボット掃除機でした。 はじめてロボット掃除機を使いましたが、結論は最高でし ...

ReadMore

2022年6月28日

PITAKA iPad Pro/Air MagEZ Case 2レビュー!Magic Keyboardも使える最強保護ケース

iPad Pro/Airの最強ケースがPITAKAより発売されました。 こんにちはシンゴです。 iPad Pro/Airを使う上で外せないのが、Magic Keyboardの存在。 文字を書くのはもちろん、マウス操作や充電機能など活躍の幅は非常に広いんです。 しかし問題になるのが、Magic Keyboardに対応するケースが少ない問題。 Magic Keyboardを使う時にいちいちケースを取り外したり、付けたりするのは非常に面倒です。 付け外しの手間を減らす画期的なアイテムが「PITAKA MagEZ ...

ReadMore

2022年6月28日

OPPO Reno5Aレビュー!2021年コスパ最強の5Gスマホの決定版

OPPO Reno5A期待して無かったですが、メチャクチャ良いです。 価格も39600円で購入可能。 新規・MNPは21600円引きの18000円とさらに激安。 この金額で5G、おサイフケータイ、指紋認証、顔認証、防水と至れり尽くせりのモデルになってます。 メインでiPhone 12Proを使っているんですが、普通に乗り換えを検討するほど快適でした。 その時のTwitterが以下。 OPPO Reno5A結構いいですね これは全国民におすすめしたいレベル pic.twitter.com/rd5MhRV74 ...

ReadMore

2022年6月28日

【2022年】iPhoneにおすすめのアクセサリー・周辺機器(iPhone13対応)

こんにちは、iPhone12 Proユーザーのゴーゴーシンゴです。 先日iPhone12 Proの徹底レビューをしました。 iPhoneは単独で使うよりも様々な周辺機器やアクセサリーと組み合わせると何倍も便利で快適になります。   そこで今回はiPhoneにおすすめのアクセサリー・周辺機器をお伝えいたします。(iPhone13対応) ゴーゴーシンゴどれもガジェットマニアが厳選しておすすめする商品ばかりです。ぜひ最後まで見てね   ココがポイント Anker PowerPort III ...

ReadMore

2022年6月28日

【レビュー】HyperX Solocast はコスパ最強の単一指向性USBマイク

評価おすすめ HyperX Solocast小さいのに音質めっちゃ良い! HyperXより3/1に発売されたUSBコンデンサーマイクSolocast。 価格は7980円。 このマイクのスゴイ所は低価格、コンパクト、音質良しとコスパ最強のマイクとなっている。 在宅ワークやテレワーク、ゲーム配信などマイクデビューにピッタリな商品と言えるだろう。 こんな方におすすめ コンパクトで音質の良いコンデンサーマイクを探している 在宅ワーク、テレワークで使えるコスパの良いマイクが欲しい ゲーム配信や実況で使えるカッコいい ...

ReadMore

2022年6月28日

【ポートレート】おすすめRFマウントレンズ!ポトレ作例付きで現役カメラマンが解説

困ってる人RFマウントレンズでおすすめのレンズが知りたい   こんな悩みを解決いたします。 作例も豊富に紹介しております。   この記事を読めばポートレートにバッチリなRFレンズが全て分かりますよ。   ゴーゴーシンゴポートレート撮影歴8年の僕が超おすすめレンズを紹介します   【作例付き】ポートレートで使いたい!おすすめRFマウントレンズ ポートレートで使いたい、RFレンズのおすすめランキングを紹介いたします。 どれも素晴らしいレンズばかりですので、ぜひ最後まで見 ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゴーゴーシンゴ

年間100万以上ガジェットに注ぎ込むガジェットオタク。 スペックよりも感覚で書くレビューブロガー。 趣味はポートレート撮影と秋葉原のお散歩。 Writing Hacks卒業のプロのWebライター。 レビュー依頼はお問い合わせからお気軽にどうぞ

-Android
-